心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS ちびっ子達の銭湯体験・手をつなごう

<<   作成日時 : 2010/07/23 12:17   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 22

昨日は保育所の5才と6才のちびっ子達の銭湯体験の日です。
昨年の7月にも同じような記事を載せていますが、今年で3回目です。

今年は23人の子供達です。
保育士さん達とボランティアのオッチャン3人でイザ出発。


画像



それぞれの着替えを入れた袋を持って、手をつないでお風呂屋さん約15分ほどの道のり。
元気のいい子もいれば、途中で泣き出す子もいて、結構賑やかな行列。


画像



今日はお泊まりの日
朝から山の吊り橋で遊んできたので、お昼寝時間もタイムオーバー
予定より1時間遅れの出発でしたが、ボランティアには早い出発より遅い方が有り難い。


画像



風呂屋に入る前に先生から注意がありました。


画像




画像




画像



男の子13人を2班に分けて先に洗う班、後から洗う班に別れました。
ワテは後から洗う班
まずは露天風呂に入って、次は泡風呂
子供達は興味津々
中には顔を湯に浸けて、泡を顔に受けているものまで。
とにかく事故のないように見るしかない。

洗う番が回ってくると、石けんがタオルにうまくつかない。
こねくり回しているが、一向にうまくいかないので手助け。
最初は手を出さずに見ていたが、やっぱりこれでは上手く洗えない。
小さな体だけに洗うのも一コスリみたいなもの。

多くの子供が同時に入るものだから、銭湯に来ているオッチャン達も物珍しそう。
子供が大勢入るとやかましいけれど、それでも子供達の明るい声は社会を明るくします。



画像



みんな揃って記念写真を撮った後、来た道を保育所へ。
今日はバーベキューが待っている。
お腹が減った子供達、途中で喉が渇いたと叫ぶもの。
帰り道見た夕日がとても印象的でした。


画像



保育所に帰ったら一人一人串を貰って、自分で食材を刺します。
好きなものを上手く刺せる子もいれば、途中で割れて落としてしまう子もいる。
何とか無事に出来上がると火の上に。


画像



ほとんどボイル状態なので、焼くと言っても形だけ。
ワテも一串刺しましたが、これがなかなか思ったより難しい。
生と違ってボイル状は串に刺しにくいなあ


画像



画像



画像



約一時間の食事を終えて、ボランティアはここでお役ご免。
子供達はこのあと花火をして眠ることに。


今回の保育所についてですが、最近このブログに訪問していただいた方はご存じないので、少し説明しておきます。



10年前近所に住む若いお母さんから、風さん〜一寸話を聞いてよ。
保育所作りたいねんけど、どこか空いている部屋ない?
その一言が後に保育所建設に発展するとは夢にも思わなかった。

彼女は保育士の経験もあって、一人で数人の子供を預かってあげたいと言う。
たった一人で始めるボランティア的な保育所でした。
当時は今ほど保育所問題について、世間を騒がせていなかった。
しかしワテらの子育て時代は、まさに団塊の世代だっただけに、子供がドンドン生まれるが保育所の数が全くない。

若い親たちの願いは「ポストの数ほど保育所を」
このスローガンが共通の願いでした。


その子育ても終わりノンビリして時に、いきなり保育所が欲しいなんて事になった。
彼女の話を聞いて知り合いの不動産を訪ねたが、めぼしい物件はない。

アパートみたいな一部屋タイプから、マンションの一室へ、そしてこの話が次第に広がって。
保育所を作ろうという声が大きくなった。


子育て終わった世代に訴えて、お金出して、カンパして、何するんや、保育所作るんや
そんなやりとりを得て、多くの共感者を得ました。


みんなでお金を出し合って、知り合いから」土地を借りて大きな保育所が出来ました。
国の制度が民間委託の方針に変わって行き、市や大阪府の協力で認可保育所に格上げしていただいた。
そうなると保育所基準を満たさないと行けなくなる。
またまた増資のお願いに奔走。
そして今の保育所が出来ました。


画像



この運動に最初から関わってきたので、この保育所はライフワークの一つ。
死ぬまで関わることになるでしょう。


さて今日の歌ですが、先日蝉しぐれさんが歌っていた歌です。
平和を求めるとてもいい歌なので、是非覚えたくて練習しました。

「手をつなごう」

この歌は水木翔子さんが歌っています。
まだ練習中なので言葉をはしょっていますが、聞きづらいでしょうがお聴き下さい。




手をつなごう  歌:水木翔子

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
ちびっ子達の銭湯体験!好いですね。
子供達の元気な声が聞こえてくるようですよ。

早速唄って下さったのですね?嬉しく思いました。
ありがとうございます。
8月23日〜25日まで水木先生が千葉県から、個人レッスンをしにこの地へ来られ、私は25日に予約済みになっていたので、風の旅人さんが「手をつなごう」を唄って下さったこと報告させて戴きますね。水木先生もきっと喜んで下さるものと確信しております。本当にありがとうございました。
蝉しぐれ
2010/07/23 17:18
蝉しぐれさん今晩は
保育所の子供達を連れて今年も銭湯の体験に行ってきました。
子供達の後ろ姿を見ていると、この子達の未来には世界中に平和が来ることを願わずにはいられません。

仲良く手をつないで歩く姿、この歌に託して歌ってみました。
まだまだ字余り的な部分もあって、決してアップできる状態ではありませんが、記事との兼ね合いもあってこの日に使わせて貰いました。

この歌が多くの方の心にとまって、広げていただけるといいですね。
風の旅人
2010/07/23 18:14
このお話、覚えています。
もう一年たったのですね。
風さん、お疲れ様でした。自分の損得ではなく、社会にその行動力や豊富な知識を還元しようという姿勢。本当に素晴らしいと思います。
銭湯体験・お泊り体験。子供たちにとっては、とっても素敵な思い出になる事でしょうね。
う〜ん!風さん、パワフル!
マミー
2010/07/23 18:31
マミーさん今晩は

覚えていただいていたんですね。
あれからもう一年ですわ
こっちはそれだけしょぼくれてきた(笑)

子供達から少しの元気を分けて貰って、まだまだすることはぎょうさんありますから、惚けているわけにも行きませんわ(笑)
この日もこうしてボランティアを頼まれると、体が空いている限りお手伝いをしています。

9月の敬老の日にもお誘いがかかりそう。
おじいちゃんとお婆ちゃんと遊ぼう〜
保育所の行事も何かとあって、そのたびに出かけています。

たまにはワテも旅に出かけて、どこかのべっぴんさんにお会いしたいものですわ\^o^/
風の旅人
2010/07/23 18:39
バーベキューは暑かったでしょう〜

来年は流しそうめんなんてどうですか?

私たち雨といとバケツでやりましたよ。ミニトマトやフルーツとかも流して・・

今でもやりたがります
chie
2010/07/23 19:52
chieちゃん今晩は
お風呂の後のバーベキューはビールが欲しいところですが、保育所は飲ませてくれないんや(笑)
だから諦めてウーロン茶で喉の渇きを潤していました。

火をおこす担当は風呂屋には行かなかった保育士さんが準備をしてくれましたので、ワテは食べるだけ〜

毎年趣向を変えているみたいなので、来年はさてどうなるんでしょう。
竹を近くの竹林から貰ってくればいいので、そんなに難しいことはないなあ
問題は竹を割るナタがないかも。
しかし樋では情緒がないなあ(笑)
でも面白そうやんか
風の旅人
2010/07/23 21:57
こんばんわ いいお話ですね。お疲れ様。風さんがこのようなことに
携わっておられるなんて知りませんでした。
私のたった一人の孫ですが、今年は幼稚園でお泊り保育がある
といっておりました。3年保育の今年が3年目です。
それが済んだら、実家(我が家)に来るそうです。
私はおさんどんが始まります。
うさこちゃん
2010/07/23 22:52
うさこちゃんおはようさんです
保育所建設に当初から関わってきており、昼間は働いている父母に変わって、何かと行事にかり出されます。

昨年は初めての経験だったので、事故が起きないように気を配りましたが、今年は少し要領もわかっているので楽でした。

子供達にとってはお泊まり保育はほとんどが初めての経験。
寂しくない?お母さん〜って泣かないかい?って聞いても、大丈夫と言っていましたが、さてその夜はどうだったのか。

お孫さんはいよいよ小学生ですか。
そうなるとおばあちゃんの管理の下、子供の下校時間に合わせて家にいないと行けなくなりますね。
孫のために頑張っておくれやす。
風の旅人
2010/07/24 07:47
おはようございます
ご無沙汰してしまいました
夏は子供にとって新しい体験で
一杯の季節ですね!!
子供の頃・・自宅のお風呂と違って広くて
色んな人とワイワイとお喋りしながらお風呂につかる
“銭湯”に出かけるのがとても楽しみだったことを
懐かしく思い出します。
てんちゃん
2010/07/25 08:16
てんちゃんおはようさん。
夏は子供達にとっては楽しみな季節。
海や山に連れて貰っているでしょう。

保育所の子供達は元気いっぱい
風呂の中では積極的な子がいると、みんなが真似をします。
中には臆病な子もいたりして、見ていても面白いですよ。

ワテも家に風呂がなかったので、ずっと銭湯通いでした。
就職してもやっぱり銭湯でした。
大きな湯船に浸かるのっていいですよ。
風の旅人
2010/07/25 09:16
風さんや地域のみんなに見守られての、銭湯やお泊まり保育楽しそう♪〜
10年間に巣立っていった保育園児たちの心の中にも懐かしい想い出として残っているでしょうね。

保育園設立までの風さんとエネルギッシュでパワフルなお母さん達ののお話覚えていますよ!
mugen
2010/07/25 19:34
mugenさん今晩は
この保育所は開設当初は3歳児までしか受け入れる余裕がなく、4歳児になると他の保育所に入れなくてはなりませんでした。
何とかならないかと父母の会からの要望もあって、増築をするにもお金がないので、またまた多くの人に呼び掛けて建設資金を集めました。

今では6歳時まで預かれることになって喜ばれています。
一人の力ではとてもできないことでも、多くの人の協力を得ることで、大きな運動へと広がって行きました。
風の旅人
2010/07/25 21:04
こんばんわぁ お元気のようすです♪よかったぁ

風丼♪ってばぁ もう園長先生ではないですか
いやぁ 全く存じ上げて下りませんでした
風丼♪すばらしいですねぇ〜〜☆


いろいろとがんばってますねっ ファイトー
      ほい あじ丼
 
紫陽花
2010/07/28 21:29
あじ丼今晩は
園長先生?
そんなん何処にも書いておまへんで(笑)

人に請われることを喜びとして、何かと顔を出しています。
そのため最近はあまり旅にも出られず、ある意味困ったことでおます。
まあ元気が何よりですから、これからも出来る範囲でお手伝いしたいと思っています。
風の旅人
2010/07/28 21:32
朝から 元気と勇気が出るお話をありがとうございます。
風さんの歌を聴きながらコメント書いてます。子供達の銭湯での様子とか、心温まる風景に胸が熱くなりました。風さん これからもがんばってくださいね。子供の笑顔、笑い声をいつまでも大切にしたいと願う大人達がたくさん増えてほしいですね。
みゅ〜
2010/07/29 10:44
みゅ〜さんコンチャ〜
仕事も一段落してこの時間はコーヒータイムですか\^o^/

今回は銭湯に入っている写真は撮りませんでした。
何かと個人情報の問題もあるし、児童の写真は特に問題があります。
よかれと思っても誰にどう利用されるかわりません。
いやな社会ですわ

子供達にとっては年に一度のお泊まり保育。
13人の5〜6歳児の男の子
2人の職員と3人のボランティアで、一緒に風呂に入って来ましたが、13人もいると大変な騒ぎ。
事故もなく連れて帰ることが一番の仕事だけに、行き帰りの事故も含めて気を使います。
子供達の明るい声を聞くだけでも、こちらも元気を貰えます。
次は敬老の日に子供達と一緒に遊ぶ企画です。
これは結構疲れまっせ(笑)
風の旅人
2010/07/29 10:58
こんばんわ!風さん♪

風さん!すばらしい活動なさってますね。
子供手当てをばらまくだけでは何の解決にもならない、と思ってますが
地域のこういう活動は母親にとって有難いですね!
つくづく子供達は地域で見守らなければ、と思いました。
我町会も、大人たちが街中を見守って歩く運動が始まって以来
小さな犯罪が減ってきました。

ところで「竹田の子守唄」しっかり聴かせて頂きました。
力強い歌声でした。
曲の背景もしっかり説明頂き理解できました。
ありがとうございました。
yun
2010/07/30 21:44
yunさん今晩は

毎日が正月気分の暇な爺さんですから、地域から色々と声がかかります。
安心して暮らせる町作りはみんなの願い。
出来る範囲で協力していきたいですね。

竹田の子守歌は好きな歌で、カラオケに行くとよく歌います。
この歌の背景を嫌った人たちもいて、放送禁止の烙印を押された歴史もありましたが、これからも大事に歌っていきたいと思っています。
風の旅人
2010/07/30 22:01
素晴らしい活動をされていますね。
子供は国の宝だといいます。
子供の数がどんどん減ってしまって、将来この国を支える若者が
少なくなってしまったら、国の経済は衰退してしまいます。
最近自分の子供を虐待して死なせてしまう、愚かな親が目立ちます。
こんな親も、子供手当をもらっているのかと思うと腹が立ちます。

ちょっと話がずれましたが、子供が安心して健全に育っていく
環境作りに貢献されている風さんのような行動は、見習わなければ
と思いました。
ともっぺ
2010/07/30 23:51
ともっぺさん今晩は
新しいPCはご機嫌でしょうか。

子供達の置かれている環境は、決して良いことはありません。
安心して子育てできるよう、周りの大人の協力があってお母さん方が安心して暮らせるよう、微力ながら協力させて貰っています。

子供手当も生きたお金であってくれたらいいのだが、昨日発見された大阪の事件は目を覆うばかりです。
自分の子供をワンルームに閉じこめて、室内温度は40度を超すでしょう。
そんな中に食べ物もなく放置された子供さん。
2人のために国から支給されたお金は、いったい何に使われたのでしょう。
母親の欲のために子供を見殺しにする、こんな親があって良いものだろうか。

最近虐待事件が後を絶ちません。
もっともっと子供を大事にして欲しいなあと思っています。
風の旅人
2010/07/31 00:06
ありがとうございます。「手をつなごう」歌い直して下さったのですね。
心に掛けて戴いて嬉しく思います。
蝉しぐれ
2010/08/18 06:38
蝉しぐれさん〜おはようさん。
この歌はテンポが杯ので、リズム感を掴まないと上手く歌えません。
最初はかなりてこづりましたが、何とか歌えるまでになりました。
まだまだですがそこは素人、今少し歌い混むともう少し良くなると思っています。
再訪問有り難うございました。
風の旅人
2010/08/18 07:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ちびっ子達の銭湯体験・手をつなごう 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる