心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄の神さま事情

<<   作成日時 : 2010/03/23 17:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 20

日本全国には色々な神様がおいでになりますが、沖縄にも神様がいます。
御嶽(うたき)とよばれる宗教施設があります。


画像



御嶽は琉球時代からあるもので、一種の聖域として男子の立ち入りを禁制したりして、聖域化しています。
沖縄の神様は大和(本土)の神話とは違っており、天照大神は出てきません。

沖縄には日の大神(天にある最高神、日神、天帝)さまがいて、開闢の神アマミキヨ(アマミク)に命じて島作りをさせたとなっています。
ところが変われば登場人物も違ってきます。


画像



今回の旅では世界遺産の一つである斎場御嶽を見てきました。
本島南部にある斎場御嶽は、太陽が昇る東の位置に久高島が見えます。
久高島に降臨したアマミキヨは、今も聖地として崇められている。


斎場御嶽に向かう道は整備されて歩きやすくなっています。
若い人たち中心に見学者が来ていました。


画像



大きな岩が二つ合わさっているのが三庫理(さんぐぅい)、大きな和岩の天井から、鍾乳石の一部が垂れ下がっており、時折水滴が落ちてきて小さな壺に聖水が貯まっています。
昔は飲み水として、岩から染み出す水は貴重なものだったのでしょう。


画像


この三庫理の大岩をくぐり抜けると、アマミキヨが降臨した久高島が遥拝できるます。


画像



沖縄には各所に御嶽が見られます。
首里城周辺には十御嶽があったと言われており、そのほとんどが戦争で、あるいは土地接収でなくなっています。


画像



琉球の古い時代は政治にも利用されたようですが、民間宗教はどうであったのか。
おもしろいことに本土なら宗派というものがありますが、沖縄には本土並みの宗教がありません。
例えば浄土宗、浄土真宗、法華経などが見あたりません。

坊さんはいますが、厳密に言えば○○宗といった宗派ではありません。
いわば土着の宗教です。

なんで?と思うでしょう。
これにはわけがあります。


どうも江戸時代にそうなったらしい
琉球が薩摩に攻められて、強引に薩摩の領地にさせられましたが、当時の日本は諸国の往来は一応自由でした。
江戸の出入りは「入り鉄砲に出女」として中にはいるのは自由ですが、外に出るのは厳しく取り締まられました。

現在は都会の情報がメデアを通して直ぐに伝わりますが、昔は伝聞によるものでした。
その担い手が坊さんや武士、芸人、商人と言った人たちでした。

しかし事琉球に関しては、坊さんの渡航を拒否したそうです。
辻説法で江戸や上方の話を伝えられると、お上はおもしろくなかったのでしょう。
坊さんの布教活動をスパイみたいな扱いで、沖縄では布教させなかったので、今でも本土並みの宗派がありません。

お盆はありますが沖縄独特というか、中国の影響を受けたお盆行事をします。
古銭(印刷したおもちゃの紙幣)を燃やして供養します。
洗面器の中で古紙幣を燃やすので、見ていてもケッタイやなあと思いますよ。


画像



家の四方には神様がいます。
もちろん水の神様、かまどの神様などもいます。
家の角には石敢富とかいた石碑が立っています。
屋根の上には守り神、シーサーが睨みをきかせています。


画像



これ以外にユタがいます。
ユタとはなんじゃいな?
青森の恐山のイタコによく似た存在です。

何か困ったことがあったらユタに相談しています。
自分の体が悪かったら、原因は何かと聞きに行ったりして、少しでも気休めになるよう年寄りは未だに信用しており、影響力はまだまだあるようです。

嫁はんの親なんか、最近もユタに自分の体の調子について、聞き入ったようです。
そんなん無駄なことと言っても、なかなか聞かないですね。


画像



もう四十年も前の古い話ですが、ワテの嫁はんが沖縄から大阪に出て行く日、これを母親がユタに聞きに言きましたが、なかなかええ日がなくて、延び延びになったと聞いています。
当たったのか、外れたのか、未だに嫁はんやってくれています(笑)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
風さんの島唄ええなぁ〜
良かったわぁ〜
あぁ〜 風さん折角沖縄に行ったんならユタさんに俺の将来見て来てって頼んだら良かった
惜しいことしたなぁ〜
えぇ〜 『やまちゃんは、死ぬまで生きます』ってか
当たり前やって自分で占ってみました
やまちゃん
2010/03/23 18:36
沖縄は、まだ行った事がありません。
風さんの記事を読むと、独自の文化・思想がある理由、事情がよく分りました。ただ、フラッと観光に行ったのでは分らない、大事な部分ですね。
戦争の記事も、何度も読んで心に留めておきたいと思いました。
是非、一度行ってみたいです。
有難う。
マミー
2010/03/23 20:41
やまちゃん今晩は
やまちゃんの将来でっか。
答えはまさにその通り。

最近どこそこが悪いとよく書いているけど、ちゃんと治さないと長生きせんでホンマに。

死ぬまで生きたらいいけど、苦しみながら生きているのは辛いで。
肋間神経痛には湿布薬でも貼っているのか?
もしかしてマイク持ちすぎとチャウか
持つんやったら両手で交互に持ちや。
同じ手ばっかりでは、体の重心が偏ってしまい、無理することになるで。
ワテなんか箸より重いもの持ったことないでぇ(笑)
風の旅人
2010/03/23 21:49
マミーさん今晩は
相太の応援では気合いが入ってまんなあ
土日は目が離されへんなあ

沖縄には一度も行っていないのかいな。
東京小平に行ってばかりじゃなく、たまには沖縄に行きなはれ
銭が腐るほどあるんやろ(笑)

沖縄について色々な面から紹介していますが、ツアーでは決してわからないことがここで紹介させて貰っています。
少しでも参考にしていただけると、本当に嬉しく思います。

行くときは是非ワテがガイドを引き受けます。
その時は万難を排しても、はせ参じまっせ。
但し銭は腐るほどあるようなので、それもついでによろしく(笑)
風の旅人
2010/03/23 21:57
そうやなぁ〜
風さん気ぃ付けまっさぁ〜
介護の仕事をしようとする者が、介護されとったら笑われますなぁ〜
今日も、アップしたら湿布貼って温和しく寝まっさぁ〜
やまちゃん
2010/03/23 23:13
やまちゃん〜ホンマでっせ。
50代になったとき、60代になったとき、それぞれ体にガタが来ているのがわかります。
足腰が確実に弱くなっています。
無理をしたらとたんに体が反応します。

今夜は湿布を貼って、おとなしく寝てや。
まさか今頃からアップしないように。
風の旅人
2010/03/23 23:30
いろいろ勉強させてもらっています。沖縄といえ1日観光バスで、島を回ったことがありましたが、いいとこだけ回りました。旅人さんの沖縄は、私の知らないことばかりなので、とてもよいです。
うさこちゃん
2010/03/24 08:05
うさこちゃんコンチャ〜

沖縄観光の目玉は綺麗な海と青い空。
沖縄の観光と言えば、本当の南部へ行くとひめゆりの塔、沖縄ガラス工房、玉泉洞、首里城、万座毛、東南アジア植物園、美ら海水族館と言ったところでしょうか。

過去の記事には上記の観光地について載せていますが、今回は少し視点を変えて掲載しており、参考にしていただけると本当に嬉しいことです。

今少しす続きますので、引き続きご愛読をよろしくお願いします。
風の旅人
2010/03/24 11:06
所変われば・・・食べ物始め神様まで興味深い土地ですね。
水、基地、歴史の事等・・・通り一遍の観光では知る事の出来ないこと教えてもらいました。風さんの視点での沖縄、続き楽しみにしています。
mugen
2010/03/24 13:14
う〜ん 風さん
まさかのまさかでした!
最後の風さんのコメ見る前にもうアップしてましたがなぁ〜
遅かりし、○○之助でしたよねぇ〜

病院行って来ました
レントゲンも撮ってもらって、異常なし
血圧も、先生がビックリするほど平常値になっていて取り敢えずは薬は飲んで置いて下さい、でも下がり過ぎに注意して下さいね!ですって・・・
はい、健康優良児のお札を貰いました ☜ うそですよ!

ご心配をお掛け致しましたが、大丈夫とのご報告をさせて頂きました。
やまちゃん
2010/03/24 13:37
風の旅人さま、今日は〜♪

恥ずかしながら、沖縄へは一度も行ったことがないのです。
友人が二人もいるのですが…

所変われば品変わる?神様、仏様、食べ物と違いが有りますね。
菜桜
2010/03/24 13:42
mugenさん今日は。
一日中降り続く雨にすることもなく、PCの前で時間を潰しています。

沖縄の諸事情を色々と書いていますが、普段何気なく見ているものでも、テーマを決めて書いてみると、本土との違いなども紹介出来ます。
他に何かこんな所はどうなっている?みたいな質問でもあれば、おっしゃってください。
風の旅人
2010/03/24 14:08
風の旅人さん こんにちは^^
ユタの話、興味深く読ませていただきました。
延び延びになってよかったんですね。きっと。
沖縄の親御さんのようにいつまでも夫婦ご円満で。
沖縄料理より、フレンチがのほうが^^ウフフ^^
ももこ
2010/03/24 14:10
やっぱりやまちゃんは遅くまで起きていたんや(笑)
一緒に行って診察受ければ一案心。
血圧も正常値に戻ったようですが、薬は毎日きちんと飲まなアカンで。

まあ余り無理せんように、自分でコントロールしてや。
熟女総なめのデュエットも控えているんだから(爆)
風の旅人
2010/03/24 14:11
菜桜さんコンチャ〜
沖縄に行く機会はこれから出来ますよ。
人生は50代からで、好きなことが何でも出来ます。
友人がお二人もいらっしゃるなら、もう行けば大歓迎してくれますよ。
こちらも相手の方も元気な内に行くことですね。
スーパー旅割りを使えば広島から11,700円で行けまっせ\^o^/

沖縄の食べ物は菜桜さんにはどう感じるかなあ
楽しみです。
風の旅人
2010/03/24 14:21
ももちゃんコンチャ〜
延び延びになった来版ですが、気持ちはヤキモキでっせ。
運命の分かれ道はもしかしてユタのお告げ。
果たして効き目があったのかなあ(笑)

フレンチの方がいいのか
大正にフレンチなんかあらへんで(笑)
風の旅人
2010/03/24 14:25
こんにちは〜^^

沖縄一度も行ったことがありませんが・・・^^
沖縄にも神様いるんですね〜〜〜〜〜うふ^^
沖縄しらないので 「島唄」聴きながら
 ここでじっくり観光させていただきますね(笑)
みえ^^
2010/03/24 18:42
みえ^^さん今晩は
沖縄にも神代の昔から伝わる神さんがいたようですね。
伝統的な沖縄の衣装を着て今も伝統行事として残っています。

この島唄は沖縄の歌ではなく、ヤマトンチューが作った沖縄の歌ですが、当時よく歌われました。
沖縄の夏は良いですよ。
風の旅人
2010/03/24 20:34
こんばんわぁ☆

風丼♪神様事情 それから石碑シーサー
そして伝統行事のお話とありがとうございますぅ
テレビで放送して説明してもらってるようで嬉しいです



そして奥様のお母さんの昔のお話はいいですねぇ
そうなんですよねっ 昔の女性は特に信じていることがあり
必ずなにかあるとお尋ねしてから行動に移すというのは 私にもよくわかります
とてもいいお話ですよ
そしてそのような事はずっと続けていってもらいたいですよね
はい〜〜☆
 
★って突然ですが風丼♪\(*^∇^*)/リクエストがあります

歌手山内惠介という人の
    ”風蓮湖”
という歌をリクエストしたいです
ラジオから聴いててとてもいい歌でございますよん
よろしくねぇ どうぞゆぅ〜〜〜〜くりとでいいですから
    ほい あじ丼(*^-'*)>☆ %}      
紫陽花
2010/03/24 22:02
あじ丼〜今晩は
神々の話からユタの話までちょっと神秘的な話ですが、現実は今尚続いているユタ信仰。
最近も義母はユタにお伺い立てて貰おうと行ったようです。
まあいっかと思って放っておきますが、事何か心配事でもあると行くようです。

リクエストの風蓮湖
全然知らないなあ
you tubeで聴いてみましたが、北海道にでも行けば覚える気が起きますが、今の時点では難しいなあ
しばしお待ちを。
風の旅人
2010/03/24 23:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
沖縄の神さま事情 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる