心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 妻と二人で東北へ・復興への確かな歩み・生きてりゃいいさ

<<   作成日時 : 2012/10/19 23:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 10

15日の朝?3時半に自宅を出発して、車は一路岩手県の大船渡に向かいました。
いつもならグループで行くので運転手も複数いますが、今回はワテ一人の運転で行くことになりました。


一応妻も運転できますが高速道路を走るのは1度きり。
以前に運転させたら60km/hの安全運転。
これでは目的地には果たしていつ着くかわからない。
なんせ今回は1000Km走るわけだから、60km/hではどないもならんわけで、最初から一人運転で行くぞと気合を入れるだけ。
妻にはもっぱらナビゲーターを頼むだけ。


大阪から名神→北陸道→磐越道→東北道のルートを選択。
自宅から一関ICまで955km、一関に着いたのは15時03分、これを11時間半で走ってきました。

しかしまだ終わりじゃありません。
一関で降りて大船渡までの一般道路を80km
これが2時間かかるので、合計13時間半の1036kmのドライブでした。
もうすっかり夕方になっていました。


ボランティアセンターで馴染みになった人たちと交歓。
妻も初めてなので紹介方々雑談していると、係りの人から「パソコンの先生が来たので教えて」との声がかかる。
Wordでニュースを作っているのだが、写真の挿入がうまくいかないので教えてとのこと。


これもいわゆるボランティアですわ
ニュースを作って皆さんにお配りするので、写真がスムースに入らないのでシックハックしているとのこと。


それなら簡単ですよと言ったものの、パソコンに入っているのはKIngSoft
OfficeのWordではなく、いわゆるバッタもの。
安いパソコンとりわけ海外のパソコンにはこのKIngSoftが入っている。


WordもExcelもよく似ているのだが、いわゆるWordモドキ、Excelモドキですわ。
使い方が微妙に違う。
それゆえ写真がスムースに入らない。


あれこれ調べてみると写真を保存する指定されたフォルダーがない。
フォルダーがないものをどうして挿入できるのか。
この辺りがどうもええ加減。


取りあえずは別のパソコンを使って、OfficeのWordで説明してきましたが、やはり自分のパソコンを使いたいものです。
その日は出来なかったが、旅行中ホテルのパソコンを使ってみるとKingSoftがインストールされていた。
暇にあかして調べてみて取説を作り、自宅に帰ってからFAXで送りました。
以前来た時も色々と教えてあげたので、今回も役に立って良かった。


旅の疲れもあるのでまずは近くのホテルにある日帰り入浴へ。
一応温泉だというだけに、風呂上りがホカホカする。


少し遅めの夕食だったけど、無事到着を祝ってビールで乾杯。
この日はさっさと9時に寝てしまった。


翌日大船渡の町を見て回りました。
1年7か月目にして初めて被災地に入った妻は興味津々。
大船渡漁港に行って見ると、カモメが乱舞しており、港に船が入ってきたので、おこぼれをあずかろうと群れ飛んでいる。


画像




まだまだ獲れた量は少ないが、港に活気が出てきたのはうれしいこと。
セリ人の周りに人が集まってきていた。


画像




画像



画像



サンマやハマチなどが生簀に入っており、これを見るとやっぱり食べたくなる。
近くの食堂でに入って朝食は?
メニューは全国どこでもあるようなものばかり。


画像



どうも朝食定食と言うのか、決まりものを出しているようだったので、サンマを食べさせてと言ったら、造り?塩焼き?と聞くので両方頼みます。


出てきたサンマの造り
もう最高に美味い
素材の甘さと言うのだろう、これこれこれを食べたかったんだ。
大阪ではこの味を味わえない。


画像



今朝東北で獲れたサンマを一日かけて輸送して、食べるのは明日の夜。
我々にしたら二日後の味しか食べてないわけで、この獲れとれは何よりも贅沢な味。
スーパーで一匹100円のサンマが売られているけど、何でこうも味が違うのだろう。
新鮮な魚はホンマにうまいなあ


食堂のおかみさんとお話をさせてもらいました。
ここには3軒の食堂があったけど全部津波でやられてしまい、この店だけが1年前に再開しているとのことでした。
私たちは全部助かったのは親からいつも聞かされていた、津波が来ると思ったら高いところに逃げなさいと言われていたから。
だけど町に住む人は津波の恐ろしさが分かっていなかったのでしょう、高いところに逃げたのは浜に住む人でしたが、町の人は逃げ遅れて何十人も重なって死んでいたとか。


画像



津波にあって大きな被害が出ましたが、私の着ているもの全て全国から送られてきた服ですと言っておられましたが、震災でなくしたものは大きいけれど、それ以上に全国の皆さんから激励と多くの援助物資をいただき、感謝していますとおっしゃっていました。

歌詞



生きてりゃいいさ   歌 : 河島英五



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん、(^_^)/おはよー。
この度の支援活動ご苦労さんでした。
道中も長い旅でお疲れの事と思います。
被災された方達との再開出来て良かったですね。
♪食堂の朝食美味しそうです。
私も一度食べて見たいです。
ゆっくり休んで下さい。
歌爛漫
2012/10/20 08:49
歌爛漫さんおはようさんです。

今回はボランティアは少しだけでした。
被災された人たちとの交流を通じて、現地では何を必要としているのか、妻の目と耳で知ってほしかったことが第一の目的です。
人の口から直接聞いて感じることが出来るなら、大阪に帰ってからの活動にも生かされます。
見たこと聞いたことを感動を持って地域の人たちに訴えることができます。
これがとても大事なことだと思っています。

朝食のサンマの刺身は絶品でした。
安くておいしいだけに、皆さんにも是非食してほしいなと思います。
疲れはもうすっかり取れました。
そろそろ動き出します\^o^/
風の旅人
2012/10/20 09:54
お帰りなさい。お疲れ様です。 東北まで行くとなるとやはり遠いですね。
文章を読みながら、ホロリ・・・としてきました。
そういえばサンマは長いこと食べてないです。とれたては美味しいでしょうね。
うさこちゃん
2012/10/20 14:34
うさこちゃん〜今日は
震災から1年7ヶ月も経つと、町の様子もずいぶん変わってきました。
仮設店舗も増えており、人々の活気を感じます。

獲りたてのサンマの味は皆さんに食べさせてあげたい。
近所のスーパーで買ってもたかが一匹100円ですが、現地で食べるサンマの造りは10倍?いやもっとお金を払ってもいいと思うほどの味でした。
風の旅人
2012/10/20 14:48
とんだ鬼(三の君)の撹乱で沈没してましたが、そろそろ床上げせねば・・と風さんご夫婦の奮闘ぶりにコメを送ります。
大いなる目的のために、1000キロを走破し、精力的に動いてまたその12時間を戻る。
本当にお疲れ様でした。
風さんは有言実行型。
何とかせねば!自分にできる事をやらねば!という思いの強さとエネルギー、そして耐久力に拍手を送ります。
岩手・東北の皆さんが早く元気を取り戻すように、私もできることで応援したいと思います。
新鮮なさんまもさぞ美味でしたでしょう。^^
さんまといえば今日、東北のがれき6万トンを引き受けた東京都に、宮古市から6万トンのさんまが贈られたとか!
絆を感じる嬉しいニュースがありました。^^
三の君
2012/10/20 16:51
三の君さん〜今晩は

今回はまさに激走でした。
いつもなら途中で疲れて眠る処ですが、今回は一人で運転しなくっちゃならないので、眠気は一度も起こさなかった。
一人だと運転も単調になりますが、横に妻がいると何かとおしゃべりもあって気が紛れます。それがよかったのかも。
なに?喧嘩はしなかったかて?
それはなかったなあ
途中で降りられたら何にもならんからなあ(笑)

こうしてブログを通して東北の現状を知ってもらえると、報告者としてもとても嬉しいですね。

サンマが6万トンですか。
何匹になるんだろう(笑)


風の旅人
2012/10/20 21:00
風丼〜〜♪お疲れ様でした(*´∇`*)

長距離の車の運転だけでもとてもお疲れのことでしょうに、ほんとうに現地でのことはとてもいいお話ですね〜〜こころ温まるお話ですねっ お話を聞いてもらえたお店の人はうれしかったことでしょう〜♪

サンマは大好きで この時季になってから何回も食べてますが、、そのような獲れたての美味しさはわかりません それは本当に絶品でしょうね!!幸せでしょうねっ
良かったです〜〜!

遠くまでお出かけでパソコンの先生とは驚きましたわ みなさんお待ちになってる〜☆

ほい あじ丼
紫陽花
2012/10/20 21:34
あじ丼〜今晩は

今回は大震災で大きな被害が出た町を訪れてきました。
被災にあった人たちにお会いして、直接お話を聞くだけでも出会い時なことだと思っています。
妻にとっては初めての訪問なので、色々な分野の人に声をかけてきました。
それぞれつらい体験をされており、当時の話を今なら話せることもあるでしょう。

現地に向かう運転に疲れたなど言っておられません。
由真と交代して運転してもらってもいいのですが、そうなるといつ着くかわからない
覚悟して運転しましたがな(笑)

パソコンのわからないことなど、我々の年齢になると人に聞くのも恥ずかしい。
子供に聞いても面倒くさがられて、結局ひとり悶々としています。

最初に行ったとき自己紹介をしたので、覚えておられたんですね。
パソコンを教えてと直ぐに声がかかりました。
長期滞在して教えてあげたいなあと思うこともありますが、そうもいかない事情もありまして引き上げてきますが、再度行くと今回のように声がかかります。
これも一つのボランティアですわ\^o^/

風の旅人
2012/10/20 21:48
私が走ったコースと同じですね〜
私は新潟まで、そこから主人は一関ICまで走りました。
私は暗い道、目も悪いので(笑)嫌なんです。
一関に22時についたので、1人5500円の朝食付きのホテルに泊まりました。
奥さまも運転されたら楽でしょうね^^

さんま美味しかったでしょ!
私は義兄から送って貰っていたので、美味しいのが良く分ります。
「生きてりゃいいさ」とても良い歌ですね〜ピッタリでした。 
nanagon
URL
2012/10/30 23:34
大阪から東北に行くルートは新潟周りが楽ですし、時間も計算上10分早くつきます。
東京の都心を経由すると料金が高くつきますし、渋滞も覚悟しなくっちゃならない。
一関のホテルとなるとルートインですね。
インターを降りたらすぐにあるから。
以前ここで朝食だけ食べに入ったことがあります。
夜を徹して走ってきたので、ここで朝食を取りました。

妻は運転しますが、果たしている着くことやら。
時速60kmで走られたらたまりません(笑)

サンマを送ってもらえるんですか。
うらやましい話やなあ
そのうち3匹でいいからワテのところにもお裾分けを願いたいなあ(爆)
サンマがこれほど美味しいとは、もう大感激しました。
風の旅人
2012/10/30 23:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
妻と二人で東北へ・復興への確かな歩み・生きてりゃいいさ 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる