心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年風の盆・町流し

<<   作成日時 : 2010/09/07 23:35   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 12

いよいよ今年の風の盆も最終回を迎えました。
気合いを入れて書き上げまっせ。


時計は午前0時半をまわっています。
行き交う人も随分減ってしまって、町流しを追ってゾロゾロ着いてきます。

町内のたまり場で休憩したこのグループも、そろそろ腰を上げて町内に繰り出します。
音調整もかねて個々で調整されています。


画像

0時45分撮影


鼓弓の音を間近に聞いていると、何とも言えない優しくていい音です。


画像



三味線や鼓弓を奏でる人には、どういう訳か印籠がぶら下がっています。
印籠をつけることが、ある意味男のおしゃれかも。
他の祭りでは見られないものです。


画像



鼓弓、三味線、太鼓(着く場合もあります)、そして音頭をとる歌い手。
歌い手は地声で深夜の町に響いてきます。


画像



若い男女を含む4〜5人が交代で歌い上げます。


画像



歌っている方のうしろには、次に歌う人が待機しています。


画像



午前1時05分の撮影です。
雪洞の明かりの中で、町流しの集団がやってきました。
彼らはゆっくりゆっくり歩いて行きます。

と言うのも町流しの後ろには踊り手がいますが、牛歩のごとくほとんど進まない。
遠くで待っていてもなかなかこないので、近寄っていくしかありません。


画像



このグループには若い男女が踊っていました。


画像



画像



午前1時になると歩行者天国が解除されると、車の通行が始まります。
道路一杯広がって踊るわけにも行かず、車の少ない方へと町流しも移動し始めます。

午前2時20分
別のグループがやってきました。
若い女性の鼓弓奏者でした。


画像



三味線奏者も若い方でした。
若い世代が着実に育っているのは、伝統を守る上でも大切なことです。


画像



朝まで見たかったのですが、集合時間の午前2時45分がやってきました。
広場に戻ると徹夜組ですね。
夜露に濡れながら夜明かし組です。


画像



朝まで数字間ありますが、風邪を引かないようにして欲しいものです。
出来たらワテもああしたいものだが、今回はツアー参加。
この日は大阪に帰るしかありません。

ツアー参加者も全員無事に揃って、深夜の北陸自動車道を大阪に向けて出発です。
バスの中では疲れて眠れるはずが、何故か冴えてしまってウトウトしただけ。
朝7時半に京都に到着しました。


6回にわたってお読みいただき、有り難うございます。
4年前の古い写真も一緒にアップしたことで、全体の流れがお分かりいただけたとしたら、大変嬉しいです。




風の盆町流し



さて、しばし休養します。
またお会いできるのは1週間後です。

例のやつか?
そう、例のやつです(笑)
分かる人には分かるでしょう。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさまでした。
たくさんのいい写真があってお祭りの臨場感が伝わって来ました。
次は自分で足を運んで楽しんで来たいです〜(もちろんキティちゃんも買って(笑))
いつになるやらですが〜^^
はこふぐ
2010/09/08 09:04
はこふぐさん今日は
風の盆を六回に渡ってお読みいただいたようですね。
疲れたんじゃないかな

この祭はじっと同じ場所にいてても見られるのは知れています。

歩いて町流しを探すことですね、多少は疲れるのを覚悟してや
風の旅人
2010/09/08 10:46
風の旅人さま、今日は〜♪

風の盆臨場感あふれる画像と、鼓弓の音を聞き、参加した気分を味わいました。
随分遅くまであるのですね。
若い奏者も引き継いで、廃ることは有りませんね。
私のように、ゆっくり(スローには)したものには丁度良いですね。
前の記事も見て帰ります。
ありがとうございます。
菜桜
2010/09/08 13:32
菜桜さんコンチャ〜
風の盆に何度も行くと要領がわかってきます。

各町で流しが出ますがそれそれに特徴がありますから、一通り見たら次を探します。

そうして一晩中ウロチョロとしています。
ゆっくりした祭ですから気に入ると思いますよ
風の旅人
2010/09/08 17:12
一緒に街を歩いてる気分で楽しませてもらいました。路地奥から胡弓の音がだんだんと大きく聞こえてきて、ゆっくりと街流しが通り過ぎていく・・・ますます見に行きたくなりました。

胡弓奏者も歌い手、踊り手さん達も次世代の人々がちゃんと育っているのは頼もしいですね。
mugen
2010/09/08 22:34
全国からたくさんの大勢の観光客が集まるこの風の盆

舞台にたって演奏 歌 踊りの人は毎年たくさん練習して
本番に臨むのでしょうね
終わったら すぐに来年の為に練習なのかもしれませんね
素敵ですよ 風丼♪ありがとう

テレビっ子のあじ丼にはほんとうに
ドキュメンタリー番組を見せてもらったようでとてもありがたいです
うれしいですよっ
前にも申しましたが 日本なのに別の国のようです
いいなぁ〜〜〜〜〜〜

風丼♪お疲れ様でした☆
      ほい あじ丼
紫陽花
2010/09/08 23:41
さすがに深夜は観光客も少なくて、じっくり見たり、写真を撮る
ことができますね。
一年の内に数日間、静かな山里が見違えるほどの熱気に包まれる。
踊る方も見る方もこの数日間を楽しみにしてきたのですね。
本当はもう少し静かな状態で、哀愁の漂う町流しを見ることが
できたら最高なのですが、評判が評判を呼んで、大勢の人々が
押しかけるのは、やむおえないのでしょうね。
ともっぺ
2010/09/08 23:58
またおじゃまいたしました
なぬっ 風丼♪が休養

ではでは 餌をあげなきゃいけないのだ☆

    ほい あじ丼
紫陽花
2010/09/09 03:39
トップページを開いたら・・
わっトンボがいっぱい!!
そしてステキなレイアウト!!
秋だぁ〜〜\(*^∇^*)/♪
それにしても・・
今年は赤とんぼをまだ見かけません。

風の盆シリーズ・・
色んなシーンにお祭りに行ったような
気分で楽しませていただきました!
ありがとうございました
てんちゃん
2010/09/09 13:16
mugenさんさんにあじ丼にてんちゃん〜毎度であます。

ただ今旅の途中です。
昼間の気温が18度、夜は満天の星を眺めて、夜空にはこんなに星があったんやと感激しています。

赤とんぼが群れて飛んでおり秋色はもう間もなく訪れるでしょう。
風の旅人
2010/09/09 17:15
こんばんわ 風の盆唄を詳しく見せてもらって、初めて様子が分かりました。
今まではほんの数分のことしか知りませんでした。
こんなに詳しく見せてもらってにぎやかなのだなあ〜ということが
よくわかりました。おつかれさま
うさこちゃん
2010/09/11 22:21
うさこちゃん今晩は
風の盆も小説に発表されて以来、多くの人に知られるようになりました。

それからでしょうか全国から風の盆を見に来られることになって、本来は静かな祭も今では遅くまで大変な人が見に来ています。

そういうワテもその一員ですが何度見ても飽きないですね
風の旅人
2010/09/11 23:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010年風の盆・町流し 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる