心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 棚田のある村

<<   作成日時 : 2010/06/09 01:52   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 17

滋賀県に棚田百選に選ばれた所があるとテレビで紹介されました。
これは一度見に行く値打ちがあるかも
そこで先日ぶらりと出かけました。


画像



高島市畑地区
市町村合併で町から市に変わって、高島の町も広くなったもんだ。
琵琶湖の西側つまり湖西地方は、大津市と高島市に二分されたみたいに広域になってしまい、これでは行政のきめ細かい部分で問題があるのではないかなと、人ごとながら気になった。


画像



大阪を出た時間帯が遅かったので途中で昼ご飯。
安曇川の道の駅で休憩かねてお昼を取る。
ここは中江藤樹の生まれた町で、資料館もあるらしい。



産業としては扇子が有名。
京都の扇子はまずここで作られている。
扇子については前に書いていますので、良かったら探してください。
前作に書いてあります。



畑地区に入るのは初めて。
比良山に向かって緩い上り坂を走ること20分ほど。
畑地区があった。
標高600mくらいでしょうか、何処にでもありそうな村でした。



小さな棚田が車窓からでも見えますが、大規模な棚田がどこかにあるはず。
しかし一向にそれらしきものはない。
畑をしている人に尋ねてみることにした。


画像



この辺一帯が棚田だけど、写真を撮る人はもう少し上に上っているとのこと。
車だけに細い道だったら迂闊に入れない。
対向車が来ないかそれが問題。
知らない道だけに無理は出来ない。
それでも歩いて上るのは堪忍して欲しい(笑)

ようやく空き地を見つけると、そこには他府県ナンバーの車が4台止まっていた。
よしよしここに停めてやれ。
でもカメラマンらしき人は見えない。
もっと上に上っているのかなあと歩いてみることに。


画像




上から下りてきた人がいたので聞いてみると、少し上から撮ってきたという。
どうもその場所は人家の上からのようだ。
行商の車が止まっていたので聞いてみると、この家の庭に入って撮らして貰いなさいとのこと。
家の人に断って入れて貰うことに。
庭から見る景色は良い眺め
しかし到着時間が悪すぎる。


画像




真上に太陽があるようでは「芸術的」なしゃしんは無理。
もう少し努力して早起きをすべきやった。
早朝の景色は最高とのこと。
やっぱしなあ

まあ今回は場所を確認しただけで由としよう。
次回来るときは気合いを入れてくるでぇ


マキノスキー場に寄り道
冬の時期はこの辺りは1mの積雪があるところ。
滋賀県でも豪雪地帯。


画像



夏の間は閑散としており、小学生が遠足に来ていました。


この歌は上条恒彦の歌
テレビドラマ・木枯紋次郎の主題歌でした。





誰かが風の中に

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
あらぁ〜
風のさんのイメージ・・・
上条恒彦のような方かなって
ずっと思ってました。
(笑)彼の歌を唄うなんて〜と 驚き。。
顔とかじゃなくて背格好です。
大きな方を想像してました。

迫力のあるでっかい歌 
かっこいい〜♪
みゅ〜
2010/06/09 11:43
みゅ〜さん今日は
カラオケのジャンルを外して、今はひっそりと隠棲中の部屋にようこそ(笑)
上条さんのイメージですか。
ただの紙芝居屋の親父です(爆)

上条恒彦の歌は好きですが、たくさんは歌えません。
この歌以外には「出発の歌」くらいでしょうか。
彼の声を張り上げて歌うあの歌い方が大好きですわ。
風の旅人
2010/06/09 11:51
栃のミ^^さん今日は
気持ち玉をありがとう
もしかして覗いただけかな(笑)
それでも嬉しいなあ
風の旅人
2010/06/09 11:55
風さん こんちは〜
お気遣いうれしかったです^^
久々に、カラオケにコメ致します。

こんな曲があったの忘れてましたね^^;
うんうん みゅ〜が言うように、風さんのイメージだわ。
歌い方も迫力あって、この曲風さんすごくいい!
でもね〜 実物存じ上げてるネルコから
その実態申し上げましょう〜〜 って、ナイチョです ふふふ 
音流
2010/06/09 12:50
音流さんコンチャ〜
訪問したりされたりして、それぞれの人の状態がわかってきます。
夜更かし組は誰だとか朝の早い人は誰それと、今日の健康チェックも出来るわけでして、ワテなりに楽しんでいます。

その人なりのイメージは出来ますね。
でもイメージはあくまで夢に描くもの。
決して公開しないように(爆)
風の旅人
2010/06/09 14:03
風さん こんばんわ〜お邪魔します。m(._.*)mペコッ

そっかぁ・・・
太陽が真上の時の写真は あまり感心出来ないんだぁ。
風さんはいつも ステキな写真を披露してくださってますもんね。(*^^*)
今回は少しのお寝坊が、写真の出来を左右しちゃったのですか・・・
う〜〜〜んっ やっぱり何事にも努力が必要なんですね〜。
しんどいことはキライだけど・・  ……(-。-) ボソッ

でね・・ 風さん
みゅ〜さんも ねるさまもおっしゃってるように、てんてんの中でも 風さんは上条さんのイメージそのものなんですけど。(*^m^*)
この歌・・ いつくらいの歌だったんでしょ。
懐かしくて・・ なんだかチョッピリ切ないような・・・
なんとも言い難い甘酸っぱいような想いにひたってしまいました。(^_-)
とっても ステキでした〜。

ところで・・  ねるさま
ナイチョはダメ〜!!! ズルイぃ〜〜〜!!!!
おせぇ〜〜〜てっ!!!! (≧m≦)


「おまけ」
ハムスター  かわいっ!!(*^-^*)
餌 あげれるんだね・・・ マウス持ってったところに ついてくる〜。
お水も飲んで・・  今まで知らなかったぁ〜。^^;
てんてん
2010/06/09 21:41
てんてん今晩は
久し振りのコメントで嬉しいなあ

写真を写すときは太陽が真上にあるとき、それをトップライトと言うんだけど、人物にしても風景にしてもこの時間帯はダメですね。
早起きすればいいのだが、夜は強いけど朝は全くダメな男でして、どうしても昼前になってしか出かけないなあ(笑)

またまたてんてんまでが知りたがっている。
ワテはゲゲゲの鬼太郎に出てくる「ネズミ男」みたいな感じでっせ(笑)
てんてんさえ良かったらいつでも顔を見せまっせ。
その代わりガクッと来たら知らんでぇ。

ワテの顔を知っているのはカラオケファンでは、音流さんでしょう、ももちゃんでしょう、yunさん、やまちゃんの4人ですね。
ももちゃんが復帰してきたら歓迎会でもしようか。

このハムスターに余り餌をやったらアカンで
ワテと一緒で太めになるやんか(笑)
良かったら持って帰ってや\^o^/
風の旅人
2010/06/10 00:11
畑にに行かれましたか!
私の故郷はR161から畑に向かう途中にあります。
比良山に向かってと書かれていた山は蛇谷ヶ峰と言って比良山系の一番北に位置します。その一番麓の集落で生まれたんです。
小学校の5年生の2学期に京都に引っ越したんですがいつもあの山並みが恋しくて休みになるとずっと祖父と祖母、叔父、叔母が住んでいた家に帰っていました。

多分風さんが写真を撮らせてもらわれた畑集落の家は、うちの親戚かも知れませんよ。
ayaya
2010/06/10 22:48
ayayaさん今晩は
昔住んでおられた所は、畑の集落の近くだったんですか。
山とわずかな田んぼしかないところだけど、村の人に話を聞くと今では雪も余り降らなくなったと言っていました。

比良山系の蛇谷ヶ峰ですか。
ワテには全部が比良山系になってしまうからアカンなあ(笑)

写真を撮らせて貰った家は、現在棚田米と野蕗の佃煮を売っておられました。
インスタントのコーヒーも飲ませてくれるそうでした。但し有料だけど(笑)

3枚目の写真に古い柿の木が写っていますが、そこから撮った風景ですが、この家がayayaさんの親戚だったとは、世間は狭いなあ(笑)
風の旅人
2010/06/10 22:56
風丼♪こんばんわぁ\(*^∇^*)/
棚田いいですね あたしも大好きですよ
 
しかし写真の時間があるなんて大変ですね
そうですねっ またどうか挑戦して写真を見せてくださいませねっ

歩いてあがるのは勘弁のところで うふっとあたし笑ってしまいました
風丼♪ファイト〜〜写真のためには歩きましょう☆

歌 なんと懐かしい歌なんでしょう
もちろんこの歌はあじ丼は知ってますよ はい
 ほい あじ丼(*^-'*)>☆
紫陽花
2010/06/10 23:48
あじ丼〜おはようさん

あじ丼の田舎には棚田があったのですか?
規模の小さな棚田は各所に見られますが、ある程度の規模となると山の奥に入らないと見られません。

都会ものは足が弱くて行けません(笑)
運動不足が直ぐに露呈してしまう。

いい写真を撮るのも苦労しまっせ。
骨身を惜しんでいるようでは、アキマヘンなあ(笑)
風の旅人
2010/06/11 06:55
滋賀の栗東市に友達がいて3年おきに中間地点で会っていましたが 今では娘の所で逢えるので沢山会えて幸せ。
琵琶湖の壮大さにもびっくりです。
この写真は木枯紋次郎がいてもおかしくないですね。
旅人さんにはこの歌良くお似合いですよね(^。^)y-.。o○
マンマ
2010/06/12 07:45
マンマさんおはようさん
福岡との中間点となると岡山と広島の間。
ちょっと遠いなあ

栗東から大阪なら小一時間でやって来れます。
娘さん家族にお会いするときには、毎回誘い出して簡単に会えますね。

琵琶湖を一周すれば一日がかり。
見所がいっぱいありますから、いつかゆっくり回って欲しいなあ
里山に入ればいつまでも変わらない風景が今も残っています。

風の旅人
2010/06/12 09:16
こんばんは、風の旅人さん
狭い日本ならではの風景ですね。これらの棚田、きっと畔づくりも手仕事なんでしょうねぇ。棚田は、実りの秋も幾何学模様が見られて綺麗だと聞きます。また素敵な写真を見せてくださいね。
harusika
2010/06/14 22:28
harusikaさん今晩は
棚田の風景を撮るときは、朝と夕が綺麗な事はわかっていますが、朝は苦手だし夕方になれば早く帰って一杯飲みたい(笑)
どうもアキマヘンわ
秋にもう一度訪ねてみたいものです。

harusikaさんの棚田の写真は綺麗ですね。
感心しながら見させて貰いました。
風の旅人
2010/06/15 00:01
遅れ気味ですみません。
東京では難しい棚田ですね。
もし大雨にでもなったら上から大量の水が流れて来る?
自分も初めてスキーに行ったのが滋賀県。
こちらに来て初めて群馬にも草津という所があるのを知りました。
琵琶湖を一周すれば一日がかり→そんなにデカいのですか?
小太郎
2010/06/19 07:26
小太郎さん毎度〜

東京といえども田舎はありますから、青梅の方に行けば山に囲まれている。
小さな棚田があるのでは。

大雨が降ったら?規模によるでしょうが、確かに地震や水害で被害に遭っていますが、最近は農業を守る若い人がおらず、限界集落になりつつあります。
そうした中でボランティアを募集して、棚田を守る運動も起こっています。

琵琶湖は一周240kmありますが、車が走れる部分で計算するともう少し多くなるでしょう。計算上は5時間(法定速度)もあればいいわけですが、休憩を入れながらゆっくり走れば1日で回れます。
風の旅人
2010/06/19 09:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
棚田のある村 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる