心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日は何の日・40回目の同棲記念日・花嫁

<<   作成日時 : 2011/09/17 23:51   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 12

恥ずかしながらそう言うことでへねん
40年前のこの日に大阪空港に行きましたがな
そこには鞄一つ持った彼女がいた
それから今日までよう持ちましたわ\^o^/


画像



あの頃流行った歌が「同棲時代」
大信田礼子だったかな?歌っていたのは。
同じタイトルの漫画もあった


殺伐とした時代でもあったのか、「同棲」という言葉が刺激だった。
その頃凄く真っ直ぐな男だったので、この意味することに嫌悪感さえ持っていたが、気がついたときは自分が実践していることにビックリ。


画像



一緒になって2ヶ月後には式を挙げるわけだが、一応同棲から始まった二人でした。
1年もすれば子供も生まれて、青春時代は子育て時代へ突入。

直ぐに保育所問題が勃発。
当時は第二次ベビーブームだけに、保育所の数が足りない。
我が地域でも保育所が欲しいと、若い親たちが立ちあがった。


ポストの数ほど保育所を
この要求が全国に広がっていった。


二人目も生まれやがて学校に行く頃になると、35人学級の要求が出てきた。
1クラス50人でまさに詰め込み教育。

これでは教える先生も大変だが、教えて貰う子供達も大変です。
子供の数を少なくして、落ちこぼれのない子供が出ないように、密度のある教育をして欲しいとの要求も出た。


高校入試の時代に入ると、公立高校の数が足りない。
私学に通わせたら親の負担が増える、安心して通学できる公立高校の建設をとの要求が出てきた。
その度に妻はみんなと一緒に行政との交渉に参加した。


とまあこの間の出来事をダイジェストで書きましたが、ワテは後ろで支えるだけ。
自分の仕事もあるので、地域での取り組みは手助け程度でしたが、この40年間は二人で歩いてきた道でもあった。

こうした話はブログではほとんど書いていないけれど、その気で書けばそれなりの長さを必要とするだろう。


夫としてずっと彼女を見つめてきたが、自分の好きな道を互いに歩めたことは、互いの協力が合ってこそだと思っている。

二人とも60才を超えたけど、とりあえずは二人とも元気だけに、それが何よりです。

今日は惚気かな
すまんのう
スルーしてもかまへんけど、今頃スルーは出来ないわなあ
その気があれば足跡でも残しておいてや。

歌詞




花嫁  歌:はしだのりひことクライマックス
 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます〜
素敵なご夫婦ですね!風さんがドカンと構えていらっしゃるから
奥様も、多方面に活動なされたんでしょうね。
我が家は25周年、お互い元気で、好きな事を続けています。
お互い至らない所をを補って、人生丸く収めていますわぁ〜。
人生振り返るのもたまには良いですねヽ(^o^)丿
sayuri
2011/09/18 09:17
おはようございます!風さん^^

イヤイヤ〜こういうお話はスルーどころか、
一番興味のあることです^^
へぇ〜風さんが同棲とは?
ススんでるというか、おマセ?というか〜〜(笑
私だったら確実に勘当でした!
我が家も来年で結婚40年ですから、
同じ頃の結婚でしたね^^
振り返る暇もなくアッという間の40年でしたが
現在お互い健康でいられることに
一番感謝ですね^^
どうぞ、いつまでも仲良くお元気でいてください^^
今朝はいいお話と歌で幸せ気分です♪
yun
2011/09/18 10:11
sayuriさんのところは今年で25年ですか。
四半世紀を振り返ってどうですか。
二人三脚で歩いてこられて、どちらかが欠けることなく今日までの日々。
妻として大いに言いたいこともあるでしょうが、それを言っちゃったらおしまい、時には我慢することもあったのではと推察します。

なによりも健康が第一ですね。
それに感謝せねばならないでしょう。
これからも箏の道にお励み下さい。
いつか又演奏会を聞かせて貰います。

風の旅人
2011/09/18 15:39
yunさんのお宅は来年が40周年。
どこかに行く計画でもありますか?

我が家も40周年どこかに行こうかと話がでますが、夫婦ともまとまって休みがあるわけがなく、どちらかが何かの用事が入ったりして、計画はいつも頓挫してしまう。

昨日もどこかに出かけようかと思った矢先、知人がお亡くなりになって、仮通夜から通夜、そして今日はお葬式と3連チャンで吹っ飛んでしまいました。
またワテらの人生こんなもんですわ。

こうして今まで頑張ってこられたのも、何と言っても健康であったことが一番ですわ。
それが妻を支えてこれた大きな力じゃないかなあ

一緒になったあの頃って、同棲なんて聞くだけで不潔と思っていた時代です。yunさんが親に感動されると言う話も納得できます。
きちんと結婚して始めて二人でクラス時代ですから、ワテもませてはいなかったが成り行きですわ(笑)

yunさんのご主人もまだ現役ですから、二人で頑張ってください。
風の旅人
2011/09/18 15:52
うちは31年、ちょこっと後輩です。
偶然(?)9月17日は旦那の誕生日です。
旦那の誕生日にきっとこの記事を思い出すと思います。

ちなみに18日は息子の誕生日。
旦那はもう1日早く産まれたら・・・と言ってました。
早朝4時ごろですからあと数時間だったんですけどね。

息子は「別に親父と同じでなくてもいい」と言っておりますが(笑)
キウイ
2011/09/18 16:47
キウイさん今晩は
31年目だったらまだまだ若いなあ
羨ましい\^o^/

息子さんにとっては自分の誕生日は自分のもの。
親の結婚式と一緒にくっつけんでくれと言いたいやろ。
親にとっては息子の誕生日と一緒の方が嬉しいでしょうが、息子さんには迷惑この上もない(笑)
息子さんは息子さん、しっかり祝ってあげなはれ。

この日は旦那の誕生日でっか。
来年にはワテも忘れているやろなあ(爆)
風の旅人
2011/09/18 22:31
まさに、この歌の通りのイメージですね。
沖縄と言えば、当時はまだアメリカの占領下。
そこから、本土の大阪まで彼の後を追って、鞄一つ持って
家を出てきた彼女には、相当な決心がいったことでしょう。
男と女、誰にでも青春があり、それぞれの歴史を育みながら
何十年という積み重ねがあって、現在があるんですね。
まぁ、お互い年を取りましたが、これからも仲良くやりましょう。
主人の後ろ姿を見ながら、そう思いました。
ともっぺ
2011/09/19 11:05
ともっぺさん〜コンチャ〜
復帰の前年だったのでパスポート持参です。
日本人でありながら日本人でない、琉球住民でした。

歌では夜汽車に乗ってですが、現実は飛行機に乗ってだから、ロマンチックではないなあ(笑)

沖縄を旅した男と出会ったのが運の尽き
彼女はそう思っているんじゃないかなあ(笑)
人の出会いの面白さを感じます。

ともっぺさんのところもいつもご一緒に撮影旅行。
いつも羨ましく思っています。
お互いに元気であったればこそ出来ること。
いたわり合ってこれからも仲良くしてください。
風の旅人
2011/09/19 11:53
アレッ?コメントしたのに消えている…何で?

もう一度書いちゃおうっと♪

同棲を始めた日を覚えているというのは、風さんにとって、とっても大事なそして嬉しい日だったんでしょうね。
40年ですか…私たちはあと10数年。風さんたちのように、仲良くやっていきたいと思います。
人生って、幾つもの偶然と縁の積み重ねなんだなぁ…としみじみ思いながら読みました。
マミー
2011/09/21 23:33
マミーさん今晩は
17日はマミーさんご家族にとっては記念すべき日、娘さんのご結婚おめでとうございます。
同じ9月17日はワテにとっても記念すべき日でした。
その日始めて沖縄から大阪に彼女がやってきた日、結婚式は2ヶ月後でしたが何となくセレモニーみたいなものでした。
我が家には二つの記念日がありますが、夫婦にとっては9月17日がもっとも大切にしたい日です。

人生共白髪までと言いますが、同じ道を一緒に歩んでこられたことが良かったのでしょう。
若い二人の行く末はマミーさんと一緒、大いに遊んで大いに食べて、そして愛する二人の子供が出来たらいいですね。
来年のこの日に孫が出来ていたらいいですね。
風の旅人
2011/09/21 23:42
☆ ☆プリンスホテルの一室にて☆ ☆
二人きりの一室です

奥様が椅子に座っております

風丼♪はマイクを持って♪花嫁を歌い出しました


いつにも増してまぁなんと\(*^∇^*)/風丼♪は艶やかなお声で唄ってらっしゃるのでしょう♪
ほんっとに歌声が艶やかのびやか〜
さすがに同棲記念日の 記念の歌ですね☆ぴったりですね感動いたしました

☆この歌は風丼♪奥様のためにあったのですねっ
うんうん

感動の一場面を見ました ありがとうです

40回目の同棲記念日おめでとうございます

ほい あじ丼
紫陽花
2011/09/22 14:55
あじ丼〜今日は
この歌が流れてきたとき、ピッタリの曲やと思いましたで。
違うのは夜汽車だけ。
何も知らない都会へ旅立つとき、不安で一杯だったかも知れません。
それでも思い切ってやってきました。

あれから40年もの間、何かと苦労はあったと思いますが、この日を迎えています。
結婚式より大事にしたい日、二人にとってはこの日が記念日です。
風の旅人
2011/09/22 17:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今日は何の日・40回目の同棲記念日・花嫁 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる