心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌の旅・神奈川・横浜・・・

<<   作成日時 : 2010/02/02 22:28   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 25

神奈川の歌となるとやはり港町のイメージになる
そうなると横浜を歌ったものが多いのかな。
五木の「横浜たそがれ」、ひばりも「ひばりのマドロスさん」?だったかな
そんな歌があったなあ

今回は横浜を代表する歌として、童謡「赤い靴」を紹介します。
赤い靴には実話があります。


画像

写真はお借りしました



麻布十番商店街のHPを参照して貰えば詳しく載っています。

一部抜粋します

昭和48年(1973)11月、北海道新聞の夕刊に掲載された、岡そのさんという人の投稿記事がきっかけでした。
「雨情の赤い靴に書かれた女の子は、まだ会ったこともない私の姉です」。この記事を当時北海道テレビ記者だった菊地 寛さんは5年あまりの歳月をかけて「女の子」の実像を求め・・・


女の子の名は「岩崎きみ」。明治35年(1902)7月15日、日本平の麓、静岡県旧不二見村(現 静岡市清水区宮加三)で生まれました。きみちゃんは赤ちゃんのとき、いろいろな事情で母親「岩崎かよ」に連れられて北海道に渡ります。母親に再婚の話がもちあがり、かよは夫の鈴木志郎と開拓農場 (現北海道、留寿都村)に入植することになります。当時の開拓地の想像を絶する厳しさから、かよはやむなく三歳のきみちゃんをアメリカ人宣教師チャールス・ヒュエット夫妻の養女に出します。


後年、赤い靴の歌を聞いた母かよは、「雨情さんがきみちゃんのことを詩にしてくれたんだよ」とつぶやきながら、「赤い靴はいてた女の子・・・」とよく歌っていたそうです。その歌声はどこか心からの後悔と悲しみに満ちていたのです。


画像

写真はお借りしました


ところが・・・以下略

どんでん返しが起きています。
注目する記事は麻布十番商店街

きみちゃんのその後を読みたいなあ\^o^/





赤い靴





横浜たそがれ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(25件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわぁ〜〜(*^∇^*)

赤い靴
なるほどねぇ なにげなく口ずさんでいるこの簡単な歌には
とても深い意味がありましたのねっ あまり考えたことなくて
神奈川県民なのにわからなかったです
風丼♪に教えられました ありがとうでっすぅぅ!!

風丼♪は本日は鬼のお面ですかぁ??
         ほい あじ丼
紫陽花
2010/02/03 12:28
風の旅人さん こんにちは^^
「赤い靴」にはこんな実話があったんですね。
どんでん返し見られなかったです。残念。。。
風の旅人さんの歌声も、悲しそうでした。
「横浜たそがれ」もいい歌ですね。
いつものカラオケ屋さんと違うんでしょうか?
エコーがいつもと違う気がしました。
あ。。機種によって違うんですよね。
失礼しました。
ももこ
2010/02/03 12:28
あっ めずらしく時間がご一緒です

ももこさん♪ こんにちわぁ(*^∇^*)
 
いっしょに風丼♪のとこにでしたねぇ 
    
        ほい あじ丼(*^-'*)>☆
紫陽花
2010/02/03 12:30
どんでん返し不成功・・残念
横浜の歌、ムード演歌にもいろいろありますよね・・
歌えて好きなのに、「ぬれて横浜」があります・・ご存知でしょうね・・
あおいレイ
2010/02/03 17:09
どんでん返し見られなかったか。
すんまへんなあ
確認してなかった

ただ今出先なので、家に帰ったら見られるようにます。

しばしお待ちを
風の旅人
2010/02/03 18:13
マンマ、この「赤い靴」読んでてビックリしました。物語にではなく、風の旅人さんと、あおいレイさんにです。マンマ!年は取りたくない!○○たくはない!と思いました。この「赤い靴のモデルとなった少女の哀しい物語」は去年の9月18日に、アキさんがブログでしっかりお話されています。大丈夫〜お二人さん!っと、思いきや。。安心しました。この日だけお二人のコメント見つかりませんでした。。。良かったですね○○てなくて。。「赤い靴」一緒に歌いました。とても素晴らしかったです。
マンマ
2010/02/03 18:15
赤い靴の話、泣かせますよね、私もいつかのブログで歌なしで、この話記事にしましたが、あの参考にした記事を読んでいて泣いてしまいましたよ、世の中にはこんな可愛そうな境遇の子が、いまだにいるのでしょうね、何とか助けて遣れないものかと、本当に考えましたよ、孫がいるので、子供の不幸な話は堪らないですね。

今回の歌は2曲とも良かったですよ。
特に赤い靴、良かった。
アキのいちご
2010/02/03 18:20
あじ丼今晩は

どんでん返しの部分、URLが抜けていました。
肝心な部分だったのに、よく確認もしないでアップしてご迷惑をおかけしました。

実は・・・やっぱり読んでください。
泣かないようにしてや。
風の旅人
2010/02/03 19:42
ももちゃんすまんのう

どんでん返しの部分、見られるようにしました。
読んで欲しいなあ
事実をしると泣きまっせ。

赤い靴はMIDIを流しながら自宅で歌っています。
それでエコーも入っていません。
風の旅人
2010/02/03 19:44
あおいレイさん今晩は

横浜の歌は結構ありますね。
「ぬれて横浜」この歌は知らないなあ
誰が歌っているのかも知りません。

どんでん返しの部分修正しました。
泣かないで下さいよ。
風の旅人
2010/02/03 19:47
マンマさん今晩は
そうでしたか。
いちごさんが9月に書いておられたんだ。
読んでいなかったのか、うっかりしていました。

ホンマに年は取りたくないね。
まあ見忘れも○ケの証拠でっけど(笑)
風の旅人
2010/02/03 19:50
いちごさん今晩は
後追い記事でしたか。
すんまへんなあ
赤い靴の背景にはこんな悲しい出来事があったなんて、以前からチラッと知ってはいましたが、麻布にこんな碑があったなんて、調べている途中で気がつきました。

一人寂しく死んでいった女の子は、本当に可哀相ですね。
今の時代なら何とかなっても、その頃はどうにもならなかったんですね。
風の旅人
2010/02/03 19:56
はい 風丼♪しっかりと読んできましたよ
あまりにも簡単な歌でしたのにそんなにも長いつらい物語があったのは驚きです
6つのきみちゃん像も本当にびっくりです
横浜にあるだけのものと思ってましたから。。。はい

童謡の♪ぞうさんの歌にもいろいろな物語があったんですよねぇ
   ふむふむぅ あじ丼(*^-'*)>☆
紫陽花
2010/02/03 21:20
紫陽花さん こんばんは^^
はじめまして。
気軽に声をかけていただき嬉しく思います。
同じ時間にコメントアップも気づいていませんでした。
ももこはお肉が好きなので牛丼で(^ー^* ) フフフフ
今後ともよろしくお願いします。
ももこ
2010/02/03 21:53
風の旅人さん こんばんは^^
見れました。
辛い生い立ちですね。
親と子が普通に一緒に暮らせることに感謝ですね。
風の旅人さんの歌が一層哀しく聴こえました。
MIDIでパソカラですね。
了解しました^^
ももこ
2010/02/03 21:58
あじ丼〜再訪問に謝謝

きみちゃんの像を写真に撮っていたけど、こんな悲しい話があったことにびっくりでしょう。
当時の暮らしがひどかったことがわかりますね。

名古屋動物園の像の話も悲しい話ですね。
貧困や戦争で犠牲になるのは、弱い立場の人や動物ですね。
風の旅人
2010/02/03 22:07
ももちゃんは肉丼っていうのか
これからそう言おうかなあ(笑)

きみちゃんも時代の犠牲者だったんですね。
この歌の背景を考えると、とても複雑ですね。

MIDIは急遽アップするときによく使います。
家で歌うだけに控えめでっけど(笑)
風の旅人
2010/02/03 22:10
こんばんわ 赤い靴のお話はなんとなく知っていましたが、こんな悲しいお話だったとは、思いませんでした。なんとなくエキゾチックな、淡いお話を浮かべていたのですが、大違いでしたね。読ませてもらってありがとうございました。
うさこちゃん
2010/02/03 22:33
うさこちゃん今晩は

赤い靴はエキゾチックな歌として、これまで多くの方が信じてきたでしょう。
実際はこんな悲しい結末だったことにびっくりですね。
貧困故に売買された時代ですから、今では考えられないことですね。

真相を知るとこの歌を歌いにくくなるなあ
風の旅人
2010/02/03 23:16
この赤い靴のモデル「きみちゃん」の哀しいお話は、TVのドキュメンタリーで観た覚えがあります。

横浜の山下公園に「赤い靴の女の子」の像が寂しげに建っています。
きみちゃんは横浜の波止場から船には乗らなかったのですよね。
そして麻布十番・・・
哀しい結末に涙が出ます。

我が街横浜のイメージはもっと明るくてロマンティックに考えましょう。
私の年代なら断然石田あゆみの「ブルーライト・ヨコハマ」ですわ。
我が青春とダブりますもの。

naoママ
URL
2010/02/04 01:36
naoママさんおはようさん
エジプト旅行記楽しみにしてまっせ。

この歌が生まれたときには、その後の運命についてはわかっていなかったんですね。
悲しい結末だけに涙する人も多くいるでしょう。

横浜は港町だけに出会いと別れはつきものです。
明るいイメージはもちろんありますね。
一度夜景を撮りたいと思っていますが、いつになったら実現することか
風の旅人
2010/02/04 10:00
こんにちわぁ またお邪魔いたします

たいへんです  
かわいい ももこさん♪が
牛丼になってしまってる〜〜

恵方巻きに飽きたので 牛丼たべたくなってしまいました。
   ほい あじ丼(*^-'*)>☆
紫陽花
2010/02/04 13:01
あじ丼〜何度でもおいでやぁ

恵方巻きを食べ過ぎて牛丼食べたいやなんて、そんなに入るのかいな。
そう言えば最近牛丼なんて食っていないなあ(笑)
風の旅人
2010/02/04 21:28
赤い靴にそんな実話があったとは知りませんでした。
もう、読みながらウルウルでした。
元々涙もろいんですが、最近特にです。
週末だけ里親になってるワンちゃんが来てからかも知れません^^:

横浜たそがれはいつもの旅人さんとは少し違った感じでした^^
抑え気味にしっとりとした歌唱も、とてもよかったです^^






音流
2010/02/06 22:57
赤い靴の実話について、本当に泣かせる話ですね。
昔は東北や九州では、娘さんを貧しさ故に売ったりしました。

そうした犠牲の上で残されたものが生き長らえてきた。
悲しい歴史があったんですね。
風の旅人
2010/02/06 23:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
歌の旅・神奈川・横浜・・・ 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる