心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 東日本震災・5回目の東北行・日常品が欲しい・心の糸

<<   作成日時 : 2012/07/19 19:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 15

昨年3月11日の大震災が起きて、ボランティアとして4回東北に入りました。
町があった場所にはコンクリートの残骸だけが建っていた。
全てを津波によって破壊されてしまい、人の姿はそこにはない。



画像




徐々に仮設住宅も出来上がり入居が始まっても、狭いくてパネル一枚のプレハブ住宅は冬を越すには寒いものでした。
灯油の値上がりは東北地方の人たちには辛い。
季節は変わっても着るものもなく、家や車や漁船のローンに追われて、国が支給したわずかな見舞金なども直ぐになくなってしまいやがて底をつく。




働く場所も奪われて、明日の糧も見つからない。
働く意欲を失った人たちも多くいる。
大事な牛を原発事故で処分した農民の気持ち、国の偉い人は本当にわかっているのだろうか。
原発事故さえなかったら・・・・
死ななくて済んだのに…


画像




住み慣れた故郷を出て、慣れない土地でじっと帰れる日を待つ人たち。
故郷を捨てることはたまらなく辛い。
今頃田んぼには稲が青々と育っている頃。
原発事故さえなかったら・・・・
野犬化した犬の群れ・・・・


仕事場を奪われて元に戻る処もない。
漁船や漁具をなくした元漁師が海を見ることが怖いと言う
あの大津波さえなかったら・・・・
家族が死ななくてすんだのに・・・・


元の町や村に戻るのはもうできないかもしれない。
海抜ゼロメーターの土地に家は建てられるだろうか。
もっと高い堤防を築くことで津波は耐えるだろうか。


湾の入り口にあった巨大な湾口防波堤
津波の第一波でもろくも破壊されたという。
海底からの高さ80m
建設したゼネコンだけが丸儲け。
又も建設しようと清水建設などゼネコンが動いている


画像



宮城県知事は清水建設出身とか。
なんか利権がらみの匂いがするでぇ
そんなんで大丈夫なんだろうか
ゼネコンを儲けさせるだけやんか。


1960年の5月に南米チリで発生したマグニチュード9.5の大地震
その時押し寄せてきた津波で日本でも大きな被害が出ていますが、あの大津波での教訓はそれなりにありましたが、今回の大津波はそれ以上の強烈なものだった。


湾口防波堤が出来たのは、チリ大津波のあとです。
その教訓から湾の入り口に巨大な防波堤を築けば大丈夫だろうと、ゼネコンが各地で作っています。


それから半世紀、湾の中はどうなったのか。
魚介類の養殖も発達してそれなりに潤っていたが、じわじわ変化していく水質にはあまり気にならなかったようです。


年々獲れなくなった魚、、大きく育たない貝類。
この土地はそんなもんかなと思っていたという。


ところが湾口防波堤が倒れて1年経つと、今まで見なかった魚が獲れるという。
今回の滞在中に耳にしたのが、大きなトビウオが獲れたという。
サザエやホタテの出荷には3年かかるものが、2年半で出荷できるサイズに成長すしているらしい。
どうも大津波が海底のヘドロを撹拌して、沖に流したのでないのか。
水質がよくなって海流も変化したのだろう。
長崎県諫早のギロチン防波堤を開けたことでも、そのことが言われている。



しかし市はもう一度湾口防波堤を再建するという。
命が大事かと言われると確かにそうなんだけど、漁民は複雑な思いをしているという。
難しい問題です。



画像



三重県の防犯協会から戴いたテント
ここには震災前まで作業小屋が建っていたが、元のように小屋が建つのは来年9月とか。
それまでの辛抱ですと明るく笑っておられた。

現在牡蠣の種の選別作業をされています


画像




今回3日間ボランティアとして大船渡市で活動しました。
持って行った支援物資はすべて生活用品。
米、石鹸、洗剤、台所洗剤、ティッシュ、トイレットロールなどなど。



画像



この被災住宅の戸数は7軒
その人たち全員に配布した生活必需品。



画像



毎日消費するものだけに、被災者の方には喜ばれます。
いくらでも欲しいわけではないのは、仮設住宅が狭いので置けないだけ。
買うにはお金がいる。
そのお金は余りない。



生活保護の制度もあるが、何かと言われるのが辛いためになかなか行けない
我慢強い東北人気質がこんな時に邪魔をしないか。
仮設住宅を訪問して、要望を聞くと気になる点がこれ。
生活していくには大丈夫ですか?
困ったことがあればおっしゃって下さい。
要望は確実に伝えますからと。


画像



人は何かお手伝いがきないかと悩み現地に赴く人、街頭での募金に快く応じてくれる人、救援物資の呼びかけにタオル1本でも出してくれる人、一人一人の連帯はやがて大きな輪となります。


最近はテレビや新聞でも被災者のことをあまり報じなくなってきたが、まだまだ不足しています。お金があれば買えるけれど、そのお金があまりない。
もっと声を上げてほしい。
そう願わずにはいられない今の現状です。


歌詞

この歌は阪神大震災の時に生まれた歌です。
美人演歌歌手5人の合唱です




心の糸   歌 : 香西かおり・伍代夏子・坂本冬美・長山洋子・藤あや子


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
風丼 お疲れ様でした。

5回目の東北・・・まだまだ進んでいませんね。
東北の方がたは辛抱強いのですね。
大物代議士さんは何をされているのでしょうね?

とにかくお疲れ様でした。
ゆっくり休んで下さいませ
やまもも
2012/07/19 19:56
風さん、こんばんは。
ボランティアご苦労さんでした・・・
お疲れに成った事とおもいます。
大震災で多くの方達が被害にあわれ
国民の一人として胸がつまる思いがします。
私ももう少し若くて元気であれば参加したいと思っていますか・・・
老いた私には無理な事です。
原発事故さえなかったらと私も思っています。
お疲れさまでした。
たるさん
2012/07/19 20:36
やまももさん今晩は
マスコミはあまり取り上げなくなりましたので、実際の被災地ではまだまだ日常品が安心して買える状態ではないですね。
生活がちゃんとしていれば何の不安もないでしょうが、仕事がない状態ではお金の入るすべがありません。

お配りする品物はホンのわずかですが、全国規模で取り組めばチリも積もれば山となるわけで、まだまだ援助の手が欲しいですね。

機械を使ってのがれきの処理などは捗っている部分は確かにありますが、まだまだ人海戦術で行っている部分も目撃しています。

次回はいつになるかわかりませんが、機会があればまた参加したいと思っています。
風の旅人
2012/07/19 21:48
たるさん〜今晩は

もう少し若かったらとおっしゃっていますが、ボランティアに年齢制限はありません。
自分のできる範囲でお手伝いをされています。

例えば一人暮らしのお年寄りには、お話を聞いてあげる。
足を洗ってあげる。
肩をもんであげるなど、介護のようなボランティアも募集しており、ただ東北まで行くには体力とお金も必要です。
行きたいと思っていても肝心のその部分が何ともならんわけで、出来る範囲で何かできることをお願いしたい気持ちです。
風の旅人
2012/07/19 21:52
お帰りなさい。お疲れ様です。暑かったでしょうね。
文章を読ましてもらってまだ知らないことがいいっぱいありました。
帰られて早々訪問ありがとうございました。
うさこちゃん
2012/07/19 22:26
うさこちゃん〜今晩は
一年ぶりの東北はどんな風に変わっているのか、ちょっと注目して見てきましたが、目立った変わり方はしていませんが、プレハブ造りの商店が目立ってきました。
まずは自立と言ったところでしょうね。

ただ仮設店舗と言うか、海抜ゼロメーター地帯ですから、危険と隣り合わせですね。でも生きていくうえでは働かないと食えないわけで、皆さん必死な思いで新規営業されています。

カキの養殖の話は日生でも共通するので、楽しみにしてください。
風の旅人
2012/07/19 22:34
風の旅人さん

お帰りなさい^^お疲れ様でした。
意欲的に行動されてる風の旅人さん、本当にお疲れ様です。

マスコミが報じなくなった分、こうして話を聞かせて頂いて、とても役に立ちます。
自分でできることは何か?もう1度問い直して、少しでも力になれたらって思います。
ももこ
2012/07/19 23:21
風さん、お疲れ様でした。ご苦労様でした。
記事を読ませていただき、実際に現地に行かれ、人々に関わってこその思いとお考えだと読ませていただきました。
東北の復興が神戸の震災と比べて、何故にこうも進まないのか?不思議です。
ニュースなどだけでは感じ取れないお話を聞かせていただき、改めてありがとうございました。
三の君
2012/07/19 23:45
風丼♪お帰りなさいませお疲れ様でしたよ☆

仮設住宅 
冬は寒くても電気代かかるからと暖房がまんしてたり
これから暑い夏にはまたまた電気代かかるからとクーラーをつけずにがまんしたりと、それでは健康のためによくありませんよねっ
熱中症にならないようにしてもらいたいですよね

風丼♪東北の方々はボランティアさんたちが来たらどんなにか嬉しいことかと
お話だけでもよかったでしょう〜

牛さん 犬 猫 とか動物のことを考えるとほんとうに辛いです。。。。。
テレビ番組でもほとんど特集もありませんものねっ残念です

風丼♪お疲れなのにもう記事ができあがってました 
ありがとうでしたよっ☆
ほい あじ丼
紫陽花
2012/07/20 00:43
ももちゃん今晩は
またまた行っちゃいました東北へ。
1年ぶりです
どんなふうに復興が進んでいるか。
自分の目で確認するのも必要やと思って。

1000kmの道を一走り。
まだまだ体力はあるようです。
いつかまたもう一度行こうかなあ(笑)
風の旅人
2012/07/20 01:59
三の君さんこんばんは。

復興の遅れは首相がコロコロ変わって、政策とは全く違うことを勝手に言っている。責任もとれない首相が終息宣言を出す。
いったい何が終息したのでしょう。
放射能汚染されて安全性も確保されていないのに、東電の意向を汲んでの発言。
全く持っていい加減な民主党政治、ホンマに被災者のことを思っているのか。
東電の責任のなさも問題です。
補償交渉は一向に進まないのに、電気料金だけは先行させる。
腹が立ちまっせ。
風の旅人
2012/07/20 02:06
あじ丼今晩は
福島の原発30km圏に行って見ました。
警備されている係りの人に伺うと、5mmマイクロシーベルトを示しているとか。
付近は全く人影もなし。
自然いっぱいの村だったのに、放射能汚染は人を住めなくさせている。

動物の話はつらいですね。
家族だっただけに残しておくのは、断腸の思いだったと思う。
風の旅人
2012/07/20 02:11
風さん!お疲れ様でした〜本当にご苦労様でした!
今回で4度目ですか?頭が下がります。
大阪からですから大変な道のりですものね〜〜〜

週末、兄の一周忌で山形へ行きますが
石巻の従姉妹にも会えますので、
状況を聞けると思います。
心の糸、じっくり聴かせて貰いました。
yun
2012/07/20 16:28
yunさん今日は
梅雨が明けたら一気に夏、このところずっと熱帯夜が続いています。
岩手滞在中に関東以西が梅雨が明けて、大変な暑さだとテレビのニュースが流れていましたが、岩手地方では昼間は同じように厚かったが、日陰に入ったり小雨が降ると気温はぐっと下がって、時には半袖では寒くて長袖に着替える人もいました。

震災ボランティアも今回で5回目になりますが、ボランティアに参加の呼びかけがあればいつでも行ける準備はしています。
パソコン教室で教えていますが、生徒さんには東北へボランティアに行くので教室には来ませんと言えば、みなさん快く応じてくれます。

自分のできる範囲でやっているだけで、運転手で来てと言われれば東北までの運転もします。
それも一つのボランティアですから、気も軽く体も軽く?体は違ったなあ(笑)

週末楽しみですね。
笑顔で再会できる喜びをかみしめてください。
風の旅人
2012/07/20 16:54
風さんの「うたごえ」は年々若くなってきてるような気がします。
高音が出やすくなってますか?
ワタシはミーシャの「逢いたくて いま」をずっと歌っていたら、高音が出るようになったと感じていました。が、合唱指導の先生から「うわずってるよ」と言われ、あれ?出るようになったと思っていたのは勘違い???なんて思いながら練習しています

《自分のできる範囲でやっているだけで》
風さんのそういうさりげない謙遜ぶり・・・。ナイスですねェ〜。かっこいいですねェ〜。
出来る男は違いますねェ〜。
詩音連音
2012/07/21 07:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東日本震災・5回目の東北行・日常品が欲しい・心の糸 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる