心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 原発ゼロの会大阪集会には8000人も集まった。

<<   作成日時 : 2012/03/11 23:07   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 8

午前中は商店街の一角で、毎月恒例にしている東日本大震災の義援金を集めました。
今日は1万6千円ほど寄せられています。



画像



午後からは扇町公園で開かれた、原発ゼロの会主催の大阪集会に夫婦で出かけました。
会場に着くとすごい人の数。

画像



集会では地震が起きた時間に合わせて黙とうしました。


画像



昨年の3.11に起きた大地震と大津波、その後起きた東電福島原発の爆発により、周辺20km圏の人たちは住むこともできず、未だに故郷にも帰れない。

原発事故さえ起きなかったら、こんな状況にはならなかっただろう。
原発は安全だ安全だと神話を振りまいてきた政府。
事故が起きても解決の糸口さえ見つからない。


それでもストレステストなるものをやって、福井県の大飯原発では再稼働をしようと躍起になっている。
果たして安全が確保されたのでしょうか。

決して安全は確保されてなく、原発事故の終息さえも見えない。
3年5年先に解決するものではなく、100年1000年万年、いやもっと100万年先まで被害が続くだろう。


自分が生きているのはあと何年だろうが、未来の人たちにつけを残していいものか。
これこそ将来に禍根を残さないものであってほしい。


原発を日本から完全に撤去してもらいたい、自然エネルギーを中心とした対策を進めようではないか。

政府は被災者の方に対し、しっかりした方向性を出してほしい。
東電はすべての被害者の方々に対し、きちんとした保障問題に取り組むべきだ。
集会に参加した福島県から来た代表の方も言っておられました。
誤魔化してなんとは安く抑えようとしている。

これでは解決の糸口さえ見つからない。



画像



原発なくせ
この声が国民の間に広く広がってくれると、政府を動かすことになります。
原発はいりません。
このことを今日は強く感じました。


集会から帰る途中で新聞を配っていました。
号外かなと思いましたが、どうも違う感じでした。


一部貰うと東北3県にある地方新聞の共同記事でした。


画像



岩手県の岩手日報


画像




宮城県の河北新報


画像



福島県の福島民報


画像




福島県の福島民友



画像



この4社が共同で発行した記念紙です。
震災翌日の1面が刷ってありました。


あの日東北を襲った大震災と大津波で、新聞各社は大きな被害を受けています。
本社の印刷機械は電気が来ないために、新聞が発行出来ない事態に陥っています。


こんな大きな災害の時は、新聞は大きな情報を与えてくれます。
しかし電気が通じないのでテレビもダメ、電話もダメ、もちろん携帯もダメ。


被災地こそが情報を待っておられます。
その被災地は町は壊滅、死傷者多数、ライフラインの寸断で、まさにどうなっているか誰もわからない。
東京や大阪から発信される情報は、被災地では全く見られないわけです。


画像




現地の新聞社やテレビ局も通信回線もつながらず、支局や通信局といった取材記者の安否もわからない状態ですから、記事そのものが入ってこない事態に陥っていました。

そうした中で翌日の紙面をなんとかして作らなければならない。
確認の取れた記者が本社に原稿を届けてくるわけですが、その紙面を飾るには自社で印刷が出来ません。


画像



そういうときのために新聞社同士が協定を結んで、他県で刷ってもらって届けてもらうしかない。
道路は寸断しているし、大渋滞は起きているなかで、読者に紙面を届けようと皆さん頑張ったのが、ここに掲載されている紙面です。


画像



阪神大震災の時でも、神戸新聞の社屋がやられ、翌日の紙面は京都新聞が刷っています。
刷りあがったものは4ページとか、8ページしかできなかったと思います。
それでもこの紙面を見ていると、彼らの苦労が目に浮かびます。


もう一つはその後の東北3県の記事です。
合わせてお読みいただけたら嬉しい限りです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。風さんは昨年は被災地に行かれていろいろなことを
されましたね。いつも人の世話をされて頭が下がります。
そちらの集会は大勢の方が集まっていますね。
私は10日にメッセージを書いてキャンドルにあかりをともす
イベントに行きました。
うさこちゃん
2012/03/12 08:35
うさこちゃんこんにちは。

1周年に現地に入りたかったのですが、一緒に行くメンバーを募ったのですが、残念ながら行く人がいませんでした。
同じ幾なら多人数の方が割安になるし、受け入れ態勢側としても喜ばれます。
雪が溶ける頃に行きたいなあと思っていますが、人が集まるかなと言うところです。

岡山でもキャンドルライトをやったんだね。
何か出来ることをみんなで作り上げる、イベントをするって力がいりますが、多くの人の協力で出来るとうれしいですね。被災された人たちに温かいエールを送ることは大事ですね。
風の旅人
2012/03/12 17:27
先日の震災一年目の放送で、前向きに進んでおられる方々、まだまだ復興していない各地の方々、どちらの人々のお話を聞いても涙があふれてきます。

風さんがずーと被災地や被災地の方々に寄り添って一年を過ごして来られた事は素晴らしいですね。
私も、少しづつですがお手伝いできることをさせて頂き、そして、決して忘れないで生きて行きたいと思います。
mugen
2012/03/13 13:54
mugenさんコンチャ〜
震災1周年特集をテレビで見てましたが、悲しい出来事から立ち直るには時間もかかります。
みなさん前に進むしかないわけですが、なかなかそうはいかない現実もあります。

この一年間ワテなりに出来ることをやってきましたが、大阪という地方都市から見ると風化しているのかなと思うことも多々ありますが、こうして集会に参加してみると同じ思いの人がこんなにも集まってきます。
こうした一人ひとりの力が励ましになりますね。
風の旅人
2012/03/13 14:58
一年が過ぎてもごみ処理も住居も道路さえも、ちっとも復興が進んでない。
神戸は一年後にはほとんど新しい形で出発したことを思うと、不本意さが募ります。
多くの犠牲を決して無駄にしない。
地震国日本はこれからも地震がある。
だから自然に逆らうこと無く、寄り添った街づくりを!
じっくり派♪
2012/03/13 19:43
じっくり派♪さん今晩は

故郷が元に戻るまでには相当時間がかかりますが、まず住むところや働ける環境づくりを急がねばなりません。
しかし福島原発周辺では放射能汚染で住むこともできず、やりきれない怒りが渦巻いています。
政府の対応の悪さ、東電の無責任さには本当に腹が立ちます。

自然エネルギーを重視したエネルギー対策は、未来への安全対策にはなくてはならない政策だと思う。
環境破壊なんか絶対やってはならない。
地震国だけに余計感じますね。


風の旅人
2012/03/13 22:37
風丼♪いつもたくさんお疲れ様でございます。
ボランティア 集会への参加 こうしてたくさんの事を記事にしての報告
本当にありがたいことです

テレビを見てるだけで何もしてない 何もできない私ですが。
復興して漁師さんたち漁を始めても 売れるかどうか心配だ。。。。。
仮設住宅にしてもあと一年くらいで出なくていけない でも行くとこない。。。
原発事故の周辺の住民の仕事のこと生活する場所のこと・・・・
胸が痛む映像ばかりでつらいですね
あじ丼
紫陽花
2012/03/14 14:08
あじ丼〜コンチャでおます。
原発をなくしたい強い思いが、大阪では8000人もの人が詰まるほど大きな集会になりました。
福島原発が故郷を奪ってしまった悲しみを、日本全国で共有したいと思う人たちの集まりです。

福井原発は15基も原発があります。
同じような事故が起きたら、琵琶湖を水源としている人たちは、一夜にして飲む水がなくなります。
そんな危険な原発はいりません。

今回のような事故はいつどこで起きてもおかしくない。
危険な原発をなくして、自然エネルギーに切り替えてこそ、将来の安心も生まれます。

福島の人たちの思いをしっかり受け取って、これからの取り組みを強めていきたいと思っています。

風の旅人
2012/03/14 21:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
原発ゼロの会大阪集会には8000人も集まった。 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる