心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌の旅・死んだ男の残したものは

<<   作成日時 : 2012/08/29 22:30   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10

ルーツの話が出たので関連記事?でもないが、こんな歌があります。

死んだ男の残したものは

反戦歌ですが心に響きます。

画像



戦争のために名もなく消えていく命。
兵士である男は戦場で・・・
妻と子は爆撃でしょうか、一瞬のうちに思い出も残さずに・・・


世界中で今なお戦火が絶えない。
この歌と同じ状況が今この瞬間でも起きています。

人間は何と愚かな動物なんだろう。
平和について話し合える唯一の動物なんだが、それが出来ないもどかしさ。



戦争で何を得るというのだ。
人が何人死ねば済むというのか。
犠牲になるのはいつも庶民。
ただ黙って俯いていればいいのか。
そうじゃないだろう
人としてやりたいことがいくらでもあるはず。
それを妨げようとする者には、強い憤りを覚える。


声を大にして言いたい

戦争反対
核兵器の廃棄
そして原発廃棄。

歌詞




死んだ男の残したものは  歌:高石友也

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!風さん^^

あぁ〜こんな曲ありましたね・・・
ルーツと言えば、
ある年齢になると男の人は自分のルーツを調べたくなるのでしょうか?
夫もそうですし
私の友人たちのご主人達も皆口々に〜〜〜
最近、その話題が多いです。
風さんはしっかり後世に残す形に仕上げたのですから
素晴らしいですね!
おめでとうございます。
今日の反戦歌、こころに響きました。
yun
2012/08/30 06:37
こんにちは。
夕日のお写真にしっくりくるような曲ですね。
この曲、知りませんでした。
戦争で大切なひとが死んでしまったら・・と考えると
やっぱり戦争は嫌ですね。
はこふぐ
2012/08/30 08:30
yunさん〜おはようさん
この歌を知っておられたんですね。
一人でも知った方がいると嬉しいものです。

ルーツが世間で話題になったのは映画「ルーツ」が上映されたからです。
昔から自分のルーツ探しをしている方は数多くいますが、爆発的にルーツ探しがブームになったのはこの映画がきっかけでしょう。

日本で初めて戸籍が出来たのは明治4年でした。
明治と江戸時代を伝える唯一の手掛かりがこの戸籍です。
それを原戸籍と呼びますが、日本の戸籍法では80年間の保存が決められています

80年を越すと廃棄をしてもよい決まりになっており、80年と言えば昭和の初めですから、大正、明治の戸籍は削除されていてもおかしくない状態です。

その頃のことを調べたいならば、もう時間がありません。
原戸籍を申請して取得するしかありません。
江戸時代にかけては実家の戒名を手掛かりにするわけですが、そこからこのルーツを探す旅が始まります。

男のロマンですかね。
家にパソコンもプリンターもある時代です。
手作りするにはもってこいの環境です
一つの仕事をやり終えた、この達成感がたまりまへんなあ
風の旅人
2012/08/30 11:17
はこふぐさん〜おはようさん。

人生の終わりを考えると、茜色に染まる空はまさにそんな感じがします。
戦争はすべてを破壊しつくし、愛する家族を失くしてしまう。
神様の最大の欠点は人間同士が戦うことを許したのかも

愚かな行為と嘲笑っていても解決できません。
自分のできることで発信するしかないでしょう。
平和への希求はワテにとっては永遠のテーマです。
風の旅人
2012/08/30 11:21
自分のルーツへの旅をやり遂げた達成感に酔う暇もなく、又あらたなるチャレンジに向かい、進む風さんの姿が見えます。
ちんまりと、ちっともじっとしてないですねえ。
この世代の特徴的な姿かも?!^^
自分の存在感を感じるために、生きて今ある自分を確認するために、如何にして自分が社会に還元できるか・・・と前向きに動こうとする風さんのエネルギーが溢れてます。
無駄な死・・などないのだと思いたいですね。
三の君
2012/09/01 18:52
三の君さんこんばんは
我が家のルーツ調べも一段落すると、ホッとしたのかしばらく気が抜けた感じでしたが、一晩二晩と寝ると少し落ち着きます。

じっとしていられない性質なので、次の目標に向かって進むだけ。
この年ですから残された時間はあとわずか、そのつもりで精いっぱい駆け抜けるだけです。

そのためには次の曲です。
会いたい!
そう 多くの人との出会いに感謝です。
風の旅人
2012/09/01 21:07
全く同感です!
この歌は、大好きです。歌う度に、涙が出ます。心に沁みますよね。

たかがこんな小さな一つの星の上で、人類は何を争っているのでしょう。『宇宙』規模で考える時、人類のこの様々な争いが、いかに愚かしいか…

自分のルーツへの旅…風さんらしくて素敵でした。
マミー
2012/09/01 23:17
マミーさんこんばんは
初孫が誕生おめでとうございます。
どうですか すっかりおばあちゃんしてはりまっしゃろ。
早く顔が見たいものですが、相太に似てますか(笑)

今回のテーマに賛同していただいて本当にうれしく思います。
人間同士の殺戮はやめてほしいね。
傷つくのはいつも庶民です。
武器よさらばとアメリカの大統領は言ってほしいですね。

ルーツを調べるのはある意味男のロマン。
12年かかりましたがやっと完成しました。
皆さんに見せてあげたいくらいですが、人のルーツなんて何も面白くないね(笑)

風の旅人
2012/09/01 23:43
この歌は初めて聴きましたが、風の旅人さんの歌は、とても心に沁みてきます。

週末会津に行きます。
飯盛山の白虎隊のお墓を参るつもりです。

ちょうどいいタイミングでこの歌が聞けて、とてもよかったです。

日頃のご無沙汰も、ちょうど今日この歌に巡り合えたこと、人生は流れだなって思いました。
ももこ
2012/09/04 07:58
ももちゃん〜おはようさん
週末は会津への旅ですか。
会津若松城には2度行っていますが、白虎隊の悲劇として有名ですね。
我が先祖も会津に行っています。

城から見ると当時ここで激しい戦があったんだなあと感慨深く眺めてしまう。
ももちゃんもお墓に参って当時を偲んでください。
風の旅人
2012/09/04 09:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
歌の旅・死んだ男の残したものは 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる