心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 普天間・徳之島へ連帯のYELLを

<<   作成日時 : 2010/05/10 11:25   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

迷走中の鳩山首相、普天間基地をどうしょうとするのか、一向に見えてこない。
このままでは普天間にそのままに置いておくつもりでもしているのか。
抑止力を勉強すると、その必要性がわかってきたなんて、外務防衛閣僚のレクチャーでも受けたのだろう。


前回も書いたように、基地移転を見越しての土地転がし。
儲けようとする人間は何処にもおるが、政治家が一緒に土地転がしの疑惑を持たれるようでは、ハッキリ言って政治家しっかと行って良いだろう。


毎日基地から飛び立つ飛行機の爆音に、授業を遮られている普天間の子供たち
いつ落ちてくるかわからない恐怖は、本土に住む我々には実感がわかないが、せめて心は一つにしておきたいものだ。


画像




昨年の行われた第76回NHK全国学校音楽コンクールで「YELL」が課題曲になりました。
作詞・作曲は水野 良樹
「いきものがかり」と言うグループが歌っているのを、皆さんもご存じでしょうか。


画像



羽ばたく季節は少し過ぎましたが、毎年子供たちは学舎を去っていきます。
希望のある未来に向かって飛び立って欲しいものです。
青い空には爆撃機が飛んでいない世界で。

歌詞




YELL

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
きゃ〜かわいい(^^)

今、初めて下のハムスターの仕組み?に気が付きました。
餌を食べるしぐさや鼻をこするしぐさはリアルです。かわいい(^^)ほんもののハムちゃんみたいです。

あ、まじめなブログなのに、こんなコメントでごめんなさい。

沖縄の基地問題は遠くてもしっかり見ていきます。声にしたり、署名したり、自分ができることはやっていきます。
詩音連音
2010/05/11 08:48
詩音連音さんおはようさんです。

ハムスター可愛いでしょう。
いつでも持って行ってや(笑)
直ぐに作れますよ。

普天間問題は5月で決着するようなことを言っていましたが、今日の報道ではだんだんトーンダウンしています。
反対の声を押して無理矢理基地を作ろうとしたら、国民は黙っていませんよ。
参議院選挙を控えて、果たしてどうするのか。
普天間を考える一人の人間として、わてはブログで発信を続けていきます。
風の旅人
2010/05/11 09:38
4月から、新生活を始めた方に、エールを送りたいですね。
風の旅人さんの、熱唱、心に深く響きました。
素敵な歌声、どうもありがとうございます。
ふぇあり
2010/05/12 11:11
ふぇありさんコンチャ〜
やっとこの歌でコメントが戴けました。
カラオケのジャンルに歌を登録するのを止めると、カラオケファンは覗かなくなったのかも(笑)

この歌は昨年の中学生の音楽コンクールの課題曲。
それだけに演歌を歌っている人たちにとっては、全然興味がないのかも
まあええけどね(笑)

ふぇありさんが耳を停めて聴いていただいたことに感謝します。
心に響く歌はこういう歌だと思うけど、こんな歌に惚れるオッサンは変わり者ですが、コーラスが好きだからしょうがないか\^o^/
風の旅人
2010/05/12 11:32
エールを送るのは、新生活を始めた方々だけではなく、深刻な悩みを抱えて闘っている、普天間の方々や、徳之島の方々にも、送らなければなりませんでした。
「YELL」は、音楽コンクールの課題曲でしたが、今では卒業式の定番ソングになりました。でもこの曲は、頑張ってもらいたいすべての方々に、送るべきだと思います。
風の旅人さには、これからもずーっと、唄い続けていって欲しいと思っています。
いつか、私も、唄えたらいいなと思っています。
どうもありがとうございます。
ふぇあり
2010/05/12 12:05
ふぇありさんの再訪問に謝謝

今回のテーマと未来に向かう子度たちとは、切っても切れないものがありますね。
頭上に爆撃機が飛び立って行く普天間や嘉手納、そして本土にある基地周辺の子供たちにも襲いかかってくる恐怖、そこには多くの子供たちが住んでいます。
戦争に繋がる爆撃機がどういうものか真剣に考えて欲しいことと、青い空は青いままであって欲しい、そう願っています。

この歌の意味するところ、そして何よりも子供たちの未来へ
希望のある世界が広がることを
そう願ってこれからも歌っていきたいと思っています。
風の旅人
2010/05/12 12:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
普天間・徳之島へ連帯のYELLを 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる