心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤島恒夫の世界・月の法善寺横丁

<<   作成日時 : 2012/09/27 01:14   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 9

この歌が歌われたのは10代の頃ですから、昭和30年代でしょうか。
当時すごいヒットをしたものでした。
藤島恒夫の優しい語り口が妙に受けたのを思い出します。



画像



法善寺横丁は大阪のミナミの繁華街の一角にあって、横町を入ると直ぐにあります。
水かけ不動産が睨みをきかせており、お参りする人が柄杓で水をかけるものだから苔むしている。


画像



仲居さんと板前さんがちょうど通りかけました

早よう立派な板場になりや〜〜と言うたかどうかは知りまへんが、ここは見逃すわけにはいきません。


画像



入り口を入ると水掛け不動があります



画像



夫婦善哉にあやかってこの日も若い女性たちがやってきてお参りされていましたが、みんないい縁に恵まれておくれやっしゃ〜


画像



藤島恒夫のような語り口はとてもできませんが、恥を覚悟でアップします。


歌詞



月の法善寺横丁  歌 : 藤島恒夫



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっと驚きです!! ドキッ!!お邪魔して最初にこの写真はびっくりですねっ うしろの炎と水掛不動さんが睨んでる、、怖いかも〜〜〜っ(゚ー゚;Aアセアセ


庖丁一本さらしに巻いて〜〜〜♪
ってとこは知ってましたが、なるほどですぅそうですかぁこの歌はこのような物語でしたのね初めて全部最後まで聞きました 実話なんでしょうか?何回も今聴きましたが、、その後はお二人はどうなったのかとても気になりましたわっうん〜〜

歌と写真がとてもあっててとてもいいですねぇ 音が聞こえてきますお参りしてる人の声が聞こえてくる感じです

風丼♪ 語り口って何かと思いましたら なるほど こんなにもたくさんあったんですね じっくり聴かせてもらいましたわ(o^-')b グッ!
そうねっこの雰囲気がいいわ〜〜
ほい あじ丼
紫陽花
2012/09/27 13:28
あじ丼〜今晩は
お不動さんの顔は厳ついでっせ。
笑っているのはえべす・大黒さんくらいやがな

この歌が実話かどうかはワテも知りまへんが、似たような話はいくらでもあるでしょう。

この写真を撮っているときうまい具合に板前さんと仲居さんが通りましたんや。
やらせとチャイまっせ(笑)
この歌にぴったりでっしゃろ。

台詞は難しいですわ。
まだまだ修行がたりへんなあと自覚しちょります。
風の旅人
2012/09/27 20:51
法善寺横丁という曲は懐かしいです。私も10代のころです。
当時はラジオしかなかったので、・・・・とにかく懐かしいです。
ひょっとしてビニールのレコードを買ったかもしれなかったです。
うさこちゃん
2012/09/27 22:48
今晩は!風さん^^

懐かしい曲ですね!
今は歌番組が少なく寂しいですが、
昔はTVをつけると常に歌番組でしたから
こういう曲は毎日のように耳にしていましたね。
台詞もなかなかいい出来でしたよ!
ありがとうございました。
yun
2012/09/27 23:08
うさこちゃん〜今晩は
みんな同じような時代に生きてきたんやなあ
こうしたコメントを貰うと当時の話をしたら止まらないかも
一日中話したりして(笑)

ビニールじゃなくソノシートでしょう。
ペラペラのもので雑誌の付録にも付いておりました。
懐かしいですね。
風の旅人
2012/09/27 23:26
yunさんこんばんは

そうそう毎日どこかのテレビ局でやっていましたし、ラジオでも歌番組が多かった。
そうした時代に育ったので歌は生活の一部でしたし、自然と覚えています。

先日BSで漣健治さんの特集をしていましたが、漣さんは洋楽を翻訳して日本流の歌詞を付けた方ですが、我々が10代の頃に聞いた歌のほとんどが漣さんの手によるものでした。
懐かしい歌で楽しかったですよ。
風の旅人
2012/09/27 23:31
本当に懐かしい歌ですね。
人柄の良さがお顔いっぱいに出てた藤島恒夫さんも偲ばれます。
若い女性が感心なことに、次から次へと訪れてお参りしていくお初天神、そして法善寺横丁をバスツワーのフリープランで訪ねたのは1年半ほど前。
写真も懐かしく見せていただきました。
風さんの声はいささか綺麗すぎな気がしますが、セリフは初な見習い板前の声に、初な感じがよかったです。^^
三の君
2012/09/28 19:15
三の君さん〜今晩は
お初神社は浄瑠璃の曽根崎心中の悲恋もの、片や法善寺は純愛もの
どちらも人気スポットですね。

1年半も前にここを訪れていたんですね。
もう少し早く三の君さんを知っていたら案内してあげたのに、またお暇なときに関西にいらっしゃい。
しっかり案内させてもらいまっせ。

台詞は難しいですね。
いくらやっても上手くならないもんです。
風の旅人
2012/09/28 22:14
この歌も懐かしく聴かせて頂きました。
セリフいいですね〜〜
私も昨夜セリフ入り歌ってきました。
歌と違って、とても恥ずかしく、難しいですね。

道頓堀にお好み焼きを食べにいっても、まだここは行ったことがありません。
定年を迎えたら、夫婦円満の祈願に行ってみたいです^^
ももこ
2012/09/30 08:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
藤島恒夫の世界・月の法善寺横丁 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる