心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀幕スター赤木圭一郎

<<   作成日時 : 2010/05/27 00:13   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 12

ちょうど中学3年生の時だった。
当時日活のアクションスターとして、若者に人気があった赤木圭一郎が、ゴーカートに乗って撮影所の鉄扉に激突して、一週間後に亡くなった。
あの日からもう50年が経ちました。

当時は日活の黄金期。
石原裕次郎、小林旭、赤木圭一郎の三人を主役にした映画が、次から次に上映されていた頃だった。

彼の映画は何本か見ているが、生涯で20本ほどの作品を残しているはず。
そのうちの1本がこの主題歌である「霧笛が俺を呼んでいる」
1960年の作品です。

同級生の間にも衝撃が走り、映画スターなんて憧れの存在だけに、彼の死を悲しむものまでいました。



今もし生きているとしたら1939年生まれだから71才。
日本人離れした風貌は、未だに人気が衰えない。
赤木の名前は時折紙面を飾ることもある。



画像



未だに彼の死を悼んで墓前を訪れる人が絶えないとか。
死んでも尚スターですね。

彼を偲んでこの歌を歌ってみます。





霧笛が俺を呼んでいる





【送料無料】 CD/サントラ/日活映画音楽集?スタアシリーズ?赤木圭一郎/OWCR-2039
サプライズWEB
日活映画音楽集?スタアシリーズ?赤木圭一郎サントラ(赤木圭一郎)発売日:2008年3月26日品  種

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
隣の風さん
とっても格好良いですね
唄い方もいつもと違うみたい
赤木圭一郎になりきっているみたいですよ 
今日一日、気持ちよく過ごせるような素敵な歌でした
やまちゃん
2010/05/27 07:26
やまちゃん毎度〜
この歌やまちゃんのリクエストでもあったなあ
オフ会の日に歌ってみてと言われたのが最初で、あの時はハチャメチャだったけれど、少し練習したのでアップします。
カッコいいスターだっただけに未だに忘れへんなあ
風の旅人
2010/05/27 09:19
赤木圭一郎・・・知らないですわ〜。
でも なんかラジオで 病室の状態を流していたとかって
チラって聞いた事がありますが 真偽は不明です〜。
今で言うと・・・木村拓哉とかなのかな〜。。
みるきぃ
2010/05/27 12:07
みるきぃさんコンチャ〜
今日はすごく寒いなあ
大阪では長袖着ないと外に出られないけど、みるきぃさんは仕事場にドテラを持ち込んで着ているのでは(笑)

赤木圭一郎が亡くなって50年でしょう
みるきぃさんはまだこの世に生まれてなかったでしょう

キムタクと比較ですか?
絶頂期のキムタクみたいなものかなあ
映画スターがスターと呼ばれた時代ですわ。
今は総タレントでっしゃろ。
ちょっと違うような気がします。
風の旅人
2010/05/27 13:23
おはようございます!風さん♪

プチご無沙汰のところ、
先日は、gooの方へコメントありがとうございました。
一泊だけなのに、写真の整理や〜〜何やらと忙しい日々です。

今日の曲は又懐かしく〜拝聴しました。
本当!
赤木圭一郎さんになりきってるよう!
ステキでしたよ!風さん
yun
2010/05/28 09:23
こんばんは!!
赤木圭一郎さん、懐かしいですね。
もう50年ですか〜。 風の旅人さん、私より少しお兄さんですね。
懐かしく拝聴しました。
nana
2010/05/28 22:18
yunさん今晩は
兄弟会の話はあちらの方がいいでしょう。
カラオケブログの方には、記事の内容によって、コメントしたいときに書くようにしています。

なりきっていますか?
声質が似ているだけですよ
風の旅人
2010/05/28 22:28
nanaさん今晩は
ワテより少し若いのですか。
と言うことはフムフム\^o^/
この年で3つや4つ違いは余り変わらないなあ
と書けば、そんなことないでぇと文句言われそうやなあ(笑)

赤木圭一郎が衝撃的な死から50年です。
今年は彼のイベントがあるかも知れませんね。
若くして死んだだけに、いつまでも記憶に残っています。
風の旅人
2010/05/28 22:31
お早うございます。

美声の風さんの声を聞きながらコメント書いています。
この人は知りませんが、現在のキムタクくらい、人気があったのですか?
それは凄いですねぇ〜
足が長くて、素敵な俳優さんだったのでいしょうね。
菜桜
2010/05/29 11:10
菜桜さん今晩は
赤木圭一郎は知りませんか。
すると菜桜さんは随分若いと言うことですか。

キムタクとの比較ですか?
一時のキムタクはすごかったけど、今はどうでしょう。
昔ほどじゃないと思うけど、生前の赤木の人気は裕次郎ほどの人気はなかったでしょうが、若いファンをグッと捕まえていたんじゃないかなあ
あの頃はまだテレビも一般には普及しておらず、映画が娯楽と言われた時代だったので、今みたいにマスコミに盛んに取り上げられることもなかったでしょう。
比較はとても難しいなあ。
風の旅人
2010/05/29 21:45
風さんこんにちは!
赤木圭一郎さんの死には、私16・7歳でしたよ。
「霧笛が俺を呼んでいる」の歌、当時私も歌ってました。
レコードも買いました。
懐かしい歌を聞かせて頂き有難う御座いました。
もしかすると、風さんの後追させて頂くかも?
好いですか?
蝉しぐれ
2010/05/31 18:35
蝉しぐれさんいらっしゃい。
お名前は前から存じていますが、ここに足跡を残されるのは初めてですね。

赤木が亡くなって50年。
蝉しぐれさんは1才上だったんですね。

当時は映画スターと言えば、華やかなスポットライトが当たっており、若者はスターを求めてプロマイドも売れたりして、すごく人気がありました。

この歌を後追いで歌って貰えるのですか。
楽しみですね。
懐かしい歌ですから、気合いが入るのでは\^o^/
風の旅人
2010/05/31 22:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
銀幕スター赤木圭一郎 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる