テーマ:カラオケ

たるさんの好きな美空ひばり・みだれ髪

「たるさん」いつも気持ち玉をありがとうございます。 毎日精力的にアップしておられる「たるさん」ですが、彼の好きな歌手の一人に美空ひばりさんと島津亜矢さんがいます。 ワテもどちらの歌も好きですが、昨夜はどういうわけかたるさんがアップしていないので、ワテが代わりに美空ひばりさんの「みだれ髪」を歌います。 この歌は闘…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

パソコン教室の生徒さんの作品を紹介します・卒業写真

月曜日の午前と午後の2回、新日本婦人の会の皆さんにパソコンを教えています。 毎回参加のSさんは義母さんの介護をしながらの賛歌です。 この日のパソコン教室は一時の心やすめの日。 ご主人も行っておいでと、気持ちよく送り出してくれるそうです。 来る度に手作りの人形を持ってこられます。 ワテも季節のネタにとこれまでいくつか…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

オリビアを聴きながら・杏里

オリビアって誰のこと? そう思う人にお教えしましょう 英国人歌手のオリビア・ニュートン・ジョンの事です。 そって誰?って聞かれると困ってしまうけど、そういう人はこの歌をパスして結構(笑) さて杏里の歌を初めて挑戦します。 昔からよく流れていた曲でして、多くの歌手さんたちもカバーしている。 この…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

元気に歌えるってことに ありがとう・感謝

歌を歌うってことはとてもいいことだと思う。 お腹で大きく息を吸って、そしてゆっくり吐きだすこと レントゲン検査でもよく似たことをするけど、あの場合は息を止めて苦しいだけ(笑) 子供のころから歌がすきでよく一人で歌っていた。 音程が狂っていようがお構いなし。 学校で習った歌から、歌謡曲になってやがてラジオやテレビから流れるシ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日本で最古の小学校、最後の卒業式・さくら独唱

岡山県の高梁市には日本で最古の木造の小学校があります。 と言うかありましたが、3月20日に最後の卒業式が行われました。 1900年(明治33)に切妻平屋建東西2棟が建てられたのが最初です。 この地方は銅山で潤った町で、一番多い時で300人を超す児童が学んでいました。 銅山の閉山とともに十人…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

やまがたすみこ ・ 風に吹かれて行こう

やまがたすみこ・・・って誰? youtubeでサーフして遊んでいたら、やまがたすみこの名前を見つけた。 どんな歌手なのか全く知らないで、彼女の歌を聴いてみた。 その時の衝撃はいかばかりか。 一度彼女の歌声を聴いてほしい。 もう最高!!ソプラノの澄んだ声が実にいい。 ちなみにここ http…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

季節外れにならないために・雪が降る日に

この歌をマミーさんに贈ります。 この冬の大雪には毎日心配していました。 マミーさん宅の屋根に積もった大雪を、ワテはどんなに心配したことか。 なんとかして現地に行って、ボランティアで雪下ろしをしてあげたい マミーさん宅のこの雪を見ると、誰もが心配しまっせ。 まあその代りと言ってなんだけど、新潟の旨い酒を呑ませ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鬼の居ぬ間にアップしたろ(笑) ・ 旅人よ

今夜はどうしたことかあの人が見えない。 もうお年なので少し心配しています。 それにしても毎日精力的に○ツプされており、少しお疲れになったのかも。 顔が見えないとなるとやっぱり心配。 明日にはまた元気な顔が見えるといいのだが。 このところ余りの多さだけに、他の人の顔も埋没しており探すのも実は大変な状況だった。 以…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ブルトレ日本海や300系がラストラン・なごり雪

今日で20年間走り続けてきた新幹線の300系車両、そして40年間ブルートレインの愛称で愛されてきた大阪ー青森間を走った特急日本海が今日がラストランでした。 鉄道ファン以外でもブルトレは人気のあった列車でした。 飛行機の時代になって大阪ー青森間を17時間もかけて行く、確かに時代遅れかもしれませんが、車窓から見える日本海の風景を…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

山河の思い出・黄昏Love again

もう2年前になるでしょうか、2009年の12月に東京・千葉方面に旅をした時にこの歌をyunさんさんが唄いました。 その時までこの歌を知らなかったので、曲名を聞いた記憶があります。 それから2年余り経ちますが、やっとアップできる日が来ました。 秋元順子さんの歌は3曲アップしていますが、この歌を何かの記事に使おうかとあれこれ考…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

大震災から1周年・千の風になって

東日本大震災が起きて1年が経ちました。 震災で亡くなった人の数は次の通りです。       岩手県 4671人 宮城県 9512人 福島県 1605人 茨城県   24人 千葉県   20人     合計 14227人   2012年3月8日現在 地震と大津波、そして原発事故 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ももちゃんの後追いです・別涙(わかれ)

先日ももちゃんが懐かしい歌を歌っていました。 遠い記憶のかなたに少しだけメロディーが残っていました。 余りの懐かしさにしっかりyoutubeで聞き直してみました。 そうなると行動は早いでっせ(笑) いつものようにヒトカラに出かけて、歌いこんできました。 因幡晃の歌はこれまでに「わかってください」や「忍冬」を歌ってい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ズーズー弁は難しい  と・も・こ

吉幾三さんが歌う「と・も・こ」 この歌は津軽出身の吉さんの台詞が面白い。 言うのも恥ずかしいセリフがありますが、恥を覚悟でやってみました。 ズーズー弁と言うのか津軽弁と言うのかそこはわかりませんが、前半は語りです。 まだまだ修行が足りないので、どうしても早口になってしまう。 これを直…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

安値?高値?さてどっちかな・愛のフィナーレ

家に帰るとJショップからの留守電が入っていました。 デジタル一眼レフカメラが届きましたので、ご来店をお待ちしています。 電話を聞いて直ぐに店に行ってきました。 入札した金額を払い中身を確認すると、SDカードが入っていない 店員さんに8GBと16GBの値段を確かめると、8GB2枚の方が安い。 2枚にしようかな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

yunさんの後追いですが・砂の道

10日前にyunさんが「砂の道」を素敵に歌っておられました。 実はこの歌を近所のカラオケ喫茶のお客さんで、すごく歌の上手な人が歌っていました。 余り素敵な曲だったので、いつか自分でも歌ってみたくなりました。 しかしカラオケブログをやっていると新旧織り交ぜていろいろな歌が飛び交っています。 そのためいつしかワテの脳裏から消…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

卒業式にはこの歌が流れる・YELL

最近の中学校の卒業式でよく歌われている歌です。 卒業式の歌も時代とともに変化しています。 蛍の光、仰げばと尊しなどが我々の時代の歌。 その後子供が中学を出る頃に盛んに歌われたのが「翼をください」でした。 そして昨年はYELLでした。 今回アップするのはデュエットです。 お相手は「ももちゃん」 昨…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

オークションでデジイチをゲット・有難や節

夜の8時ごろでしょうか、全国展開している大手量販店Jから電話がありました。 おめでとうございますと言うので、もしかしてもしかして・・・あのカメラを落としたのか。 落とすと言ってもカメラを失くしたものではありません。 話は1週間前のことです 土曜日の朝刊に入る折込広告を見ていると、Jのチラシ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

朝ドラのカーネーションはいよいよ終盤、そこでこの歌・おはなはん

カーネーションに登場する糸子さん、今日から70代に突入しました。 一代記だけに俳優の交代は仕方がないところ。 今月末終了ですから、この後どうなって行くのか。 久しぶりに興奮してみています。 このドラマに登場するのが岸和田のだんじり。 街中を全力疾走でだんじりを引きまわします。 ときには死者も出た年もありました。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ギター伴奏で歌ってみました ・ 天城越え

最近カラオケブログも大人気のようで、アップしても蹴散らされて目立たなくなりました(笑) そこで何とか一矢を向いようと、姑息な手をあれこれ考えています(爆) さて少し前にももちゃんが復帰2作目で天城越えを歌われました。 その時のコメントでワテも同じ日に歌っていましたので、ようやくアップすることにしました。 いつも流れて…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

寒い日は熱燗でいっぱい・暖簾

今日から3月になりました。 東京は昨日からの雪で道路は凍結しているかも。 朝の通勤時間帯までに融ければいいのだが、そうでないと車の渋滞や転んでけが人が出るかもしれません。 こんな寒い日の仕事帰りには、屋台に入ってコップ酒で熱燗を飲んだものです。 おでんを肴にして飲むコップ酒は、五臓六腑にしみ込みます。 足元にはカンテキ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

卒業シーズンにはこの歌を・出発の歌

学校の卒業式が毎日のように行われています。 今年も多くの若者が社会に出て行きます。 未来の社会を築くのは若者です。 夢と希望を持って巣立っていく若者に送りたい一曲です。 この歌も1971年に六文銭と一緒に「ポピュラーソング・フェステバル'71」のグランプリを受賞、その後世界歌謡祭でもグランプリをとった曲で…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

古き良き時代・リバイバル

朝ドラの「カーネーション」を見ていると、幼き日の記憶が、時代背景とともに蘇えってきます。 事実とちょっと違うんじゃないかなとギャップを感じることもありますが、それは育った環境で異なってきます。 いよいよドラマも佳境に入りました。 1965年ミニスカートが日本に入ってきました。 若い女の子中心に一気にミニミニミ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

深夜の特訓も怒りを買った(笑)・夜の銀狐

今夜は久しぶりに夜の特訓をしていた 夜の特訓に微妙に反応したあなた・・・チャイまっせ カラオケの練習でおます。 世間ではまず寝ている時間帯でしょうが、ワテには宵の口。 しかしやっぱり妻には聞こえたようで、何時やと思っているのときつい叱責 そりゃそうやわあ 11時半だもの。 近所迷惑も当たり前。 しょうがな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

江利チエミの歌・酒場にて

江利チエミと言えばテネシーワルツが有名だが、イングリッシュは少々苦手。 さのさもいいけどこれは雰囲気を出すにはちょっと難しい そこでこの曲を選びました。 江利チエミが生まれたのは1937年ですから、生きていれば74歳。 大阪の吉本に所属しており、その頃には花菱アチャコと江利チエミが稼いでいたとか。 それにし…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

追悼 三崎千恵子さん

国民的娯楽映画「男はつらいよ」では、車寅次郎のおばちゃん役で全作品48本に出演していた三崎千恵子さんが先日お亡くなりになりました。 映画ではいつも寅さんの恋話にはハラハラドキドキ、寅さんの勝手な言い分には涙を流したり、怒り心頭で怒ってはいても、いつも心配していたおばちゃんでした。 追加文章 昨夜編集作業中に…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

あの頃は若かった・22歳

今から42年前と言えば22歳でした。 あの頃は青春真っ盛り。 目標に向かってまっしぐら。 正義感だけはやけに強くて、わき目も振らずに生きていた。 ちょうどそのころ巷では歌声喫茶もあって、若者を中心に店は大繁盛。 前作で歌ったシュワ・ジペチカ(森へ行きましょう)などをよく店で歌ったものだった。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

近所にアライグマがいた・シュワ・ジペチカ

今日知人の奥さんからパソコンを教えて欲しいとの電話があり、その方の自宅に行きました。 わからないことを一通り教えた後で、ご主人が帰宅されました。 デジカメを使うのはほとんどご主人だったので、データはどうしているのと聞きますと、パソコンに入れているとのことでした。 ピクチャーを開いてみると、なんでもかんでも入っている状態。 あ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ももちゃんの後追い・恋人たちの神話

最初に書いておきます。 一部音程が狂っていますので、そのつもりでお聴きください。 テレサ・テンの歌ですが、この前にも書きましたが難しい歌です。 彼女の歌は優しそうに見えて、実はかなり難しい。 試しに何曲か歌っていますが、どれも難しかった。 ももちゃんが復帰して2曲目にこの歌をアップしました。 曲と…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

無謀なる挑戦・相手は布施明で原曲でだ~霧の摩周湖

最初からこの挑戦は無謀だとわかっています。 布施明と言えば歌謡界では高音で歌う第一人者。 あの伸びのある高音は男のワテでも魅了される。 布施明の曲をカラオケで歌うとき、まず±0で歌っています。 それを今回は原曲で挑戦してみます。 原曲は+4です。 歌えるはずのない音域だけに、途中でヒーヒーやってし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

信じられないホテル・雪山賛歌

真冬の奥飛騨で温泉に入る。 雪見酒とは行かないまでも、雪を見て温泉に浸かる。 これも目的の一つ。 奥飛騨には5つの有名な温泉場がありますが、今回はそのうちの一つでした。 何十年前にこの温泉に来たこともあって、行く前から大きな期待をしていました。 旅行先も幹事さんにお任せだったので、どこに泊るのかはあまり気にしてなか…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more