心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 妻と二人で東北へ・飯館村の現状

<<   作成日時 : 2012/10/24 12:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 20

東電第一発電所の重大事故のため、放射能汚染されたことは皆さんご承知ですが、今回訪問した飯館村は東京電力第一発電所から直線距離にして40kmも離れたところにありますが、事故当初は3km、5kmと小刻みに避難地域を指定していた政府でしたが、その後10km、20km、30kmと避難範囲を拡大していきました。


水素爆発で生じた放射能は事故の後、風向きが飯館村の方向に流れていました。
瞬時に分かっていれば避難先も変更できたものを、政府は詳しい情報を隠していたために、住民は取りあえず遠くへ逃げれば大丈夫と思って、飯館村方向に逃げた人も多くいました。
その為多くの人が放射能を浴びる結果となって、二転三転と避難場所を転々とせざるを得ませんでした。


画像




それから1年7か月経ちましたが、飯館村の現状はどうなっているのか、それを知りたくて飯館村に入りました。
国見ICで降りて飯館村方向に車を走らせ、桑折町を過ぎると段々人を見かけなくなりました。


一軒の豪華な家の近くで車を止めて見ていると、全く人気がなく静まり返っていました。
生活の匂いがないというか、何も音がしない不気味な感じがします。
すると1台のパトカーが停車して職質されてしまい、不審者の取り締まりをしているとのことでした。


画像



村の中に入ると田畑は草ぼうぼうで放置されたまま。
このままの状態が続くと、田畑の再生にかなりの時間が必要になります。
誰もいなくなって田畑が放置される現状は、農民にとっては本当につらいことだと思います。


画像



ハウスの中にセイタカアワダチソウが生えている。
この先何年こんなことになるのだろうか。


画像



全村5000人近くの村ですが、現在帰村されている人は1割程度らしく、ほとんど空き家状態ですから、警戒のために終日パトロールをされているとのことでした。


画像



画像



飯館村役場を訪問しました。
玄関を入っても人がいない感じ。
少し中には行って見ると職員が二人見えて、現在の状況などを伺ってみました。
毎日交代で飯館村役場に出勤しているとのことで、見た通りの現状ですわとおっしゃっていました。


画像



役場の前の広場には放射能測定器が置かれていました。
数値を見ると0、7マイクロシーベルト。


画像



この数値がどれだけ高いか、大阪の数値が0、08(日平均)です。
大阪の10倍以上の数値を毎日降り注いでいるわけで、これが原発から40km圏内の実情です。

飯館村だけではなく福島第一原発の周辺自治体では、人が住めなくなっています。
いつ元の家に帰れるかどうかもわからない不安、この先何年待つのだろう、もしかして何十年先まで住めなくなってしまうのではないか。


原発是非を問う声が日増しに高まっています。
原発をゼロにしてほしいの声は国民の6割を超えています。
しかし政府民主党はこの声を無視して大飯原発の再稼働を許しています。
それ以外でも青森や島根などでも建設を続行させようとしている。


画像



最終処理も出来ていない核のゴミを、これ以上野放しで稼働させて良いものか。
なくせ原発!即時廃棄せよ。
こう叫ばずにはいられない。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん、
飯館村の現状を拝見しました。
地震や津波によって被災された方々、
原発事故によって早くから避難を余儀なくされた方々に
心よりお見舞い申し上げます。
原発は断固反対いたします。
歌爛漫
2012/10/24 15:32
歌爛漫さんこんばんは
放射能の被害がこの村をどのようにしたのか、それを確かめたくてやってきました。
平穏に暮らしていた村の人たちは、放射能によって村の畑は荒れ果てたまま。
どんなに悔しいことでしょう。

自然破壊だったら時間が経てば復旧も出来ますが、放射能汚染はそうもいきません。
こんな状況が日本でまだまだ起こる可能性があります。
安心して暮らせる社会を目指して、原発ゼロの訴えをこれからも発信していくつもりです。
風の旅人
2012/10/24 21:08
おはようございます。まとめて見せてもらいました。
写真を見て少しずつ復興している様子がわかりました。
津波で無残だった畑を見て感動しました。
しかしまだそのままのところが多いのでしょうね。
うさこちゃん
2012/10/25 11:15
うさこちゃんコンチャ〜
海岸に近いところの田畑は未だに浸水しており、新しい堤防の建設をして排水しないと元に戻れないですね。
塩害の影響もありますから、場所によってはまだまだ時間がかかりそうです。

今回紹介した飯館村のように、放射能の被害を受けて住めなくなった地域がかなりありますから、真の復興はまだまだ先ですね。
風の旅人
2012/10/25 12:04
ごめんなさい 言葉が出てこなくて
涙が出てくるばかりで、、、、、

あじ丼
紫陽花
2012/10/25 13:04
あじ丼〜

あじ丼の思いがよくわかります。
いつか住める日が来るといいですね。

この荒れ果てた田んぼを見ると本当につらいですよ。
風の旅人
2012/10/25 14:46
同じ東北を旅してきた者として、風さんの行動には
本当に頭が下がります。
少しずつ復興している所、まだまだ手つかずになっている所。
つい忘れかけていた東北の現状を改めて目の当たりにして、
思いを新たにすることができました。
ともっぺ
2012/10/25 19:42
我が家は、新潟刈羽原発から、25qほど。
先日の試算で、この原発に何かあったら、一週間で100ミリシーベルトを超える被ばく量があるかもしれないという地域にすっぽり入っていました。
中越大震災や、中越沖大地震の時も、真っ先にこの原発の事を恐れました。

人ごとではありません。
人間って、とても素晴らしい生き物だけど、反面、取り返しがつかない程愚かな生き物でもありますね。
マミー
2012/10/25 23:26
ともっぺさん〜今晩は
同じ日に東北に向かわれたんですね。
何処を周ってこられたのか、この後楽しみにしています。

今回は初めて嫁はんと一緒でした。
被災地を中心に見て回りましたが、感想を聞くと彼女の心にしっかりと刻んでいました。

被災地の暗の部分だけでなく、少しずつですが復興に向かっていることもお伝えしたくて今回紹介しました。
少しでも応援してくださる人たちに伝わってくれたらうれしいです。
風の旅人
2012/10/25 23:44
マミーさん〜今晩は

柏崎ICを朝の9時に通過しています。
刈羽原発の鉄塔が高速道路上から見えており、もし重大事故を起こしたらマミーさんは住んでいられないだろうなと思いながら運転していました。

マミーさんがおっしゃるように人間は素晴らしい才能を発揮して、文明を発展させてきましたが、原子力だけは今の時代制御できません。
そんな恐ろしいものを野放しでこのまま放置させていいものだろうか。
この国の政治家や大企業の考え方はおかしいですよ。
今すぐ原発を廃棄する方向に進んでほしいものです。
風の旅人
2012/10/25 23:49
被災地へのボランティアご苦労様です。

先日 京大放射線研究所の小出先生のDVDを皆さんで観る学習会へ行ってきました。
先生は避難された方々には申し訳ないけど帰村されない方が良いと言っておられました。特に子供達を守って行きたい。。。福島の子供達や汚染地域の子供達は家族で安全な地域に移住した方が良いとのお考えです。
まだまだ福島第一原発は放射能を垂れ流しにしていますし 4号機の使用済み核燃料が1331体 これを早く安全な所へ移さなければ万が一の場合は広島原爆の4000発分の被害になってしまうらしいです。
政府の発表にも?マークがつくような事ばかり。
瓦礫の処理も被災地で焼却して焼却灰は福島第2原発の敷地に置くのが苦肉の策だとの事。もちろん福島の復興は日本国でやらなくてはなりませんが。。。今の状態では日本全土が放射能汚染になりかねません。
焼却炉に特殊なフィルターをつけて焼かなければダメだそうで 復興大臣や首相はもっと適切な指導をして欲しいものです。

本当に原発はなくして欲しいです。
私達も電気を上手に使って生活しなくてはいけませんね。
やまもも
2012/10/27 15:07
http://kyonagon1.exblog.jp/

お忙しい中のボランティア有難うございます〜

感謝いたします
nanagon部屋
2012/10/27 16:24
nanagonさんいらっしゃい。
今日は竹田城で初めてお目にかかり、久しくお話が出来たことを喜んでいます。
たった今帰ってきて写真の保存を終えたばかり。

○○ライブラリを検索したら、HPが出なかった。
マイツールライブラリだけにしか出なくて、ブログ・・・
と思ったところにコメントが入りました。

まずは今後ともよろしくお願いします。
風の旅人
2012/10/27 16:30
風さん、こんにちは。
お久しぶりです。
お元気そうで何よりです。
遠く大阪から東北までお越しくださいましてありがとうございました。
今回で5度目ですか?
ホントに頭が下がります。
仙台にいながらなかなか福島の現状も見にいくことすらできない。
風さんのブログをたくさんの方にご覧になっていただきたい。
ワタシも遅ればせながら、「脱原発金曜日デモ」に参加してきました。
ひところのような人数では無くなってきてはいますが、こういう活動がいつか実を結んで欲しいと切に願っています。(と書きながら、どこか諦めのため息が出ています・・・)
詩音連音
2012/10/27 17:03
やまももさんコンチャ〜
順序が逆になったね。
ごめんチャイ

福島の子供たちを県外に移住させるのが是か非か。
難しい問題ですね。
確かに子供たちとその親、とりわけ母親がその役に当たりますが、一緒に避難するのは大事です。
甲状腺への影響を心配されていますね。

家族が離れ離れになるのは絶対よくないけど、仕事の関係で他県に避難しても仕事があればいいが、このご時世ですからなかなか見つからない。
生活への不安、住む家の不安、健康への影響など、どれをとっても不安だらけですね。

安心できる社会にしていくためにも、原発は絶対に入りませんね。
風の旅人
2012/10/27 17:05
詩音連音さん〜お久しぶりですね。
元気に歌声をされていますか。
来年?は大阪でしょう。
楽しみにしています。

さて今回の東北行で6回目になりました。
やっと初めて妻も一緒に行くことになって喜んでいます。

今回は大船渡から陸前高田、気仙沼から海沿いに石巻まで南下
仙台に泊って利休の牛タンでスタミナ補給しました。
いつものパターンですが(笑)

妻と一緒だったので連絡しませんでしたが、お会いできるチャンスだったのにね。
残念でした。
またの機会があれば牛タンで一杯やりましょう(笑)

奥松島の写真を載せていますが、田んぼが蘇っていたのを見て嬉しかったですよ。
多くの人の手があったればこそです。
まだまだ復興するには先のことだけど、諦めずにできることでお手伝いをしたいものです。
風の旅人
2012/10/27 17:13
早速のお返事ありがとうございます。(^^)
そうでしたかァ〜、もう6回も来てくれたのですねェ〜。
ホントにありがとうございます。
来年は大阪城ホールですね(^^)
多分行けるかとは思っていますが・・・。
今年の広島行きは残念ですがお流れになってしまいました(T . T)

演奏会が目前なのですが私事も合唱団の行事もいろいろあって、暗譜もまままらず・・・。
明日は「憲法9条を守り活かす 宮城のつどい」です。大江健三郎さんが講演しますよ。
11月2日(金曜日)は東北6県だけなのですが「NHK情報番組ひるはぴ」で生放送で出演してきます。団員45人いるのですが、平日のため18人だけの演奏になります。
風さんのブログのコメント欄で宣伝させていただきました(^^;)

復興のための義援金がちゃんと困ってる人の為に使われて欲しいです。
お金って人をおかしくしてしまう魔物ですね・・・。
詩音連音
2012/10/27 17:53
詩音連音さん〜再訪問に謝謝

来年はぜひお大阪に越しください。
楽しみにしています。

今年は広島にはこれなかったんですね。
やっぱり遠いわなあ

暗譜もままならないほどお忙しいんぽですか。
頑張ってというしかないですね。

大江さんは原発反対にいち早く声を上げられましたね
多くの文化人が発信されると影響も大きいのでいいですね。

NHKの放送は東北だけかな?
明日にでも調べてみよう。

風の旅人
2012/10/27 23:47
僕はちょうど1年前に飯舘村を見てきました。
辛かっただろう。悔しかっただろう。言いようのない腹立ちをどこにぶつけたらよいのだろう。
すべてに怒れ!今怒れ!今怒らなければいつ怒る?
飯舘村の映画の予告編のページのURLです。
http://fukushima.xrea.jp/
to_sisyun
2012/10/28 21:44
Mr,to_sisyunさん〜いらっ〜しゃい

一年前ですか
まだ村には入れなかったんじゃないでしょうか

あなたが見た飯館村は一年後の様子は違うでしょう。
草ぼうぼうで田畑は荒れるに任せている。
人の手が入らないとどうしょうもない。

放射能が降りかかった村はもう住めないかもしれない。
短期滞在ならまだ何とかなっても、永久的に住むとなると体がどうなるか。
この責任は東電にありますが、それを許してきた自民党政府がもっと責任を負うべきです。
今の民主党政権も大企業べったりですから、国民の声を聞きません。
完全に原発を廃棄させない限り日本中原発だらけですから安心はできません。

映画が出来あがりましたね。
どんな風に撮っているか興味があります。
風の旅人
2012/10/28 22:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
妻と二人で東北へ・飯館村の現状 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる