心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 追悼 三崎千恵子さん

<<   作成日時 : 2012/02/21 00:17   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 10

国民的娯楽映画「男はつらいよ」では、車寅次郎のおばちゃん役で全作品48本に出演していた三崎千恵子さんが先日お亡くなりになりました。
映画ではいつも寅さんの恋話にはハラハラドキドキ、寅さんの勝手な言い分には涙を流したり、怒り心頭で怒ってはいても、いつも心配していたおばちゃんでした。


画像



追加文章

昨夜編集作業中にスカイプで呼び出しがありました。
カラオケをしているから覗きに来ない?
行く行くの返事で中途半端のままブログを送信。
それで一日越しに追加文章の作成をしています。


大したことは書かないけれど、柴又にはこれまで3回ほど旅をしています。
その中から何枚かの写真を載せたいと思います。


画像



東急柴又駅です。
いつもここから寅さんが旅に出て行きます。


画像



駅前には寅さんの銅像。
やっぱり帝釈天にお参りのおりには必ず記念撮影したくなります。



画像



山田洋次監督直筆の寅さんの名セリフ。
ワテがやっても様になりませんわ(笑)


画像



柴又帝釈天



画像



江戸川の河川敷
その当たりに寅さんが寝そべっていそうです。


画像



草団子の店がずらりと並んでいます。
映画で登場するのは別の店のはず。
まあ名前とらやだけにまあええか。


画像



妹のさくらがこのホームで寅さんを見送っています。
このホームにはどれほどのマドンナが立ったことか。
そのシーンが目に浮かびます。



寅さん映画の一ファンとして、哀悼の意を表したいと思います。





男はつらいよ   歌:渥美清



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん
こんばんは(^^)
そうなんですかァー。
おばちゃんが亡くなったんですか・・・。
だんだんと昭和が遠くなる感じで、すごく寂しいです。
映画館で大声で笑ったあの頃がとても懐かしいです。
詩音連音
2012/02/21 20:53
詩音連音さん今晩は
シュワ・ジペチカはコメントがなかったので、合唱団では歌わないのかなあ

社長の太宰さんも確か死んでいるはず。
だんだんさびしくなります。
映画が娯楽だった時代も今では語り草となっています。
それだけこちらも年をとったということ
いい生き方していますかと自問しています。
風の旅人
2012/02/21 21:25
楽しく、ほろりとさせる選曲です。
少し関西イントネーションまじるセリフも暖かく、決まってます。
意気揚々としたテノールにはいつもながら拍手〜〜〜〜

東武‥両毛号を利用して出かける東京へ近づくにつれ、左右に広がる下町、終点浅草の風景は、まさに寅さんの闊歩した世界そのものだと思います。
アップの駅ホーム写真の「このホームにはどれほどのマドンナが立ったことか。」の言葉には寅さん映画の絶大なる人気と、歴史が感じられ、ナイス表現でした。^^
逝かれる名優さんたちを惜しんで見送る私達にも、それなりの人生の足跡がぽつぽつと・・・
元気にたくさん残したいですね。
じっくり派♪
2012/02/22 09:20
人情深くて、おせっかいなおばちゃん。
そんな昭和のおばちゃんも近頃中々見なくなりました。
でも、昭和のおじちゃんなら、ここに一人いると思いますよ。
身寄りのないお年よりの面倒や、無料のパソコン教室。
震災のボランティアに奔走 etc
おまけに歌が上手いときたら、鬼に金棒。
いつまでも、昭和のおじちゃん、頑張って下さい!
ともっぺ
2012/02/22 10:28
じっくり派♪さんこんにちは
寅はさんの生き方は決してほめられたものじゃないけど、どこかであこがれがあります。地方から出てくると浅草が終点ですか。
その電車には乗ったことがないので、いつの日にか乗ってみたくなりました。
そのためにはせっせと小遣い貯めようかなあ(笑)

東京の下町を歩くと庶民の町というのを実感します。
ビルに囲まれた街とは違い、人の息遣いが聞こえてきます。
そこにまた東京の魅力を発見して、来てよかったなあと思える瞬間です。
風の旅人
2012/02/22 14:12
ともっぺさんコンチャ〜
おいちゃん、おばちゃんなんて呼べる人って、ワテの周りにも減りました。
パソコン教室で教えていると、おばはんとか言うと苦情が出ます。
女性にはおばはんと言ういい方はやめて欲しい、名前で呼んでくださいとある人から注文がつきました。

う〜ん
ワテには困ったことやがな
同年輩は大体おばちゃん年齢ですがな
丁寧に呼ぶにはそれ相応のお金をもらっていれば呼びますが、なんせワテは無料で教えておるので、いやだったら辞めてもらって結構というスタンスです。
しかしそういうわけにもいかないようで、いつも注文が付いています。

男が女性を教えるのは結構気を使いまっせ。
少しだけ若い人や、ちょっぴり綺麗な人(おばあちゃんですよ)に親切に教えているとか、もうやっかみも大抵にして欲しいなあと思うこともしばしば。
ホンマに若い人できれいな人だったら、ワテもどれだけうれしいことか(爆)

気を使いまくってのボランティアです
大変ですわ\^o^/
風の旅人
2012/02/22 14:20
気ィ遣いまくってる割に 楽しそう♪

最近の悲しいニュースを見ると
風さんみたいな人ばかりの田舎暮らしに誇りを感じます

私もとらやのおばちゃんみたいなお節介ばばぁになりたいな 笑
かっちゃ。
2012/02/23 07:36
かっちゃ。〜お久しぶりでんなあ
お元気でしたか
ずいぶん心配していましたが、こうしてコメントいただけてとても喜んでいます。

気を使っていてもやっぱり楽しいですよ。
人に喜んでもらえることは生きがいになります。

田舎暮らしも見た目ほど楽ではなさそうだし、都会は都会で結構気を使います。自由に生きていくにはどちらも大変ですなあ

お節介ばばぁになりたい
結構なことじゃござんせんか。
いままで多くの人と接しておられるんだし、自分の出来ることで社会に貢献できればいいですね。
がんばっておくれやっしゃ。
風の旅人
2012/02/23 13:02
田舎暮らしは、心が楽です♪
都会暮らしに比べりゃ 不便
でも、コンビにない生活
手作りが当たり前の生活
1年もいれば 慣れますって♪
何より人が人らしくいられる

自分のできる範囲で少しづつ
「お節介ばばぁ」を極めますね あは♪
かっちゃ。
2012/02/23 20:01
かっちゃ。〜今晩は
そうだね
都会の暮らしは買い物や医療関係、それに何をするにも便利ですが、田舎と違って人情が希薄だと言われています。
隣に誰が住んでいるのか知らないで済む、ある意味楽なようですが年をとるとこれが問題になってきます。

近所づきあいもある程度していないと、困ったときには誰も知らないで放っておかれることになります。
その点田舎暮らしは習慣や村の行事など煩わしさもありますが、人との付き合いも大切になっています。

「お節介ばばぁ」大いに結構(笑)
それには何よりも健康でっせ。
お気張りやっしゃ
風の旅人
2012/02/23 22:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
追悼 三崎千恵子さん 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる