心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 「若狭街道」の歌  歌い手さん募集\^o^/

<<   作成日時 : 2012/05/25 16:35   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

先日三の君さんからメッセージがありました。
「若狭街道」を私にも歌わせてとの依頼でした。



ブログをサーフしていてふと目に留まった記事
それは作曲家の鈴木孝雄さんのメロディーに、
ワテが作詞した「若狭街道」でした。


タカオ君の音楽エトセトラ


ブログで例の如く濁声でワテが歌っているのを可哀想に
思ったのでしょうか、歌ってみたいという。
勿論女性が歌った方が断然いいに決まっている。


この曲は鈴木孝雄さんが2007年11月に作曲されて、作詞を広く
呼びかけられたものを、ワテは恥も外聞も捨てて作詞をしました。

作詞をしたら歌ってみたいじゃありませんか。
そこで歌ってみたもののワテの声じゃアキマヘン。


その後ずっとお蔵入りをしていましたが、今回やっと三の君さんの
目に留まりました。


この歌を歌ってもいいでしょうかと鈴木孝雄さんに連絡したところ、
快く了解をしていただきました。
せっかくなので広く公開します。
皆さん歌ってみませんか?


イメージ画像はこちらをご覧ください。
http://kazeoyazi.at.webry.info/201001/article_28.html


「若狭街道」   作曲 鈴木孝雄
           作詞 風の旅人


小浜(おばま)の町から いく山越えて
たどりついたの 熊川(くまがわ)の宿
清き流れの前川(まえがわ)に
たたずむ女が一人泣く
そっと見つめたその先に
ベンガラ格子に火が灯る
あの人は 何処に行ったのか


この峠越えたら 朽木(くつき)の里よ
一人来たの  この町に
ブナの葉揺れる 鳥の声
耳にささやく 風の音(ね)も
今の私にむなしさが
あの人求めて今日も行く
安曇川(あどがわ)の流れに 身を任す


花背(はなせ)を越えよか 途中を行こうか
二つに分かれた峠道
ここを下れば京の町
大原の灯りが見えてくる
若狭街道 塩の道
あの人今も 元気だろうか
加茂川の流れよ 教えておくれ




若狭街道メロディー


こんなん聴きたくないと言われるかな
ワテの歌ですわ(^_^;)タラー
耳に栓でもしとってや




若狭街道  歌:風の旅人


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
昭和歌謡の雰囲気あふれた風さんの歌詞と、鈴木孝雄さんの曲に惹かれ、思わず歌ってもいいですか?と挙手をいたしました。
歌えば歌うほど、シンプルな中にふるさと慕情の情緒があふれ、味わい深く、とても魅力的だと思いました。
お仲間にも声をかけ、同じ歌をその人の持ち味で唄い味わう、そんな気分転換というか、うきうき刺激も楽しいでしょう。
言い出しっぺの私も「からおけ」お仲間のたくさんの参加をお待ちします。
で、わたくしにしては素直で、いささか神妙な面持ちで歌ってみました。
風さん、よろしくお願いします〜〜〜
三の君
2012/05/26 18:37
三の君さんこんばんは

早速歌っていただきありがとうございます。
今夜にでもアップして皆さんに紹介したいと思います。

普段カラオケを歌っている多くの人がこの曲を、積極的に歌ってみてほしいと思っています。他にも声をかけていただいた人もおられるようですし、どんな仕上がりを披露していただけるのか、すごく期待しています。

このブログを読んでいただいている方にも、ぜひチャレンジしてほしいなあと思っています。
風の旅人
2012/05/26 18:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「若狭街道」の歌  歌い手さん募集\^o^/ 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる