心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS オリビアを聴きながら・杏里

<<   作成日時 : 2012/03/26 00:40   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 10

オリビアって誰のこと?
そう思う人にお教えしましょう

英国人歌手のオリビア・ニュートン・ジョンの事です。
そって誰?って聞かれると困ってしまうけど、そういう人はこの歌をパスして結構(笑)

さて杏里の歌を初めて挑戦します。
昔からよく流れていた曲でして、多くの歌手さんたちもカバーしている。



画像



この歌は失恋歌なので自分と重ねてしまうのか、スナックでも女性客がよく歌っていた。
それでワテの耳にも自然と入って来ていたが、ようやく歌ってみることにします。

2番の後半にこんな歌詞が

夜更けの電話・・・あなたでしょう・・・
話すことなど何もない・・・
二度とかけてこないで・・・・・・

男と女の恋物語も終わってしまうとあっけないもの
男は引きずってしまうけど、女はあっさり忘れられるようだ。
あぁ・・・男はダメだなあ・・・


歌詞



オリビアを聴きながら   歌・杏里





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう
この歌懐かしいですね〜^^
色んな歌に挑戦していますね この歌も素敵です
2番の後半の歌詞・・
そうそう〜男の女の恋物語も終わってしまうとあっけないですね
でも・・・ 女はあっさり忘れられるようだって?
私は引きずってしまうかも〜〜〜〜〜(笑)
女は恋に弱いのよね〜〜〜 なんてね!^^うふ
みえ^^
2012/03/26 09:12
みえ^^さんコンチャでおます

なんでも屋でおますさかい、いろいろ挑戦しまっせ(笑)
二人の関係が終わってしまうとあっけないですね。
乗り替える人もいればそうでない人もいるでしょう。
きれいさっぱりと別れられるといいのだが、ストーカーまがいの行動に出られると怖いわなあ

えっ引きずるのでっか。
それは困ったこっちゃなあ(笑)
風の旅人
2012/03/26 17:20
こんばんは 「オリビアを聴きながら」という曲は好きで知って
いますが、オリビアがオリビア・ニュートン・ジョンのこととは
考えなかったです。物知りになりました。いかにいい加減に
聴いていたか・・・・
吹屋小学校のこと、全国に有名になりましたね。
私も行ったことがあり、授業中なので、外0から眺めただけでした。
うさこちゃん
2012/03/26 22:24
うさこちゃん今晩は
この歌もよく歌うんですか。
いい歌だけに女性の心を捉えるんでしょう。

吹屋小学校は全国ニュースです。
当日ニュースで知りました。
古い木造校舎を見てワテも卒業した小学校を思い出しました。
同じような作りでしたが、今では跡形もなく取り壊されています。
残しておいて欲しいと願っても、その時の町の偉いさんの考え方一つでどないでもなります。
今後解体修理して後世に伝わるようですので喜んでいます。
風の旅人
2012/03/26 23:31
もともと尾崎亜美の曲なんだけどなぁ〜
杏里で売れちゃったもんぁ〜
う〜ん、懐かしい

私は、スパッと切るタイプかしら笑
でも、あの歌詞の意味は
「思い出して 切なくなるから 忘れたい」
も含まれてるって思ってます。
多分、前向こうと必死なのよ。
女は強いから 笑

尾崎亜美の大ファンだった かっちゃ。の意見ですたマル
かっちゃ。
2012/03/27 05:20
かっちゃ。〜コンチャ
尾崎亜美の楽曲だったことも知っているでぇ。
彼女が資生堂のCMで歌ったマイ・ピュア・レディもいい歌だったなあ
この歌も練習しようかなと思ったけど、難しすぎて飽きられましたがな。

そうかそうか、亜美ちゃんのファンだったのか。
それは失礼さんでした(笑)
風の旅人
2012/03/27 13:13
風の旅人さん ちょこっとご無沙汰でした^^;

この歌好きですよ。
昔はよく歌ってました。
尾崎亜美ちゃんも好きで、どちらもよく聴いてました。

男性は引きずるってよく言いますね。
私は結構切り替え早いかもです。
燃えてた気持ちも、ある日突然冷める事もあります。

男女の仲も、女性同士の仲も、お互い惹きつけられる物が
無くなると駄目かもですね。

ももこ
2012/03/27 15:29
ももちゃんこんにちは
ホンマに何処に行っていたんやと言いたくなるほど、ご無沙汰でんなあ(笑)
たまには顔を見せてくれないと寂しいがな

男と女の物語。
色々あるパターンでしょうが、女から二度と電話しないでと言われると、男にはショックですがこれではっきりと諦められるきっかけになるでしょう。

どこでどう二人のすれ違いが始まったのか、それをただす道もないとなっては、きれいさっぱり別れるでしょう。
実生活の中でもこれに近い別れは結構あります。
覆水盆に戻らず
決別する瞬間でしょう。
風の旅人
2012/03/27 15:37
まさに女性の歌は失恋の歌で歌の真価が問われ、世の女性たちの関心が集まる。
好きなのに、届かない。気持ちがすれ違う。
この世の不幸を一身に背負い、女性は泣きに泣くのです。
大いに泣け!泣いて泣いてお腹がすくほど泣いて、ストレスは胡散霧消するのです。
そしてなにやらすっきりして、まだうずいてはいるけれど、小さくなった傷にバンドエード。
そしてまた顔を上げて、新しい自分に挨拶するんです・・・なんちゃって!
せつなさより、明る気味の風さんの歌に、失恋引きずらないコメントを!
じっくり派♪
2012/03/30 13:34
じっくり派♪さんコンチャ〜
これまで別れ歌を色々歌ってきましたが、別れ方にも色々ありますね。
この歌は自立していこうとする女性を歌っており、ウジウジしたところがないので好感が持てますね。

泣き疲れて眠るまでと河島英五の世界では語っていますが、泣いて忘れられたらいいですね
風の旅人
2012/03/30 17:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オリビアを聴きながら・杏里 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる