心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌の旅・花と小父さん

<<   作成日時 : 2009/10/26 01:08   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 15

たまにはメルヘンチックな歌でも如何でしょうか。
ジャンルの広さだけは負けていませんから(笑)


画像



北海道の富良野にツアーで旅行したとき、お婆ちゃんとお孫さんが乗っていました。
お話しする機会もあって、お孫さんとも仲良くなりました。


画像



彼女はラベンダー畑ではジッとしていません。
好きなだけ花を摘む事が出来た喜びで、嬉しくてたまりませんでした。
そんな表情を追ってみました。


画像



天真爛漫な表情はバスの中でも人気者でした。
こんな表情が何時までも続くといいのになあ


画像




画像






花と小父さん  歌:伊東きよ子

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
一面のラベンダー、きれいですね。
ほのぼのします^^
はこふぐ
2009/10/26 09:26
はこふぐさんコンチャ〜でおます

7月中旬頃はラベンダー畑が凄く綺麗です。
この風景を見たがために、大勢の観光客がやってきます。
ワテもその内の一人ですが、旅に出るとこうした出会いがあるので楽しいですよ。
風の旅人
2009/10/26 11:13
ほんまに、風さんは何でも歌いはるんやね〜〜
この歌は私も歌えますよ!!(ふふふ)
上手いかどうかは別ですよ
私も歌は好きなので・・・自己流にアレンジして・・・ふふふ。。
最近はカラオケに行きたくって
今度、この歌も歌ってみようかしら??
誕生って歌も聴いてみますね!!
ほほ笑み
2009/10/26 17:34
ほほ笑みさん今晩は
この歌は大昔に流行った歌なんだけど、知ってはると言うことはただ者じゃないなあ(笑)

自分流歌って楽しむべきですね。
上手下手は関係おまへんなあ

「誕生」も聴いておくれやす。
素敵な歌ですよ。
風の旅人
2009/10/26 19:32
日本には昔からこういういい歌、心休まる歌があるのだということを改めて教えてもらった気がします。
有難うございます。
あおいレイ
2009/10/26 22:33
あおいレイさん今晩は
この歌が発売されたのは昭和42年
バリバリの二十代の始めですわ\^o^/

なかなか歌う機会がなかったが、やっと日の目を見た。
そんな思いで歌ってみました。
こういう歌があるとホッとします。
風の旅人
2009/10/26 23:31
おはようございます。
花と小父さん・・・ああ、こんな歌あったんだ。
すっかり忘れていたので、懐かしく聴かせていただきました。
ブログ用に写真を撮られてるから、ぴったりの写真があるんでしょうね。
紫の花に少女。素敵な画像でした。
ももこ
2009/10/27 05:45
ももちゃんおはようさん
忘れ去られようとしている歌を発掘する、年代で探しているとこんな歌がヒットします。
これもヒトカラだから出来ることですね。

デジカメを使うようになってから、数多くの写真を撮れるようになりましたから、そのデータは残してあります。
その時撮った写真の中に、どんなものを撮ったのかを大体覚えています。

曲に合いそうな写真を探しだしたり、その逆に曲のイメージを想定して撮りに行ったりしています。
風の旅人
2009/10/27 10:03
良いスねぇ〜 感じ出てて
ちょっぴり、土曜日の編集に追われて見に来れません出したが・・
ラベンダーと少女も良いですね
ロマンチックで・・・
でも、ラベンダーのかほりは、太るらしいですよ
グレープフルーツのかほりは、痩せるらしいです
でも、俺血圧下げる薬を飲んでるからグレープフルーツのジュースは飲めないんだって・・
        
やまちゃん
2009/10/27 11:22
やまちゃん毎度〜
コスプレのやちゃんの写真見ましたで。
みんな盛り上がって楽しそうでした。

歌のイメージに合うような写真を探すのも楽しいおまっせ。
イメージに合わせてモデルを捜すのも、写真を撮るときの楽しみです。

グレープフルーツはダメなのか。
ワテは結構好きなんだけど(゚_゚i)タラー
風の旅人
2009/10/27 13:11
「花とおじさん」の歌、よ〜く知っています。
でもハマクラソングって事は知りませんでした。
そして歌っている人が伊東きよ子という人だって言う事も・・・
名前は聞いたことがあるような気がしますが、顔が浮かんできません。

そもそも「加藤登紀子さん」あたりが歌う反戦歌かしら?
と思っていたフシがあります。
でもよく聞いてみると全然違う素朴な歌詞でした。

ラベンダーと少女の画像が良いですね。
風さんのこの歌のイメージが分るような気がします。

↓前回の「京都・嵯峨野編」も読ませていただきました。
6年前の11月下旬に、友人と3人で日帰りで新幹線利用の「京都紅葉めぐり」をしました。
その時に選んだコースがこの「嵯峨野」でした。
人も多かったけどそれなりに楽しみました。
naoママ
2009/10/27 21:23
作曲家の浜村庫之助が絶頂期の作品だった頃でしょうか、この頃色んな曲を作っていますね。

この歌は反戦歌と?
花はどこに行ったを想像されたのかな
当時はベトナム戦争が始まった時期辺りだったかな?
ジョーン・バエズなんかが盛んに歌ってましたね。

この曲と写真がピッタリでっしゃろ。
この歌のために暖めてましたんや(笑)

嵯峨野散策コースは人気コースだけに、土日は大変な混みようです。
もし行ってみたいと思っている方がいらっしゃるならば、平日に計画された方がいいですね。
それでも混んでいますけど(゚_゚i)タラー
風の旅人
2009/10/27 22:51
メルヘンチックいいですね〜〜
心が暖かくなり・・
ちょっと寂しいうたですね。
旅人さん、不思議と合いますね〜こういう歌。
なんちゃって(^^ゞ失礼しました〜
でも、なんだか聴いてて気持ちよくなりました。
女の子とラベンダー、絵になりますね〜
ゆりこ
2009/10/28 18:35
ゆりちゃん今晩は
今回はメルヘンで決めてみました。
たまにはほのぼのとした歌もいいでしょう。

絵になると言われると嬉しいですね。
風の旅人
2009/10/28 22:48
saraさん気持ち玉をありがとう。
メルヘンチックに少しでも浸って貰って、いい気分でいて欲しいですね。
風の旅人
2009/10/28 22:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
歌の旅・花と小父さん 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる