心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北へ1000kmの旅 No2 行くことで何かを感じて欲しい ・達者でな

<<   作成日時 : 2011/05/23 23:06   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 13

今回東北に行く前に義援金の訴えをしたところ、約7万円くらいのお金が寄せられました。
事前に現地VCからお聞きしていた物品を買ったり、現地に入ってから被災者から直接お聞きした要望に添って、買い物を追加したりして、貴重な義援金を使わせて貰いました。


お預かりした義援金はどうなるのかとよく聞かれますが、今回の場合は以上のような使い方をしていますが、買い物でオーバーした部分については6人で出し合っています。
6人の旅費、宿泊費、食事や諸々の諸費用については全額自己負担です。


出発前に募金を呼びかけたところ、中には色々な人もいるようです。


東北に行く費用を義援金にしたら?


そんなお金があったらそちらに回せと言いたいのでしょうが、ハッキリ言ってその方は1円も義援金に入れたのを見たこともない。


じゃあ現地に行ってアンタ何をしに行くの?と言いたいのでしょうが、何をするかじゃなくて何かお役に立ちたい、そう思って皆さん行っておられるはず。

そこで見たこと聞いたことを、家に帰れば家族に伝えたいだろうし、地元には知り合いもたくさんいます。
これまでにも多くの市民の方に義援金を戴いており、その人達に被災地の現状を伝えることも必要です。

今回の体験は今後の生き方にも大いに参考になるし、16年前に起きた阪神大震災では神戸に入りましたが、そこで自分の目で見て感じたものが、その後の生き方を大きく変えたものでした。


画像



東北に行くくらいならそのお金を出したら?

確かに義援金を出しても良いかもしれませんが、それだけではないですね。
行くことで得た教訓はやっぱり大きいものです。

ワテなんか5月に2回も東北行きましたが、その方に言わせればアホなやっちゃになるんでしょうね。
まあええけどなあ(笑)


今回ご一緒した人たちも、大きなお土産を抱いて帰ったことでしょう。


そこで一曲「達者でな」

上の記事とは関係ありませんが、福島第一原発の放射能汚染事故で、20km圏内に住む人たちは避難をしておられますが、牛などは放牛された状態でした。
今回政府は安楽死の方針を出しています。


家族同然に過ごしてきた牛との別れ、テレビで見ていてもお母さんが牛との別れにはワテも思わず涙腺が緩みました。
皆さんも同じ思いだったのではないかなあ


牛ではありませんが馬の話ですが、三橋美智也の歌で「達者でな」を歌ってみます。
何時の時代も愛するものとの別れは辛いものです。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でございます。

私も何かして差し上げたいと思うひとりですが 実行には伴っていませ〜ん。
只々義捐金へ協力の見みすが テレビでの報道を見ますと 健気に頑張ってらっしゃる
どうぞ体に気を付けて お手つだいをしてさし上げてと お願いするだけです。
菜桜
URL
2011/05/24 10:44
風の旅人さん こんにちは^^

 色々な方がおられますね。
 有言実行の風の旅人さん、いつも素晴らしいって思いますが、
 いざ自分のがってなると、前に進めません。

 義捐金の行方も気になるところですが、
 自分が出来る範囲で、できる事をやればいいなって思います。
 それぞれの思いは、きっと届くはずです。

 三橋道也さん、懐かしいですね。
 幼い頃の歌なのに、ちゃんと覚えてるから不思議です。
 せっかく育てた家畜や、ペットとの別れは辛いですね。
 「達者でな」いい歌ですね。
 
 

 
ももこ
2011/05/24 11:31
美智也さんでしたm(__)m
ももこ
2011/05/24 11:32
被災地に出向いてお手伝いをすること、そして周りの人や私たちに伝えていただくことは素晴らしい行動だと思います。
私はそれが出来ないから、せめて義援金に・・と、生活の一部分を箱に入れさせてもらうだけなんです。
旅人さんが文句言われる筋合い、ないですよねぇ。
その人・・ナニ言ってんだかね。

安楽死・・悲しくて涙でますね。。
達者でな〜〜〜いいですね〜〜〜
ゆりこ
2011/05/24 14:49
菜桜さんコンチャ〜
自分の出来ることはどんな小さな行動でも、多くの人が参加すれば大きな力になります。
義援金を集めていると小さな子供を連れた親御さんも、募金箱に入れてくれますし、小学生もお小遣いの中から出してくれます。
みんなで復興を応援したい気持ち、その思いを伝えたくて全国からボランティアで入っておられます。
この日も広島から10人のグループが、1週間の予定で来たと言っておられました。

復興するにはまだまだ先です。
ボランティアも息の長い活動になりますが、全国からの支援がこれからも必要です。
風の旅人
2011/05/24 16:35
ももちゃん毎度〜
自分に出来ることは何か
このテーマでずっと書き続けていますが、ブログで発言することも出来ることの一つです。
被災者の生の声をお伝えしたくて、今回も生録しています。
機会があればお聞かせしますので、これからも長く続く支援の参考にして欲しいと思っています。

義援金の問題もなかなか行き渡らないようです。
渡っているところもあるようですが、今回の訪問した釜石では貰っていないようでした。

家畜といえども家族と一緒
子供の時から大きくしてきたわけで、放射能の汚染で無理矢理安楽死は可哀相すぎる。ものを言わないだけにこの怒りはどうしたらいいか。
東電と政府の責任は重いですよ。
風の旅人
2011/05/24 16:42
ゆりちゃんコンチャ〜

義援金は幾らでも必要です。
1円5円の積み重ねでもやがて億のケタになっていきます。
集まったお金を早く手元に渡してあげて欲しいと切に思いました。

現地ではボランティアの受け入れは大歓迎
GWや週末は人でも多く出ますが、平日はどうしても人が少ない。
ワテのような年齢でも十分役に立つことが分かりました。
それだけでも収穫ですわ。

この「達者でな」の歌は随分昔の話かと思っていましたが、今の福島の人たちには悲しい歌ですね。
辛すぎます。
風の旅人
2011/05/24 16:50
こんばんわ!風さん^^

ご苦労様です!風さん^^
こちらは夏日から一転して冬に戻ったような寒さです。
そちらでは皆様、体調の方は大丈夫ですか?
こちらで想像するほど復興は進んでないようですね。

野放しにした家畜の安楽死は惨い話ですね!
何かいい解決法がないものかと思います。
難問だらけです。
yun
2011/05/24 22:43
yunさん今晩は
2度目の東北行きも無事に帰ってきました。
時間を作って山形に行けば良かったなあ
yunさんやtaeさんに久し振りに会えたのに\^o^/

天気はイマイチでしたが、現地に入って少しですがお手伝いも出来ました。
町の中はまだまだ手つかずの状態ですが、それでも震災から2ヶ月も過ぎたので、人々も幾分落ち着いてきたようですが、季節が変わることで衣料品関係では夏物を必要としています。

被災地では夏場に向けての取り組みが必要になってきました。
引き続き全国からの支援が求められています。

命の尊さは人も動物も一緒です。
生あるものに安楽死は惨すぎます。
悲しい処分方法に憤りを感じます。
風の旅人
2011/05/24 22:53
命の尊さ!(確かに仰るとおりですが)
 然しながら時として、安楽死を選ぶ場合もあるかもしれません。
たとえば、末期癌の患者さんを、意識も朦朧としているのに、果して
ご家族は生きる事を選ぶでしょうか?私もわからないですけれども
因みに私の愛犬は全身癌が転移しており、安楽死を選びました。
何となく、横道に反れたコメントになり申し訳ありません。
今年の夏は黒部ダム方面へ行きますが、時間があれば被災地方面へ足を運びたいと思います。福島県の原発は、渡部恒三(渡部って福島原発推進した人だっけか)
tomo
2011/05/25 00:45
tomoさん今晩は
安楽死は時と場合によりまんなあ
ワテもその時になったらどっちをとるか、ようわかりまへんなあ

黒部でっか
そのついでに立ち寄るのも由、と言うところでしょうか。
少し距離がありますが、自分の目で確かめておくんなはれ。

渡部恒三の地元でんなあ
原発事故以前は偉そうにしていましたが、そう言えば最近テレビに出てこないけど、彼も被災者になったのかな?
地元が大変なときにだけに、今まで通りの発言では済まされないのでしょう。
風の旅人
2011/05/25 00:57
風丼〜〜〜〜〜〜っ♪

この歌はつらいですよ〜〜〜っ
この歌は昔から聴くだけでなけてくる歌でしたのに。。。。
この地震のあと原発問題のあとには。。。。
泣けてくる歌でございます。。。。。。

  でもいい歌ですよね♪

風丼♪おつかれさまでしたよ
いろんな人が周りにはいますが・・かなしい人間ですねさみしい人間ですね。。。

    はい あじ丼
紫陽花
2011/05/25 22:42
あじ丼〜今晩は

この歌は愛馬との別れ、昔は農村ではみんな馬を飼っていたので、家族同然の馬を手放すのは辛いね。
その思いを歌にしていますが、平成の世の中になってまさかの原発事故。

乳牛として育てた牛、肉牛として育てた牛も今回の被爆で札処分。
これはやむを得ないのかどうか、何とかして生かす道はないものか。
農家の苦しみ悲しみ怒りはいかばかりかと。

我々の周囲には色々な人がいますが、言って何になるんだという人もいれば、今日も友人に東北に行って来たと話をすると、私も行きたいわあと複数の人が手を挙げた。
連れて行ってあげたいちころだが、ワテは今月2度も言っているので、ハッキリ言って3度目に行くお金がない(^_^;)タラー
嫁はんに旅費出してなんて言われへんで

でもそうやって手を挙げてくれるのは嬉しいなあと思っています。


風の旅人
2011/05/25 22:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東北へ1000kmの旅 No2 行くことで何かを感じて欲しい ・達者でな 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる