心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 氷の芸術・樹氷・凍て鶴

<<   作成日時 : 2011/01/10 00:43   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 26

それは突然現れました。
メタセコイヤの撮影を切り上げたのはそろそろお昼時。
敦賀(福井県)に美味しい蕎麦を食べさせてくれる店があるの行くことに。
Nさん家族は敦賀に来るとこの店で蕎麦を食べるという。

国道161号を一路敦賀へ
いくつかの峠を越え、車窓から何気なく外を見ていたら白く光るものがある。
あれは何だ?
よく見ると氷の花みたい。


車を止めて欲しいけれど、運転している娘さんはこんな狭い国道では止めてくれない。
あっすごく綺麗、何とかして止めてくれないかなあ


しかし食い気が勝っているだけに、とりあえずは敦賀で蕎麦を食べよう。
帰りにもう一度同じ所を通ろうか。
しかし止める場所もあまりなかったしなあ(゚_゚i)タラー


敦賀のそば屋に到着。
やっと食事が出来る。

10割蕎麦を注文
蕎麦と言えば信州や東北が有名。
福井で蕎麦?と余り期待してなかったが、食べてみるとこれがなかなか良い味。

Nさんと昼間から酒を注文して飲めるなんて、今日は運転手さんがいるからお任せできる。
これは非常に有り難い。
本格的な蕎麦だったし、最後に蕎麦つゆが出てきたのにも感心した。

関西ではまず蕎麦つゆは出ませんが、関東で食べると必ず出てきます。
これが結構好きで、楽しみにしています。
お腹も満足してほろ酔い気分で次なる目的地へ。


敦賀の名物、海産物が一堂に集まっているお魚屋さんへ。
ここで家の土産を買うことに。
あれこれ値段交渉すると、確実に負けてくれる。
そこで今夜のおかずを買いました。


国道沿いで見た氷の花を見に行くことに。
気温が上がれば融けてしまう恐れもあるので、ノンビリしていられない。
外の気温は2時頃で0度くらい。
これなら融けていないだろう。


画像




車をどうにか置ける場所を見つけて、そこからカメラマンの二人は歩くことに。
大型の貨物が通るとすれすれを通過する。
危なくて立っているのもやっと。


画像




そんな中で氷の花というか、とりあえず撮影開始
こういうのは樹氷?霧氷?さて何でしょうか。
ネットで調べるとこんな結果が。


画像



霧氷・・・水蒸気や霧が氷点下に冷やされ、樹皮などに凍りついたもの。
     生成条件によって樹霜(じゅそう)・樹氷・粗氷などがある。

樹氷・・・霧氷の一種。過冷却した微小な水滴が木の枝などについて
     直ちに凍ってできた白色のもろい氷。木に氷の花が咲いたようになり美しい。


画像



画像



と言うことはよく似たもので、余り気にする必要もないか。
しかし樹氷で有名な蔵王のモンスターとは全然違う。


画像



画像



峠全体でこの樹氷があるのかというとそうでもない。
気象条件が揃わないと出来ないようだ。


画像



とにかく大型車が通ると危なくて、熱心に撮影しているNさんに無理矢理切り上げてもらい、次なる撮影場所へ移動。
しかししばらく行くと先ほどとは一寸違う樹氷を発見。
またまた車を止めて貰い撮影開始。


画像



もう撮影に必死。
脇目もふらず撮影しているNさん
ギリギリに大型車が通るので、安全管理もせにゃならん(笑)


画像



画像



やっと切り上げて貰い、次の撮影地である余呉湖へ。
余呉湖の周囲は賤ヶ岳
今日から始まった大河ドラマの主人公、江(ごう)の物語はここで始まる。
直ぐ近くに浅井長政の小谷城があり、向かいに見える山で賤ヶ岳の合戦が行われている。


画像



この湖でも羽衣伝説がありますが、羽衣の話は全国にあっておもしろい。

賤ヶ岳の合戦の看板です。


画像



3代将軍家光の母として江は天下を取りますが、長女の茶々と最後は闘う羽目になるわけで、それぞれが数奇な運命に翻弄されます。





凍て鶴   歌: 五木ひろし


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
面白い

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
「雪の華」ってよくいいますが、東北のそれともまた違うような・・・。
雪質が違うのでしょうね。
ツララが木にぶら下がっているのは、近くに小さな滝みたいなものはありませんでしたか?水しぶきで、水が凍ってこのようになります。
これに太陽の光があたると、滴が七色に光り、キラキラしてとっても綺麗ですよ。
クリスマスのツリーよりもキレイです。
幼い頃に、杉の木に積もった雪が解けてキラキラしてたのをみて、「うっとり」していたことを思い出しました。
詩音連音
2011/01/10 08:59
遅い出没ですが 本年もよろしくお願いいたします

写真を食い入るように観てしまいました。すごい現象に遭遇しましたね〜 観てみたいです。
ガラスのカーテンを身に纏ったような 彫刻などでは絶対に表わせないだろうという現象ですね 蕎麦のお話よりこちらにばかり気が行きました
何よりこれだけ雪のある中での撮影は技術がないとできませんね{%!webry%} 

「凍て鶴」聞かせていただきながら写真拝見させて頂きました
さつき
2011/01/10 09:22
氷の花が出来るなんて・・・いかに寒いかですね。

余呉の湖、賤ヶ岳、懐かしいです。ここも、冬に訪れたことがないのですよ。雪の余呉の湖を見てみたいと思っています。

mugen
2011/01/10 13:42
詩音連音さんコンチャ〜
蔵王で見る樹氷は雪が作る芸術。
こちらは全く違って氷の花

近くに滝はありませんが、道路に解けた雪が車のしぶきがかかって凍ったものか、それとも峠だけに風の通り道、霧が一瞬にして凍り付いたのかも知れません。
反対車線側には見られないので、日本海から吹き込む冷気の作用が大きいと思います。

この日はどんより曇った日で光の反射もなく、これがもし日が当たってどうだったか。
気象条件が揃わないとこのような樹氷は見られないのでしょうが、それより大型のトラックが通過する時は本当に危険です。
お尻を突き出している真横をトラックが通過していますから、うっかりすると跳ねられてしまいます。
もしこれを見て行きたい人がいると思うけど、車には十分気をつけて欲しいですね。
風の旅人
2011/01/10 14:32
さつきさんおめでとうさんです。
今年も宜しゅうに。

蕎麦より氷りの方に目が行きますね。
ワテも蕎麦の写真を出すわけにも行かず、メーンはやっぱり氷りですわ(笑)

一目見てこんなチャンスはないと危険を覚悟で車を降りましたが、そうでもしないとこんな写真は撮れません。
Nさんの姿を写しているのは証拠写真。
路側帯は雪のために道路は細くなっています。
撮るのに夢中になっていると・・・
撮る際は気をつけて欲しいですね。
風の旅人
2011/01/10 14:39
mugenさんコンチャ〜

余呉湖も2月くらいになると大変な積雪になると思いますが、この日はほとんど雪もなく歩くには丁度良かったけど、写真としてはもの足りません。

特に冬は白一色だけに色が付きません。
色物を探してみましたが、この程度のものになってしまいました。
白黒の世界は難しいですわ。
風の旅人
2011/01/10 14:42
こんにちは!風さん♪

雪国育ちの私ですが、凄いものを見せていただきました。
蔵王の樹氷は有名で、
若い時は樹氷の間をスキーで滑り楽しんだものですが
当時は、景色よりも滑る事に夢中でしたからね、
ステキな写真にあわせて選曲が又凝っていて、
風さんの拘りが光ります^^
yun
2011/01/10 16:21
福井迄行かなくても今津に新蕎麦が、取れてから3月頃までの季節限定の「箱舘蕎麦」と言う美味しいお蕎麦が有るんですよ!!機会が有ったら是非、食べてみて下さいね。

危険を省みず撮られた写真、氷の中に葉っぱなどを閉じ込めたみたいに綺麗ですね!!
数年前、琵琶湖の畔でもこの現象が見られましたが綺麗でしたよ。
仕事の行き帰りで写真は取れませんでしたけれど・・・。残念!!
ayaya
2011/01/10 17:38
yunさんの田舎には蔵王があるだけに、樹氷はよく見た景色でしょうが、我々にとっては滅多に見られるものではありません。
これは風景は運が良くなけりゃ見られません。

蔵王の樹氷も天気が悪くて、モンスターも霞んでいました。
いつかもう一度と思いますが、1500mの世界は過酷でした。
ホイホイと行けないのが辛いなあ

記事に合う歌を探すのも大変ですわ。
色々な歌を普段から歌っておかないと、いざというときに間にあいまへん。
かといって何でも歌えるかというとそうはいかない。
苦労しまっせ(笑)
風の旅人
2011/01/10 17:46
ayayaさん毎度〜でおます。
今津でも新蕎麦が食べられるんですか。

湖北に行くときは休憩場所は安曇川の道の駅になります。
今津で寄り道するよう、次回はコースを調べて走りましょうか。

琵琶湖の畔にもこんな景色が見られるんですね。
場所が特定されたなら行けますが、畔だけでは広くて分かりませんなあ
ネットで検索しないとアカンなあ
仕事の行き帰りではゆっくり出来ません。
こういう撮影は休みの日に限りますね。
風の旅人
2011/01/10 17:51
すばらしい景色です。いまだまだこのような霧氷など見たことがないです。
寒い中よく写されましたね。見とれてしまいました。
うさこちゃん
URL
2011/01/11 09:18
うさこちゃん〜おはようさんです。
国道を意識しないで走っていたら、恐らく見逃して素通りしてしまうくらい、見られる場所はわずかなポイントでした。
地方の国道と言っても福井から京都に抜ける最短コース。
行き交う大型のトラックがすれ違うとき、ギリギリまで迫ってくるため、思わず道路から飛び降りたほど、危険な場所なので注意が必要です。

この景色を見たら絶対に写したくなります。
写真で見るより現場で見たら、もっと感動します。
風の旅人
2011/01/11 10:21
素敵な樹氷が撮れましたね。
道路際で素敵な被写体を見つけても、車を停める所がないと諦めること
も多々あります。
通る車を気にしながら写真を撮る気持ち、よくわかりま〜す。
今年はまだ雪景色を撮りに行っていないので、とても羨ましいです〜
ともっぺ
2011/01/11 10:38
風さんの命がけの写真が堪らなく感動です。
素晴らしい!の一言で 記事・写真・UPされる風さんの感動がこちらへ伝わります。私も初めての経験に感動でした。
数年前 紅白で「五木ひろし」が唄ったとき 三木たかしさんの病名を知りました。
想い出の曲切なくお聞きしています。
マンマ
2011/01/11 14:31
ともっぺさんコンチャ〜
車を走らせていると、ここで止まりたいなあと思うことは度々ありますが、ほとんど駐車スペースがないので諦めて走りますが、帰りは何とか止めることにしました。
道路際は狭くて立つのもやっとな場所。
危険覚悟で撮りましたが、決して奨められるものではありません。
Nさんが必死で撮影する姿を見ると、よくこんな場所で撮ったなあと自分でも感心します。

ともっぺさんが今年はまだお出かけしていないなんて、大地震でも来るかも知れないなあ(笑)
風の旅人
2011/01/11 16:40
マンマさん今日は。

車の中からこの景色を見たら、もう何が何でも車を止めて!と叫びますよ。
でも往路は止めてくれませんでしたが、帰りはどうにかスペースを見つけて止めていただきました。
その代わり歩きましたでぇ(笑)
幸い事故もなく撮り終えたので良かったのですが、何かあったときは今頃名前が変わって、線香の一本でも上げて貰っているかも知れません(笑)

イメージに合わせて歌ってみましたが、紅白の想い出を語っていただきとても有り難いことです。
風の旅人
2011/01/11 16:45
風の旅人さん こんばんは^^
ちょっとご無沙汰でした。
東京からです。
やっと繋げました。

霧氷綺麗ですね。
車で連れて行ってくださるご友人がおられてよかったですね。
冬の琵琶湖は、昔、琵琶湖バレイに雪をみにいったことがあります。
余呉湖は、確か白鳥が来るんですよね。
いつか行ってみたい場所です。

大河ドラマもいつもは見ないんですが、今年から見ようと
こないだ見ました。
歴史苦手。。。ちょっとは克服できるでしょうか?

「凍て鶴」は、五木さんの歌の中でも1番好きな歌です。
ももこ
2011/01/12 18:59
こんばんは〜風さん、綺麗な画像を見せていただきました。
危険な道路での撮影その甲斐がありましたね〜
こんな綺麗なものを見たら頑張って撮りたくなる気持ち良く解ります。
まずは無事に良い写真が撮れて良かったですね。
私の所ではめったに見る事の無い雪景色です。
こんな風景なら観たいと思いますが、滑って怪我でもしたら大変、
こうして画像を見せていただき満足、満足。

ところで、RSSリーダー便利な機能らしいですね〜。
まだ、勉強不足、これから勉強してみます。
有難うございました〜。
fu-ko
2011/01/12 20:08
ももちゃん今晩は
今回は雪道を走れる車を持っているNさんのお陰です。

木之元IC近くに白鳥観察できる場所があります。
そこにも立ち寄ろうと思ったのですが、そうすると帰りが遅くなります。
今回は大人しく帰ってきました。

大河ドラマも毎週楽しみになってきます。
3姉妹が波乱の人生を送っており、楽しみにしています。

凍て鶴もいい歌ですね。
もう一寸歌い混まないとアカンなあ

風の旅人
2011/01/12 22:07
fu-koさん今晩は
撮影は危険覚悟の決死隊(笑)
しかし死んでは何もなりませんから、最新の注意を払って移しました。
こんな景色に出会えるのは滅多にありません。

RSSの機能については当ブログ、12月17日頃に3回にわたって記事を載せています。
便利な機能なので、なくなるのは本当に残念です。
他のブログで同じような機能を持っているのがないものかと、現在探している最中です。
FC2のRSSを研究しておいてください。
風の旅人
2011/01/12 22:18
きのうの続きを読みに参りました
ヤッホー

この流れのレポートいいですねぇ〜〜とても楽しく読ませていただきましたよっ
車が通るから心配しながらの風丼♪の写真はとても綺麗ですよ
それからとてもNさん♪がやんちゃな方に見えてきましたぁぁ〜〜

美味しい蕎麦とお土産 綺麗な樹氷と大河ドラマの舞台と
いい想い出になりましたねぇ
リポートありがとうございます

大河ドラマは再放送で見る事にします。
    ほい あじ丼
紫陽花
2011/01/13 12:24
あじ丼〜毎度〜でおます。
一日一話の楽しみで今日もやってきてくれたんや
それも嬉しいことでおます。

Nさんがやんちゃ?
とてもそんな方ではないけど、写すとなると一時間くらい動かないと家族がぼやいてました(笑)
なんでやとご本人に聞くと、70才になるので目も悪くてピントが合わないとか。マニュアル撮影されているので、ピントを合わす時間がかかるとか。

こうした風景を見られたのもNさんご一家のお陰です。
危険覚悟の苦労も皆さんに見て貰えて、とても嬉しく思っています。
ことになると
風の旅人
2011/01/13 14:31
綺麗ですね〜。
本当に美しいですね。
自然ってある意味無慈悲なのだけれど、こうして意図せぬ感動を与えてくれる…
かないませんね。

今日は車庫の屋根の雪下ろしを一人でしました。疲れたので、途中でやめちゃった。だけど、きっと筋肉痛は明日、一人前に訪れるでしょう。
マミー
2011/01/15 23:22
マミーさん今晩は
毎日天気予報を見ていると、日本海側には雪が相当降っているようですね。
雪降ろしの苦労を考えると、雪なんか降って欲しくないでしょう。
我々都会人にはロマンチックな想い出として残りますが、筋肉痛と闘うマミーさんには天敵みたいなものですね。

ワテも暇をもてあまし気味でさかい、雪下ろしのアルバイト引き受けまっせ。
その代わり3食昼寝付で、お酒の一本も飲ませてくれたらええで(笑)
風の旅人
2011/01/16 00:25
ええ写真ですね
おっさん
2011/01/19 10:56
おっさんいらっしゃい

ブログ作りに悪戦苦闘でおますなあ
苦労した分だけ楽しみが大きいでっせ。

楽しみにしています。
風の旅人
2011/01/19 23:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
氷の芸術・樹氷・凍て鶴 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる