心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 山形の旅・静かな湖畔の物語 No4

<<   作成日時 : 2009/05/07 23:15   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

飯豊梅花皮荘(いいでかいらぎそう)周辺の撮影を終え、今夜の宿泊地である「HOTELフォレストいいで」に移動しました。
旅装を解いてくつろごうかなと言うところを、このメンバーはそんなこと許してくれません。

画像



取りあえずは荷物を部屋に置いたら、ホテルの前に拡がる白川湖畔へ。
夕景と朝靄の風景を撮るために、わざわざこの時のために三脚を担いできましたがな。


夕食は何時にしますかと聞かれても、そんなもん撮影が終わってからや。
6時半?
いやいやそれでは十分写真が撮れないやろ。
7時にしましょう〜
ご飯なんかそっちのけ〜〜(笑)

夕日の落ちる瞬間には間に合わなかったが、何とか夕焼けらしきものは撮れていますが、出来はイマイチでした。

画像



それでも湖面に映る木立を狙って、各所で撮影が始まった。

画像


撮影会の良さはそれぞれが同じものを撮りまますが、デジカメの良さは撮った写真が直ぐに確認できることです。
比較してみると同じものを撮っていても、カメラの設定で色が違ったりします。

画像



比較してどっちの色が忠実であるかと検討したり、目で見た感じとは違って幻想的な写真になることもあります。
相手の露出やシャッタースピードなどの設定を教えあうことで、良いものを撮れる利点があります。

写真展に出品する作品なら、自分の感性で撮ったものが大事でしょうが、ブログに載せる程度の写真なら、みんなで勉強会みたいなものをすると参考になりますね。


画像


そしてようやく夜の静寂が降りてきて、お腹も空いてきたので部屋に戻ることになりました。
部屋はツインでした。
と言うことは・・・・むふふふ

チャウチャウ
男二人で一緒とチャウで。
じゃあ誰とやねんと聞きたいでしょう

予約した時ブログ仲間が多人数になってもいいように、3部屋分押さえたんだって。
しかし泊まると確約したのは3人でした。
taeさんとnikoさんとワテ。
yamaseiさんは1時間かけて自宅に帰るとか。

女2人をワテが相手するんか
あぁ怖ぁ〜
とまあアホな冗談飛ばしながら、yamaseiさんを見送った後食堂へ。

ホナラお待たせ〜今夜の献立です。


画像



まずは写真見てもよく分からないなあ
適当に品書きと比較しておくれやす。

なに?老眼だから読めない?
そんな人は諦めなはれ
そんなつれないこと言わんと・・・
しょうがないなあ
世話のかかるヤッチャ

小鉢
山菜のお浸し
山独活とかぬかの煮物


画像



前菜
ふきのとうの甘酢漬け
あけびの茸味噌詰め
甘エビの山葵漬け
つぶ貝の香草和え
公魚の唐揚げ

御造り
鮪 カンパチ 紋甲烏賊

画像


揚物
鱧と山菜の天婦羅

画像



お凌ぎ
桜蕎麦

洋皿
桜鱒のソテー白ワインのソース


画像



中皿
飯豊牛のたたき

画像


ご飯
筍ご飯

画像


吸物
蛤の潮汁 花麩

漬物
おみ漬け  あつみかぶ漬け 
中津川のわらび一本漬け

水菓子
どぶろくソフトクリーム

画像



どぶろくのソフトクリーム?
なんじゃそれ
売店でどぶろくが売っていました。
大枚2000円で。
どうも酒のどぶろくらしい

それで作ったソフトクリームでして、酒の味?気がつかんかったなあ(゚_゚i)タラー

ワテとnikoさんは、taeさんは今は飲まないとか。
取りあえずは1日ご苦労さ〜ん


気が付いたら時間は9時半
カラオケ行く話もあったけど、明日の朝は4時集合やて。
朝靄の出た白川湖は最高にいいらしい。
気温がグッと冷えたら朝靄が出ますが、今夜は暖かい夜です。
さてどうでしょうか。

期待度120%で翌日に続く。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
どぶろくソフト??

おいしかった?

料理の字は知らなきゃ読めないものがありますね〜
地名も・・


湖面の緑、絵になるなぁ
chie
2009/05/08 08:29
chieちゃん毎度〜
読めない食べ物の代表は「山独活」じゃないかな
やまうど
ワテも何と読むかわからなくて苦労しました。

公魚(わかさぎ)
こんなところでしょうか?

どぶろくソフトクリームはこんなもんでしょう。
とびきりお奨めでもないけど、ごく普通の味ですよ(笑)

湖面の色も場所によって違います。
光の当たり方でこのような色になりますね。
風の旅人
2009/05/08 10:58
こんにちは〜

写真 すごいですね〜
湖面にある一本の木が 幻想的〜〜。
写真好きが集まると ごはんよりも撮影なのね〜。(笑)
ホテルの料理も素晴らしい!
女性お二人のお相手 お疲れ様でした ウフフ♪
みるきぃ
2009/05/08 11:40
プラス「お凌ぎ」

調べてみたら、料理の流れを変える意味があるみたいで・・桜蕎麦のとこからパンチのある料理に代わってますね〜。

音楽の後半の盛り上がりみたい!!
chie
2009/05/08 11:41
みるきぃさんおはようさん
夕方の湖面が鏡のようになる瞬間
とても幻想的な風景になります。
これがたまらない魅力ですね。

カメラマニアは食べるより写すこと。
その瞬間が勝負ですから、ご飯どころじゃない(笑)
となるとみるきぃさんには無理かなあ(爆)

この料理を食べてツインの部屋を独り占め
それでビックリ料金
勿論安かった\^o^/

湖畔に面したレストランで食事でした。
時間の経つのも忘れるほどのおしゃべりタイム。
楽しい一時でした。

風の旅人
2009/05/08 11:47
chieちゃん再訪問歓迎!
そうそう調べることは良いことだね。
一つ賢くなるから。

料理の種類も豊富だし、お値打ち料金でした。
白川湖の撮影に数日滞在したいくらいです。
風の旅人
2009/05/08 11:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山形の旅・静かな湖畔の物語 No4 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる