心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄の諸事情・水はどこから来て何処へ流れる

<<   作成日時 : 2010/03/15 12:07   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 24

前ページで沖縄の冬事情をお話ししましたが、今回は水事情をお話しします。

水って天から降ってきて、やがては海に戻るんやろ。
この考えは小学生くらいなら知っています。

沖縄の水は65年前まではこれで正解でした。
ところが日本がアメリカとの戦争に負けて、戦後の沖縄は日本のものではなくなってしまいました。
アメリカの治世権に入ってしまい、電力やガス、水道などもすべてアメリカの管理下でした。
一応沖縄としての行政府はありましたが、その権限はすべてアメリカの言いなりで、水は天から降ってきてやがては海に戻る法則も、支配者が変わるとそうもたち行かなくなりました。


画像



大きな山がない沖縄は元々石灰岩が隆起した珊瑚の島だけに、保水力に乏しい土地です。水は直ぐに地下に吸い込まれてしまう特質があります。
大きな山がないと言うことは、大きな川がないことになります。

そこで貯水ダムを作ったわけですが、そのダムの管理をしたのがアメリカでした。
日本の90%の基地が沖縄に集中している現実です。
水はまず米軍施設に供給されることになります。
そして余った水が県民に供給されるシステムが、戦後営々と続いてきました。


画像



そうなると県民生活はどうなるのか。
この疑問が今回のテーマです。


大きな山がない沖縄だけに、貯水ダムはいつも満杯とは限りません。
本土でも同じことが起きていますが、雨が降らなかったらダムの水は減ってきて、給水制限が日本の各所で起こっていますが、沖縄は米軍の管理下なので毎年のように水飢饉が起きていました。

24時間断水から48時間断水へ、さらに72時間断水ともなると一般市民は水のありがたさが染み渡ります。
水が出ている時間には、家中のたらいやバケツを動員してでも、なんとしても溜めなければならない。
しかし水道栓をひねるにも、出てくる水の量はチョロチョロ。
全家庭が一斉に栓をひねるからです。

喫茶店やホテルでは水が出ないために、本土ならあるはずのお冷やもでません。
場合によっては休業さえ強いられます。


画像



ワテが初めて沖縄に渡ったのは38年前の、まだ米軍管理下の沖縄でした。
もちろんパスポートをとっての渡航でした。


画像



知人の家に民泊でしたが、風呂に入るにも水が出ないので、毎日は入れるわけではない。
今出ているよという声で、風呂に入ってもシャワーだけ。
湯の中にどっぽり浸かって、はぁ〜いい湯だな〜なんて歌ってられません。

朝の洗面も一杯の洗面器の水で、歯を磨き洗顔するだけ。
ジャージャー垂れ流して洗うことも出来ず、水って本当に貴重だなあとしっかり思いますよ。
貯水タンクを作っている家も多いのは、こうした水事情の名残でしょう。


画像



そんな苦労して育った妻だけに、我が家の風呂も長い間冬でもシャワーだけ。
この冬くらいからでしょうか寒さには勝てなって、湯船に湯を溜めて入るようになりました。

沖縄の妻の実家では未だにシャワーです。
このクソ寒い日でもシャワーで入るのですが、慣れてはいますがゆっくり湯船に浸かって入りたいものですが、永年染みついた習慣は消えるものではありません。

大阪に帰ってくるとホッとするのは、水ってなんぼでもあるでぇ〜という感覚です。
日本人は水ってタダだと誰もが思っていますが(もちろん水道代は払っていますが)、水道栓をひねれば水はジャージャー出てくる生活、これってすごい贅沢なんですね。


海外旅行の経験がある人がこの文章を読んだら、各国の水事情を書いて貰えると思う。
洗面器一杯の水で洗面、トイレの話に及ぶと思います。

日本人に生まれてバンザイと思うでしょう\^o^/


歌を歌えと言うことで、とりあえず水の話でしたので今回はこの曲でも。

さっそく前ページの機能を使ってみました。

鎖をクリックするとURLを入力する画面が出たので、コピーしてきたのを貼り付けました。
表示画面で確認すると、何も表示していないやないか。
真っ白なままです。



なんじゃこれは
以下の文面が形になって表示しないのかいな

<A href="http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND1420/index.html" target="_blank"></A>
注)最初と最後は大文字で書いてありますが、本来は小文字です。


解決策は次の通り。

最後の方にblank"></A>ありますが、><の間に「歌詞」とか「川の流れのように」と書き込むと表示します。

これやったら従来やっている方法と余りかわらんでぇ。
これが感想でした。


歌詞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん、お帰りなさい!
沖縄と言えば、常夏の楽園のように思っていましたが、
この季節に10度にもなる寒さになったり、水不足の深刻さは
初めて知らされました。
それにしても、沖縄には暖房器具が無いことに、びっくり。
冬でも、湯船に浸からずにシャワーで済ますとは、又びっくり。
風さんが、沖縄と本土とを行き来しながら、その習慣の差に
あたふたとされている様子が目に浮かびます。

海外では、お水は買わなければ飲めないということに驚きました。
本当に何気なく飲んでいるお水を、もっと大切にしなければと
思いますね。
ともっぺ
2010/03/15 17:48
何度も沖縄には行きますが、冬は初めての体験でした。
寒くてもセーターがあれば暮らせると妻は常々言っていたので、その言葉にすっかりだまされた格好です(笑)

この冬の寒さは格別で、暖房器具が備えていないことでもわかるように、沖縄には暖房器具なんて元々いらなかったはずですが、本土から行った寒がり男にはさすがに堪えましたなあ(笑)

シャワーについては妻の影響もあって、我が家でも冬でもシャワーでしたが、流石による年波には勝てず最近では湯船に入っています。
冬の暮らしは全く初体験だったので、いやはやいい経験でした。

最近は断水することも余り聞かれなくなりました。
昔はしょっちゅう断水やと騒いでいましたよ。

水なんてなんぼでもあると思っていますが、阪神大震災のような大きな被害が出て初めて、水の大切さを学びますね。
風の旅人
2010/03/15 18:17
風の旅人さん こんばんは^^
水道栓ひねったらじゃーって出てくるのに慣れてる我々は、水のありがたさも忘れてしまってるかもしれませんね。
冬はシャワーで寒いし、浴槽につかりたいですね。
海外はハワイに1度行っただけで、水の不便さは感じなかったですが、外国生水は飲んじゃダメって意識はありますね。
風の旅人さんの記事を読んで、改めて水が当たり前に出てくる環境に感謝しないとって思いました。
人生は川の流れるように、身をゆだねて生きて行くのが1番いいのかも・・・

歌詞の鎖、風の旅人さんにはお役に立たなかったようで^^;
お手数おかけしましたm(__)m
水曜に京都に行くことになりました。
ももこ
2010/03/15 19:59
沖縄は大変だったようですね、私も昔4回ほど観光と仕事で行ったことがありますが、本当は紺碧の海で泳いで見たいのですが、未だに実現していません、この年ではもう無理のようですね、若い頃に行けばよかったと後悔ばかりです。
奥様の実家が沖縄とは羨ましいですね。
実家に行く度に沖縄観光が出来るのですものね。

表の写真また良いですね、京都の町ですか、京都はこんなところでも絵になりますね、何時もながらに構図が素敵です。
でも沖縄の写真があまりないようですが、それとも、もう沖縄の写真は飽きられたのですか?
楽しみにしていましたが。

一度にブログ巡りは大変でしょうね、私なんかは最近は、一日3曲と決めて聴いています。
三年待ち屋、聴いて頂いて有難うございました。
アキのいちご
2010/03/15 20:39
ももちゃん今晩は

鎖の使い方は利用できますよ。
やり方を具体的に書くことで、使いやすくなったのではと自負しています。

沖縄の水事情も今では随分改善されて、昔ほどではありません。
海外に行ったことはありませんが、行った人の話を聞くと日本の水ほど安心して飲める水は他の国にはないそうです。

日本の水がいつまでも綺麗なまま、安心して飲めるように自然を大切にしたいですね。
水曜日に帰ってくるんだ。
お暇なときはご一報を\^o^/
風の旅人
2010/03/15 22:03
アキのいちごさん今晩は

カラオケは一日3曲しか聴かれないのですか。
その考えもすごいなあ
ワテややまちゃんのように毎日アップしていたら、たまにしか聴いてもらえないんや(゚_゚i)タラー

4回も沖縄に行ったのに、海には入っていないのですか。
ワテも結婚当初は若かったので海に潜りましたが、今では波打ち際で孫を遊ばせるだけで、いわば監視員ですわ。

海の中を覗くとそれはそれは別世界です。
せめて水中めがねだけでも覗いてみませんか。
色とりどりの熱帯魚が泳いでいるのが見られます。

沖縄も遊びで行く分には良いのですが、事何かあれば給料一ヶ月分トビまっせ。
40年近く前に義父が死んだときは、親戚友人にお金借りまくりましたがな(笑)

沖縄の写真はこれからです。
今少しお待ち下さい。
風の旅人
2010/03/15 22:11
今でも沖縄の一般家庭ではシャワーだけのところが多いのですか?
シャワーにしたって、私のように出しっぱなしで頭を洗ったりしていたら、怒鳴られちゃいますね〜
私は沖縄、一度も行ってないのです・・車では行けませんものね(笑)
ですから旅人さんの記事、すごく面白いのです。
いろいろ教えてもらいました・・ありがとうございます。
あおいレイ
2010/03/15 23:16
あおいレイさん今晩は
さて他の家庭ではどうでしょうか。
沖縄の住民は断水の経験を知っているので、水に対しては貴重なものと思っていますが、最近は断水もないし洗濯機なども自動化されて水は結構使っていますが、風呂に関しては亜熱帯の土地だけに、本土のように熱い風呂にゆっくりと浸かりたいとは思わないのでは。
家には一応浴槽はありますが、湯を入れたことなんかないのでは。

シャワーの出しっぱなしは性格ですよ。
ワテも同じですわ(笑)
チョロチョロ水では洗った気がしない(笑)

沖縄には死ぬまでに一度くらい行っておくれやす。
今なら安いツアーもあるし、ワテのようにスーパー旅割で買うと片道1万でっせ。
仙台からなら17700円でありまっせ。
一度おためしあれ。
風の旅人
2010/03/15 23:28
私達って、水のありがたさより、浄水器の必要さなんかを考えちゃってますもんね〜貴重なお話でしたね。
でも「大阪でも冬でもシャワ〜」なんて、どこの家庭でも奥様に主導権が。。ですね(^_-)-☆
鎖は、↑この方法でやりましたよ。
この歌の作詞は「ガラガラヘビ。。」の方だったのですね。びっくりでしたが良い詩と良い歌を聞かせていただきました(*^_^*)
マンマ
2010/03/16 00:02
水大切にせなあきませんね
気ぃ付けます
俺は、他にもスパーで出されるナイロン袋、コンビニで要らんのに付いて来る割り箸、気になります
だから出来るだけ『要りません!』って言うようにしてますねん
これはケチくさいとかいう問題やないような気がして・・
やまちゃん
2010/03/16 00:02
マンマさん今晩は
今回は水について考えてみましたが、日本人は水に対して天から降ってくるものと思っており、タダでいくらでも飲んでや〜みたいなところがありますね。
ワテの田舎では昔から手動ポンプで汲み上げていました。
コンコンと湧き出る水でしたが、甘露甘露で美味しかった。

我が家の風呂事情で言えば、結婚当初はシャワーもない借家でした。
その時は浴槽に湯を沸かしていましたが、シャワーのある家になると自然とシャワーになりました。

マンマさんは鎖は以前から使用していたんですね。
流石やなあ
風の旅人
2010/03/16 00:22
やまちゃんはエコについて、考えているんやなあ
ワテなんかエコ対策だというのに、スーパーでビニール袋くれるけど、結構余分にくれるじゃない。
それをきっちり持って帰って、ゴミ袋として使用しているでぇ(笑)

最近は各市町村でも、ゴミの有料化を実施しているね。
そのため指定されたゴミ袋しか使えなくなっていますが、我が町でもその内有料化されるでしょうが、今のところスーパーのゴミ袋を使っています。
エコ対策は大事なことですが、使えなくなったビニール袋はゴミと一緒に出して、結局焼却しているのでは。
これも考えてみると果たしてもったいないのでは。
風の旅人
2010/03/16 00:29
こんにちは〜 今日は暖かくなりました。
風さんは、天候不順のときに行ってしまったのですね。

沖縄のお話しは、水ですね。
碧い海、澄んだ綺麗な海、と云うと水などたっぷりあるのかと思っていました。
認識不足でした。
節約することも考えず、ジャージャー使っている水の有り難さを
改めて有り難いことと思いなおしました。
沖縄の人たちは、それなりにいろいろ工夫して使っているわけですね。

私の子供の頃も、井戸水を汲んでお風呂まで何回も何回も運びました。
そんな昔を思い出しました。
ネモフィラ
2010/03/16 10:43
ネモフィラさんコンチャ〜
今回の沖縄旅行は天候に恵まれなかったけが、貴重な体験をしてきました。
何よりもブログに載せることが出来、皆さんの読んでいただけることは嬉しい限りです。

何でもないような日常の出来事も、皆さんとともに考える事が出来て、水のありがたさがよくわかりますね。
水を運ぶ苦労がその当時ではあたり前だったが、今こうして思い出させてしまい、子や孫に話してあげる機会になったのではないでしょうか。
風の旅人
2010/03/16 12:33
沖縄の水事情始めて知りました。
沖縄に川があるかないかも考えたこともありませんでした。

水が無いと生きていけませんね。もっと大切にしなければ!
mugen
2010/03/16 17:08
風さん!お帰りなさ〜〜い♪

寒くて大変だったというお話でしたが、
沖縄の水事情、初めて知りました〜
大切にしないといけませんね。
大変勉強になりました。

川の流れのように〜
私、いよいよ持ち歌危うくなってきましたが、
この曲なら、あぁ〜助け舟〜
名曲、ステキでした!!!
yun
2010/03/16 21:24
mugenさん今晩は
今回水のことを書きましたが、米軍が独善的に水を扱ってきた頃の話です。
一般家庭には断水を押しつけても、基地内の芝生の庭では水をジャージャー撒いていました。

その頃の苦労を思うと、今はほぼ解決しているようです。
風の旅人
2010/03/16 23:00
yunさん今晩は
今回の沖縄の旅は寒さに参りました。
大阪と全然変わらない寒さでしたが、なんせ夏に近い衣装で行ったもんだから、布団かぶって寝ているよりほかないですよ。

持ち歌もそろそろ枯渇ですか。
ヒトカラに行って仕入れるしかありませんね。
行く前に必ず歌う曲をメモっていくこと。
その場で考えたら、なかなか思いつきません。

ヒトカラにはフルタイムで行って、何度も歌い直しながら仕上げていきますが、それでも軽く20曲くらい録音してきます。

それとヒントを教えましょう。
歌う曲で音程が怪しいのがあるときは、1曲を通しで録音することと、その部分だけを録音にて乗り込みます。
それでほぼ歌えるようになります。
がんばっておくれやす。
風の旅人
2010/03/16 23:06
沖縄の事情、
凄い勉強になりました。
以前、大きな地震を経験しました。
水道が完全に止まり、とても不自由な経験をした覚えがあります。
水道が完全に復活したときは、本当にホッとしたもです。

大切に思う気持ちを忘れてはだめですよね。
人も大切に
自然も大切に。。

お邪魔致しました。
みゅ〜
2010/03/17 10:22
みゅ〜さんコンチャ〜
震災が起きるとライフラインが寸断されます。
電気、ガス、水道、それに電話など。
都会の生活にどっぽり浸かっていると、当たり前だったものが当たり前じゃなくなる。
重いポリタンクを持って給水車の行列に並ぶ。
家の前まで来てくれたらいいが、遠く離れていると運ぶときは悲惨ですよ。水のありがたさは本当によくわかりますね。
風の旅人
2010/03/17 12:18
沖縄へは数年前に遊びに行き
タクシーで観光したとき、チラチラ見える戦闘機などの
基地の異様な雰囲気は垣間見ましたが
そのような水事情は全く知りませんでした。
私も大地震を経験し、不自由な思いをしたはずなんですが
喉元過ぎれば。。で、今はそのありがたみも忘れがちです。
あのときの事を思い起こさせてくれた記事でした。
ありがとう 風さん^^
音流
2010/03/17 20:32
音流さん今晩は
国道58号線を北上すると嘉手納基地の前を通ります。
安保の丘に登ると基地内が見渡せますが、今では道の駅が出来て屋上から基地内がよく見えます。

阪神大震災では音流さんのお住まいの当たりでも、大きな被害が出ましたが、自宅は大丈夫だったんでしょうか。
ライフラインが寸断されただけに、大変不自由な生活を長い間したんじゃないでしょうか。
あの時の経験から水は本当に大事だと思うようになりました。
風の旅人
2010/03/17 21:52
日本の化学薬品製造会社には、瀬戸内海で副産物に「真水」を作っている所があると聞きました。
瀬戸内海地方が節水や断水をしている最中、学校のプールは水で溢れかえっていて子どもたちが水泳をしていると、問題視された事もあります。

そんな会社を優遇して島へ転居させたら、水問題はなくなるのにねえ。
ひこうちゅうねん
2010/03/18 16:58
ひこうちゅうねんさんコンチャ〜

海水から真水にする研究は随分進んでいるようですね。
小さな島だったら水の需要も少ないでしょうが、大きな自治体だったら水の需要も半端な量ではなく、はたして「副産物」程度の量で賄えるものでしょうか。

毎年渇水が叫ばれている早明浦ダムですが、四国の水の需要を一手に引き受けているようなもので、周辺自治体は大変な苦労をしていますね。
水問題は本当に深刻ですね。
風の旅人
2010/03/18 17:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄の諸事情・水はどこから来て何処へ流れる 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる