心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌の旅・古い歌から・イヨマンテの夜

<<   作成日時 : 2010/01/08 22:31   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 20

まず歌の紹介をする前に、のど自慢の話にお付き合い下さい。

戦後まもなくラジオではのど自慢が始まりました。
今も昔も素人の参加は変わりなく、ラジオからテレビになっただけで、出場者の面白さも全然変わらないのに、それなりに人気のある番組です。
過日やまちゃんが挑戦したが、二次選考で落選しています。

なんせ1次が書類選考、その中から250組が二次審査で40秒間だったかな?
歌えるわけです。
本番には20組だけが出場資格を得ます。
そんな狭き門に多くの方が涙を呑んでいます。
このブログに登場する将さんも何度も書類を送っているとか。
その努力は大変なもの。

さてソロソロ本題の方に移りましょう。
戦後始まったのど自慢に、この曲を歌う人が出てきたら、まず鐘3つを鳴らすだろうと思われる曲がありました。
今回はその曲で北海道の歌を閉めたいと思います。

北海道の歌となれば、過去にもこんな歌を歌っています。

恋の町札幌、大空と大地の中で、小樽運河、霧の摩周湖

これらの歌は他の方も歌っておられるでしょう。

しかし先にも触れましたが、この歌は最近のど自慢でもまず聴かなくなった。
この歌を覚えている人はいても、歌える世代も減ってきたのではないかなあ。

名曲は歌い繋がないと、やがて幻の曲になってしまいそう。
鐘3つとまでは行かないけど、2つくらいなら自信があります(笑)


画像






イヨマンテの夜

イヨマンテとは熊祭のことです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
ここで写真撮ったことあります。
衣装を借りて来て、みんなで集合写真
キウイ
2010/01/08 22:46
キウイさん今晩は
ここは阿寒湖畔ですね。
いつ行ってもこの貸衣装を着て記念撮影しています。

この当時はデジカメではなかったので、風景写真がほとんどありません。
ほとんど人物が写っており、使えないものばっかり。
今ならバンバン撮ってくるのに、肝心のコタンの風景がありません。
しょうがないね。
風の旅人
2010/01/08 22:52
隣の風さん
へぇ〜 この歌来ましたか
この歌好きだけど、唄えない歌の一つです
もうご存じでしょう
あぁ〜 あぁ〜 って云うの唄いたいけど、なかなか唄えない
黒百合の歌も、アップしてみなさんをドキドキさせたまんまですよね
唄い直さなくっちゃって思っているんですが・・・これがなかなかですわ
風さん,北海道編良かったですよ
次が楽しみ 
やまちゃん
2010/01/09 07:59
やまちゃん毎度〜
この歌以前にもアップしてあったけど歌い直しです。

この歌の出足と最後にある、あぁ〜ホイやぁ〜あ〜ぁ〜
この部分を何回歌ったことだろう。
本人が歌っているのとは少し違いますが、まあこの程度でご勘弁を。

この歌を知っているのは60代以上かなと思っていたら、50代のやまちゃんが知っているんや。
これはうれしいなあ
誰かがカバーでもしてくれるといいのだが、難しい歌だけに声量がないと歌えないし、このまま懐かしのメロディーにしてしまうのは惜しまれます。
やまちゃん次回は東北です。
えっと歌う曲がないなあ(笑)
風の旅人
2010/01/09 11:24
風の旅人さん こんにちは
ももこが鐘3つあげましょう(^∇^) アハハ!
声量があって歌心があって素晴らしいですよ。
ももこ
2010/01/09 11:50
ももちゃん〜コンチャ〜
東京に戻ってホッとしているでしょう。
近々京都にまた来るのかなあ

鐘3つくれますか\^o^/
嬉しいなあ(笑)
この歌は知っていますか?
ももちゃんの年齢では知らないでしょう。
何せ古いからなあ

風の旅人
2010/01/09 11:59
とっても重厚な雰囲気の歌ですよね
ただ歌う〜というだけでなく
自然への畏敬や祈り・・
北海道・アイヌ民族の方たちの
深い思いが込められているような
歌ですね
風の旅人さんの声量に拍手いっぱい〜〜
てんちゃん
2010/01/09 13:46
伊藤久男は私のふるさと出身の歌手です。
代表曲として「イヨマンテの夜」の他に「あざみの歌」「山のけむり」「オロチョンの火祭り」等がありました。
高校野球の大会歌「栄冠は君に輝く」は今でも、夏の大会で唄われてます。
旅人さんに唄ってもらって、ふるさと自慢をしてしまいました。
ありがとうございました。
あおいレイ
2010/01/09 16:53
隣の風さん
何言うてまんねん
東北の歌いっぱいええの有りますよ
ええ〜っと
一杯仕入れてるから、次シリーズの次の次ぐらいかな
東北の感じの歌いっぱい唄いますよってに・・
重なるか重ならないかドキドキしながら、楽しみにしています
やまちゃん
2010/01/09 20:02
てんちゃん今晩は
この歌は随分昔に流行った歌なんだけど、こうやってブログで歌えることで昔話を語れます。

北海道の歴史を語る上でもアイヌ問題を抜きにして語れません。
こうして一つの歌を通して、問題提起できればと思っています。
風の旅人
2010/01/09 21:33
あおいレイさんコンチャ〜
伊藤久男さんは福島の出身ですか。
それなのに先に歌って申し訳ないなあ\^o^/

この4曲を見ると懐かしい歌ばかりですね。
歌えるのはアザミの歌くらいかなあ
山の煙も歌えるかも。

一度「栄冠は君に輝く」を歌ってみようかなあ
まあ8月の全国大開の時にでもアップできるように、準備しようかなあ

故郷自慢は大いに結構
ドンドンやって下さい。

ワテの田舎なんか、ぺんぺん草も生えないと言われる所だし、自慢するものも少ないなあ(笑)
風の旅人
2010/01/09 21:38
やまちゃん毎度〜
東北の歌しっかり歌いこんできたのかいな
何せ6時間もカラオケボックスに行っていたんだから、結構仕入れてきたんだろうね。

未発表の曲となると、そんなにオマヘンで。
さて何から行こうか
風の旅人
2010/01/09 21:40
こんばんわ まず旅人さんのところに来て、パット目に付いた鉄橋の写真
こういう写真を見るのが大好きです。しばらくの間楽しませてください。それから、襟裳岬のにまつわる話・・・・はじめて知りました。いろいろなことを知ることが出来ました。
うさこちゃん
URL
2010/01/09 22:10
うさこちゃん今晩は
余部鉄橋ですね。
現在新しい鉄橋が造られています。

今ある鉄橋の少し山手側になるので、この鉄橋はその後どうなるのでしょう。
取り壊してしまったら、この姿は永遠に見られなくなります。
そうしないためにも保存運動が必要ですね。
でもペンキの塗り替えだけでも相当な費用が入ります。
保存せよと言うのも簡単ですが、保守費を考えると果たしてどうなることでしょう。

歌を通して色々な問題を考える、いい機会になればいいですね。
風の旅人
2010/01/09 22:49
みなさんのど自慢に応募してるんですねぇ^^
このお仲間から本番へと進まれる方がいらっしゃるといいですね^^

イヨマンテ、旅人さんの声量と力強い歌声で
のど自慢の会場にいる感じですよ^^
私もももちゃん同様、鐘3つ鳴らします♪
音流
2010/01/10 15:58
音流さん今晩は
ワテはのど自慢には出まへんでぇ
地域の祭でのど自慢大会があって、それに出てくれと言われますが、格好悪くて出られまへんがな(笑)
ここで一人歌っている方が気楽ですがな

鐘3つ貰っても出まへんでぇ(笑)
でもありがとさん。
風の旅人
2010/01/10 18:26
こういう壮大な歌は、風の旅人さんにとてもお似合いです。
素敵な歌声、ありがとうございます。
ふぇあり
2010/01/15 10:55
ふぇありさんおはようさん
最近はこのようなスケールの大きい歌は聞かれなくなりました。
昔歌われた歌の中から、次世代に歌いつないで欲しいと思っています。

聴いていただいてありがとうございます。
風の旅人
2010/01/15 12:00
今頃コメントですが\(*^∇^*)/

いやぁいいですねぇ素敵だ〜〜
またしばらく何回も聴きにまいりますからねっ

ほんとうにありがとうでしたよっ
ほい あじ丼
紫陽花
2011/10/24 00:57
あじ丼〜今晩は
この古い歌をあじ丼がリクエストしてくれたことが嬉しいですね。
戦後NHKでのど自慢が始まった頃、この歌を歌う人は必ずと言っていいほど皆さん上手な人ばかりでした。
その頃からこの歌を知っていましたが、歌えるようになったのはカラオケが流行りだしてからです。
年なので声に張りも伸びもないので、この歌を歌うのも大変です。
なんせ聞かせどころはあぁ〜あぁの部分です。
これ部分をマスターするのにかなり手こずりました。
それくらい大変な難しい歌です。
お暇なときにまた聞いてチョ
風の旅人
2011/10/24 01:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
歌の旅・古い歌から・イヨマンテの夜 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる