心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都・野菜で作った御神輿・瑞饋神輿

<<   作成日時 : 2009/10/14 01:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 17

全国に祭にもごまんとあるでしょうが、こんな祭があるなんて見たことがない。
昨日京都府の南部にある小都市、京田辺市を訪ねました。
ここで奇妙なお祭りがあるのは知っていたが、それがこの日だというのを連絡してくれたのは同窓生のK子からだった。

秋の収穫に感謝して御輿を農作物で作って練り歩くらしい。
それは行ってみん事にはわからない。
御輿は正式には「瑞饋神輿(ずいきみこし)」と言われ、屋根や鳥居はズイキで出来ている
ホンマかいなと思うでしょうが、ホンマに見事なまでに野菜で飾り付けてある。

棚倉孫(たなくらひこ)神社から御輿が出立して、町内を回るという。
時間は1時からだというので、神社に着いたのは10分前。
丁度神社からお稚児さんが下りてきた。


画像



天狗と獅子が二匹
あとは小学1年生と2年生のお稚児さん
それとお母さんの付き添いが列を作っている。


画像



画像



画像



これだけなら何処にでもある風景なんだが、子ども達の年齢が頑として決められている。
3年生以上は参加できないらしい。
その理由は定かじゃないが、子どもの成長を祝う意味もあるのでは。


画像



画像



この祭の最大の呼び物は、なんといっても瑞饋神輿。
大小二つの神輿があるが、神輿の写真をよく見て欲しい。
全部野菜で出来ている。


画像



屋根は約200本のズイキで葺かれている
赤い唐辛子、茄子に瓢箪もぶら下がっており、扉は豆の一種です。


画像



屋根の上にはナタマメとソテツの葉であしらった鳳凰が、大きく羽を広げている


画像



2年に一度この御輿は新調される。
今月6日から保存会員さんが地元で採れる20種類の野菜を使って、飾り付けを行ないました。
実際完成したのは祭の二日前。


画像



野菜だけに日増しに鮮度も落ちてくる。
今年はその年だったので、以前ブログでも紹介しているのは前年の御輿だった。
古くなると色彩も鈍ってしまい、今回のように鮮やかな色で見られるのは、祭の前後一週間ほどではないかなあ。


画像




さて神社から村の広場に下りてきて、車の分乗して乗るようだ。
先導はどういう分けか町の消防車。
さすがに田舎の祭、消防車が先導して走るのはユニークすぎる。


画像



その後を男の子達の太鼓台が2台続き、女の子のお稚児さんが2台続いていく。
祭の役員さんでしょうか、大人達の車も続いて出ていった。


画像



画像



アッという間に出ていってしまい、あとは何もなし。
村人も片づけが終わるといつの間にか消えていた。
神社の周りに屋台もないので、御輿が出てしまえば寂しいものや。


画像



この瑞饋神輿は元々は京都の北野天満宮のずいき祭にならったとされ、秋の収穫を感謝する行事として発達したのでしょう。




太鼓




村祭り

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
ほんとに野菜で作られてますね。
こんな珍しいお祭りがあるとは知りませんでした。
これはほんとに見事ですね^^
お稚児さんたちも可愛いですね〜
はこふぐ
2009/10/14 10:45
はこふぐさん〜おはようさん
祭の御輿も色々ありますが、野菜で作った御神輿は全国にもそうないでしょう。
昔は練り歩いたようですが、今では車で移動。
そうなると出ていってしまうと、後はもぬけの殻状態。
祭は担いで練り歩いて欲しい。

せっかく見に行っても、遅れて到着すれば見ることは出来ません。
1時〜5時まで市内を回っているそうですが、車の移動ではゆっくり見ることも出来ない。

村あげて豊年を喜ぶ祭なんだから、みんなの祭にしないと一部だけの祭になってしまう。
祭は単なるセレモニーじゃないと感じたのは残念ですね。
風の旅人
2009/10/14 10:56
お野菜の神輿って初めて聞きました。
豊作の思いを込めてお野菜での神輿作り素敵です。
巡行が車って言うのは残念ですね。
実家のお祭りも車での神輿の巡行で味気ないものになりました。

威勢のいいまつりの歌声、風の旅人さんにぴったりだと思いました。
ももこ
2009/10/14 18:30
ももちゃん今晩は
こんな楽しいお祭りなのに、練り歩いて欲しいものです。
車に載せる御輿って、一体なんだろう
見送ったらアッという間に通り過ぎていってしまった。

何処かで止まって何かやるのか、さっぱり分からない祭でした。
「まつり」をアップしましたが、イメージが違うので「村祭り」に差し替えます。
風の旅人
2009/10/14 19:21
ずいき!!

近くのJAで(生産者直売)ズイキが売っていて、どうやってたべるんだろう・・

と、思っていたらそんな使い方もあるんですね〜

いいな!楽しそう
chie
2009/10/14 20:35
こりゃこりゃchieちゃん
何を言っとるか
野菜は食べて貰って正解でっせ(笑)

ズイキの食べ方知らないのか?
皮剥いてから塩でよく揉んでから茹でるでしょう。
水分を絞ったあと、酢と砂糖とゴマでまぶして一丁上がりでっせ。
夏場は酢が利いた食べ物として、美味しくて最高でっせ。
風の旅人
2009/10/14 21:12
朝出勤前にブログ見たのですが、時間がなくて後ろ髪引かれたい気持ちで出勤しました
さぁ〜『まつり』のコメントを入れようと思ったら
無い? 無いやんか! おまへんや!
何処へ行ってしもたんやろ?
風の旅人はんそのもののような唄に感動しておりましたのに・・
惜しいですわ!
わてが、大阪府堺市に住んでた頃、堺市北区の百舌鳥神社のお祭りがおましてん!
今年は残念ながら終わってしもたけど・・
店は出るし、布団太鼓は、各町内から出るし、人が担ぎよりまんねん・・
写真にも持って来い!だっせ・・  やまちゃんのお奨めだす
来年は是非に・・
やまちゃん
2009/10/14 22:19
お写真、全て拡大して拝見!見事に野菜で出来た御神輿!!
屋根の芋茎、凄いですよね、この太さ、大きさからすると・・
かなり良い里芋が出来たのでは!
豊作を祝うお祭りなのですね、本当に珍しい御神輿。
よくぞ色鮮やかな野菜を集めたものですね、
ある種、芸術品ですよね*^-^*
sayuri
2009/10/14 22:25
追伸 追伸やでぇ〜
村祭りもええやおませんか!
NHKの歌のお兄さんやおませんのか・
やまちゃん
2009/10/14 22:26
やまちゃん今晩は

「まつり」を最初アップしてましたが、あの歌はどうも大人の歌。
今回のこのお祭りはお稚児さんが主役。
豊年満作と子どもの成長を祝う祭みたいなので、大人の歌は止めました。

そうなるとやっぱりこの歌しかないでぇ。
「村まつり」
昔懐かしい祭の情景を思い出すのは、誰も一緒とチャウかなあ

先日堺の上野芝に用事があって行きました。
交通規制が敷かれており、丁度だんじりが通るところでした。

「まつり」はまた何かの時にアップしまっさ。
すまんのう
風の旅人
2009/10/14 22:35
sayuriさん今晩は
こんな祭は全国でも珍しいのでは。

http://kazetabi.at.webry.info/200612/article_9.html

3年前に神社を訪問しています。
その時の模様の記事がありますので、よかったら覗いてやっておくれやす。
風の旅人
2009/10/14 22:46
お早うございます。
本当に旅人さんは、じっとしていませんね、この前東京に行ったと思ったら、今度は京田辺ですか、やはり風ですね。
でも出歩く事は体に良いでしょうね、体どこも、悪い所ないでしょう。
この祭りの事は先日テレビのニュースで少し遣っていましたが、初めて見ました、処によっていろんな祭りがあるものですね、でもこんなマイナーな祭りもわざわざ観に行くなんて、風さんにしか出来ないでしょうね、恐れ入りました。
アキのいちご
2009/10/15 09:37
アキのいちごさん〜おはようさんです。
暇が出来るとブラッと出かけたい
今回の京田辺は電車で30分ほどの距離。
一休寺のすぐ近くですから、両方掛け持ちで行ってきました。

3年前この神社に変わった御神輿があると聞いて訪ねました。
詳しくは↑にURLを載せていますが、1年前に作られた野菜の御輿を見て、祭の当日に見に行ってみたいと思っていました。

どんな祭でも我が町の祭が一番とみなさん思っています。
祭に参加している人たちの表情って、凄く素敵なんですね。
それを狙って撮りに行っています。
風の旅人
2009/10/15 10:00
そう、野菜は食べるものでしたね

この前友達に、いただいた瓢箪かぼちゃをおすそわけしたら、そこの幼稚園の子がマジックで絵を描いて、オブジェにしてしまったので・・。

こどもには、食べ物に見えない奇妙なお野菜を、おいしいお料理に変身させたら、尊敬されるかな!


ずいき料理、したことない〜!

食べたことはあると思う〜!

おいしんならやってみようかな。
chie
2009/10/15 11:11
chieちゃん再訪問に謝謝でおます。

子どもは遊びの天才です。
一人が遊びを考えると、他の子ども達も考えて次第に発展していきます。
子どもの世界は無限であり、どんな作品になったのか興味がありますね。

子どもの尊敬される母親、う〜ん難しい。
よほどの料理の天才か、遊びの天才か(大いにありそう)(笑)
子育てに必死の時は、周りを見る余裕がないだけに、自分のことだけでも必死だわなあ
たまにはしっかりと抱き留めてやってや。

ズイキは子どもには酸っぱいのは嫌うかも。
大人の味だ〜なんて言うしかないでぇ(笑)
風の旅人
2009/10/15 11:33
珍しいお祭りですね。
野菜でお神輿を作るなんて。手間もかかっているだろうし。
とってもいいのに、町を担いで練り歩かないんですね。不思議。車でグルグル何時間もまわるんですか。

それにしても、いつもながら、風さんの子供を撮る写真の素晴らしさ!
マミー
2009/10/17 11:37
マミーさん毎度〜
こんな祭は本当に珍しいでしょう。
3年越しにやっと見られました。
何で練り歩かないのか、昔は歩いていたはず何だけど、どうしてでしょうか
不思議ですね。
1時から5時まで市内を来るまで回るようですが、所々で止まって担ぐのかなあ
そうしないと祭らしくもないし、町の人も音が聞こえても見に出つ人もいないでしょう。
写真を誉められると嬉しいなあ
サンキュー
風の旅人
2009/10/17 14:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
京都・野菜で作った御神輿・瑞饋神輿 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる