心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS いやはや大変なリクエストです・名月赤城山

<<   作成日時 : 2012/05/09 21:31   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

先日東海林太郎さんが歌った「野崎小唄」をアップしましたが、気をよくした三の君さんからあろうことか東海林太郎さんの歌を、またまたリクエストをもらいました。
今度は名月赤城山です


こんな歌うたったことがない。

赤城の山も今宵限り〜〜
雁が飛んで行く〜〜なんてセリフが飛び出しそうなあの歌。


子供のころに歌を聞いた記憶はありまっせ。
何ぼなんでもワテも子供だったので、こんな歌は歌うはずがない。
だけどそれがメロディーが流れてくると歌えるんですわ。

どうしてなんだろう
ほとんど知らないはずの歌が、今頃になって歌えるとは。
もしかしてボケの始まりか。

今日の出来事を覚えていなくても、昔のことは鮮明に覚えている、つまりあれですわ。
我がお袋がついにボケが始まった時、やたら古いことを昨日のようにしゃべっていた。
息子のワテはようボヤいていました。
その話は何度も聞いたと。


わが身にもついにボケ症状が始まったかも(笑)


もうアカンなあ
東海林太郎という名前も古すぎるで。
そんな歌をこの平成の世の中でリクエストして、ホンマに困ったお人や。
でもそれを適えてあげるワテもかなりやさしい男かも。
放っておけない性格だけに、まあしょうがないですわ。
頑張って歌ってみました。
お聴き下さい。

写真はパソコン教室の生徒さんの作品。
前にもご紹介した義母さんを介護しながら、ベッドの脇で趣味の人形作りしてはるSさん
五月だけに鯉のぼりを紹介します。


画像



写真とは全く関係おまへんが、まあその辺はご勘弁を。

今回はもう一点。
やはりSさんの作品で鞄です。


画像



何でも5枚の生地を重ねて1mm感覚でミシン縫い、その間を切り裂いて一番下の生地を表に浮かび上がらせるとか。
パソコン教室の始まる前に見せていただき、ワテはただ感心するばかり。


画像



切り裂く手法を何とか言っていたが、ワテはただうんうんと頷くだけでした。
それにしても器用な人もいるもんだ。


画像







名月赤城山    歌:東海林太郎



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
PC教室の生徒sさんの作品が「名月赤城山」の歌によく映えること!
古来から引き継がれる日本人特有のこだわりと工夫がよく出ているゆえと思います。
ぼけ????風さんが?!^^;
ボケるのはまだ早すぎ!でしょう。
三の君とて、決してボケてはおりません。
何やらそんな雰囲気が?・・・程度です。

やっと本物に辿り着きつつある、日本ルーツの旅でございます。
心して歌いなさいませ!^^
東海林太郎さんをも思いやり、喜んでいただこうとの、謙虚な気持ちで歌っていただけますようお願いいたします。
なんで俺やねん?!の不本意さがいささか感じられるコメントと歌でした。(爆笑)
リクエストにお答えいただき、感謝です〜〜〜〜
三の君
2012/05/10 17:56
三の君さんこんばんは
今回歌った名月赤城山ですが、そろそろ鬼籍に入る日も近い今、昭和を懐かしいではいられません(笑)
ワテは先日AKB48を歌った身でっせ、あまり古臭い歌を歌わせんといてほしいなあ(爆)

それにしてもこんな歌をよくぞ掘り出してきましたなあ
三の君さんの裏山がもしかして赤城山だとか。
近所には国定忠治の痕跡もあるんでしょう。

日本のルーツの旅
まあ次なるリクエストに備えて、のど飴でも舐めておきまっさ。
次はなんでっか
赤城の子守唄は難しすぎて歌えまへんかった(^_^;)タラー

風の旅人
2012/05/10 18:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
いやはや大変なリクエストです・名月赤城山 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる