心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌の旅・谷村新司の蜩

<<   作成日時 : 2012/08/16 18:46   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

蜩の曲名には長山洋子が歌う「蜩」がありますが、今回紹介するのは谷村新司が歌う「蜩」
短い夏を精一杯生きる蝉に例えて、男と女の出会いを描写しています。
淡く切なく歌うのは

画像



画像



画像


画像

ですが、谷村の「蜩」はどんな愛を表現しているのか。
同じ曲名だけに聞き比べても面白いかも。


画像


お盆も今日で終わり、今宵は京都の五山の送り火。
見に行きたいなあと思いつつ、この暑さでは出ていくのも躊躇してしまう。




画像


それでも出て行けば加茂の川面の縁に立ち、頬をなでる涼風を感じながら大文字を見られるのに、いつも同じことの繰り返しに年を感じてしまう。

せめて今宵は地元テレビの中継でも見て、五山の送り火を眺めてみましょう。



歌詞




蜩   歌:谷村新司







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お盆の送り火の行事はとても盛大で大変なことですね
テレビでしか観たことありませんが
毎年の風物詩眺めてみたいものですがここで全部まとめて見れて嬉しいです☆

蜩の歌はほんとうにいろんな方が
いい歌ですね 私ねっ歌詞の中で連子窓が気になってしまいました
調べました
なるほどぉ あの窓を連子窓っていうのですね☆
うーんますます良い歌でございます♪
こういう言葉を歌詞に入れるなんてねっすばらしいですよね

五山の意味もわかり 歌もわかり とても勉強になりました
ありがとうですよっ☆
ほい あじ丼
紫陽花
2012/08/17 11:57
あじ丼〜コンチャ〜

京都の夜空を焦がす五山の送り火が昨日ありました。
先祖の霊を送ってお盆も終わります。

五山全部が一度に見える位置は実はありません。
見る場所を少し変えれば見られるところが1か所あるようです。
しかし普通はせいぜい2か所くらいかな。

連子窓について形はよく見かけていましたが、あじ丼のお蔭でワテも調べて分かりました。谷村の歌には結構難しい言葉使いがあります。
意味を調べながら歌うことで楽しめます。

それにしても残暑がきつくてたまりまへんわ
水分とってがんばっぺ。
風の旅人
2012/08/17 17:09
我が家のリラックスした雰囲気で、お気に入りの飲み物と軽いおつまみなど用意して、大画面のTVの前で京都五山の送り火を見るのが、やはり一番最高の特等席なのでしょう。

長山洋子の「蜩」は自分でも歌うし、よく知ってますが、谷村新司さんの歌は初めてです。
曲調はいいですねえ。
歌詞の「機織りの音 カタカタ 下駄の音 カラカラ 蜩カナカナ」はわたし的にはいささかつながりが突飛で苦しいかも^^;
谷村さんの歌もさすが、合いますねえ、風さん。
しっとり聞かせていただきました。


三の君
2012/08/18 18:42
三の君さんこんばんは
この日は孫が来ていたのでゆっくりテレビが見られなくて、やっと中継を見られました。
というわけで晩酌しながらのテレビを観るなんて夢の夢。
騒々しい中での撮影ですから、想像とは違っています。

谷村の曲はどれも詩的な表現で歌われており、歌の心をとらえるのも一苦労ですが、彼の作品は好きでよく歌っています。
この作品も擬音をうまく表現されており、この時期にピッタリな作品です。
風の旅人
2012/08/18 22:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
歌の旅・谷村新司の蜩 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる