心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌の旅・作詞に挑戦・若狭街道

<<   作成日時 : 2010/01/28 22:10   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 26

福井県が抜けていました。
今頃気がつくとは情けないと、福井県の方から怒られるかも。

と言うのも福井の歌で持ち歌がない。
五木ひろしの出身地なので、何かあるはずだと探してみたが、思い当たる歌がない。
東尋坊の歌があるが歌えません。

そこではたと気がついた。
なんとワテの作詞したものがあったんや。

どんな歌かと言いますと、前にブログでも載せたことがありますが、ブロガーさんが作曲した曲がありました。
フリーで使ってと言うので、そのメロディーを使ってワテが作詞をしました。


ちょうどその頃に鯖街道を訪ねる旅をしていました。
鯖街道というのは、福井の小浜で獲れた鯖を塩漬けにして、京の町まで担いで運んだという江戸時代から面々と続いてきた歴史ある街道です。


画像



画像



その曲を聴いて、この曲に詩を書こうと思い、いくつもの峠道を越えてきた女が、京の町までたどり着くまでを詩にしました。


画像

写真はテレビからお借りしました


画像

写真はテレビからお借りしました


画像

写真はテレビからお借りしました



福井と滋賀県の県境にある熊川宿
宿場町として栄え、今も当時の名残が残っています。


画像



格子戸のある家も多く保存されています。

画像



やっぱり鯖寿司はこれでっせ
京都の錦市場で売っています。


画像



ホンマは演歌の好きな女性に歌って欲しいところですが、そんな知り合いはおりまへん。
誰か歌ってくれるなら嬉しいなあ


「若狭街道」


小浜の町から いく山越えて
たどりついたの 熊川の宿
清き流れの前川に
たたずむ女が一人泣く
そっと見つめたその先に
ベンガラ格子に火が灯る
あの人は 何処に行ったのか


この峠越えたら 朽木の里よ
一人来たの  この町に
ブナの葉揺れる 鳥の声
耳にささやく 風の音も
今の私にむなしさが
あの人求めて今日も行く
安曇川の流れに 身を任す


花背を越えよか 途中を行こうか
二つに分かれた峠道
ここを下れば京の町
大原の灯りが見えてくる
若狭街道 塩の道
あの人今も 元気だろうか
加茂川の流れよ 教えておくれ



作詞:風の旅人
作曲:タカオ君
歌  風の旅人




若狭街道 歌:風の旅人

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
歴史ある街道のこと
風丼♪ その街道の一部を歩いたのかなぁ???
あじ丼も歩いてみたいなぁ〜〜〜
 
とてもいいお話ですね どのくらいかかって鯖の塩漬けを運んだことでしょう
写真をみると女性が笑顔で運んでおりますが重かったことかと思います。
肩も痛くなっただろうなぁ〜〜

風丼♪は作詞もなさってたんですねぇ〜〜〜
いろいろ歌を聴いてきましたが。。。
あらためて驚いております
もう なんと言ったら良いのやら☆ ☆

お見事です
歌手デビューも近々ですか\(*^∇^*)/
      ほい あじ丼(*^-'*)>☆ 
紫陽花
2010/01/29 01:04
あじ丼〜今晩は

この歌は2年前に作った歌です。
その模様は前ブログNO673に載せています。

若狭街道としては小浜から京都まで72kmもあります。
1時間に4km歩くとしたら18時間かかりますから、計算上は二日がかりで運んでいます。

現代人でこの仕事が出来るかどうかで、吉本のタレントを起用して、塩鯖を運ぶ実験をしました。
すぐに音を上げてしまい、実験になりませんでした。
それくらいきつい仕事ですが、写真の女性は笑っていますが、撮影のために笑ったんじゃないかなあ

あじ丼〜何だったら歌ってみて。
風の旅人
2010/01/29 01:16
隣の風さん
面白い企画ですね
女性の方に唄ってもらいたいのなら・・
カラオケの様に、伴奏だけアップされたれらどうでしょう?
中にはその伴奏で、アップされる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか
やまちゃん
2010/01/29 06:34
風の旅人さん 隠れてこんな趣味お持ちだったのですね〜♪

作曲の方のお名前もこのテーマ「カラオケ」でおみかけしたことがあります。
歌詞とてもいいじゃないですかぁ〜もちろん歌も

地名の入ってる曲って結構人気出るんですよね^^♪
今後が楽しみですね
さつき
2010/01/29 07:43
やまちゃんおはようさん
ええこと言うてくれましたなあ
ホナ早速メロディー分をアップしまひょうか\^o^/
歌ってもらえるかなあ
風の旅人
2010/01/29 09:32
さつきさんおはようさんです。
趣味まで行ってませんよ、遊びでおます(笑)

タカオ君とは一度都内のカラオケ屋でお会いしています。
当時このメロディーで他の方も作詞をされていました。

この曲を発表された少し前に、鯖街道と言われるルートを訪ねていましたので、イメージぴったりの詩が浮かびました。
ご当地ソング風にと思って、地名などを入れてみました。
曲をアレンジするわけにも行かず、そのまま歌うわけですから、結構難しかった。
風の旅人
2010/01/29 09:39
風の旅人さん こんにちわ 歌を聞かせてもらいました。
五木ひろしさんを想像しながら聞いていました。
どなたか歌手の方が歌ってくださるとよいですね。
旅人さんはすばらしい才能をお持ちですね。
うさこちゃん
2010/01/29 13:00
風さん、こんにちワ。
マァさんは福井に行ったら必ず「へしこ」を買ってきます。
鯖を塩漬けにしてあるめちゃくちゃ塩っ辛いもの。
酒飲みにはたまらない一品だそうで。

風さん、やっぱり私と脳ミソの質が違うワ
メリッサ
2010/01/29 15:20
いいですね〜・・哀愁を感じます。
やまちゃんのアドバイス、さっそく採用しましたね・・Gooです。
応募殺到となったら交通整理が大変ですよ・・
成功を祈る・・
あおいレイ
2010/01/29 17:18
風さん、凄い才能ですね!
唄い方も自然でとても良かったです。
本当に哀愁を感じる歌でしたぁ〜
ありがとうございました
yun
2010/01/29 18:22
うさこちゃん今晩は
ホンマやなあ
プロの歌手が見つけて歌ってくれたら最高ですが、そんなことはあり得ないでしょう。
それよかカラオケブログをされている方が、試しに歌ってくれる方が現実味がありますね。

才能なんかありませんよ。
遊びですがな\^o^/
風の旅人
2010/01/29 21:47
風の旅人さん:シバラク!
カラオケを歌うだけじゃなくて、作詞まで手掛けて素晴らしいですね!

今のように交通手段が無い時は歩いて運んだんですね?
生活の為とは言え重くて辛かったでしょうね?
愛ちゃん
2010/01/29 21:49
メリッサさんコンチャ〜
ご主人のお土産はへしこですか。
好きな人にはたまらない一品だそうですね。
ワテは鯖寿司だったらよだれ垂らして食べまっせ。

脳みその中身は一緒でっせ
決してメリッサさんは負けておりまへん。
そうやなかったらあんなおもしろい文章かけまへんで\^o^/
風の旅人
2010/01/29 21:50
あおいレイさん今晩は
もし応募者が多ければ人気投票で決めましょう
審査委員長にどないでっか。
任せまっせ。

カラオケと違ってこの音域で歌うわけですから、これが難しいかも。
応募があればいいですね。
風の旅人
2010/01/29 21:52
yunさんコンチャ〜
どないでっか
この歌を一つ歌ってみてくれませんか。
どんな感じになるのか、聴いてみたいなあ
風の旅人
2010/01/29 21:54
愛ちゃん今晩は
昔の人の苦労は大変なものですよ。
女性が背中に背負って峠を越えていく。
それも二日間もかかる距離を行き来していたんですね。
当時の交通手段は歩くか馬車で運ぶかですから、現代人ではとうてい無理でしょう。
昔の人はすごいですね。

作詞は遊びですがな
こういう遊び心がなくては、人生はつまらないでしょう。
風の旅人
2010/01/29 21:58
旅人さん、素晴らしい曲ですね。
旅人さんは音楽を愛し、また旅をしながら色んなものに触れ、頭の中にも自然と書き溜めていられるのでしょうね。
曲なども作られるのではないですか?
旅人さんのコメントなんか、いつも感心しながら見ていましたが、これで納得です。
そして、タカオ君ともお知り合いだったのですね。
<タカオ君、是非これからも良い曲、沢山作ってくださいね>

マンマ
2010/01/29 23:39
私のブログに書いて下さった一句と言い、風さんの文才には
感服しますね〜!
若狭街道を走って朽木へ、昨年秋に行ったばかりで、その時の風情を
思い出しながら聞かせてもらいました。
(歌の主人公になったつもりで〜 ♪)
鯖寿司、本物をまだ食べたことがないのですが・・お高いそうですね〜
ともっぺ
2010/01/29 23:46
マンマさん今晩は

この曲との出会いはまさに劇的でした。
旅から帰った直後でしたので、曲を聴いただけで歌詞のイメージがすらすらと書けました。
何度も手直しはしていますが、鯖街道の雰囲気は出ていると自負しています。

タカオ君と東京の茶々で一緒にカラオケをしています。
大阪に行きたい行きたいと行っていますから、そのうち来るかもしれないなあ

タカオ君の曲はかなりのものですよ。
プロからも評価されていますね。
風の旅人
2010/01/29 23:46
ともっぺさん今晩は
一句と言っても駄作ですよ
あんまり褒めると恥ずかしくて次が作れないがな(笑)

鯖街道を車で走ると、この歌詞の面影が浮かんでくるでしょう。
ご当地ソング丸出しですが、遊び心で作ったものですから、あまり冷やかさないで欲しいなあ\^o^/

鯖寿司は写真のもので1500円から2000円くらい。
中にはもっとするものもあるでしょうが、ワテの口に入るのは高ければ変えませんね。
風の旅人
2010/01/29 23:51
旦那はん、遅くなりましたが、今年も宜しく
お願いします。
そうですか、福井県は三方五湖とか原発
のイメージが強いですけど。
しかし、作詞からシンガーソングライター
ですね?凄いの一言です。
ちなみに、私は鯖アレルーギーで、、。
お邪魔さんどした。


839
2010/01/30 01:12
839はんお久しぶりでんなあ
体調の方はどないでっか。
こっちもご無沙汰していてすんまへんなあ

福井には原発が多いでんなあ
日本で一番多いとチャウかなあ
この問題取り上げたら長くなりまっせ。

シンガーソングライター?
そんなええもんやおまへんで
これは遊びでおま

鯖のアレルギーでっか。
魚の中で一番美味いのが鯖でっせ
可哀相になあ
代わりにワテが食べてあげるから、もらったら言うてや\^o^/


風の旅人
2010/01/30 01:36
この歌詞はまるで、星野哲郎作詞みたいですね、上手い。
曲も良いが、本当に歌詞は旅人さん、お上手に作られましたね、全国を旅していられるので、この様な詩が浮ぶのでしょう。
感服しました。
アキのいちご
2010/01/30 16:54
アキのいちごさん今晩は
そりゃ褒めすぎでっせ。
ご当地ソングの真似をしてみただけ。

京都在住のいちごさんなら、土地の名前はすべてわかるでしょう。
鯖街道の沿線でヒットするといいのだが(笑)
そんな甘いことないわなあ\^o^/
風の旅人
2010/01/30 21:08
昔、お笑い芸人さんが二人、鯖街道を歩く番組やってましたが
手ぶらでも一人は脱落してました^^
海産物を携えての72`は大変な道のりだったと思います。
思いを馳せながら旅人さんの歌聴かせていただきました。
作詞家さんとしてもデビューできるかも〜^^
有難うございました^^
音流
2010/01/31 13:59
音流さん毎度〜
早早その番組ですわ。
ワテもその番組を見ていたので、ここでも書かせてもらいましたが、小浜から山越えをして京都に荷を運ぶ番組でしたね。
吉本のタレントが登った直後にバテバテでした。
あれを見て当時の苦労がよくわかりました。

当時の同じ道ではありませんが、今回は車で国道を走ってみました。
この曲を聴いたとき、直ぐに情景が瞼に浮かびましたので詩にしました。
デビュー?そんな大それたことを(笑)
何だったら一度歌ってみてください。
風の旅人
2010/01/31 16:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
歌の旅・作詞に挑戦・若狭街道 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる