テーマ:

心の旅・遠くへ行きたい2 最終回は昴でさらばでござる

心の旅・遠くへ行きたい2は2009年3月14日からスタートしました。 それから4年間多くの人たちの出会いがありました。 今日が819ページ目になりますが、1000ページを一つの目標にして参りましたが、無料ブログの宿命と申しましょうか、ブログの容量と言うものがありまして、写真の枚数もさることながらカラオケが入るとたちまち消…
トラックバック:0
コメント:33

続きを読むread more

ご訪問ありがとうございました ・ 今さらジロー

2009年3月14日に「心の旅・遠くへ行きたい2」が始まりました。 その日から今日まで約4年が経ちました。 ブログの容量も限界に達して、今月いっぱいでこのブログを閉じますが、その間多くのお客様がお見えになりました。 コメントを戴いた方や気持ち玉だけを残された方も多数おられます。 その数は実に162人になります…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

仁和寺で・・・信長のシェフ? ・ 離別(イビヨル)

先週の土曜日のことです。 大阪は朝からどんより曇っていたが、昼くらいからでしょうか白いものが降ってきた。 久しぶりに見る雪ですが、この分だと積もるかも? そこでワテは思いました。 大阪でこんなに雪が降るんだったら、もしかして京都では積もっているかも。 金閣寺の雪を撮ちに行こう そう思うと行動は早いですよ。…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

いよいよ・・・予告です。 笑うは薬

いつも当ブログをご愛顧いただきまして、大変ありがとうございます。 みなさんにお知らせがあります ブログの容量も残すところあと50MB分しか残っていません。 カラオケをアップしていくと、あと10ページ分くらいしかありません。 現在このページで816回目になり、目標は1000回でしたが到底届きません。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

四万十川に架かる沈下橋 ・ 南国土佐を後にして

昨日はだるま夕日が見られなかったので、夕方まで待ってもう一度夕日を見ようかな? それとも家に帰る方向で旅を続けようかな? さんざん迷った挙句帰ることにしました。 ホテルの支払いを済ませると、残金はわずか5千円しか残っていない。 あちゃ~家を出るとき財布の中を確認しないで、慌てて出てしまったんや{%…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

夜空の星を撮る ・ 君をのせて~天空の城ラピュタ~

冷酒の口当たり良さに程よく酔って部屋に戻りました。 一人旅のいいところは直ぐに寝ころべること。 幸い和室だったので食事中に布団が敷いてある。 ごろっと横になったらそのうち寝てしまった。 4時間ほど眠っただろうかテレビの音で目が覚めました。 時計を見ると0時を回っている。 もう酔いも何処へやらソファーに座って夜の海を眺…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

だるま夕日・・・見られたのか?  酒よ

10年ぶりに再び宿毛にやってきました。 前回と同じく宿舎は国民宿舎「椰子」です。 5時11分撮影 日の入り40分前には、早くもカメラマンが海岸で陣取っています。 前回はワテもあの位置で撮りましたが、今回はベランダから「だるま夕日」を狙ってみました。 5時15分撮影 そろそろだるま夕日が見ら…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

高知の海はもう春・かもめが翔んだ日

予定より早く岡山を出発したのでゆっくり走れます。 松山までは二車線の道路だったが、それから宇和島までは一車線。 前でゆっくり走られたらついていくしかない。 まあ時間もあることだし慌てる必要もないが、あまりの遅さには少しイラつくことも。 途中道の駅を覗いては美味いもの探し。 見るのはどうしても魚類。 美味そうな魚や造り…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

備中国分寺はいつ見てもいい・瀬戸の花嫁

2月の3連休を何処にも行かずに家にくすぶっているのは腹立たしいこと。 そこでとある処に一人旅を計画しました。 目的は冬にしか見られないものを見に行く旅。 大阪から400km以上離れた場所なので、土曜の朝に家を早く出かけたかったが、昼過ぎまで用事が入っており一度は断念しようかと考えたほど。 しかしこの際や、どうして…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

しばれるなあ~味噌汁の詩

お袋の味ってなんだろうと思うことがある。 誰もが母親の料理を食べて育ったわけだが、自分にとって食べ物の原点がお袋の味ではないだろうか。 それは決して高級食材を使ったものではなく、いつも何気なく食べていた家の味そのものでしょう。 ワテの場合は貧乏人の子だくさんで育っただけに、子供の頃はまともな料理を食べた記憶がない。 もと…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

菜の花畑を訪ねて・おぼろ月夜

思わぬ春の陽気に誘われて、琵琶湖の菜の花畑を見に行きました。 昨日までの寒さはどこへやら、気温も急上昇して3月の陽気に。 こんな日に家でテレビのお守では呆けてしまう。 何処に出かけようかと考えた結果は、滋賀県は守山市の今浜にある菜の花畑。 比良の山には真っ白い雪が見えるはず。 前回訪問し…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

歌い直しました・かんにんしてや

この歌は2年前にアップしましたが、今回リニュアルをしました。 年齢と共に歌い方も少しずつ違ってきます。 好きな歌ほど自分流の歌い方をするようになります。 歌の中身は別れようとする男の身勝手な言い分ですが、それを女性が優しく語りかけます。 男の台詞は大阪弁丸出しで、他の地域に住む方には難しい面もありますが、女性の方は誰にで…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

歌い直しました・浜唄

昨年末に「浜唄を」アップしましたが、東松島甚句の部分が旨く歌えず、後から別に歌ってごまかしていましたが、今回やっと歌い込むことが出来ました。 東松島地方は名勝松島海岸のすぐ奥手にありますが、松島海岸は津波の被害も大したことはなかったが、奥松島の海岸線は大きな被害を受けています。 震災直後の5月に奥松島を訪…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

元気にしています、死んではいません

今週いっぱい忙しいのでブログは更新できません。 決して死んではいません。 元気にしてまっせ。 皆様も風邪を引かないようにしてください。 関東は大変な大雪で大変な状況です。 足元にはくれぐれもご注意を。 雪の降る町を   歌:高英男
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

新年会は豆腐懐石・冬のリビエラ

今日はパソコン教室の新年会でした。 3つ教室あるうちの一つでの新年会ですが、場所は豆腐料理で有名な梅の花 全国チェーンかで各地に展開しているお店ですから、ご存知の方も多いんじゃないでしょうか。 料理が豆腐オンリー?でもないけど、中心は豆腐ですわ。 教室の生徒さんは圧倒的に女性が多くて、何処にするかと論議でもしよう…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

石光寺の寒牡丹・冬鳥

あけまして おめでとうございます このたわいもない稚拙なブログに、多くの方が訪れては励ましのコメントを戴き、本当にありがとうございます。 今年も旅ブログとして何かと紹介していきたいと思っています。 さて新春にあたって、先日訪れた…
トラックバック:0
コメント:35

続きを読むread more

ゆく年くる年 ブログで紅白歌合戦

今年はブログで数多くの歌を歌ってきました。 ジャンルは実にバラバラですが・・・(^_^;)タラー いいなあと思った曲は、後追いで歌ってみました。 そのため新しく覚えた曲はいくつもあります。 今日入れてあと二日で今年も終わります。 明日は恒例の紅白歌合戦。 ほとんど知らない歌手ばかりで、テレビを見たいとも思いま…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

年忘れカラオケ大会・麦畑

今年もあと3日で終わってしまう。 何かいいことあったのだろうか? ワテのボヤキでも聞いてください。 政治的には何もいいことがなかった。 民主党に愛想を尽かした人たちも、今度は自民党に入れたのか? 答えはNOです。 大勝した自民党は議席の8割を超すけれど、支持率はたったの4割でした。 4割しかない支持率で8割…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

カラオケに誘われて・白い思い出

ワテがパソコンを教えている新日本婦人の会には、趣味の小組サークルがありますが、パソコン教室もその一つの小組です。 教室ではワテの助手と言いますか、手助けをしてもらっているYさんから、カラオケのお誘いを受けたのはもう1ケ月ほど前でした。 集まったのは女性が4人。 男はワテ1人 両手に花どころか手足を使わないと抱…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

第10回oosaka光のルネッサンス・大阪しぐれ

大阪の代表的な公園と言えば中之島公園ですが、仕事をしていたころはすぐ近くだったのでよく行ったものですが、と言っても決してデートの場所でもなく、相手もいない寂しい青春の日々だったので、何か集会があると行く程度でした。 中之島は大阪駅から歩いて15分程度の距離、大阪の北の玄関口にあって、市役所をはじめ多くの企業が集中している。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

歌の旅・柿の木坂の家

青木光一は現在87歳くらいじゃないかな 先日テレビに出演して歌っていましたが、その時のインタビューで健康に相当気を使っていると言っておられました。 今も昔と変わらない美声でこの歌を歌っておられました。 この歌が世に出たのは1957年、ワテはまだ小学6年生でした。 その頃覚えた歌は今でも歌えるから、子供の時の記…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

わこさんの後追い曲 ・ 浜唄  

最初にお断りします。 音声が悪いのには理由があります。 この歌は1番が終われば甚句が入りますが、カラオケボックスで初めて歌う曲だったので、どうしても甚句の節回しが歌えませんでした。 そこで甚句抜きで録音して、家に戻ってから何度も練習して、甚句の部分を被せたために、二度録音した状態になって、音が非常に聞き難くなってしまいました。 …
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

歌の旅 ・ ・ ・ ・ 雪 シングルバージョン

爆弾低気圧の居座りでしょうか。 今日はとっても寒い日になり日本列島かなり冷え込んでいます。 日本海側や東北・北海道では、大雪になっていることでしょう。 松原健之さんってご存知でしょうか。 時おりNHKにも出演しており、高音が綺麗な歌手として人気が出ています。 ワテも少し前に彼の「愛の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

yunさんの後追いです・人生の贈り物

先日yunさんがアップされたこの歌、歌ってみると実に難しい歌です。 最初は簡単なような感じだったので、ホイホイと後追い宣言してしまったが、何度歌っても様にならず。   yunさんは実にこの歌を優しくそして滑らかに歌っておられます。 ワテが歌うと歌にならない。 家に帰ってきて録音を聞いてみても、とてもアップに…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

たるさんのリクエスト・海の匂いのお母さん

先日鳥羽一郎の「兄弟船」をアップした時に、たるさから鳥羽一郎の「海の匂いのお母さん」をぜひ歌って欲しいとのリクエストをいただきました。 たるさんが好きな一曲と言うことなので、何とか実現しなくてはならずと日程調整をしてました。 毎日何かと用事が入っており、なかなかカラオケに行く機会がなくて、昨日…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

歌の旅・上条恒彦の 「だれかが風の中に」

この歌はテレビドラマ・「木枯らし紋次郎」で使われた歌です。 木枯らし紋次郎はやくざ渡世を行く男。 長い楊枝を口にくわえて、気障なせりふを吐いていました。 「あっしには関わりのないことでござんす」 悪を倒して次なら旅に出る。 何処にでもある大衆を喜ばせる手法でおます。 さて今回は足の長い紋次郎の颯爽としたスタイ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

知らなかった話・アメリカ橋ってあるんですね

鳥羽一郎の弟・山川豊が歌うアメリカ橋。 演歌の世界にアメリカの情景が浮かぶものなのか そんなアホなことを考えてましたんや(笑) 何度も聴いているうちにこれはアメリカの歌じゃない(笑) 日本の歌だと。 しかしなんでアメリカ橋なんやろ。 アメリカ橋って日本にあるのか? それで調べてみまし…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

歌の旅・兄弟船

鳥羽一郎三重県鳥羽の漁師だった 親子船とか夫婦船は歌にもなりますが、兄弟船の歌もあってもおかしくなかった。 そこに目を付けたのが良かったのか、弟もその後歌手になった山川豊。 恵山の大量旗 鳥羽のキーは顔に似合わないくらい高くて+2で歌っている。 あのいかつい顔で歌うので迫力満点。 ワテも負けずに原…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

デュエットソング・居酒屋

先日竹田城を撮影に行ったとき、前夜から泊まり込んで撮影されていたNanagonさんとお話をする中で、HPを作っておられることを知りました。 早速HPを訪問して交流が始まりました。 一昨日Nanagonさんから居酒屋のデュエットをお願いされました。 昨日収録されてHPにアップされたので、彼女の声に合わせて歌ってみ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

後追い曲です ・ 家(うち)に帰ろう ~ マイ・スイート・ホーム

今年の7月にyunさんがアップされたこの曲ですが、昨日ヒトカラに行って歌っていると、突然この家(うち)に帰ろうのメロディーが脳裏に浮かんできた。 いつも後追いするときはアップされた歌を聴いて、その瞬間に歌いたいと思って飛びつくものですが、今回はどうしたわけか直ぐに飛びつかなかった。 同じタイトルで高橋真梨…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more