心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 泣き歌をもう一曲 ・ かあさんへ

<<   作成日時 : 2010/08/25 00:17   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

男はどうして母親には弱いんだろう
ええ歳こいてもやっぱり母親には弱いなあ


画像



この歌吉幾三が歌っています。

曲は凄く単調なので、誰でも一度聴いたら歌えるでしょう。
そして歌っているだけで涙が出そうになる。

苦労して育ててくれた母親への思い、どうしても走馬燈のように蘇ってしまう。
それは歌詞の全てに「かあさん」が入っているからである。

どんな歌詞なんだろうとお思いの方は、これをクリックしてチョ

歌詞


誰にも生んでくれた母親がいますが、それぞれの心にあるお袋像が、この歌ではこれでもかと母の思いが続いています。


画像



先日やはりBSの番組で、神野美伽と競演した吉幾三が、この歌を歌いながら涙を流していた。まあ彼は凄く涙もろい男ではあるけれど、この「かあさんへ」は男にとってはたまらん歌ですわ。


ヒトカラで練習していてもどうしても詰まってしまう。
何とか歌いきりたいと思っても、やっぱり最後にはあきまへん
気分を変えて息抜きしながら、最後にどうにかクリアしたけれど、そりゃ大変ですし。

この歌を歌ったら必ず泣いてしまいかも。
挑戦する人おるかな


アップ曲は削除しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!風さん♪

風さん!先ず今日の画像最高です
1枚目も、2枚目の農作業の写真も〜〜
こういう画像、大好きです^^
唄の方も〜〜〜
風さん、シクシク〜〜しながら収録では?
何故か、男性の方が「おふくろ〜〜〜」と
女性は、あまりいいませんものね、
今日の1曲は、我が夫も覚えようかな?なんてしんみり聴いてましたよ!
ありがとうございました。
yun
2010/08/25 10:40
yunさんおはようさん
この歌を改めて聴いてみると、声が上ずっていますね。
自分では何とか持ちこたえたように思えましたが、声の方は正直やなあ(笑)

ご主人もこの歌を練習されるとか、とても嬉しいなあ
メロディーは簡単なので直ぐに歌えますよ。
出来上がったらアップしてください(内緒で)(笑)

命を生み出す母親には、男は一生頭が上がらないですよ
母親に対する思いは、父親に対する思いとは比べものにならないなあ
風の旅人
2010/08/25 10:55
風さん今晩は!
今、風さんの「かあさん」の熱唱を聴きながらこのコメ書いています。
男性は皆お袋を愛してるのですね・・・マザコン(失礼)
我家も愚息が一人居りますが・・私のこと如何思ってんのか・・今度聞いてみよう(爆)♪
今朝もコメント入れたけど・何処に入れたか・・?
そうそう、熱中症になりかけた老夫婦のとこです。(バカですね・・・)
mamaの母は卆寿を過ぎ、国東半島で、弟と暮らしています。
気が強く、まだ元気で居ます。
父親に対する思いとは比べものにならないですか。
嬉しいですね。母親のmamaとしては^−^
今日は色々と有難う御座いました!
mama
2010/08/25 23:18
mamaさん今晩は

息子からすると母親は最初の女だけに、恋の相手であり尊敬の対象ですよ。
マザコンと言われようが、世の男性どもは否定しないと思う。

親はいつまでも元気でいて欲しいもの
しかしいつかは年老いていくわけだし、そしてやがて別れがやって来ます。
mamaさんのお母さんは今も国東でご健在ですか。
羨ましい話です。

我が母は93才で黄泉の国に旅立ちましたが、生きていれば116才になるかな?
なに?世間を騒がしている行方不明者に入っていないかだって(笑)
大丈夫です、届けています\^o^/

息子っていうものは母親が元気な内は何も心配しません。
所帯を持って遠く離れてしまうと、母親は元気にしているだろうかと気になってくるものです。
元気な内は心配しなくても、体のアチコチが悪いとか言うようになってくると、やっぱり心配になってきます。
息子さんもいつか気にする時期がきっと来ます。
それまでは元気にブログに励んでください。
風の旅人
2010/08/25 23:29
お早うございます。
風さんの言葉、身に染み入りました
有難う御座いました。
逢うと、わがままばかり言う母ですが、なるべく多く逢うようにします。
真玉の夕日もそれだけ沢山見れますね^−^:
優しいコメント有難う御座いました!
mama
2010/08/26 08:10
mamaさんおはようさんです。

母を思う気持ちは誰も一緒ですね。
自分が年を取ってくると、母の苦労が次第に分かってきます。

子供が病気をしたときには特に感じますね。
母も必死で看病してくれたんだなあ

父親の病気で苦しい時代を必死に生きてきた母は、やがて父の死が死にました。
その後身を粉にして働きづめで、身を飾ることもしなかった、美味しいものを食べに行くこともなく、苦しい時代を子育てで必死に生き抜いてきました。

そんな母を思ってこの歌を歌うとダメですね
涙が出て最後まで歌うことが出来なくて、何度も繰り返して乗り越えなきゃならなかった(笑)

生きている間に出来ること、電話で話を聞いてあげるようにしてあげるとか、そうそうパソコンを使って会話をすればいい。
世界中無料だから、いつまで話をしていても気にすることはありません。
息子さんがパソコンを使っていれば、是非試してみてください。
カメラも接続すれば体の調子も分かりますし、孫の顔も見せられます。
きっと喜ばれますよ。
風の旅人
2010/08/26 08:42
またまたお久しぶりです。
男性と女と母親に対する思いは違いますよね。息子にとって母は異性ですから優しさも一入でしょう。女にとって父は異性です。特に私はファザコンでしたからね。わが息子は50歳に近くなってもマザコン、母である私に優しく甘えてもいます。何時までも甘えられると言うことの裏がえしが亡き母のことを思うと涙になるのでしょう。それにしても娘である私はそれほど母に思い入れがないのです。冷たいのでしょうか?というより自分が母親になったから同列の関係になったのでしょう。懐かしさより現実がわかりすぎるのかも・・ですね。
久しぶりなのに思わず勝手なコメント書いてしまいました。お許しください。
mukuge
2010/08/26 20:35
mukugeさん今晩は
毎日暑い日が続きますが、お元気のようで何よりです。
本当にお久しぶりですね。

母親への思いは男達にとっては、誰もが同じような思いを持っているでしょう。
しかし同性の父親となると至ってクールなものでして、それは女の方にも言えるんですね。

女性も母の年齢に近づくと、自分と母親を比較してしまうんだ。
こんな風に考えているのを知って、なるほどなあと感心しました。

50才近くの息子さんの話も、確かに母親は他の女とは別個なんや
だから甘えられるのかも。
これでマザコンと言われても意に介さないのでしょう。
mukugeさんがいつまでも元気でいてくれる、それでいいじゃないですか。
風の旅人
2010/08/26 22:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
泣き歌をもう一曲 ・ かあさんへ 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる