心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒマラヤの青いケシの花に会いたくて No2 遠くへ行きたい

<<   作成日時 : 2012/06/23 01:05   >>

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 17

今回の旅行先は長野県下伊那郡大鹿村にある中村農園です。
大鹿村ってどこやねん?
地図で見てもどのあたりかわからない。
信州でも南信州に位置し、愛知と静岡と岐阜の県境になります。
大ざっぱに言えば南アルプスの麓と言った方が分かりやすいかも。


画像



さてそんな大鹿村になにがあるねん
そう思うでしょう

ありまんねん これが
ヒマラヤの青いケシの花


画像



ケシの花って麻薬が採れるあのケシでっかいな
と思ってたんやが、ケシの花でもこれは違うらしい。


ヒマラヤの高地の谷あいに咲く青い花
もう幻の花と言っていいくらい、今ではヒマラヤでも見ることが難しいと言われている。
そんな神秘な色の花は前作で見たでしょう。


画像




これが日本で栽培されていると聞くと、こりゃもうじっとしていられない。
何でも食らいつくワテの性格からすると行かないわけにはいくまい。


そこでネットで検索したら、これがとんでもない場所やった。
山のまた山の奥といった感じ。
これでは行ったは良いが、果たしてたどり着けるかかどうか怪しいもの





毎月送られてくるツアー案内を見ていたらあったので、さっそく申し込んだのは約2か月前。
この旅は25人乗りのマイクロバスでした。
一人参加も可能でしたが、妻も行くというので久しぶりの夫婦旅。


ところが出発前に台風情報が飛び込んできた。
どうも出発日にやってくるみたい。
もしかして中止になるかなと思っていたが、速度を速めて前日に通過してくれた。


お蔭で曇り空ではあったが無事に出発が出来たが、道中は曇り空で時折パラついている。
それでも長野は晴れ予想だったので、心の中では快哉を叫んでいたが、そんな問屋が卸さない。
やっぱり薄日は射しているが曇り空。


松川ICで降りて一路大鹿村へ
大鹿村の役場までは約30分、クネクネ道はあってもまだ大したことはなかったが、そこから山岳道路に入ると道は狭くて、対向車が来たらどないしょう?と思うくらい細い道。
案の定途中で何台もすれ違ったが、何とかすれ違うことが出来たのは、運転手さんの腕の見せ所でした。
大鹿村役場から中村農園までが40分かかったが、これが結構長く感じました。


途中の交差点というか、曲り道には「青いケシの花」と書いた小さな看板があったので、それを見ながらバスは走っていきました。
運転手さんも初めての場所だけに、地図を見ながらの運転で大変だったと思う。


画像




この中村農園では最初200株からスタートしたそうで、現在5000株くらいあるようです。
全国から青いケシの花を見る観光客で、細い道で車は結構渋滞するそうです。
毎年6月にこの花が咲き、ちょうど今が見ごろでした。


画像



正式名は「メコノプシス・グランディス」
ブルーポピーとも呼ばれています。
この青い色を「ヒマラヤンブルー」と言われるほど、神秘的な青い色。
ワテもテレビで初めて見たときから、この花の虜になったほど。





日本では他にも咲いているそうですが、この中村農場は標高1500mの高地。
程度な雨と年間平均温度が15度という立地がいいようです。



画像



メコノプシス・グランディス以外にも黄色い花でメコノプシカ・カンプリカ、青い花でメコノプシス・ホリテュラがあります。
他にも西洋オダマキなどが植わっています。


画像




画像




画像



山に囲まれたのうちですが、切り開くのも大変だったと思います。
この日も他の観光客が来ており、みんな思い思いに撮影されていました。
何枚撮っても飽きないのが花の魅力。


画像





画像



数時間前に降った雨の影響で、花の形はイマイチが多かったけれど、それでも薄日も射してくると葉を通して透き通る青さはもう最高でした。


このブログの主題曲をそろそろ歌おうか。


知らない町を歩いてみたい

どこか遠くへ行きたい

知らない海を眺めていたい

どこか遠くへ行きたい

遠い町  遠い海

夢 遥か  一人旅

愛する人と巡り合いたい

どこか遠くへ行きたい

 



遠くへ行きたい  歌: ジェリー藤尾


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
お邪魔いたしますよ||☆┗(^∇^*) コンコン

大鹿村と最初見た時に映画を思い出しました 観てみたかったなっと思った 原田芳雄さんの映画でしたねっ

そうでしたかぁ 大鹿村の高い場所にびっくり それからツアー申し込みがそんなにも前だったとはびっくり

青いケシの花がそんなにもたくさん咲いていたことにまたまたびっくりです

眺めていますと ほんと外国ですね テレビで観る世界ですね 他の花々も初めて見る不思議な綺麗な花です

どうしてもなんとしても観たかった行きたかった風丼♪の気持ちがよ〜〜〜くわかりましたよ♪
台風直撃でなかったことは やはり風丼♪は晴れ男ですよっ
良かったね〜☆
歌もピッタリですよっd(^ ^*)bグッ♪

ほい あじ丼
紫陽花
2012/06/23 13:20
南アルプスの麓? さすがに山々の景色も良いですねえ。
群馬の私のところからも、少し高い山に登れば遠くにアルプス山脈の悠々たる姿を見ることができます。
ヒマラヤの高地に咲く「まぼろしの花」のこの青いケシを求めて、悪天候もなんのその、道無き道(道はあった^^;)を行ききり、待望のケシに出会ってきたこと!
風さんのガッツ・心意気、さすがですねえ。
お陰で私達も情報とその得難い姿を見ることができました。

余談ですが、ヒマラヤが起源とされるヒマラヤ桜というのもあって、ネパールから贈られ、熱海に植樹されているとか。
特に特徴的なことはないんですが、ヒマラヤ高地にはなにか神がかり的な力が自然にもあるのか???とふっと思いました。
桜好きゆえ、昔々「ヒマラヤサクラ」のHNを使用したこともある私ですので。^
こだまが帰るような山々の風景に、気持よく響き渡る風さんの歌でした。
良かったです!
三の君
2012/06/23 14:45
風さん、台風もなんのその、諦めないで良かったですね。
ずっと憧れ続けている「ヒマラヤの青いケシ」・・・
私も20日のツァーを申し込みましたが、台風が怖くて2日前にキャンセルしてしまいました(涙)
もっか手を骨折しているので冒険は出来なかったのです。
それにしても見事なブルーポピーで、5000株とは凄いですよね。
箱根湿性花園や越後湯沢のアルプの里では見ているのですが、ほんの数本だけでした。
10年前には中国四川省の山の中に咲くこのお花を見に行くツァーを申し込みましたが、この時は主人の父の入院でキャンセル(涙)
まさに私にとっては縁遠い幻の青いケシですよ。

上↑の三の君さんが記している「あたみ桜」は、私今年の2月に見て着ましたよ。
真冬に咲く桜でした。

nao♪
2012/06/23 15:41
あじ丼〜コンチャ〜
このツアーを見つけたとき即電話しました。
一番行きたかった場所だったもんで、何の迷いもなかった。

ツアーの日程も3回くらいしか企画してなくて、その真ん中にしました。
真ん中なら絶対咲いているはずだと。
せっかく行ったのに咲いてなかったらショックですからね

台風接近で中止も考えましたが、幸いなことに早く通り過ぎてくれたので見ることが出来ました。

運がいいとしか言いようがないね(笑)
風の旅人
2012/06/23 16:35
三の君さん今日は
綺麗な花があると知ったら嵐が来ようと、根性で出かけまっせ
今回は台風一過で道路はどうなっているかわからず、それでもツアーだけに運転しなくてもいいから気が楽でした。
自分の運転だったらおそらく行くのは止めるでしょう。

日本でこれだけ見られて感動したくらいだから、ヒマラヤの青いケシを実際現地で見に行っていれば、すごい感動したと思う。
花の好きな三の君さんだったその感動はいかばかりか。

いつか行く機会?なかなか季節限定ですから行くのは難しいでしょうが、行けるといいですね。
風の旅人
2012/06/23 16:50
nao♪さん今日は

同じ日に同じツアー会社の企画でしたので、もしかしたら会えていたんですね。
キャンセルは勿体ないですね。
手の骨折も早く治るといいのですが、バス旅行だっただけに荷物もあるだろうし、行くのは難しいですね。
来年同じツアーがあれば是非とも行ってください。

箱根や湯沢にもあるんですね。
規模は小さくても感動は一緒かも。
四川省には行けないなあ
なんせパスポートというものがないからなあ(笑)

ヒマラヤから送られてきた桜ですから、そうか冬桜でしたか。
河津桜とは違ってあたみ桜ですか。
少し違うのかなあ
風の旅人
2012/06/23 16:55
風さん、お久しぶりです〜
水臭いですねぇ、南信州にいらしたのに、
連絡がないとは!(笑)遠くからようこそ、
とは言え、この大鹿村私行ったことないんです(^^ゞ
ヒマラヤの青いケシ、見てみたいものです。
同じ南信州で在りながら、ここまで行くのに
2時間は有にかかります。
それでも連絡頂ければ、差し入れでもしたものを(爆)

久しぶりに風さんの、遠くへ行きたい
聴かせて頂きました、お元気で何よりです!!
sayuri
2012/06/23 18:27
sayuriさん今晩は
ホンマに近くまで行っていたので、赤そばの花がこの近くで咲くんだよと、一緒に行った妻に話をしています。
今回はツアーでしたので足を延ばすことも出来ず、途中でツアーから離れても車もないし(笑)

この日は大鹿村でしたが、翌日は日本のチロルと呼ばれる下栗の里に行きました。
これもお近くですがsayuriさんはここも行ったことがないでしょう。

中村農園は1500mの高地、下栗の里は1000m
大したことないと思うけど、道は狭くて運転の苦手な方とか、高所恐怖症の方は行けないでしょう。

sayuriさんのところからでも2時間ですか。
やっぱりホイホイとは行けないですね。

差し入れの方だけでも(笑)歓迎したいなあ
でも飯田市内に泊ったので、持ってくるのも大変ですわなあ
次回行く機会があれば連絡します。
風の旅人
2012/06/23 21:11
今晩は!風さん^^

花好きな人にはたまりませんね!
ブルーポピー、綺麗ですね^^
信州の山奥でしたら、こちらからの方が近いですね!
私も機会をつくって是非!と思いましたぁ〜
曲も方もいつも記事にぴったりで感心します。
有難うございました。
yun
2012/06/23 21:35
yunさん今晩は
今回は京都を9時に出発して、2時には中村農園に着きましたから5時間の旅。
長いと言えば長いけど、ワテにとっては適当な距離。
運転しなかったので楽でした(笑)

千葉からならもう少し早く着くのかな?
↑にコメントをいただいたnaoさんも、その日同じツアー会社の企画したもので来る予定だったとか。
関東、関西から同時に設定されていたんですね。

時期的には7月初旬まで見られるようで、行く機会があればヒマラヤの青いケシを見に行ってください。

記事に合わせる曲の選定、結構苦しんでおりまんねんで。
場違いの歌ではダメなので、関連性を持たせようと苦心惨憺ですわ(笑)
風の旅人
2012/06/23 21:47
幻の花じっくり見せてもらいましたよ。こんなツアーがあったら
行きたいけど、私の所から日帰りはまず無理だし、主人は私一人では
行かせてくれないでしょうし・・・・やはりあきらめて
旅人さんに見せてもらったので満足します。
いいものを見せてもらってありがとうございます。
うさこちゃん
2012/06/23 22:31
うさこちゃん〜今晩は

う〜ん、そちらからだと同じ1泊2日でもきついかも。
大阪からだと朝8時出発ですから、新幹線を使えば間に合いまっせ。
今回は一人旅もOKだったので、参加はしやすいかも。
でもご主人が出してくれないのか。
それはしょうがないなあ

来年まで何とかして、ご主人を説得することですね\^o^/
風の旅人
2012/06/23 22:38
わ〜大変な道中ですね。
おつかれさまです。。それでも見る価値があるくらいきれいな青ですね〜
はこふぐ
2012/06/24 15:51
風の旅人さん おはようございます^^

最近友達とよく聴いてたこの歌。
テレビ番組「遠くへ行きたい」のテーマ音楽でしたね。

大阪から5時間ならそんなに遠くはないのかもしれませんが、
見たいものがあって、それを見るための旅もいいでね。

テレビでちょうどこのケシのことCMだったかな、ちょうど同じ時期に流れてたので、
「ここ行かはってん」と、夫に自慢してました^^

うちは日本中の競馬場を制覇するといって、先日福島に行ってきました。
7月には函館に行くそうです。
私は付添ですが、函館の夜景や料理を楽しんで来ようと思います^^

数々の写真、行かないものには、最高のお土産です^^
いいもの見せて頂きました^^ぺこり
ももこ
2012/06/27 09:40
ももちゃん〜コンチャ〜でおます。
この歌が流れてくると無性に旅に出たいと思いますね。
何が目的があってじゃなくても、何かの出会いを求めて。

今回の旅はこの花に出会いたくて、数年前から想いを募らせていましたがなかなか機会がなくて、今回やっと念願がかないました。
これもツアーだからいけるたびでして、自分の運転だったら道に迷ってしまうかも知れません。

ご主人は競馬場の全国制覇ですか。
それも目的があっていいじゃないですか。
せっかく北海道に行くんだから、函館名物の朝市や夜景を楽しんでください。

そろそろ夏競馬の始まる頃です。
函館や札幌、はては旭川のばんえい競馬にも足を延ばしてみたらどうでしょうか。
ただし同一期間に開催をしていないのが問題かも(笑)
風の旅人
2012/06/27 11:09
風の旅人さん:情報を有難う!

「大鹿村」って聞いて、原田芳雄さんの映画を思い出しました。
山深い所なのね?

来年の事を言うと「鬼」が笑うけど、機会が有ったら行ってみたいです。

個人で行くと道を探すのが大変ね?
去年「赤沢森林鉄道」のトロッコに乗りに行ったけど、道が狭くて曲がりくねって大変でした。
愛ちゃん
2013/10/31 16:49
愛ちゃん〜こんなに遠い所にようこそ(笑)

ここも長野県ですから、愛ちゃんが行ったところも近いかも。
中型バスに乗ってのツアーでしたので、乗用車なら十分いけるところですが、何分山深いところですから行く時は気を付けてください。
風の旅人
2013/10/31 18:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヒマラヤの青いケシの花に会いたくて No2 遠くへ行きたい 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる