心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日は震災5ヶ月目・村祭り

<<   作成日時 : 2011/08/11 23:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 20

今日は震災5ヶ月目に当たります。
東北各地では地震が起きた時刻に、黙祷を捧げました。


画像



福島第一原発の近くにお住まいの方は、原発の事故で住む家を追い出され、日本全国に疎開されています。
子供達は安心して外で遊べない状況にあります。

いくつかの市町村では福島の子供達を招いて、つかの間の体験ではあるけれど、自由に遊べるようにしておられます。

我が町でも毎月11日は震災を考える日として、同じ思いの人たちが駅頭に集まって、脱原発の署名を集めたり、震災カンパの呼びかけをしました。


画像



地元の駅頭で訴えていても、何故か無関心の人が多すぎる。
福島の放射能汚染のニュースは知っているはずなのに、自分のこととして受け取っていない。
子供ずれの若いお母さんも、放射能汚染について全く無関心を装っている。
なぜなんだろう


画像



大阪の空気は少なくとも安心です。
でも福井原発でもし事故が起きたら、琵琶湖の水が汚染されたら、京阪神1800万人の命の水が飲めなくなったら、一体どうなるのか。
そこまで考えなくても良いというかも知れないが、想定外のことが今回起きているわけだから、現実問題として考えたら恐ろしいことになる。

500klのペットボトルを1本買ってきて、それで今夜のご飯が炊けますか?
一体何本用意できますか?
風呂は?トイレは?
全て水が必要です。

汚染された水が水道栓をひねったら出てくるのかどうか、それも疑問です。
もし仮に出てきたとすればトイレの水は解消するでしょうが、生活用水としてはまず使えないでしょう。

市場に出回っているペットボトルはいったい何日分あるのか、直ぐ底をつくのは目に見えています。なんせ1800万人分の水が毎日必要だから。


画像



福島第一原発では「あり得ない」と言われていたことが今回起きました。
汚染された水の処理もほとんど手つかず状態。
炉のウランを取り出すことも不可能な状態。
あれもこれも後回しで、何が安全だというのでしょう。

北海道の泊原発も地元の反対で国と意見が割れている。
安心して暮らせる社会、これを目指すには脱原発しかない。
今すぐにとは言いません。
計画的に減らして、将来はクリーンエネルギーに向かうべきでしょう。
そのためには少々の不便は仕方がない。
何もかも便利すぎる社会って、矢っ張りこう言うときは弱いなあ


夕方被災地の自治体では花火を上げています。
その中に不死鳥があります。

先週末に隣の市で花火がありました。
パソコン教室の生徒さんに見に来ないかと奨められて見てきました。
その時撮った写真です。
花火の撮影は始めてだけにうまく撮れなかった。



もしかしてこれかな?
蝶々にも見えますが、不死鳥ではないかな


画像



他にもキティちゃんもありました。


画像





村祭り  唱歌

この歌のように各地で村祭りが復活することを願っています。
今宵の花火も人々に明日への希望が見いだせたようで、素晴らし取り組みになりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた
かわいい

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございまァ〜す。
残暑お見舞い申し上げます。
「震災支援カンパと原発廃絶の署名」活動、お疲れ様でした。
そうですか・・・。感心が無い人が多いですか・・・。
やっぱり、「東北で起きた事」なんでしょうかね・・・。
若いお母さんには、いろんな事をもっと知ってもらいたいですね。
東海、東南海地震が、もしも今回のような大地震なら福井原発も影響を受けますか?
恐いけれど「もしも」の場合も頭の片隅においておく必要がありますね。
今朝も福島沖で地震がありました。仙台は震度4です。
まだまだ余震は続いています。
さてさて、花火ですが、ちゃんと「不死鳥」に見えます(^^)
キティーちゃんもかわいいです(^^)
詩音連音
2011/08/12 06:58
風さん・・(*^o^*)ノおはようございます~♪ 

月日の経つのって・・
本当に早いけど 苦しい日々は
長〜〜〜いですよね?
早く平穏な生活に戻れる事を願うばかりです!
♪のこ♪
2011/08/12 07:45
おはようございます。
震災からもう五ヶ月も経つんですね。
月日が過ぎるのは早いですね。
でも復興もまだまだみたいですし原子力も・・
遠く離れたところにいてもそういう痛みがあることをを忘れずにいたいと思います。

花火、きれいですね!キティちゃん花火、かわいい。。^^
はこふぐ
2011/08/12 08:47
詩音連音さんおはようさん。
東北と関西では温度差が随分あります。
自分のこととして考えられないのでしょう。

東南海地震などが起きたとき、大きな被害が出るでしょう。
その時はその時と思っているのとチャイますか?
石油危機の折りにトイレットペーパーが店頭からなくなったとき、慌てふためいたのは関西のおばちゃんとチャウかなあ(笑)
琵琶湖の水が汚染されたら、トイレットパーパーとは分けが違います。
パニックどころじゃないで

福井地震は1948年に起きています。
都市型内陸地震でした。
もし仮に海底だったらどうなるか、津波の発生が起きるでしょう。
残念ながら福井の原発14基の中には、防潮堤が1,5mしかないところがあります。
10mを越す津波とは言いません。
3mの津波でも原発は守れない。
こんなお粗末な防御態勢で、何が安全だと言えるでしょう。

不死鳥に見えましたか\^o^/
無理矢理見せた感じもしないでもないなあ(笑)

風の旅人
2011/08/12 08:55
のこさんおはようさんです。

遠くに住んでいるともうそんなになるのかと思ってしまいますが、被害に遭われた方にとっては大変な苦労の中、毎日が精神的な苦痛も含めて大変だっただろうと推察します。

被害は広範囲にわたっており、今後も終息の目処は立っていません。
何時家に戻れるかも分からない不安、これは当事者じゃないと分からないかも。
故郷を捨て他国へ移ることは本当に苦痛と寂しさを覚えるでしょう。
せめて気持ちだけでも応援したいし、自分が出来る範囲でこれからも応援したいと思っています。
風の旅人
2011/08/12 09:02
はこふぐさんおはようさん。
震災から5ヶ月、現地では少しずつ復興へ進みつつありますが、原発に関しては全然前に進んでいません。
原発に頼らないクリーンエネルギーへの転換は、日本は率先してやるべきでしょう。

そのためには国民が原発ノーの声を集めなければならない。
誰かがしてくれるんじゃなく、一人一人が声を出していかないと、大きな力にはなりません。

地方の花火ですから余り綺麗じゃありませんが、それでも十分楽しめました。
風の旅人
2011/08/12 09:06
風さん、お返事はやっ!ぺこり。

「福井原発」でクリックしたら最初に出たページです。

http://nihonist.com/archives/893

これを見てまたまたビックリです。
詩音連音@再び登場
2011/08/12 11:05
詩音連音さんの再登場に嬉しいなあ
ブログのコメントは一回限りじゃなく、何度も往復した方が楽しいと思いませんか。疑問や質問があると論議が深まります。

さて福井原発ですね。
HPでも書いているように浜岡原発から200Km圏にある関西は、十分被害が想定されます。
福井県にある敦賀原発から琵琶湖まで30Kmほど。
同じく高浜原発から我が家までは88Kmの至近距離です。
これで安心と言ってられますか?
この街に住む人たちも必要以上に心配はしなくてもいいけど、もし原発事故があった時にはすでに遅いと言うことを知って欲しいと思っています。
風の旅人
2011/08/12 11:22
風さん、はやっ(^^)
いいねいいねェ〜(^^)
ワタシもそう思います。

福井県や滋賀県はどこにあるの?と地図を広げるワタシです(^^;)
高浜原発から88Kmという事は、仙台市内から米沢市内に行く距離ぐらいかな・・・?
そうですね。あおる必要は無いけれど、こういう原発という爆弾?を抱えてるんだと認識するべきですね。
宮城県の女川原発は高台に作られているから、津波の影響は受けなかったと聞いています。でも、先のHPではどえりゃ〜事が書いてありましたね。
ワタシもまだまだ勉強不足です。
詩音連音@me too
2011/08/12 12:15
コメントが書き込まれたら、忙しくないときだったら直ぐに返事を書きます。
今回はたまたま起きたときに開いて、ご飯を食べて開いたらまたまたコメントがあった。
今回は午後の一時それなりに用事を済ませて、やっと家に帰ってきたところです。
普通ならコメント確認するだけですが、入っていれば直ぐに対応します。

滋賀と福井の位置関係?
東北から見ればそんなもんですね。
なにかあると地図を見ることは凄く大事です。

仙台と米沢くらいですか。
そちらの方がもっと近いように感じますが(笑)

どのくらい離れていれば安全なのか、日本列島は細長い島国。
その中に原発がウジャウジャあるわけで、何かことあれば日本は住めなくなります。逃げ場のない日本に原発は入りまへんなあ
風の旅人
2011/08/12 14:59
作家村上春樹さんが、スペイン・カタールニャ国際賞を授賞され、
その受賞スピーチの全文が9日に新聞で紹介されていました。
福島第一原発事故は、日本にとって原爆の惨禍に次ぐ「2度目の
大きな核の被害」である。今回は日本人自身がそのお膳立てをし、
自らの手で過ちを犯し、我々自身の国土を損ない、我々自身の
生活を破壊しているものです。
「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませんから」
我々日本人は核に対する「ノー」を叫び続けるべきだった。(抜粋)

全文を読んで、本当に感銘を受けました。心が震えました。
ともっぺ
2011/08/12 19:02
ともっぺさん今晩は
ワテもブログを通じて平和へのメッセージを発信していますが、村上さんのようなノーベル文学賞にノミネートされるような人が発言すると、全然重みが違います。

核に対しては日本人は世界中に訴える事が出来るはずなのに、この国の政治家は全然メッセージを発しないのは本当に残念なことです。

これからも一市民として平和についてメッセージを発していきたいと思っています。
風の旅人
2011/08/12 21:08
こんにちわ 花火の写真を楽しく見せてもらいました。
私はまだ花火の写真は写したことがないのですが、
自分ではとてもこんなにきれいには写せれないと思います。
とてもきれいです。
うさこちゃん
URL
2011/08/13 13:39
うさこちゃん今晩は
花火を見に行って写真を撮るのは初めてです。
旅先で花火があっても、三脚を持っているわけでもないし、手持ちで撮るわけでどうしてもブレますね。
今回は花火を最初から撮る予定で出かけましたから、気持ちに余裕がありましたから、その違いが出ています。

花火というのはパッと開いて始めて、どんな花火か分かります。
事前に花火の種類は予測は出来ませんので、カメラは常に被写体に向けておきます。

ヒュルヒュルと上がっていく段階でピンとを合わせにいき、開いた瞬間から消えるまでの間にシャッターを押すわけですが、押すタイミングですね。
一個の花火でも2回ぐらいシャッターを切ることもあるし、条件が合えば連写も面白いでしょう。
目は常にファインダーを覗いているので、シャッターは切りまくりですわ。

不死鳥?のように開いた角度がよいと不死鳥らしく見えますが、見る方向から開く角度が悪いと何の花火か分かりません。
カメラのレンズの焦点距離(花火がカメラのフレームに修まる距離)も大事ですから、何度も通えばどのレンズを使用するかも変わってきます。
コンデジの望遠を使ってもいいのですが、見る場所によりますね。

こうして偉そうに書いていますが、もっといい写真が撮れんもんかと悔やんでいます。
風の旅人
2011/08/13 23:26
またまた旅人さんの心温まる歌を聴き、花火のお写真を見れば、気持ちも前向きになりますね。
便利になってしまった日本は、これからの事が不安でたまりませんが乗り越えて行かなければならない、一人一人の課題ですよね。
素敵な歌をありがとう〜〜〜!
ゆりこ
2011/08/14 14:39
ゆりちゃんコンチャ〜
震災から復興に向けて立ちあがろうと、各地で花火や精霊流しなどが行われています。昔の風景は元に戻らないけれど、自分たちの町をもう一度元に戻そうと頑張っておられます。
少しだけでもお手伝いが出来たらと思って、この歌を歌ってみました。
応援歌としてこれからも歌っていきたいチョ思っています。
風の旅人
2011/08/14 16:31
お久し振りです
震災や原発事故の受け止め方って
東京から北・・と西ではやはり少し温度差があるように感じます。
福島から離れているから大丈夫・・と言われていた東京も
最近では様々な放射能汚染が実際に
身近にあることが次々と報告されて
若いお母さん達の心配はつきません。
いつもと変わりない緑の山、青い空、季節の花・・
家が壊れてしまったわけでもなく
風景や景色だけはのどかなのに
目に見えない放射能に汚染されて
触れない、近づけない、帰れないなんて
その街を愛し生活を営んできた方々の悲しさや悔しさは
どんなに大きいことでしょう。
花火やお祭りなどなど
日常の中にちりばめられていた行事を
今年も・・来年も・・これからもず〜〜っと
と待望むことのできる
そんな日本でありますように。

キティちゃん花火
カワイイですね〜〜
一瞬で消えてしまう花火を
こんなにはっきり写せるなんて
凄いです〜〜!!
てんちゃん
2011/08/14 23:41
ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう
歌のように心も元気に前向きにひとりひとりが立ち直ってくれますように
花火綺麗ですね〜^^
この歌きくだけで 心が明るくなって明日に向かって頑張れそう〜〜
心の応援歌いいですね〜✿(。◠‿◠。)✿ニコ
みえ^^
2011/08/15 07:49
てんちゃん〜おはとうさん。
関東在住者の中には多くの東北出身者が住んでおられ、さぞかし心配のことと思います。
姿や形として見えない放射能に対しては、敏感に反応してしまいますね。
特に小さな子供さんがいる家庭では、ことのほか心配だでしょう。

何時終息するのかも分からず、この先のことも考えると子供を持つ親には不安でたまらないでしょう。
安心して暮らせる日が早く来ることを祈らずにはおられません。

花火は一瞬の勝負です
花火が開くまで何が上がるのかは予測も出来ません。
カメラのファインダーを覗き続けて、指はいつでもシャッターを切れるようにしています。
花火を楽しむと言うより、花火を綺麗に撮るのが先ですから、横にいる人とおしゃべりとか、缶ビール片手に飲むなんて事は出来ません
苦労してまんねんで(笑)
風の旅人
2011/08/15 08:43
みえ^^さん〜おはようさんどす。
震災で全てをなくしてしまっても、復興を願う若者が立ちあがっています。
各地で色々な催しものがありますが、町衆の気持ちは一つになっているのが嬉しいですね。

祭りは故郷の気持ちを一つにします。
おらが村の祭りが一番だ、そう思っている人がどこにでもいます。
その力を結集すれば、復興は確実に前に進むでしょう。
応援歌として歌ってみました。
風の旅人
2011/08/15 08:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今日は震災5ヶ月目・村祭り 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる