心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄の海事情

<<   作成日時 : 2010/03/24 22:58   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 18

沖縄シリーズもいよいよ最終回になりました。

沖縄と言えば青い海と青い空
今回の旅では天気がイマイチだったので、期待したような青い空には出会わなかった。

それでも滞在中にやっと晴れた二日間で、青い海を見に行きました。
沖縄に来るとこの風景を見ないと帰れません。


沖縄の中部の与勝半島に海中道路が出来ています。
まっすぐに伸びた道路は両側は海に挟まれており、ドライブするには最高です。

元々は干潮時だけ島に渡れるだけで、満潮の時は屋慶名と平安座島をサバニと呼ばれる船で行き来していました。


画像

1は屋慶名(やけな)




画像

地図はお借りしました


海中道路は4,5,6,7,8の島が結ばれています。
この地図では8が結ばれていませんが、現在は4島とも繋がっています。



画像

2は平安座(ねんざ)海中大橋
本島側の屋慶名と平安座島を結ぶ海中道路は全長4.7kmのまさに海の上を走る長い道。


3はパーキングエリア


画像

4は平安座島




初めて沖縄に来たとき、この平安座島に船で渡りました。
当時はガルフ石油の巨大な石油備蓄基地が建設されていました。
現在では沖縄石油の名前に変わっていましたが、当時も今も変わらぬ姿でした。

平安座大橋を渡ると平安座島に到着。
そこから浜比嘉島に向かう橋が架かっており、5分ほどで島に到着。
島を一周しようと周回道路を走りましたが、直ぐに道が途絶えました。


平安座島と隣の宮城島とは小さな橋で結ばれており、うっかりすると宮城島に渡った気がしません。
宮城島まで来ると海の透明度は最高。
真っ青な海が見られます。


画像



画像


5は宮城島


宮城島から伊計島にも直ぐです。
ここまで来るとビーチもあって、夏場には大勢の人が押しかけています。
この青い海を知ったら、そりゃもう他では泳げませんよ。

6は?
7は伊計島
8は浜比嘉島


翌日は南部を走りました。
ちょうど昼になったので、奥武島に渡って食事をしました。
この島に来るのはこれで3度目ですが、来ると必ず食事をする店があります。


画像



前回来たときは店の屋根に、古いサバニが飾ってありましたが、朽ちたのか台風で飛ばされたのか失くなっていました。


今回は造り定食とミーバイのバター焼きを注文


画像



何が出てくるか期待感でワクワク。
この店の料理は美味しいので、前回は朝日ガニ汁とハリセンボンでしたが、朝日ガニは水揚げされていないとのことで、前記の二つで決定。


出てきましたでぇ〜造り定食
これで1人前だって
とても食べられる量ではなかったので、嫁はんとワケワケ


画像



そしてミーバイのバター焼き


画像



沖縄の魚は熱帯業だから、総じて不味いはずでした。
ところがこのミーバイは絶品だった。
やはり料理の腕かなあ
両方とも値段を見たがびくりするくらい安かった。
お値打ちの一品でした。

店の前が漁港になっており、フカヒレが干してありました。


画像



食後の運動に浜に出てみました。
真っ白い珊瑚のかけらが浜を埋めており、大量の貝殻が投棄されたのか、食べた後なのか、大変な数でした。


画像



画像



ちょうど干潮帯を利用して青さノリを採っておられたので見に行きました。


画像



画像



時間が経つと青さのりも乾燥するので岩にこびりつきますが、そこでジョウロで海水をかけてふやかすそうです。
そうすると簡単に摘めるそうです。
ただ指でむしるように採ると砂が混じるため、はさみを使って刈り取ります。


画像



画像



約1時間ほどでこれだけの収穫です。
味噌汁に入れたり天ぷらにして食べるそうです。


画像



画像



青い海青い空をいつまでも残したい旅でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん本当に良い旅されて来ましたね。
お疲れ様でした。そして、素敵なお裾分け有難う御座いました。
色々考えさせられ、お腹一杯になって、美しい海も見て・・
やっぱり大切にしないといけない日本だなぁ〜とつくづく思いました。
最後に、一言
あおさ海苔の味噌汁 これがビックリすほど美味しんだよね (^_-)-☆
やまちゃん
2010/03/25 05:30
なんか新婚旅行みたい

chie
2010/03/25 09:44
やまちゃんおはようさん
今回は1週間の旅でしたが、晴れたのは正味2日だけ。
その2日間に出かけています。

沖縄はやっぱり晴れないとアキマヘン。
海の色が全然違います。

開発で土砂が海に流れこんで、汚れも目立ってきています。
珊瑚が死滅した報告もされており、米軍の海上基地などは自然を壊すだけ。
一度壊した自然は元に戻らない。
この青い海を守るためにも、県民の願いはただ一つ
米軍基地は沖縄から出て行くべきです。
風の旅人
2010/03/25 11:00
chieちゃんおはようさん
今回の旅もこれで最終回。

沖縄の自然を守るため、そして平和を守るためにも、県民の願いはただ一つ。
そのことをブログを訪れてくれる皆さんに、知って欲しいと願っています。

青い海の沖縄へ子供たちを連れて一度おこしやす。
風の旅人
2010/03/25 11:03
綺麗な海ですね
景色ですね。やっぱりいいなぁ〜
風のさんの歌声もこの写真に合ってる。
写真を拝見しながら聞くと
なお、いいですね。行きたくなっちゃった。

お刺身・・・生ツバもんです。
おいしそうですね。
みゅ〜
2010/03/25 12:04
風の旅人さん こんにちは^^
沖縄の海は最高でしょうね。
透き通った海、写真でもわかりますね。
海の道路、アクアラインもありますが、こちらのも渡ってみたいです。
お刺身美味しそうですが^^凄い量ですね。
芭蕉布、「沖縄」のこと「うちなー」って言うんですね。
食わず嫌いなおして、いつか沖縄へ^^ウフフ^^
ももこ
2010/03/25 15:16
うちのが学生時代に行っていたらしく、何かと言うと沖縄の海の美しさを、さも自慢げに話します。
食い物の話が出ないとこをみると、多分たいしたものも喰ってこなかったのでしょうね。
一連の沖縄談義、面白く拝見。
有難うございました。
あおいレイ
2010/03/25 20:08
沖縄の料理をもっと有名にしなきゃいかんね!


私はサーターアンダギーくらいは作るよ(^O^)v 紫いもとか黒糖入れて。

ソーキソバも物産店で麺が売ってる時に買っておいて作るよ。
お肉は泡盛で煮るのが本式?らしいから、お財布と相談しながら研究途上です。


やまちゃんも、サーターアンダギーなら絶対食べれるよ〜

(^.^)b
chie
2010/03/25 20:44
みゅ〜さん今晩は
北海道から沖縄までひとっ飛び
真冬から初夏の世界へ
一度どうですか
積丹ブルーも素晴らしいけど、沖縄のブルーもいいでしょう。
この造りは美味しいのと安いのでびくりしました。

この歌好きな民謡です。
風の旅人
2010/03/25 21:49
ももちゃんコンチャ〜
アクアラインは有料ですが、海中道路は無料です。
真っ青な海を見ながら走るだけに、気分は爽快です。

沖縄では何度も魚を食べていますが、今回の魚は最高でした。
ちょうど食事時間帯でしたが、直ぐに満員になるほど大盛況でした。

沖縄のことを「うちなー」沖縄の人を「うちなんちゅー」本土の人は「やまとんちゅー」です。
一度沖縄お試しあれ。
風の旅人
2010/03/25 21:53
あおいレイさんコンチャ〜

奥さんは沖縄に行ったことがあるんですね。
青の海を見たらそりゃもう自慢しまっせ。
でも食べ物自慢が出ないところがおかしいね
きっと口に合わなかったのかも。
まあそれもしょうがないね。
今度は夫婦でご一緒にいかがですか。
たまにはいいですよ。
風の旅人
2010/03/25 21:59
chieちゃん今晩は
沖縄通やんか
それも本格的、大したもんや。
ワテの奥さんとエライ違いでっせ。
角煮とか三枚肉、ソーキなんかとんでもないと叫ぶでぇ。
女房間違えたかな(笑)
風の旅人
2010/03/25 22:01
沖縄の旅満喫いたしました〜〜って、旅人さんのブログでね^^
でもこうやって見てると、又行きたくなるなぁ〜
今度は当たったのじゃなく、自分のお金でゆっくりと(笑)
その前に、旅人さんのブログをコピーしてね^^v
このてんこ盛りのお刺身定食が私を呼んでる気がします あは^^;
音流
2010/03/26 11:20
音流さんコンチャ〜
このブログ旅気分を味わうのもいいけれど、ここは是非自費で旅立ってください。
今回は神戸空港から飛びましたが、どういう訳か神戸からの方が安い。
何故安いのかはよくわかりませんが、安い方がやはり嬉しい。

この刺身定食が食べられるのは、まずここだけだと思う。
なんせ見てのとおり量が半端じゃない。
一人は食べきれません。
その時はワテを呼んでください。
ワテが食べに行かせてもらいます(笑)
風の旅人
2010/03/26 11:27
石垣島まで行かなくても、ここでも結構海が綺麗ですね、ここら当たりは何時頃から泳げるのですか、元気なうちにいってみたいなぁ。

それにあの刺身はなんですか、一人前とは凄いですね、以前行った時に沖縄の魚は大きいが大味な感じがして、あまり美味しいとは思わなかったですが、これは美味しそうですね。
私もこんな旅がしてみたいですが、いつもテレビで旅番組をみるばかりで、実行に移せません、それでもなんとか、年に二度くらいは一泊では行くのですが、今は長いのは行けません。

ご当地ソング、関東は東京と横浜以外はヒット曲ほとんどありませんでしたね、風さんのご当地ソングはもうすぐ九州ですね、九州は多いですよ、頑張ってください。
旭、聴いて頂いて有難うございました。
アキのいちご
2010/03/26 16:13
そうそう、沖縄は晴れないとね。
過去一度行ったことがありますが、運悪く雨が降ってましてね・・ジトジトと湿気もすごくて、せっかく来たのに・・なんだかな〜と嘆いておりました。
帰る直前にパーっと晴れまして、やっと沖縄の美しい海を眺めることができ、感激したことがあります。
写真の海!綺麗ですねぇえ〜〜〜〜
青さノリ・・美味しそうですが細かい作業なんですね〜
こりゃ、大変です。。
芭蕉布聴きながらの沖縄の写真は・・とても素敵です〜^^
ゆりこ
2010/03/26 20:27
アキのいちごさん今晩は
38年ほど前のことです。
那覇港で海を見ていると底が透き通っているいるので、綺麗やなあと嫁はんに言ったら、汚れているというわけです。
底が見えているのに汚れている?
何処が汚れているんやと言うと、油が浮いている・・・

港ですからフェリーの出入りもあるし、小舟も行き交っています。
このくらい油が浮いていてもどうちゅうことないで。
いくらでも泳げるがな
しかし嫁はんの感覚では那覇港では泳げない!

こんな綺麗な水で泳げなかったら、神戸の須磨の海はどないなんねん
泥水の中で泳いでいるで。
それでも検査で合格しているで。
と言うわけでワテの目には、沖縄は何処で泳いでも綺麗な海でした。

おそらく関西や関東の人が沖縄の海を見たら、一部を除いて何処でも飛び込むでしょう。
それくらい綺麗です。

石垣島まで行くと確かに海の透明度は違うでしょう。
でも石垣や宮古島まで行く必要はないと思う。
そこまで行かなくても那覇から1時間ほど船に乗ると、慶良間諸島に着きますので、底の海は世界で第2位の透明度です。
この時期ならホエールウオッチングも出来ますので、是非行ってみて欲しいですね。

ご当地ソングの残りは、後日始めます。
風の旅人
2010/03/26 22:19
ゆりちゃん今晩は
沖縄にせっかく行って雨だったの。
こればっかりは運不運がありますね。
それでも最終日に晴れてくれて、少しでも綺麗な海が見られて良かったね。
明るい太陽の下で見る沖縄の海は最高です。

アオサ海苔の収穫は、一つ一つ摘んでははさみで切っていく。
それでも砂利が混じるので、砂利を今度は除去する作業があります。
根気がいりますが、その分美味しい自家製のアオサ海苔が出来上がるので、楽しみでしょう。
風の旅人
2010/03/26 22:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
沖縄の海事情 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる