心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 信じられないホテル・雪山賛歌

<<   作成日時 : 2012/02/15 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

真冬の奥飛騨で温泉に入る。
雪見酒とは行かないまでも、雪を見て温泉に浸かる。
これも目的の一つ。

奥飛騨には5つの有名な温泉場がありますが、今回はそのうちの一つでした。
何十年前にこの温泉に来たこともあって、行く前から大きな期待をしていました。


旅行先も幹事さんにお任せだったので、どこに泊るのかはあまり気にしてなかった。
一週間前に案内が送られてきて、はじめて行き先が分かったほどでした。


画像



4組の夫婦で行ったので部屋は二つ。
男女別々で寝ることに。
それはいつものこっちゃで構わないのだが、部屋に入るなり知人がトイレに入って大の方をしたらしい。
出てくるなり妙な顔している。



どないしたん?と聞くと便座が冷たくてお尻が風邪ひきそうだと(笑)
なんと便座に電気が入っていないとか。

ワテがすぐに見に行ったらよかったんだが、直ぐに用足しもないから聞き流してしまった。
それがいけなかった
もう一人も入ったらやっぱり冷たかった。

真冬なのにこのホテルは便所に暖たかい便座が備わっていないのか?
そんなはずはないだろうと思ったが、ワテは朝の時間帯でしているので、一日2回はまずないのでおかしいなあと思って、その日はそれで寝てしまった。



翌日宿を出発前に用足しをするために入ってみると、便座の蓋の横に配線が見える。
配線が見えるということは電気が来ている証拠。
パッと見にはスイッチらしきものはない。

反対側の側面を覗いてみると、なんやこんなところにスイッチがあるやんか。
捻ってみると電気が通じたようだ。
便器も古くてシンプルなタイプ。
今じゃ当たり前のウオッシュレットもついていない
これじゃお客は見つけようともしないだろう。



画像




朝食を食べた後で奥さん連中に聞いてみた。
部屋のトイレは冷たかった?
女たちはみんな怒っていました。
しかし何度か用を足している間に、一人がスイッチを見つけたと笑ってました。



ホテルの節電対策はわかる
しかしツアー客の到着前には電源くらい入れたらどないや。
それが無理でも注意書きの張り紙一枚でもと思うが、ホテルのオーナーはどない思っているのか。

「おもてなしの心」は今じゃ業界では当たり前じゃないのか。
このホテルの経営姿勢をすごく疑問に感じました。
あえてホテル名は書きませんが、料金の安いツアーはやっぱりホテルも最悪


画像




もう二度とこの温泉には行きたくない。
そして今回利用したツアー会社、二度と申しこむことはないだろう。
結局「おもてなし心」が感じられないホテルは、お客も敬遠する。
今回のちょっとした出来事でしたが、そう思われても仕方がない。


バスはホテルを8時に出て、新穂高ロープウエーに乗りに行くことに。
朝から小雪がチラつく天気、これじゃ上に登ってもアカンなあ


乗り場に着くと早くも長蛇の列。
すべてツアー客のために、臨時便を出して対処するらしい。
それでも出発まで小一時間の待ち


画像



頂上はマイナス15度
思うほど寒く感じなかったのは、風がなかったからだろう。
これで風が負うていれば体感温度はもっと下がるはず。


本来ならば360度の景色が見られて、北アルプスの3000m級の峰々が目の前に広がっていただろうに、ガスがかかって何も見えず。
ホンの30mくらい先が見える程度。



画像



自由時間は行って帰ってくるまでを含めて1時間
天気に恵まれていたら、1時間ではとても足りないはず。
しかし今日はこの天気、早々に引き揚げてきたが、考えてみると降りて撮った写真は3枚だけ。
可哀そうなくらいしょうもないゴンドラの旅でした。



こんな話に合う歌がない。
なにかいいものがないかな
ありやした
これで行こう


雪山賛歌
ダーク・ダックスが若い頃に歌っていたはず。
歌詞





雪山賛歌   歌:ダーク・ダックス







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
風の旅人さん おはようございます^^

便座の冷たいのは閉口しますね。
時々ありますよ。そういうホテル。
細かいところまで配慮のあるホテルは、また行きたいと思いますが、
もうけ主義のホテルは2度と行きたくないです。

ももこの経験ですが、人気の宿でお客さん評価4以上のホテルなのに、壁の薄さに驚いたことがあります@@
ええ。。テレビの音も話し声のぼそぼそも聞こえました><

新穂高ロープウェイ、ももこが行った時も、視界が悪かったです。

ダークダックすは昔、テレビでよく拝見してて、とても懐かしく思いました。
ももこ
2012/02/16 04:55
ももちゃん〜おはようさん
このご時世ですから節電には協力したいと思いますが、便座の電気を入れていないのには参りました。

昔の女性はいざ知らず、現代女性のおそらく100%は座って使っておられるわけで、真冬の奥飛騨温泉で便座の電源を入れていないなんて論外です。

大阪から毎日このホテルを利用しているツアー会社です。
前夜の客がホテルを出発するのは朝8時です。
お客が出たら節電すればいいでしょう。

当時のお客が到着までの約10時間、これは節電してもかまいません。
しかし到着前にはトイレの電源は入れておくべきです。
長い時間バスに乗車して、トイレを我慢しているお客だっているわけです。
座ったら飛び上るほど冷たかったなんて、何をか言わんやですよ。
これは目に見えないけれど「おもてなし」の心じゃないでしょうか。

行き届いた心づかいが出来るホテルは気持ちがいいけど、☆☆☆☆のホテルで壁が薄くて隣の声が聞こえるなんて、恐らくやらせで書き込まれたものじゃないかなあ
最近のニュースですが、グルメで「よいしょ」記事を書いてもらうために金品を請求された事件がありましたが、人為的な行為はやめて欲しいですね。
風の旅人
2012/02/16 10:56
風さんのお声と雰囲気に、まさにピッタリした選曲だと大いに満足、納得の歌でした。
ホテルおもてなしのお話は、なんやねん!いろいろあら〜な! というところですねえ。^^
それにしても、羨ましさ2倍で読ませていただきました。
じっくり派♪
2012/02/16 15:01
こんばんは!風さん^^

信じられないホテル、が歌の題名かと?(笑
自分勝手に思い込み、記事を読んで笑っちゃいました〜
ごめんなさい、笑っちゃいけませんね!
私も、こんなことがあったらもう泊まりませんね、
友人に誘われて行ったカラオケのお店でやはり同じ事が、
いまどき!とびっくりしましたぁ〜
オーナーが男性で気が付かないのか如何か?
選曲に悩んだようですがピッタリでした〜♪
yun
2012/02/16 17:50
じっくり派♪さん今晩は
おもてなしの心は高級旅館だけのことでしょうか。
どんなに小さな旅館であっても、お客さんを大切にする気持ちは、規模の大きさじゃないはず。行き届いた心づかい、これがうれしいですね。

こういうホテルがあるだけで、温泉街そのものに人が行かなくなります。
温泉街全体の問題として考えて欲しいと思います。
風の旅人
2012/02/16 21:25
yunさん今晩は
お風邪の方はいかがでしょうか。
そろそろ治る時期かなと見ていますが、早く歌えるようになるといいですね。

「ホテルはリバーサイド」はありますが、信じられないホテルの曲名がつく歌はワテも知らないなあ(爆)

寒冷地と違って都会では寒さは知れています。
カラオケ店でならあり得ますね。
女性客にそっぽを向かれたら店は衰退します。
早いこと直すように店長に言ってやった方がいいなあ
と言ってもお金がかかること。
直ぐにはできないでしょう。

歌を何にしようか考えた挙句、この歌で決まりました。
普段から記事を書く気持ちで考えて歌っていますが、だからと言って歌える歌も限りがあります。これからもがんばって「新曲」を歌うようにします。
風の旅人
2012/02/16 21:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
信じられないホテル・雪山賛歌 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる