心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本のマチュピチ・白雲の城・遠い世界に

<<   作成日時 : 2012/10/27 22:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 12

9月27日に初めて竹田城を訪ねて、雲海の中に浮かぶ城を撮ろうと夜も寝ないで走って行きましたが、残念ながらその日は雲海は現れませんでした。


調べてみるとこの地方を流れる丸山川の影響で、秋は霧が発生することが多くて、二日に一度の頻度発生するという。
そんなに出るんだったら見に行かないわけにはいくまい。


そこで今日頑張って4時半に家を出ました。
いつものことですが起きられたら行く。
まあワテの場合はええ加減な性格ですから、起きられなかったら次にすればいい。
ともかく起きたのでカメラを積んでいざ出発。


吉川JCTを過ぎるとものすごい濃霧。
50m位先が見えない状態。
これでええんや
こうでなくっちゃアカンのや


自分の運転の危険を顧みず飛ばすこと
センターラインや側壁についている反射板が頼り
車は全く走っていないが、時折追いつく車があるが、抜いてしまうしかない。


和田山ICで降りて進路は立雲峡へ。
カーナビも表示しない山の中。
とにかく朝来市のHPに載っていた地図が便り。
と言ってもその地図さえ家に忘れてきたので、4つ目の信号を左折。
後は看板目当てで走るしかない。


それでもどうにか予定通り6時15分に到着。
日の出が確か今日は6時18分。

土日だけにすごい車。
駐車場は満杯で路上駐車するしかない。
それも駐車場から300mくらい下でしか止められない。
やっぱりこんなに遅くではアカンわなあ



HPでは駐車場から竹田城の位置関係ではほとんど同じ高さ。
山を最低10分は登らないと見えないらしい。


登り始めると多くの人が写真を撮っている。
見えた〜と声が上がるので見てみると、確かにボッと竹田城が見えている。


画像

6時43分



画像

6時45分


画像

6時45分


画像

6時52分


画像

6時54分


画像

7時07分


画像




この高さじゃアカンなあ。
もっと上に登ろう。
そこで20分ほど登ったところが第2展望所。


ここなら竹田城を眺められる位置や。
しかし撮影場所はせいぜい4人入るほどのスペース。
先客が陣取っているので後ろから撮り始めると、運よくひとり分のスペースが空いた。
さっと入ったがかなり危険な場所。
岩が濡れて滑りそう。
落ちたらまあ負傷するでしょう。


画像




撮り始めたのが6時40分。
まだまだ霧がかかって竹田城は見えない。
それでも晴れたりかすんだりの繰り返し。
とにかく今日は持久戦。


画像

7時40分

霧がかかっているけど待つしかない



画像

7時42分


アップで竹田城を見てみると天守閣の石垣には人が鈴なり。



画像

7時43分


画像

7時49分


ほとんどの人が一目見たら帰っていく。
こっちはスッキリ晴れるまで粘るでぇ。


同じ場所に陣取っている撮影しているご夫婦に話しかけると、同じ大阪から来た人でした。
昨夜10時に家を出て駐車場で仮眠をして、4時半に山に登ってきたという。
その為寒い寒いと奥さんは言っておられたが、こっちは登ってきた直後で暑くてかなわん。
冬衣装のジャンバーを脱ぎ捨てて、シャツは袖をまくっている状態。
偉い違いでおます。


画像

7時52分


奥さんはnanagonさんと言ってブログをされており、互いのブログ紹介をしました。
先のページにコメントをいただいています。
すでに竹田城をアップされていて、300mmの望遠レンズで撮っておられました。


画像

8時03分


画像

8時22分


画像

8時25分


8時半を過ぎると大分はっきりしてきたので、ご夫婦は飼い犬が心配なので先に帰りますと降りて行かれました。
こっちはこれからまだ頑張るでぇ。



画像

8時32分
霧が面白いように現れては消えていく。
もうちょっと霧が晴れてほしいところだが、なかなかスッキリしない。
霧が面白いように発生して撮影者を悩ませる。


画像

8時46分


9時半まで粘ってようやく下山。
途中で数カット撮りましたが、竹田城と同じ高さだけにこの位置の撮影はだめ。
本当は第一展望所に上りたかったが年でんなあ
しんどいですわ(笑)


画像

9時17分



駐車場に戻ってくると車はほとんどない
ワテの車までの遠いこと。


画像

9時33分

国道まで来ると竹田城は霧が晴れてスッキリ。
しかし下から見上げてみる城じゃないなあ
やっぱり対面の山から見るのが一番でした。



歌詞



遠い世界に   歌 : 五つの赤い風船




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん、\(⌒日⌒)/は。
兵庫県の竹田城を訪ねて行かれて良かったですね。
雲海の中に浮かぶ風景が神秘的で良い体験でしたね。
♪貴方の歌と中々上手くあっていて最高です。
歌爛漫
2012/10/27 23:10
歌爛漫さん〜今晩は

前回9月末に行ったときは雲海が出ませんでしたが、今回はバッチリでました。
この時期は二日に一度出る確率らしく、昼間と夜の温度差が大きい日であること、風がないことなど、気象条件もよく調べておかないと、行って出なかったらがっくりですよ。

この歌の中に雲が出てくるので使ってみました。
音が悪いので少々聞き苦しいですが、記事の内容と一致させるために使いました。
風の旅人
2012/10/27 23:52
風の旅人さんこんばんは〜
今日は楽しい時間を過ごさせていただき有難うございました。

初めての写真で、余り上手く撮れませんでしたが、これからまたチャレンジして行きたいと思っています。
又来年竹田城側からの御来光を撮りたいと思っています。
今後ともよろしくお願いします。
遠い世界に♪とても懐かしい歌です〜楽しく唄っておられこちらも気持ちが軽やかになりました^^
nanagon
2012/10/28 01:04
nanagonさん〜おはようさん
昨夜の書き込みがなんと1時ですやんか。
強いなあ
前夜ほとんど寝ていないというのに、よく起きていられますね。
さすがのワテも昨夜は12時には寝ました。

nanagonさんはいいカメラをお持ちだから、ご夫婦で何処へも出かけられているようですし、これからジャンジャン撮って見せてください。
今回の竹田城の撮影は第一展望所に上るべきだったなと、今頃になって気づいています。
写真を見ると第2展望所では全体が見えません。
惜しいことをしました。
次回は頑張って登ってみたいと思っていますが、はっきり言って疲れていました(笑)

「遠い世界に」はずいぶん昔の歌になりました。
もう完全に懐メロですわ。
記事に対して全て歌っているわけではないけど、記事に合う歌があると添付するようにしていますが、そう容易いことではありません。
その為普段から歌い貯め込んでおく必要もあって、ジャンルもバラバラですわ(笑)
記事のINDEXと歌のINDEXをトップページに張り付けています。
もしよかったらそちらからも検索していただけると、大好きとおっしゃっておられる和歌山の記事も少ないですけど載せています。
風の旅人
2012/10/28 08:16
はーい!
又見せて頂きますね(^_^)/
nanagon
2012/10/28 10:17
先日の、雲海のない竹田城も、すごい所だな〜と思っていました。
今回の、雲海に浮かぶ竹田城、幻想的で素敵ですね。

石垣だけしか残っていませんが、戦国時代攻めあぐねたお城だったでしょうね。

早朝から頑張られた甲斐がありましたね。

歌も素敵です!





mugen
2012/10/28 13:52
nanagonさん〜再訪問に謝謝

昨日ははその後遅い朝食をとってから、丹後半島の付け根にある伊根町の舟屋を撮りに行きました。
せっかく丹後まで行ったのだから、そのまま帰るのは勿体ない(笑)
しかしnanagonさんの場合は愛犬がいるので仕方がないですね。
機嫌よくしていたでしょうか。
風の旅人
2012/10/28 15:34
mugenさん今日は
今日は朝から雨でしたが、ようやく上がって晴れ間が出ています。
関東では一日雨模様だとか。
日曜日は晴れてほしいものです。

さて竹田城ですが、行った甲斐がありました。
道中の高速道路は濃霧の中を爆走(笑)
命がけでしたが無事に着きました。

竹田城は深い霧の中で何も見えない状態から、次第に霧も下がってきてようやく晴れてきました。
その間ずっと待っていましたが、幻想的な雲海の世界を見ることが出来て良かったですよ。

次回もう一度行き機会を作って、今度はしんどくても頂上まで登ってみたいと思っています。
風の旅人
2012/10/28 15:40
朝早くからお疲れ様でしたね 大変な思いをして写真を撮ったのを簡単にここで見せていただいてしまって申し訳ないくらいですねぇ
幻想的であり不思議な世界に入ってしまいます いいわ〜〜〜(*´∇`*)

じぃっとしていると外国に出かけてしまった気持ちになります本当に
日本のマチュピチュというのも納得です(o^-')b グッ!
風丼♪なんかさっ眺めていると吸い込まれていってしまいそうだわぁ〜!!
8時25分のが気に入りました

日本ってまだまだ観るところがいっぱいなんですねぇ どれもこれも風丼♪のばかりでみてますが。。ありがとうです〜〜☆
うひゃっもう一回挑戦ですの?

ほい あじ丼
紫陽花
2012/10/28 18:34
東洋のマチュピチュ。
日本のトレド。
風さん、また出かけられたんですねえ。
本当にご苦労様、お疲れ様でした。
お陰でいながらにして、幻想的な雲に浮かぶがごとくの竹田城を見せていただきました。
霧が遊んで、そして遊び疲れたみたいに消えて、竹田城前景がくっきりと見えた時の達成感は、まさにしてやったり!ですね。
素敵な写真の数々、そして歌、とてもステキでした。
ありがとうございました。^^
三の君
2012/10/28 18:40
あじ丼〜今晩は
雲海を見ているだけでも飽きが来ません。
次から次に変化する様は幻想的でもあり、いわば芸術作品みたいです。

真っ白い雲の上に浮かぶ島、中世に出来た山城もう最高ですよ。
こんな風景が割と近くで見られるので、もっと皆さんに知ってほしいですよ。

次回は11月中旬に紅葉している写真を撮りたいと思っています
風の旅人
2012/10/28 20:21
三の君さん〜今晩は

雲海を撮るには何度も通わないと行けないと思う。
毎回同じものが出るとは限らないし、周囲の状況も変わってきます。
今回は下見みたいなものでして、次回は頂上まで覚悟して登って撮りたいと思っています。

この風景写真を次回使うときは、秋の景色に変えたいなあ
その為には足腰鍛えねば(爆)
それと歌も歌い直そうかと考えています。
風の旅人
2012/10/28 20:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本のマチュピチ・白雲の城・遠い世界に 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる