心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 七夕祭り・布施明の恋

<<   作成日時 : 2012/07/07 22:04   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 14

今日は七夕さん
各地で子供たちが短冊に願いごとを書いて、竹笹に吊るしていることでしょう
幼い日の記憶がよみがえる日でもあります。


画像




画像



画像



子供の頃に田舎で夜空を見上げると、天の川が見えていました。
それくらい空気も澄んでいたのでしょうが、今でも見えるのかな?
大阪の夜空は残念ながら見ることはできません。


画像



ワテの住む近郊エリアには天の川と言う川が流れています。
勿論七夕伝説があります。


画像



天野の原と言う名もあるし、何と言っても機物(はたもの)神社とのがあって、今日はここで七夕祭りがおこなわれていました。


画像



取材を兼ねて訪ねてみました。
特に大きな神社ではありませんが、縁日のお店がたくさん出ており、女の子が浴衣姿でお参りに来ていました。
大きな竹竿が10数本も境内に建てられて、色とりどりの短冊に願い事が書かれています。


画像



彦星と織姫にちなんで恋のお願いもあるのでしょうか、若いカップルもやってきては願い事を書いています。


画像



幼き日のお願い
皆さん実現していますか?


七夕さんにちなんでやっぱり恋の歌でも歌いましょうか。

布施明さんが歌っている「恋」です
お聞き下さい。





恋      歌 : 布施明



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は、七夕でしたね。
大阪は、天の川は見れないにしても、晴れていたようですね。

華やかな七夕飾り。由緒ある神社なのでしょう。おまけに天の川まであるなんて。何だか嬉しくなりますね。
布施明の「恋」は知らないけど、研ナオコの「泣かせて」は好きな曲です。
マミー
2012/07/08 00:53
風の旅人さん こんばんは^^

七夕の日って何故か雨が多いように思います。
東京も雨でした。

「恋」を聴くたびに、歌詞が、気持ちをよく表してるなって思います。

「逢うたびにうれしくて 逢えばまた切なくて 逢わなけりゃ悲しくて」
ここのとこ、特にそう思います。

懐かしかったです^^
ももこ
2012/07/08 01:07
マミーさん〜おはようさんです。
大阪は雲も多少ありますが、どうにか晴れていました。
確かに梅雨の時期なので雨が多いですね。

この機物神社はかなり古いですね。
でも地方の神社でもあるし、大阪に住んでいる人もほとんど知らないでしょう。
七夕の時期になると賑わいますが、普段は静かな神社で参拝客も少ないですね。

「泣かせて」もいい曲で、ワテもこの曲を初めて聞いた時に、これは覚えなくっちゃと思ったほどでした。
風の旅人
2012/07/08 08:28
ももちゃん〜毎度でおます。

この歌も当時よく歌われていました。
録音したのはもうずいぶん前になりますが、ようやくアップできました。
七夕の謂れもあるし、この歌詞がこの日に合いますね。
年に一度の出会い、まさに会えば嬉しくて、会えなければまた切なくて、七夕の日にはうってつけの曲です。
風の旅人
2012/07/08 08:32
風の旅人さん:今日は!
折角の七夕祭りは雨でしたねぇ〜。
お近くの機織神社では沢山の笹飾りが奉納されていますね?
昔は終わったら川に流して居ましたが・・・風情が無くなりましたね?
愛ちゃん
2012/07/08 09:49
愛ちゃん〜今日は。
七夕の日の関東は雨模様で見えなかったんですね。
昔と違って川に何でも流せない時代になっており、願い事を書いた短冊はこの後どうなるのでしょう。
神社で燃やすのかな?

自分や家族の夢を託して飾られた笹飾り、こういうものがある風景もいいものです。
風の旅人
2012/07/08 11:36
お邪魔いたします〜コンニチワァ♪
七夕祭りいいですね〜

この歌はいつ録音かはわかりませんが
間違いないぞっ 風丼♪はこれは熱烈な恋をしている頃ですよ
むむむっ(・_・?)ん?

イヤホンで聴いてるとねっ まぁ〜〜〜風丼♪の声がのびのび〜艶々〜絶好調ですよっヽ(*^m^*)ノムフフ

録音の時ってどなたか聴いてるんでしょうか??
ほい あじ丼
紫陽花
2012/07/08 15:04
あじ丼〜毎度でおます

七夕祭りは小学生の女の子が浴衣を着て、なかなか可愛いものでした。
なぜか男の子が少なかったのは、恥ずかしいのかな?
夜は中学生や高校生の女の子がやってくるのでしょう。

この歌を歌ったのは3年ほど前になるかな?
昔はカラオケ喫茶で歌っていましたが、お客さんの声が入ったりして録音になりません。そのためその頃の録音はほとんど削除して、歌い直しています。

当時恋をしていたかって?
いつも恋をしてまっせ(爆)
風の旅人
2012/07/08 17:15
旅人さんの家の近くの七夕は賑やかなようですね。
私のところは商店街に飾ってあります。商店街もだんだんさびれているので
いろいろ工夫をしているようです。
うさこちゃん
2012/07/09 00:28
うさこちゃん〜今晩は

七夕に由来するこの地域には幾つかの史跡があります。
それぞれお祭りをしてイベントもしています。
最近はゆるキャラも登場して盛り上がっています。

当地の商店街はどこもシャッター通りとなって、本当にさびしいものになってしまいました。
郊外型のテンポがいくつも出来てきて、大きな駐車場完備しているために若者を中心に流れてしまいます。
小さな商店は買い物客が寄り付かず、廃業を強いられています。
我々もやがて車も危ない、自転車も危ないと言われる年になりますが、その時郊外型の店に行けるだろうか。
地域に根ざしたお店もないと、お年寄りは買い物難民になってしまいます。
そうならないためにも商店街の活性化は絶対必要ですね。
風の旅人
2012/07/09 01:31
七夕…本当に懐かしいですね。
 我が町では昨日はお祭りでした。
私は感傷に慕って過去の出来事をぐずぐず思い出しておりましたが
今日からは前向きに生きて行こうと思いました…が、一晩寝るとすぐに忘れます。タラ〜〜〜〜…
tomo
2012/07/09 22:31
tomoさんこんばんは
全国で七夕祭りをしているんですね。
子供たちは夢を託して短冊を飾っています。
大人は?なんもねえ(笑)
呆けないようにと書いておきましょうか

風の旅人
2012/07/09 23:55
七夕に1週間も遅ればせの訪いですから、こっそりお邪魔!
一年の一回の織姫・彦星の逢瀬、今で言うなら遠距離恋愛のラブストーリー。
ケータイ完備で我慢という状況は一切なし!の今の恋愛事情に照らし合えば、返信なしならば即削除のスピーディーさ。
そんな中に風さんの「恋」は響きますねえ。
「恋」とはさあなんでしょう〜〜〜〜♪
三の君
2012/07/13 19:06
三の君さんこんばんは。
1週間も遅れてきた織姫登場でっか
余りにも遅れすぎやでぇ。

恋する男女は遠距離ほど燃えるかも。
いくら携帯で話が出来ても、やっぱり目の前に愛する人がいてほしいでしょう。
ワテにはようわかりまっせ。
風の旅人
2012/07/13 20:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
七夕祭り・布施明の恋 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる