心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS メッセージソング ・ さだまさし ・ いのちの理由(わけ)

<<   作成日時 : 2012/09/13 23:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 16

毎日のように子供たちのいじめや虐待のニュースが、新聞紙上をにぎわせている。
一つの事件が大きくマスコミに取り上げられると、日本各地から同じような事件が報じられる。

これまで些細なこととして放置されていたのか、それとも教育現場で隠していたのか、大津の事件以来これでもかと出てきます。


画像



いじめる側といじめられる側、同じ痛みをもし感じられるなら強者の立場に立てないはず。
それでもなんでこれほど出てくるのか。
親が我が子に対する虐待をする原因の一つに、親の生い立ちに問題があるとの報告もある。

いじめも虐待も弱者に対して、少しの思いやりがあれば防げるだろうが、命と言うものをもっと大事に考えてほしいものだ。


画像



さだまさしさんが「いのちの理由(わけ)」と言う歌を歌っています。
岩崎宏美さんもカバーをしており、先日テレビでも歌っていました。

この歌をその時聴いていて、子供の命について考える歌として、この歌はぜひ歌ってみたくなりました。


歌詞





いのちの理由(わけ)  歌 : さだまさし



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
風の旅人さん、
今は欲しいものは何でも手に入る。
だから、なかなか手に入らないとむかついて、
何かに当たってしまう。いじめと似ているところが
あると思う。人が自分の思う通りにならないと、
その人にきつくあたったり。行動が遅い人を見ると・・・
いらいらしてしまう。
その結果いじめられる人は辛くなる。と私は思う。
歌爛漫
2012/09/14 01:15
歌爛漫さん〜おはようさん。

お金さえ出せば何でも手に入る時代だけに、我慢する気持ちが弱いかも。
物がない時代に育った我々は遊び道具も手作りでしたし、みんなで仲良く遊ぶことも考えました。
年上の子が年下の面倒を見ながら、その中にも一定のルールがありました。

競争社会に生きているだけに、人の痛みを知ることも必要です。
風の旅人
2012/09/14 07:57
おばんですっ☆

このようなメッセージソングがみんなに届くといいですね
本当に。。。。。。

はい あじ丼(*^-'*)>☆
紫陽花
2012/09/14 22:51
あじ丼〜今晩は

こういうメッセージソングにコメントを貰えると、記事をアップしたワテもすごくうれしいですよ。
命を大切にする思いを若者がしっかり学んでほしいものです。
いじめや自殺をなくすため、みんながもう一度命について考えてほしいと思います。
風の旅人
2012/09/14 22:57
いい歌ですよね。
さだまさしの歌には深い『心』があって、大好きです。

「償い」という曲も、素晴らしいですよね。聞く度に涙が出ます。
マミー
2012/09/16 00:09
マミーさん〜おはようさん

この世に生まれてきた生命を大切に育てたい、どの親も必ずそう思っています。
いじめや自殺、虐待の話が後を絶ちません。
悲しいですね
せめてこの歌を歌って命の大切さを考えたいと思います。

マミーさん宅も初孫の誕生で喜びにあふれているでしょう。
可愛いお孫さんがすくすくと育って欲しいですね。

さだまさしの「償い」の曲が有名になったのは、東京地裁の判決で裁判長が被告に対し、せめてこの曲の歌詞を読むよう諭しましたのを新聞で読みました。

歌ってみようと思いますが、この歌はとても歯が立たないなあ
それ以上に途中で歌詞に詰まって泣いてしまうかもしれません。
難しい歌ですよ。
この歌を聴いて涙しているマミーさんは、やっぱり優しいなあ\^o^/
風の旅人
2012/09/16 08:22
風丼 お久しぶりです。

実はうちの息子も不登校で。。。。親として随分悩みましたが
こんなニュースを見ると 学校へ行け!行け!と言わなくて良かった〜
とつくづく思いました。

不登校になったらお赤飯を炊いて喜びなさい! って本がありますが。。。
正にその通りでした。
不登校になった子供の居場所 良き理解者が学校にいないのも現実です。

教育行政の間違いが表面化しているのでしょう!!
やまもも
2012/09/16 10:37
やまももさん〜コンチャ〜

不登校の子供さんが行かなくなった理由は色々あると思う。

学校の授業についていけなくなった
友人関係のトラブル
いじめ
先生への不信感

それにワテも不登校の女子中学生と直接話をしたことがありますが、その時の理由が今どきの子供の考え方でした。

クラスの友達と話をしていても面白くないというのです。
どうして?と聞くと、クラスの子は子供過ぎて話が幼稚すぎるって。

どんな話?と再度聞いてみると、芸能人の話題で盛り上がらないからって。

結局そんな話だったんですが、自分と他の子たちの距離感が違うから、学校に行きたくないと言うことでした。
他にも原因があったかもしれませんが、その女子中学生は人から見れば他愛無い話でも、その子にとってはとても大事なんですね。
価値観の違いと簡単に大人は結論ずけますが、子供の心は揺れ動いているのでしょう。

3年生になると修学旅行の話が出てきます。
クラスの先生や仲の良かった友達が家に来て、修学旅行に行こうと誘ったところ、みんなと一緒に行きたいと思うようになって、勇気を出して参加しています。

数年後彼女に会ったとき、あの時悩んだ原因はなんだったのかと聞いてみると、今考えても分からない、何でやったんやろ?
つまりその頃真剣に悩んだはずだったのに、過ぎてしまえば風邪みたいなのもだったのかもしれません。

やまももさんの息子さんも不登校でしたが、学校へ無理やり生かせなかったことが結果としてよかったのかもしれません。
無理やり子供を追い込んでいくと、結果として不味い方向に向かうかもしれませんが、これも結果論ですから結論は将来本人が出すでしょう。
親は気長に成長を待つのが一番かもしれませんが、でもやっぱり学校はちゃんと言って欲しいのも親心ですね。
風の旅人
2012/09/16 11:25
いじめ、子供の自殺に続いて、先日のTVで、赤ちゃんローカー置き去り事件のニュースをやってました。
ロッカーで訴えることも出来ずに命を終えた赤ちゃんを思うと、やはり胸が痛みます。しばらくこういった悲しい事件が起こらずにいたのに、又もや連続して起こる事の無いように願うしかありません。
世間で起こる事件はひとつが起これば、まるで連鎖反応のように続いてあちこちで起こります。
ニュース番組で幾度となく取り上げられ、知る必要はもちろんありますが、ご丁寧にこういう犯罪方法もあるぞ!と、過剰報道もあったりして、時には首を傾げることもあります。
豊かさ飽和状態の今の子供社会は、私達の時代とは又違った悩みがあり、大人でも引き気味で、「人に迷惑をかけない」ならなんでもあり?!
「あんたに関係無いじゃん」の一言ですが、すぐ切れやすい子供たちに、順々と道理を解く大人も、時に命がけです。
「生まれてくれてありがとう」と静かに抱きしめるスキンシップから始まって、しつけ、大人になるまで延々と続く集団生活。
みんな元気に育ってほしい。
わが子を育ててた時期は自身も忙しく、早く大きくなって・‥・と引き伸ばしたいような気分で余裕もあったものではなかったけれど、孫の時こそ、ゆったりと面倒見てやりたいなあと、反省も含めて思いますね。
あなたは、私は一人で生まれてきたんじゃない・・・優しいメッセージソングでした。
三の君
2012/09/16 19:23
三の君さんこんばんは
マスコミの影響は大きいですね。
知りたくない情報まで映像や文字で勝手に入ってきます。
その為に模倣犯も出てきます。

二人の愛の結晶のはずが、時には邪魔になるのでしょうか。
親が子供を殺すなんて大人の身勝手です。
こんな事件が起きると怒りに震えますよ。

子育てのときは仕事も大変な時期。
孫を迎える世代になって初めて、子育ての大変さを感じます。
あの時もっと愛情を注げなかったのかなんてね。

親が子に出来なかったことを孫に。
それでいいんだと思います。

命を大切にと訴えるこの曲はいいですね。
しっかり歌って十八番にする予定です。
風の旅人
2012/09/16 23:53
ほんとに毎日痛々しいニュースが多いですね。
学校も本気でいじめ問題と向き合ってほしいと思います。
はこふぐ
2012/09/19 08:45
はこふぐさん〜おはようさん。

いじめや虐待のニュースを新聞やテレビで目にすると、何とかならないものかと胸を痛めています。
昔からこうした事件はありましたが、報道が過熱することでますます酷くなっていくような気がします。
報道の在り方も問われる時期に来ているようです。

学校や教育委員会の対応も問題がありますね。
何も問題が起きていないように装っており、問題の本質を見極めようとしていない。これでは少しも解決しませんね。
真剣にこの問題を取組んでほしいものです。
風の旅人
2012/09/19 09:23
いじめ 
僕も、小学校の頃いじめを受けていました
今ほど、陰湿ないじめではありませんでしたが・・・

だから言えるのかもしれませんが、いじめの中で自分が強くなることが出来ました
自分を変えることが出来るようになりました
自分に合った友達を見つけることが出来るようになりました

そして、人生の中で色々な壁にぶつかることがあります
その壁も、その困難も、ひたむきに前に進めば、耐えれば、時が経つと強くなっている自分を感じることが出来るようになりました
そして、その辛さ、苦しさを知っているから、人にやさしくなれることを知りました

僕は幸運でした。
小学校、中学校、高校と親の仕事の関係で卒業と同時に引越をしたので、切れ目、切れ目で今迄と違う自分を自分の中で見つけて変えていくことが出来ました

僕の頃とは違って陰湿、陰険ないじめが横行している現在、やはり親や周りの大人が手を差し伸べてやらなければいけないと思います
本人も変わらなくてはいけないけど、周りの者も環境を変えてやることも必要だと思います
大人なら、合わなければ転職できるのだから・・・・
やまちゃん
2012/09/21 05:12
やまちゃん〜おはようさん

いじめについて貴重な意見をありがとう。
子供のころの体験を聞かせてもらって参考になりました。

親の仕事の関係で年度替わりや、学期の切り替え時期にタイミングよく転向できたので、環境を変えられたんやね。
でも同じ方法を誰もが出来るわけないけど、一つの考え方としては正解ですね。

自分が強くなるのも大事だという意見、すごく参考になりますね。
風の旅人
2012/09/21 08:19
ほらね・・涙が止まらなくなってきましたよ^^;
心のこもった旅人さんの歌、とても素敵です。

この素晴らしい歌を 我が子の子守唄として歌ってあげたなら
子供は輝きながら大きくなっていくかもしれない
何があっても負けない心を育てるかもしれない
なんて、思いながら聴かせていただきました。
素晴らしかったです〜〜旅人さん〜〜^^
ありがとう〜〜〜!!
ゆりこ
2013/06/05 12:32
ゆりちゃん〜今日は
子供たちをとりまく環境は昔と違って、今は大変な状況になっているのでしょう。
幼くして自ら命を絶つという行為が絶えませんね。
そのたびに悲しみの連鎖が起きています。

この歌を初めて聴いた時、これは自分でも歌ってみたいと思いました。
悲しい事件を起こさないためにも、いのちの大切さを訴えて行きたいと思いました。

今回ゆりちゃんもこの歌をアップされたことを知って、大変うれしく思っています。
悲しい事件が少しでも減ることを願っています。
風の旅人
2013/06/05 13:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
メッセージソング ・ さだまさし ・ いのちの理由(わけ) 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる