心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都・トンチンカンチン一休さ〜ん

<<   作成日時 : 2009/10/17 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 20

瑞饋神輿 が余りにもあっけなく立ち去ってしまうと、それまで見に来ていた人たちもアッという間にいなくなってしまった。
人もいないし出店もないので、このまま帰るもの早すぎる。

棚倉孫神社から600mほど行けば、とんちで有名な一休さんのお寺があります。
紅葉が始まる頃に訪れると、真っ赤に色づいて綺麗な参道が見られます。
まだ紅葉するまでには一ヶ月先だけど、参拝客も少ないこの時期こそゆっくり見られるはず。


画像



中に入ると直ぐに一休さんの墓所があります。
南朝派に属する一家だっただけに、迫害を恐れて一休さんはお寺に入られた。
今でもこの墓所は宮内庁の管理下にあります。


画像



画像



画像



参道には苔がびっしり生えており、緑の絨毯になっています。
何処かのお寺のように管理がうるさくなくて、撮影していても特に何も言いません。
それだけ一休さんの教えが守られているからでしょうか、相互の信頼関係で成り立っているような気がします。


画像



世にも希なことがこのお寺にはあります。
なんとトイレが重要文化財になっています。


画像



どんなトイレでしょうか。
何処にでもあるような木のトイレですが、何で重要文化財なのかよく分からないかも。


画像



中に入っていくと小さな庭があります。
梅の木や花梨の木などが植えられており、赤とんぼを見っけ。


画像



このお寺が一休寺。
正面には黒松が植えられており見る人を唸らせてしまう。


画像



玄関を入ると目の前に白虎。
思わず引き下がってしまう(笑)


画像



見学通路に沿って中に入ると、人気アニメの一休さんがお出迎え。



画像



庭に面したお茶室。
ここでチョッとお茶でも如何。


画像



方丈を望む位置からチョッと一枚。


画像



ふと障子の桟を見るとスイッチョンを発見
正式名は知らないが、我が田舎ではこの虫をこのように呼んでいる。
実に50年ぶりに見たスイッチョンだった\^o^/


画像



毎日拝んでおられるのでしょう、よく見ると天皇の名があります。


画像



その裏側にはいろりが掘ってある。
見学が終わればお茶が出ます。
お茶請けには塩納豆が1個
これがなかなか美味しい。

画像



外に出てお寺の庭を一巡り。
やっぱりありまっせ。
あの橋が\^o^/


この橋渡るな
まあとんちと同じですから端を渡らなければいいわけで、決して通行禁止ではおまへんで。


画像



またまた虫を発見
今度は親子でしょうか、それとも夫婦でしょうか。
バッタがバッタを乗せている。

逃げようと飛ぼうとしますが、思うように羽が出ない。
そこでひっくり返ってしまう。
その瞬間を撮りたくて待ってみましたが、何度も飛ぼうとしますが結局撮れず。


画像



このバッタを見るのも実に久しぶりだった。
何でもないようなことでも、じっくり観察していると実に面白い。
たまにはこんな日もあっていいね。




一休さん



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日は、松山千春のふるさとで
今日は、童謡のふるさとですか?
松山の方は、昨日初めて聞いた曲でとっても気に入りました
今日は、そのエピソードをまとめようかと一休さんのようにクルクルしているのでですが・・
なかなかまとまらず
唸っていたところ、このブログ・・
一休さんが『あわてない! あわてない!』って言ったとか、言わなかったとか・・
まぁ〜言ったことにして、少し時間をいただくことにします
やまちゃん
2009/10/17 00:19
やまちゃん〜うまい!!座布団一枚。

一休さんの歌でも歌おうかなと思ったが(笑)
練習していない
それで諦めてこの曲になった次第。

ブログの記事を考えて、こんな歌、あんな歌を日頃から歌っています。
用意周到でっしゃろ(笑)
まあ慌てないでゆっくり熟考しておくれやす。
風の旅人
2009/10/17 00:28
始めて見ました。一休さんのお寺。
長岡に居ながらにして 行ったような気持ちにさせてもらいました。
重要文化財のトイレ。どんなトイレなのか…見たい。けど見たくない…

最後のバッタさんは、こちらでは「おんぶバッタ」と呼んでいます。確か下の大きい方がメスで、上の小さい方がオスですわ。何でか分んないけど、いつもおんぶしてます。
マミー
2009/10/17 11:50
上から順に写真を見せてもらい、さて始めるのかな? 一休さんの歌〜♪とおもっちゃいました^^;;
出不精(デブ症ともいう。。)の私ですので、なかなか国内旅行もままなりませんが、↑の写真たち、行ってみたくなりますね。
苔むした参道・・・ どっかと違っていいねぇ(笑)
音流
2009/10/17 11:56
一休寺まだ行ったことがないので、写真興味深く見せていただきました。
屏風の虎や橋の写真で、一休さんのトンチを思い出しました。
京都は私の故郷なので、一休寺=故郷 懐かしく聴かせていただきました。
ももこ
2009/10/17 13:03
マミーさん毎度〜でおます。
一休寺の記事は過去にも書いています。
重要文化財のトイレの中で用を足すことは出来ませんが、覗くくらいなら出来ます。
この直ぐ裏にトイレがありますから、文化財とまでは行かないまでも、文化財の横で用を足すことは出来ます(笑)

おんぶバッタ
そうやそんな風に呼んだかも。
小さい方が♂
やっぱりなあ(笑)
サンキュー
風の旅人
2009/10/17 14:27
音流さんこんにちは
大阪はようやく雨も上がりました。
そうなると出かけ虫がうずき出す(笑)

ワテもこの記事作りながら、あっしまった〜
一休さんの歌が録音していない(笑)
この曲が流れれば歌えるかも

すきすきすきすきすき
あいしてる
すきすきすきすきすき
一休さん
とんちはあざやかだよ いきゅうひん
どきょうはまんてんだよ いっきゅひん〜

今度仕入れてきまっさ(笑)

昔は苔寺も自由に参拝できましたが今では予約制になってしまい、京都見学を事前に計画しないと行けません。
ホンマに難儀なことでっせ。

風の旅人
2009/10/17 14:37
ももこさんコンチャ〜
実家から車で30分もかからないかも。
何せ木津川を超えれば京田辺でっせ(笑)
今度帰省されたときに訪ねてみて下さい。

流れ橋を知っていますか?
先日の台風で流れた?とニュースで言っていました。
今頃修復作業をしているかも。
風の旅人
2009/10/17 14:41
この寺は私のところからは、車では30分も掛かりません、門の前までは行った事がありましたが、中へは入っていません、いつでも行けるのですが、ご存知のように腰が重くてなかなかです。
一休さんは私とは少し縁がありまして、一休さんが何者かも分からない時、幼稚園の演芸会で一休さんに扮して歌に合わせて踊った事があるのです、それ以来、一休さんには特別な感情があるのですが、それでもこの寺にはまだ行ってなかったのです、しかしこの記事を見て天気の良い日にでも、行こうかなと思いました。
アキのいちご
2009/10/17 18:31
アキのいちごさんは京都に住まわれておられますね。
一休寺まで車で30分だったら近いやおまへんか。
幼稚園の園芸会でっか。
しかも主役の一休さんだなんてすごい\^o^/
よう覚えておりまんなあ(笑)

紅葉が始まる頃に是非とも訪ねてください。
何だったらワテも一緒に訪ねまっせ\^o^/
風の旅人
2009/10/17 21:10
一休さんのアニメ、大好きでした^^
クリクリ頭の一休さんの可愛らしいこと・
さぁ!虎を捕まえますから追い出してください!・・そういった有名な虎の屏風なんですね〜
橋も作られているんですね〜
トイレは・・見たかったかも。。^m^
ふるさとですか〜^^
私、一休さんを歌うのかと思ってしまいました。(^^ゞ
故郷・・思い出しました。。
新潟です^^
ゆりこ
2009/10/17 22:45
ゆりちゃん毎度〜でおます

このアニメはワテも子ども達と一緒に見てました。
そこでこの歌も覚えていましたが、カラオケに行ったとき録音するのを忘れていました。
またいつか言ったときにでも歌ってみようかなあ\^o^/

とんちの一休さんだけに虎や庭の橋なんかは、これはまあシャレでしょう。
お寺も観光客の受けを狙っているようです(笑)
風の旅人
2009/10/17 23:11
二回目pp
昔は苔寺が大好きで、京都へ行ったら必ず寄ってました。
いつぞや、いつものように入ろうとしたら・・・
【えっ ええええええええええええっ?】(吉本 内場風〜)
ったく、難儀なことですなぁーー;

#一級品の一休ソング、旅人さんが歌われたらどんなのか〜楽しみ^^v
音流
2009/10/18 14:50
アニメの一休さんを、いつも楽しそうに小さい頃、娘と息子が見ていました。昨日のことのようです。京都には姉が転勤で10年ほどいましたので、ほとんど出かけたのですが、ここは逃してはいけない場所でしたね。もし訪ねていれば、もっと一休さんが子供たちも身近でしたのに・・機会があれば今度は孫と・・
マンマ
2009/10/18 16:56
音流さん今晩は
内場流の「えっえええええええええええっ」
全くその通り。
何で予約制なんかにしたのでしょう。
あれ以来一度も行っていません。
恐らく死ぬまで行かないでしょう(笑)

お寺はもっと身近なものと思うけど。
修行の場と観光の板挟みでしょうが、宗教施設ですから門戸を開けて欲しいですよ。

えっ歌うんですか?
チョッと待ってえなあ
ムチャ言ったらアカンでぇ(笑)
風の旅人
2009/10/18 21:55
マンマさん今晩は
京都市内から車で約30分程の郊外ですから、市内のお寺巡りコースには入っていません。
大阪と京都の県境にありますから、今度来るときは関西のオッチャンやおばちゃん総出で案内してあげまっせ。
風の旅人
2009/10/18 21:58
大昔、建物の写真を撮影しようとしたら怒られました。
とても印象の悪い場所です。
昔は、心が狭かったのでしょうね。
ひこうちゅうねん
2009/10/20 10:30
ひこうちゅうねんさん毎度〜でおます

建物を撮影できなかったなんて何時のことでしょうか。
ワテがこの寺に行き始めてずいぶんなりますが、一度も注意されたこと何かありませんが、何ででしょうね。

撮影禁止の張り紙もなく、こうして自由に撮れています。
住職が変わったら考え方も変わりますから、その時の住職の虫の居所が悪かったのかも。

現在はこのように自由に撮影させて貰えますので、良かったら紅葉の時期にでも、参拝をしてみては如何でしょうか。
風の旅人
2009/10/20 22:07
お怒りになったのは、女性でした。
20年位前です。
窓から顔出して言われました。
ひこうちゅうねん
2009/10/27 23:13
窓から文句をたれる?
考えたれるのは入場券を売っている所しか窓はないで。

あとは玄関を上がると売店がありますが、窓なんてないなあ
何処のことを言っておられるのか、皆目分かりませんね。
とにかく今は自由に撮影できますので、良かったら再挑戦してみて下さい。
風の旅人
2009/10/27 23:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
京都・トンチンカンチン一休さ〜ん 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる