心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 長く続いた戦争も終わって・戦争は知らない

<<   作成日時 : 2010/08/15 10:27   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

65年前のこの日、4年間も続いた戦争がようやく終わって、人々はどれほど安堵したことか。
前日までは空襲に逃げまどい、夜になっても灯りを漏らせてはならず、暗い中でじっと息を潜めていたが、ようやく日本が無条件降伏をして戦争が終わった。
その日は真っ青な青い空が広がっていたことだろう。


画像
 

それから65年、日本は本当に平和なんだろうか。
飢えの苦しみからは確かになくなったけれど、心の安らぎは果たしてあるのだろうか。
物質的には確かに満足しているかも知れないが、仕事がない、保育所に預けられない、病院に行くお金がない、介護を受けられない、住むところがない・・・・・・・


戦争という国が推し進める殺人はなく、その分平和を感じます。
今尚世界では戦火が絶えません。
そのほとんどが宗教がらみ。
何故人間は相手の宗教を認めようとしないのか。
民族間の争いが発展すると、相手を殺しても良いと思うものなのだろうか。


日本でも治安維持法の下、考えの違う人間を認めなかった。
東京築地署に連行された作家の小林多喜二は、拷問の上殺されてしまったが、未だに国は遺族に対して謝罪の言葉もない。

どうして人間はここまで酷くなれるのか。
残酷なことをしても良心の呵責もないのか。
それが戦争の名の下で許されるからなのか。
あぁ本当にこの国は平和だったのか

今生きる私たちの周りでは、平和に対して余り意識していないように思える。
広島で長崎、沖縄で集会があるたびに訴えている
平和のありがたさと、世界の核兵器廃絶を。

この国の人々は自身に災いが降りかかってきて、初めて気がつくのか。
遠く離れた彼の地の出来事として、心を痛めないのだろうか。
それからでは遅いことを知って欲しい。

今こそ何が大事なのか
この国の首相は世界に発信して欲しいものだ。
憲法9条こそが世界の憲法の精神であることを。





戦争は知らない  歌:ジローズ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
 私の残酷さは母親似である。
ゴンゴン
2010/08/15 10:44
ゴンゴンさんいらっしゃい。

何がそんなに残酷なのか、文章ではよく分かりません。
人間は生まれたときから親から受け継いでいるものがありますが、その後の人生で変わるものもあるはずです。
いいものもあると思いますから、これからの人生楽しんでください。
風の旅人
2010/08/15 17:18
宗教がらみの争いは、私も本質のところは理解できません。色々と本を読んだり調べたりしたけれど、宗教の違い故に、命をかけても主張しなければならない事…これが、無宗教の私にはやはり良く分らないのです。

この長岡の地では、終戦間際の爆撃で、1500人余りが命を落としました。
それを想えば、今は 本当に平和な日本です。
色々と様々な問題もあるでしょうが、まずは、この平和を感謝することから始めたいと思っています。
生きている…それは当たり前のようで、実は相当幸運であるという事。これを実感できた時、新たに見えてくるものがあるのかもしれません。
マミー
2010/08/16 01:46
マミーさんコンチャ〜
宗教+民族意識、これがこうじてくると他を認めなくなる。
幸い日本は島国だから他国との境界線がないけど、陸続きだと幾らでも他国から越境してきて、勢力争うに発展していく。
互いを認め合わないのだから根は深いわなあ

終戦間際の爆撃は長岡を始め、日本海側にも相当な被害が出ていますね。
これを知ったのは数年前。
東京や大阪、広島、長崎の被害は大きく取り上げられていますが、地方の被害についてはほとんど知られていません。
1500人と言えば相当な数です。
もう数日早く戦争が終わっていれば、大きな被害を出さなくて済んだのに。
尊い犠牲者の上にある平和、本当に深く心に刻むべきでしょうね。
風の旅人
2010/08/16 10:30
メリッサさん今晩は
気持ち玉をありがとう。

毎日暑いなあ
大事にしてあげてや。
風の旅人
2010/08/17 01:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
長く続いた戦争も終わって・戦争は知らない 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる