心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 徳島行き・鳴門海峡

<<   作成日時 : 2009/09/18 00:07   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 12

車は鳴門公園まで戻って、いよいよ鳴門海峡を橋の上から見学です。
それは塩の道と呼ばれています。


画像



徳島と淡路島の狭い海峡のことを鳴門海峡と呼びます。
この海峡を流れる潮は、満潮時には太平洋から瀬戸内海へと潮が満ちてきます。
干潮時には瀬戸内海の水は太平洋へと出ていきます。

潮はこの狭い海峡を急流になって通り過ぎるとき渦を巻きます。
大潮の日は干満の差が大きいので、激しい急流となって大渦を巻きます。


画像

この写真は借り物です


渦を巻くのは上げ三分下げ三分と言われ、満潮時とか干潮時には渦は巻きません。
もし見に行かれるときは、汐見表を参考にして行かれることです。


せっかく観光船に乗っても渦が巻かない時間がありますので、これだけは参考にした方がいいですよ。

さて潮の道に話を戻りましょう。
大枚500円を払って、大鳴門橋を渡ります。
もちろんテクシーです\^o^/


画像



橋の上は車が走っており、その下の部分を遊歩道になっています。
車で通行するとき渦潮見たくても、駐車禁止ですから止まれません。


画像



そこで誰が考えたのか(笑)遊歩道を作ってそこから見学できるようにした。
元々は橋の補修のための作業通路だとしても、観光客を歩かせるなんてよく考えたものだ。


画像



海峡を見ながら歩いていくと、所々にガラス張りが見られます。
その上に立って海峡を下にすると、もしガラスが割れたら40m下の海峡に落下。
渦に巻き込まれて海の藻屑になってしまう。
クワバラクワバラ(笑)


画像



ガラスの上に立つことはやっぱり怖いのか、決して立たない人もいます。
子ども達はジャンプ禁止と書いてあっても景気。
お母さんの方がヤキモキ。


画像



子どもは遊びの天才です。
ポーズを取る余裕の人もいますが、総じて皆さん怖いようです。


画像



この日は中潮
大潮・中潮・長潮・小潮とあって、まあ条件としてはいい方。
しかし満潮時間がこの日は13時。
渦の道に入ったのは2時過ぎ。
ソロソロ渦が動き出す時間だが、上から見ていると渦らしきものがあったが、渦の出る下り3部にはもう少し後。
これも運次第です。

橋の上からではイマイチでしたので、以前観潮船に乗って渦潮を見ています。
その時の写真を載せてみましょう。


画像



画像



画像



船から見ると結構迫力がありました。
小舟だったら巻き込まれるかな
そんな不安がふと胸をよぎります。


画像



結構今回の旅は鳴門海峡を見るだけの旅でした。
思いつきで走ったらろくなことがないなあ(笑)






8月の濡れた砂

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ご存じとは思いますが、こちらにも新西海橋、長崎県佐世保市の
針尾島と西海市との間にある針尾瀬戸にかかる橋梁ですが、
橋下には潮の流れの速さで有名な針尾瀬戸が流れ、
ここでも渦潮を見ることが出来ますし、近くには真珠湾攻撃の
指令を発信した針尾送信所無線塔があり、
桁下の歩行者専用道にある展望台から無線塔も見ることが出来るんですよ。

遊歩道のガラス張りは、怖さで足がすくみましたが・・
でも・・・2度も行きました。
マンマ
2009/09/18 07:50
マンマさんおはようさんです
針尾瀬戸にも海峡の渦を見学できるのですか。
それは知りませんでした。

長崎はブログでも紹介していますが、佐世保は通過しただけで同じような橋があったんですね。

連合艦隊に対し大本営は「新高山に登れ」と、ここから暗号電を発していたのですか。
全てここから始まった戦争ですが、歴史的な送信所ですね。
今度行く機会があったら立ち寄ってみましょう。

上から覗くとやっぱり大丈夫かなと思いますね。
それでも見たいものは見たい心理が働き、一度は体験しようとします。
2度も行ったことに乾杯\^o^/
風の旅人
2009/09/18 08:15
借り物と言えども、あの渦巻きド迫力がありました!
風の旅人さんがこれを見たのかと・・・
洗濯機の中覗いてるのと違ゃいますからね〜
私は、高所恐怖症ですから
あまり、ガラスの上は好きじゃないですね〜
子供の頃、阪急百貨店の屋上から下を覗くのも怖かったですから・・・
やまちゃん
2009/09/18 08:27
やまちゃんおはようさん
大渦を間近に見たら、足がすくみまっせ。
しかしそれでも見たいですね。

やまちゃんは恐がりなんだ(笑)
今でもあきまへんか?
まあそう言わんと一度くらいガラスの上に立ってみておくれやす。
そんなに怖いことおまへんで\^o^/
風の旅人
2009/09/18 09:54
表紙の写真、変わりましたね・・美しい写真です。
鳴門海峡、まだ行っておりません・・ETC1000円を使って行きたくなりました。
オシャレな歌を唄いますね・・旅人さんは・・
豪放磊落な旅人さんと繊細な旅人さん・・どちらが本当の旅人さんなのでしょう・・
あおいレイ
2009/09/18 20:13
レイさん今晩は
表紙を彼岸花の写真に変えてみました。
それと通天閣の歌姫・叶麗子からメタセコイア並木に入れ替えました。

この歌は映画の主題歌でしたが、上映されてから随分経ちますね。
記憶の何処かに残っており、練習数回で本番に入りました。

ワテの性格ですか?
そりゃもうチャランポランですわ
歌の一覧見たら性格丸わかりでっしゃろ(笑)
風の旅人
2009/09/18 21:18
旅人さん、お陰で回復しました、有難うございました。
私も一度ガラスの上に立ちましたが、あれは怖いですね、あまり遣りたくないですね。
でもフットワークが軽快で本当に羨ましいです、私はなかなか腰を上げません。

この歌はあまり知らないのですが、映画は日活の映画ではなかったですか?
ロマンポルノかなんかの。
アキのいちご
2009/09/18 21:50
アキのいちごさんコンチャ
体力を回復されて本当に良かったですね。
この年になると若者と違って、病気は怖いですよ。
油断していたら命を取られてしまいます。

ワテも最近は余りで歩けていません。
その原因の第一はどにちは渋滞するからです。
ETCを着けていますが、車が多くてかえって出ていけない。
昔から平日に遊びに行くことが多かったので、土日は安いので凄く魅力ですが、あの混み具合を考えると躊躇してしまう。
今回はやっとこさ腰を上げたわけで、かなり重かったですよ。

この歌は日活最後の映画です。
藤田敏八監督の作品で社会性のある映画でした。

日活がポルノ映画に踏み出したのは、この後からですね。
風の旅人
2009/09/18 21:59
この遊歩道、行ってみたいです。
そして、下を覗いてみたい。私、高い所は平気なのですよ。
おまけに、歩くのも好きだし。

あ〜、風さんの記事見ていたら、ここに行きたくなりました。
マミー
2009/09/19 01:03
マミーさん〜お今晩は

高いところが大好きなら、この大鳴門橋は最高でっせ。
他に怖いところと言えば、前にトップページを飾っていた和歌山の谷瀬の吊り橋、それに徳島の祖谷渓にあるかずら橋がええで。
もう最高の気分になれまっせ。

長岡から出ておいで
連れて行ったげるでぇ\^o^/
相太より絶対ええで(笑)
風の旅人
2009/09/19 01:09
お聴きしました〜切々と思いを込めて歌われて、素敵です〜〜^^
真面目なお人柄が歌に出てますね・・・

殿方の「八月・・・・・」もいいです〜〜
aoihana
2010/05/10 23:50
aoihanaさん今晩は
早速聴きに来ていただいてありがとうございます。
アップする曲数が200を超えてしまい、その大半を削除しています。
リクエストがあればこうして再アップをしており、他の曲で聴きたい曲があれば、おっしゃってください。

ブログのタイトルに曲名があるのは、いつでも出せますので良かったらどうぞ。
風の旅人
2010/05/10 23:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
徳島行き・鳴門海峡 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる