心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本のチロル・下栗の里ってどこや?・うちのお父さん

<<   作成日時 : 2012/06/23 23:25   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 8

日本の里100選にも選ばれた「下栗の里」
某運送会社のCMに登場して、にわかに脚光を浴びた村。
山奥の段々畑の中に50戸ほどの集落があります。
その名は南信州遠山郷・下栗の里。


画像



住所はとなるとこれが平成の広域合併の為に良かったのか悪いのか、こんな山奥の村が飯田市になってしまった。

正式には飯田市上村字下栗になるのかな?
とにかく国道152号線の上村自治振興センター、ここを目指して走っていくわけだが、とにかくここから山の中にどんどん上って行く。


画像



命がけの運転になることを覚悟してや(笑)
全長6m以内のマイクロバスまでが侵入できる道路だけに、対向車が来たら崖に下に落ちるかも(爆)


どこまで分け入るんだと思う山道を車は進みます。
松川ICから1時間と書いてあるが、1時間で行けるかな?
マイクロバスだったのでもう少しかかった気がする。


画像



途中で2つほど村を過ぎたら次に開けた村が下栗の里。
一応大きな駐車場もあるので、車を止めるのは容易いが、シーズンは道が狭いためにかなり渋滞するそうです。


画像



現地では下栗案内人の会の人たちが、ご希望に応じて案内をしていただけます。
案内を希望される方は
飯田市上村  自治振興センター  電話0260-36-2211


画像



画像



さて下栗の里ですが、日本のチロルとも呼ばれています。
最初日本のマチュピチだと聞いておりましたが、現地では日本のチロルと呼ばれているようです。


画像


ザゼンソウとは違うけど、何の花かな?


画像



下栗の里を歩いて見ると、崖っぷちに家が建っており、段々畑は急峻な崖の狭い空間を利用して野菜を植えています。
上から下に耕すのではなく、下から上に耕すことで土を何百年と守ってきたとおっしゃっていました。


画像



駐車場に立っていても村全体は見られません。
村全体を見るビューポイントに案内をしていただきました。


画像




画像




観光客のために人一人が通れる細い道ですが、村人がボランティアで道を作ったとか。
道を守るために募金箱が設けてありましたので、わずかですがワテもカンパをしてきました


画像



画像



20分の山道でしたが、ビューポイントに出ました。
目の前に広がる下栗の里。
ここから見る絶景は何とも言えません。


画像



画像



画像



紅葉する10月中旬以降は本当に綺麗
休憩所にはポスターが貼ってありましたが、それを見たらもう一度行きたいと思いました。


画像

パンフレットからお借りしました



歴史的には平家の落人かもしれないし、近くでは縄文土器も出ているとか。
しかし確たる文献もないので、詳しいことはわからないそうです。


画像



案内をしていただいた方が言っていました。
この村のことを大いに宣伝してほしいと。
芸能人や映画監督の宮崎駿さんもやってきて、アニメのシーンにも入っているそうです。


画像



畑にはジャガイモの花が咲いていました。
ここのジャガイモは古いタイプのジャガイモだとか。
他所とは勾配していないようです。


ビューポイントで撮影していると、雨が降り出しました。
撮影も終わったことだし、まあ降ってもしょうがないなあ



画像




大降りにならないうちに引き上げましたが、それまで谷間には雲がかかっていませんでしたが、駐車場まで戻ると見る間に雲が出てきました。


画像



画像




画像



ホンの10分ほどの間の出来事です。
しまったなあ
ビューポイントであと10分我慢していたら、おそらく雲海の上に下栗の里が浮かび上がったのに。
惜しいことをしました。


遠く聖岳など南アルプスの山々が見えます

画像




サンセットポイント100選にも選ばれているようです。
ここからの夕日も綺麗だろうなあ


画像




これだけの絶景を見るには、途中の道路を何とかしないと。
しかし道を広げたら大型観光バスが押し掛けてくるでしょうし、そうなると騒がしくなるなあ


雨はますますひどくなってきました。
明日天気にな〜れ

で、この歌でも。





うちのお父さん  歌:南こうせつとかぐや姫



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
わ、すごいところに村があるんですね〜
初めて知りました。
晴れてたらほんとに絶景でしょうね!
はこふぐ
2012/06/24 15:57
まさに日本のマチュピチ、(日本のチロル)すごい景色が広がってますね。
飯田市は私の生まれ故郷静岡県天竜市からバスに乗ってゆるゆる山の中をひたすら登っていく感じのイメージでしたが、行ったことない^^;
こんなすごい風景に出会えるんですねえ。
風さん、すごいツワーに参加されて、本当に羨ましいし、すごいです。
感動!感動!
ありがとうございました。^^
三の君
2012/06/24 20:10
はこふぐさん〜今晩は
この写真を見るとどうしてこんなところに人が住んだのだろう?
平家の落人説があってもおかしくないけど、真相はわかりません。

曇りから雨模様に変わりましたが、これだけ撮れれば文句は言えません。
秋の紅葉した時にもう一度行きたいなあ
きっと素晴らしい景色に出会えるでしょう。
風の旅人
2012/06/24 21:21
三の君さんこんばんは

この下を流れている小渋川は天竜川の支流です。
天竜下ればそうか、三の君さんの実家があるんだ。
地元であってもなかなか行く機会はないもの。
その点よそ者の方がよく知っていたりしますね。

こういう景色があると知ったら、やっぱり出かけて行きたくなりますね。
今回は本当にいい旅でした。
風の旅人
2012/06/24 21:25
風さん、おはようございます(^^)
《南信州遠山郷・下栗の里》
すごい所に集落があるものなんですねェ〜(@@)
《天空の里》は《天空の城ラピュタ》のヒントになった場所でもあるのですね(^^)納得デス。

詩音連音
2012/06/25 08:08
詩音連音さんこんばんは

こうして遠景で見るとすごいでしょう。
よくこんな急坂のところに村を作ったもんだと感心します。
日本の里風景100選に選ばれたのに納得しました。

アニメや映画などこの景色を使って撮影しているそうでした。
どこかで見かけたときはあの景色だと思い出してください。
風の旅人
2012/06/25 22:32
こんなにも素晴らしい景色のところがあるのですねっ
全くわかりませんでした。

絶景の場所に行くにはやはりどこも大変ですねっ地元の方々のボランティアに支えられて守られている。ありがたいことです♪

今 あじ丼が住んでるところは国道から近い場所 毎日ずぅっと車の音やら救急車やらパトカーやら消防車やら うるさい暴走バイク集団やら そんな賑やかなうるさい世界にいるところから
この風丼♪写真の世界を見ると 信じられない光景にも見えます〜
静かで空気も澄んでいて こころ洗われますね

素敵な景色をありがとうですよっ 歌もピッタリですね〜☆
ほい あじ丼
紫陽花
2012/06/30 21:26
あじ丼〜今晩は
こういう景色が日本にあるのを知ってから、何とかして見に行きたいと思いました。
わずか50戸ほどの小さな集落で、生活するには大変不便だと思います。
限界集落とも言われている中でも中学生、小学生、そして保育園児が確か一人ずついます。
子供たちは村人みんなの宝かもしれません。

都会の雑踏の中で暮らしていると、このようなところに住んでみたいなあと思うけど、いざ移住となるとやっぱり自信はないですね。

秋にもう一度行って見たいなあと思います。
風の旅人
2012/06/30 22:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本のチロル・下栗の里ってどこや?・うちのお父さん 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる