心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 加藤和彦氏への追悼曲・悲しくてやりきれない

<<   作成日時 : 2009/10/19 19:42   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 12

ニュースでも報じられているのでご存じの方も多いでしょう。
加藤和彦氏が先日亡くなりました。

彼の作品の多くを青春時代と共に歌ってきました。
「あの素晴らしい愛をもう一度」「 ぼくのそばにおいでよ」「 青年は荒野をめざす 」「悲しくてやりきれない」など数多くのヒット曲を提供してきました。


画像



グループ解散後は音楽 プロデューサーとして優れた作品を世に送っています。
まだ62才という若さでこれからと言うのに、惜しい人を失いました。


彼の楽曲の中で一曲歌って追悼の歌とします。





悲しくてやりきれない

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
訃報を聞き本当に驚きました
この歌よく聴いていました
なぜ?と想うよりも 少しでも安らかにと祈りたいです
栃のミ^^
2009/10/19 20:41
栃のミさん^^今晩は
突然の訃報のニュースに別人だと思っていましたが、まさかとこの方だとは予想もしなかった。

グループ解散したあとは、ボツボツでしたがメディアに顔を見せていましたが、最近余り見なくなりました。
原因は色々あると思いますが、何があったのでしょうか。
風の旅人
2009/10/19 23:17
ザ・フォーク・クルセダーズと云えば
帰って来たヨッパライです
雲の階段を踏み外して生き返って欲しいですね
好きだったのは、イムジン河よく唄ってました(今は唄えませんが・・)
あの素晴らしい歌(愛)をもう一度ですよね
やまちゃん
2009/10/20 08:24
PCでは何かとアドバイスをいただき、感謝です。
ようやく復帰しました・・お世話様でした。
こんなことで一緒とは喜ばしいことではありませんが、私も追悼の歌を唄いました・・ロス・プリモスの森聖二さんです・・62歳と70歳、どちらも逝き急ぎでしたね・・惜しいお二人でした。
歌は笑顔で唄いたいものですね・・泣ける歌もありますけれど・・泣いても笑っても、とにかく楽しく唄いましょう。
あおいレイ
2009/10/20 11:59
訃報を聞いた時は、びっくりしました。
冥福を祈りたいと思います。
風の旅人さん、追悼の曲、心に沁みました。
ありがとうございます。
ふぇあり
2009/10/20 16:12
特にファンというわけでなくても、常に耳に残り、ふとした時に
口ずさんでしまう・・そんな歌があの頃にはありましたね。
人に感動を与える曲を創るということに、こんなに全身全霊を
傾けて生きている・・それができなくなった時、生きる意義を
見出せなくなってしまうものなのでしょうか?
凡人にはとても計り知れない世界ですが・・
心に残る歌をありがとう・・と言いたいですね。
ともっぺ
2009/10/20 16:35
やまちゃん〜今晩は
フォークルの帰ってきた酔っぱらい、テープを早く回すやり方は当時はとても斬新な表現でした。
あの台詞の部分が面白くてよく真似をしました。

南北朝鮮が分断された悲劇は、この歌からも発信されました。
それ故この曲に対し、政治的意図が働いたのでしょう。
当時はそう言う時代でした。
他にも放送禁止の歌が幾つかありますね。
歌は平和へのメッセージでもあるのだから、政治的な判断で歌えなくさせるやり方には怒りを覚えます。
風の旅人
2009/10/20 22:12
あおいレイさん今晩は
ついにPCを新しく買い換えたのでしょうか。
突然PCがストライキされたらショックですね。
それまでに何らかのアクションがあったと思いますが、まさか急に動かなくなるなんて予想だにしなかったでしょう。

ようやく手元に新しいパソコンが来たので、これからはまた張りきって歌って下さい。
楽しみにしています。
風の旅人
2009/10/20 22:15
ふぇありさんコンチャ〜
彼の突然の訃報に接し、なんで?どうして?
そう思われた方が随分多かったのでは。
同世代として青春時代を駆け抜けてきたものとして、彼の歌はいつも応援歌でした。
これからももっとがんばって欲しかったのに、還らぬ人になってとても残念です。
風の旅人
2009/10/20 22:17
ともっぺさん今晩は
彼の音楽的才能はワテが語る必要もないほど、皆さんが語っています。
20代の頃からずっと流れていた数々の曲は、多くの人を励ましてきたはずです。
本当に惜しい人を亡くしたと、残念ですよ。
風の旅人
2009/10/20 22:19
この歌は全くしれませんとコメントしていたら
「悲しくて悲しくての〜」どこかで聴いたような…
やっぱり聴いているかも…
何でも歌う風の旅人さんに脱帽です。
この歌とてもあっていますよ。

2009/10/23 22:51
将さん毎度〜
昔の歌ですから、何処かで聞いたことがあると思います。
ワテも若い頃からテレビやラジオから流れてくる歌で、色々な歌を覚えてきました。
今になってジャンルがバラバラでして、まあこれもありかと楽しんでいます。
風の旅人
2009/10/23 23:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
加藤和彦氏への追悼曲・悲しくてやりきれない 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる