心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄興南が史上6度目の春夏連覇

<<   作成日時 : 2010/08/21 23:13   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

甲子園で高校野球が始まると、このときほど血が騒ぎだし、郷土について考えてしまう。
普段の野球ではほとんど熱くならないが、甲子園での春夏の大会になると妙に騒ぎ出す。
1回戦を勝ち上がると騒ぎ、2回戦3回戦となるとボルテージも更に上がる。


画像


今日はその決勝戦
沖縄の興南が春夏連覇を果たすか、40年ぶりに東海大相模が優勝するか
毎日35度を上回るような気温の中で、球児達は必死に白球を追う。
どちらが勝手も良いのだが、ワテの場合は妻の出身が沖縄だけに、ここは興南を応援せねばならない。


画像



序盤は投手戦で一歩も引かず、しかし4回の興南の攻撃は見事だった。
連打で大量7点をもぎ取った。
この大量点だけでも凄いのに、そのあとも加点してついに13点。
東海大相模もようやく1点を返すだけでゲームセット。
沖縄に春の優勝旗が渡ったのはこれまで2度ありますが、夏の優勝旗が渡るのは今回が初めての出来事。


画像



画像



思えば復帰前の1963年に、首里高校が初めて甲子園の土を踏んでから47年。
当初は本土チームと試合をしても、実力差はいかんともし難く三振の山。
1回戦は敦賀に0対3で負けてしまう。


画像



初めて出場した甲子園の土を、大会記念に持ち帰ろうとしたら港の検疫で海に捨てられることになってしまった。当時は沖縄からの植物や土は、本土に持ち込ませない体制が敷かれており、そのための検査で引っかかってしまった。
たかが甲子園の土やんかと思うでしょうが、それが当時の決まりでした。


画像



新聞の報道で知った本土の人たちは、何とかして土を贈りたいと奔走。
しかし関係者の努力も検疫で引っかかるために、確か土を固めて焼き物にしたんだっけ。
そんな歴史もありました。


画像



沖縄の野球が強くなったのは、トレーニング器具の発達もあるけれど、まず何よりも言われていることは、選手達が本土の大学に進学して、そこで本土の野球と取り組んで、その後沖縄に高校野球の指導者として帰ってきたことだろう。


画像



本土の野球に早く近づきたい、その願いは次第に花開くことに。
やがてベスト4に進出するほど実力が上がりだし、準優勝も果たしました。
そしてセンバツではついに優勝旗が太平洋を渡りました。


ここ数年の沖縄チームの実力は、常に優勝候補にも名が上がるほどになっており、それはプロ野球チームの多くが今では春のキャンプを沖縄で行っており、子供達がプロの選手を間近に見る機会も増えて、その影響も大きくなったようです。

あのひ弱かった沖縄の球児達が、今では堂々と本土チームと試合している。
長く沖縄球児の試合を見ていると、まさに隔世の感があります。


我如古主将がインタビューの時に語っていました。


今日の優勝は沖縄県民みんなで勝ち取ったものだと思います。

おめでとう 興南の選手諸君


画像



おめでとう 沖縄県民のみなさん 


画像は全てお借りしました。


アップ曲は削除しました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
沖縄優勝の陰には、こんな歴史もあったのですね。

おめでとう 沖縄!興南高校!
マミー
2010/08/22 00:29
マミーさん今晩は
復帰前後の沖縄の野球は、本土とかなり差がありました。
甲子園に何度も応援に行きましたが、あと一歩で優勝逃したときは、本当に悔しい思いをしました。

本土のチームでもまだ優勝をしていない県が幾つもあります。
マミーさんの新潟、ワテの田舎の滋賀、優勝戦にも行ったことがない野球後進県ですわ(゚_゚i)タラー

それに比べたら沖縄の躍進は目を見はるものがあります。
今では強豪に位置づけられており、今回の連覇でしょう。
本当に感心します。

今日は沖縄の県民は仕事にならなかったでしょう。
2時間半仕事は休みのはず。
中には最初から仕事を休んで、自宅でテレビ観戦しています。
それくらい熱中します。
風の旅人
2010/08/22 01:31
おはようございます!風さん♪

興南高校優勝おめでとうございます
高校球児皆さんにお疲れ様〜〜ですね!
我、千葉県代表もベスト4まで進んだのですよ!
息子達が二人とも野球をしてましたので
長男の方は未だに時間さえ取れれば甲子園へ飛んでいきます^^
力強い「涙そうそう」今日のページにピッタリでしたぁ〜^^
yun
2010/08/22 08:57
yunさんのはようさん
息子さん二人も野球をやっていたんだ。
どんなに年を取っても甲子園には夢があります。
今なお青春の血をたぎらせています。

千葉の成田高校も素晴らしい投手を擁し、ベスト4は見事でした。
高校野球は幾ら器具が発達しても、投手力の差がやっぱり大きい
しかし今回の興南の打力はそれを上回る力を持っていました。
本当に凄いチームだと思いました。
風の旅人
2010/08/22 10:15
高校野球の時期になると昼食時・・
会社の食堂のTVの前にたくさんの人が集まって
今現在は関東に住んでいる人達が
故郷の高校を一生懸命に応援する姿を目にします。
一気に“郷土愛”が
目覚めるようですね
私ももう長い間関東に住んでいても
応援するのは東京や埼玉勢ではなく
神戸や大阪の高校です〜。

でも故郷の高校でなくても
強豪高に追いつこうと頑張ってきた選手の姿に出会うと
毎回そのガッツや頑張りにジ〜ン
してしまいます。
てんちゃん
2010/08/22 17:58
てんちゃん今晩は
高校野球の試合が始まると、郷土意識がもろにでるね。
故郷の代表は応援したくなります。

幾ら長く住んでいても田舎の血が騒いでしまいます。
これはしょうがないね

球児達の一生懸命さに心を打たれ、そしてともに喜びともに涙します。
いつまでたっても感激屋ですわ(笑)
風の旅人
2010/08/22 19:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
沖縄興南が史上6度目の春夏連覇 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる