心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌の旅・長崎の鐘

<<   作成日時 : 2009/08/09 00:55   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 16

長崎の鐘は永井隆が執筆した随筆。
この本を元に歌が出来、後に映画にもなっている。


画像



戦後間もない1949年、藤山一郎によって歌われました。
作詞がサトウハチロー、作曲古関 裕而

この詩の中には原爆の様子が書かれていません。
あくまで平和なイメージになっています。
何故原爆被害についてが書かれていないか、当時アメリカの占領下であったため、日本にはGHQが存在していました。

新聞出版に関してGHQの検閲が通らないと、外には出せない時代でした。
その為編集者は苦労した模様です。

この歌もそうした検閲を貰うため、反米感情を盛り込んだ詩にはせず、平和な長崎をイメージにして出しています。

長崎の鐘とは浦上天主堂の鐘です。
この鐘は高さ50メートルの天主堂にありましたが、爆発で塔から落ちたにも関わらず割れなかった。
長崎のシンボルとして今も鳴っています。

画像



蛇足ですが歌の中にある「マリア」さまは、勿論崇拝するマリア様でもありますが、永井博士の奥様の名前でもあります。




長崎の鐘

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
小学校の修学旅行で行き、結婚してからも1度行きましたが、やはり長崎は独特でまた機会があったら是非行きたい所ですね。
広島にも長崎にも行き原爆の悲惨さ、まのあたりにしましたが、子供たちの驚きも少し心配でしたが、これも語り継いでいかなければ、と言う気持ちが大きく、当時子供たちは小学生でしたが良かったな、と思っています。
マンマ
2009/08/09 05:37
広島へは何度か行きましたが、長崎は行った事がないです。
原爆資料館では、あまりの悲惨な光景に途中で退館してしまった記憶があります。 大統領が核廃絶を訴えている国が大量の保有国であり、その傘の下で非核3原則を掲げてる国があるのもとてもおかしな事ですが、いつの日か必ず核廃絶の声をあげなくてよい日の来ることを願ってやみません。
音流
2009/08/09 11:50
こんにちは、やはりこの歌でしたか、私も風の旅人さんとダブルのではと思いながらアップしましたが、予感的中でした、やっぱり今日はこの歌ですよね、私は以前にもアップしていますが、今日はやはりこの歌を歌いたくなりました。
皆さん思いは同じなのですね。
アキのいちご
2009/08/09 13:32
マンマさん今晩は
親から子ども達に教えられるのは、平和ほど尊いものはないって事だと思います。
64年前にこの国で殺しあいがあったこと、そして原爆で数十万人の人が一瞬でなくなったことなど、必ず聞かせてやって欲しいですね。
修学旅行で広島、長崎、沖縄に旅行をした時には、戦争というものがどんなものであったのは、しっかりその目で見て欲しいと思いますね。
風の旅人
2009/08/09 22:39
音流さん毎度〜

原爆の悲惨な写真を見ると、この世の地獄ですよ。
焼けただれた背中を見ただけでも、目を背けたくなります。
それでもしっかり目に焼き付けておかないと戦争が見えてこない。

今日の長崎での麻生演説はガッカリしました。
世界は核廃絶に向かって進めようとしているのに、アメリカの核に依存する発言をしています。
本当に情けない男ですよ。
こんな首相は辞めて貰うしかない。
風の旅人
2009/08/09 22:45
アキのいちごさん今晩は
同じ歌がアップしてますね。
それもほとんど一緒の時間。
考えることが一緒で、思わず笑ってしまいました。
同じようにこの歌で平和を希求する気持ちを表しているわけで、とても嬉しく思っています。

それにしても長野博士の記述は凄くわかりやすいですね。
読んでいて参考になりました。
風の旅人
2009/08/09 22:48
こんにちは、又来ましたが、実は表題の写真の高千穂峡の写真は綺麗ですね、私はまだ行った事がないので、一度は行くつもりですが、あの写真は御自分で録られたのですか、凄く綺麗に録れていますね、あんなに綺麗な写真なら披露したくなりますね。
アキのいちご
2009/08/10 16:34
平和は きっと誰もが想っていることだと信じたいですよね
原爆の悲惨さは 写真やテレビでしか知りえないですけど でも十分伝わって来ます
それを忘れずに子供へ伝えていくのが 戦争を知らない世代と言われている私たちなのかな。。。
歌もその役目を担っているのなら この歌はずっと歌い告がれて行って欲しい歌ですね^^
栃のミ^^
2009/08/10 19:49
アキのいちごさん今晩は
二度でも三度目でも大歓迎です。

トップページの写真は季節に合わせて変えています
写真は全て旅先で撮ってきた写真を使っています。
少しハレーションを起こしており、下部をカットしています。
写真の出来はイマイチですよ(゚_゚i)タラー
風の旅人
2009/08/10 23:53
栃のミ^^さん今晩は

ブログを通して平和について語っていきたいと思っています。
その中でこれと思う曲が有れば紹介したり、自分で歌ってみたりして載せています。

戦後64年間平和で暮らせたのも、戦争の悲惨さを反省して、憲法9条を大切にしてきたお陰です。
国民の8割が戦後世代と言われています。

世界には今なお戦火に苦しんでいる人たちがいます。
日本はお陰で平和に暮らしています。
子ども達や孫達を戦争に送り出さないように、これからも反対していななければならないと考えています。
風の旅人
2009/08/11 00:00
8月は戦争について色々考えて
こんな悲劇がもう2度と起きないようにと
改めて、心に誓う月だと考えています。

原爆については、社会で勉強したけど
あまりピンとこなかった・・・
しかし「はだしのゲン」を読んだ時
物凄い衝撃を受けました。 子供達にもう少し
ショックでも、文字だけではなく、あまり酷いものではない
写真でもいいので、見せてあげるのもいいかもと思う私です。

あんな悲劇をもう起こさないと心に刻む為にも。
野澤菜っ葉。
2009/08/11 06:57
菜っ葉ちゃんおはようさん

8月になると平和について、改めて考える良い機会だと思います。
今ある平和は過去の戦争の反省にたって、戦のない世の中を作りたいと平和憲法に定めて出来たものです。

子ども達には年齢に応じて、戦争について教えてあげて欲しいなあ
この子達が健やかに育てるしゃかいを、大人の責任で守って行かねばならないと考えています。
風の旅人
2009/08/11 10:27
裸足のゲンは、広島が舞台だったでしょうか。
マンガで原爆の恐ろしさを知った私でしたが、きっと私には写真展などは見ることができないでしょうね。
この歌の途中からちょっと明るい感じになっているのは救いです。
二度とこのような惨劇を起こしてはいけませんね。
平和な世界になりますように・・・
風の旅人さんの歌声はホント、素晴らしい〜〜〜
ゆりこ
2009/08/11 11:23
ゆりこさんコンチャ〜
裸足のゲンの舞台は広島ですね。
小学生から中学生にかけて第一部が描かれています。
少年から見た原爆の恐ろしさを訴えるとともに、ゲン少年が逞しく生きていく姿に感動を呼びますね。

焼けただれたケロイド場の肌を目の辺りにするとき、誰もが目を背けたくなると思う。
原爆投下直後の広島や長崎では、焼けただれた姿の人たちが町に溢れていたでしょう。
唯一の被爆国である日本は、声を大にして核兵器廃絶を世界に発信して欲しいですね。
風の旅人
2009/08/11 12:27
こんにちわ、初めての訪問です。
子供のころのど自慢で何度も聴きました、まじめな歌という
印象で心に残っていました。
それにしても随分たくさん唄われてますね。
それに過去の曲紹介、こんなやりかたもあるんだ。
これからいろいろ教わることがありそうです。
どうぞよろしく。
あおいレイ
2009/08/11 17:53
あおいレイさんいらっしゃい。

昔はのど自慢で出場される人って、この長崎の鐘とかイヨマンテの歌を歌っていました。
こうした歌は何時までも心に残っています。

過去歌の紹介もこのようにすると、一発でそのページに飛べます。
ブログで何かと遊んでおりまして、分からないことが有ればいつでも聴いてください。
こちらこそ宜しゅう頼んます。
風の旅人
2009/08/11 18:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
歌の旅・長崎の鐘 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる