心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都伊根町の舟屋を訪ねて・岬めぐり

<<   作成日時 : 2012/10/28 21:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10

竹田城を見た後、遅い朝食をとりました。
このまま帰るのは勿体ない、前回竹田城を見に来た時は徹夜で走ってきたので、睡魔に負けて断念しましたが今回はチャイまっせ。
目指すは丹後半島の付け根にある伊根町の舟屋群。


画像



天橋立を横目に車は一路丹後半島へ。
経ケ岬方向に走っていくと約30分くらいで到着。
岬を回っていると遠く舟屋群が見えます。



画像

良い子の皆さんは運転中はハンドルしっかり握ってください。



画像




舟屋ってなんやねん?
そう思われる人がほとんどだと思うので説明が必要かも。
漁村風景ではあるが、他の地方にある漁村風景とはちょっと違う。



画像



住居と船庫が一体化しており、家の中から船が出せる造り。
そのため船の手入れから漁具の手入れなど、この船庫の中でやっているようです。


画像



海岸沿いにビッシリ家が並んでいる風景も珍しく、みんな海に面して口を開けている。
そこが船の出入り口です。


画像




船で舟屋を海側から見る観光タクシーもあります。
人数が多かったらそれも楽しいでしょうが、一人で乗っても料金が同じかどうか。


画像



伊根の舟屋の風景は映画のロケでも使われています。
寅さんや釣りバカ日誌などにも登場しているので、見たことがあるかもしれません。



間もなく松葉ガニの解禁が迫っています。
丹後半島沖で獲れる松葉ガニは、間人(たいざ)ガニとして超ブランド商品。
間人のタグがついているだけで垂涎ものとか。
ワテはそんなブランドは食ったことがないが、間人から離れると値段も下がるようで、庶民はそのあたりでお茶を濁している。


一応天橋立の松林だけでも遠景ですが載せておきます。
股覗きも見に行きたかったけど、余りにも客寄せの声が激しかったのでパス。
そこで写真をと思ったら、コピーするのを忘れて削除してしまっている。
ありゃまあ〜しょうがない。
写真はなし。


歌詞



岬めぐり  歌 : 山本コウタローとウィークエンド



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん、今晩は。
京都伊根町の舟屋を訪ねられて良かったですね。
随分と昔に一度天の橋立てに行った事があります。
松林の美しいのに感動しました。
売店で干し魚を買ったのを覚えています。
懐かしく思い出しています。
♪貴方の歌も岬めぐりで良かったです。
歌爛漫
2012/10/28 22:19
歌爛漫さん〜今晩は

ワテも10年ほど前に丹後半島を一周したことがあります。
その時伊根町には立ち寄らなかったので、今回改めて訪問しました。

この舟屋の風景は写真集でもよく紹介されており、ご存知の方も多いことと思います。
本当は生活の匂いを感じられる写真を撮りたいのですが、素人にはなかなか難しい問題です。

天橋立の松林の写真も撮りたかったが、あまりにも観光地化されており、いまさらと言う気分になってしまう。
それでも遠景で撮ってきましたが、保存するのを忘れて削除してしまいました。
また今度機会があればと思っています。
風の旅人
2012/10/28 22:30
こんばんは〜風さん
あの後、丹後半島周られたのですね〜伊根は行ったことありません。
TVドラマで何度か舞台になっていたので、舟屋は知っていました。
良い所ですね。
時間があれば、私達も寄ったと思います
風さんの岬めぐりとても良かったです

つい最近岬めぐりを聴きました。
風さんの岬めぐりはとても明るくて良い感じでした
nanagon
2012/10/28 23:15
nanagonさん〜こんばんは。

撮り終えられたnanagonさんご夫婦とお別れした後、丹後半島まで足を延ばしました。
約3時間のドライブですが一人旅の気楽さで走って行きました。
カニのシーズンだったら昼飯はカニと行きたいところですが、シーズ人までにはあと半月ばかり先。
仕方がないのでさびしい昼飯でした(笑)

舟屋のある風景もなかなかいいものでした。
こういうところで一泊もいいかなと思いましたが、今回はおとなしくしてました。

可愛い愛犬がいるとそう家を空けられませんね。
今度は是非とも愛犬と一緒に泊れるホテルを探して旅をしてください。

目の前をバスが走っていたので、これは岬めぐりの曲にピッタリやと思って慌ててカメラを取り出したけど、バスは停留所に泊ってしまいました。
仕方がないので次のバス?
そんなに簡単に来るものじゃないなあ(笑)
風の旅人
2012/10/28 23:27
(Reコメより)
昨夜私も風さんのブログを見たら、YouTubeにお花の写真が入っているのを見ました。
ゆっくり見せていただきますね。
nanagon
2012/10/29 08:28
nanagonさんコンチャ〜

You Tubeにはそんなに多くは登録はしていませんが、暇つぶしに作ってみました。
ボランティアでパソコン教室を開いており、中高年の人たちに教えています。
そのための試作品と言ったらいいでしょうか、ネットの楽しみ方の勉強になります。
風の旅人
2012/10/29 12:07
こんにちわ〜
最近、凄くタフに走り回っていらっしゃいますね。
竹田城のリベンジで、最高の雲海のお写真が撮れましたね。
もうその執念には、脱帽です。
伊根の舟屋も風情のある景色で、私ももう一度行ってみたいなぁ
と思っている所です。
素晴らしい風景を見せて頂き、ありがとうございました。
ともっぺ
2012/10/30 15:22
ともっぺさんこんばんは

車で走り回るのは得意なんだけど、山登りは苦手だよ(笑)
リベンジのついでにもう一回行くかもしれません。
友人が連れて行けと言われています。

一度舟屋を見ているんですね。
またの機会がもしあれば、再度撮影してきてください。
その日をお待ちしています。

風の旅人
2012/10/30 23:37
京都伊根町の舟屋はTVでみたことがあります。
もちろん行ったことはありませんが、面白い構造だと思ったことを思い出します。
有名な天の橋立も行ったことがありませんが、風さんの記事で見せていただける、楽しみですねえ。
時間を有効に、精力的に動く風さんに脱帽です。
岬めぐりも、ピッタリですね。^^

私事ですが、やっとアップにこぎつけました。^^;
三の君
2012/10/30 23:40
三の君さん〜今晩は
伊根町の舟屋群は日本の漁村風景でもあまり見られない構造建築です。
家を舟庫が一体となったこの地の風景は一見の価値ありです。

全国周っているといろいろ紹介したい風景がありますが、自分としてはまだまだ行っていないところばかり。
もう少し時間とお金があればと思っています。

記事を書く楽しさと歌う楽しみ。
一体化できる歌が見つかると「やった〜」と叫びたくなるほどうれしく思います。

この歌もなかなかアップできない歌でした。
海の景色は数多くあるけど、岬を巡る旅ってそんなにしていません。
実現できて自分でもうれしく思っています。

新規記事をアップしたんだね。
早速拝見させてもらいます。
風の旅人
2012/10/30 23:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
京都伊根町の舟屋を訪ねて・岬めぐり 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる