心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌の旅・信州・小さな日記

<<   作成日時 : 2010/01/27 23:55   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 19

信州と言えば北アルプスや南アルプスが連なっています。
山を愛する人たちで、○○銀座なんて言われているところもあります。


画像



遠くで見ている分には今なら白銀の世界。
太陽に照らされて輝いています。

でもひとたび山が荒れると、人間の立ち入る領域ではなくなってきます。
無事に済めばいいですが、時には荒れ狂った山で運悪く遭難する事故も起きています。


画像



この歌は信州の山を歌っているかは知りません。
山で遭難した愛しき人への思いを込めて、歌っているのは確かです。


画像



歌詞






小さな日記  歌:フォーセインツ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
山を愛しているマンマです。。。そしてこうやって山へ登ることに魅了されている人たちは「山が俺を呼んでる〜」なんて思うらしいのですが。。。
ダンスは大好き(何でここでダンスなん)ですが、山へ登るのは昔から苦手。。。なのに苦い思い出ばかり。。。子供たちの子供会の行事は常に山登り。それも尋常ではない距離です。。。なのでその後それは無くなりましたけど、マンマが思うほどですから、子供はほんとに可愛そうでした。
でも上の写真を見てると「登っても良いなぁ〜あの感激を味わいたいなぁ」と思うマンマでした。とても心に伝わり素敵な「小さな日記」でした
マンマ
2010/01/28 08:56
懐かしい〜
歌詞 メーロディーなんとも切ない
風のさんの声が泣いてるように聞こえます

しっとり聞き入りました。ありがとうございました。
みゅ〜
2010/01/28 09:47
マンマさんの山に対する思い、しっかり伝わってきました。
そうやろねえ
無理矢理しんどい山に登らせるのもいかがなものか。
そのときの指導者の方の考え方だけに、難しい問題もありますね。

はっはは
ダンスでも何でも語ってください。
何だったら「ラストダンスは私と」でも歌いましょうか。
用意してありまっせ\^o^/

山への憧れは多くの人が持っています。
ワテもその一人ですが、今では近所の低い山でもしんどい。
若い頃に3000m級の剣山縦走したのは、いったい何だったのだろう(笑)
あの若さが欲しいよ(゚_゚i)タラー
風の旅人
2010/01/28 11:13
みゅ〜さんコンチャ〜

山の事故が残念だけど絶えませんね。
大丈夫と思っていても、山の天候は一気に変わります。
どんなベテランでも絶対という言葉はありません。

この歌を聴いて涙する人はきっと多いはず。
それだけにこの歌は不謹慎には歌えません。

気持ちを入れるとこんな声になるのかも\^o^/
風の旅人
2010/01/28 11:17
風の旅人さん
こんにちは^^
信州は美しい山並みが連なってるのでいいとこですね。
中央道で京都に帰るときは色々山が見られて素敵です。
比良山と谷川岳に登ったことがあります。
しんどかったですが、登った後の達成感はいいですね。

「小さな日記」風の旅人さんの歌い方で、胸にしんみりしみてきました。
ももこ
2010/01/28 16:23
ももちゃんコンチャ〜
この時期に信州の写真を見ると、雪をかぶった美しい山が見られますね。
冬場に車で旅行はしませんが、飛行機から真下に山並みが見られます。
いつ見ても飽きない風景です。

比良と谷川岳では遭難する確率は全然違いまっせ(笑)
谷川岳は魔の山ともいわれており、どちらも登ったんやからすごいでぇ
ワテも今だったら全然アカンわなあ(゚_゚i)タラー

この歌もいい歌だね。

風の旅人
2010/01/28 16:47
旅人さんの説明をみてから曲を聴くと、いっそう詩の深みみたいなものを感じてしまいます・・確かに旅人さん、唄いながら涙ぐんでたでしょう・・それって決して歳のせいではありませんよ・・
ひとつ質問。
大昔、御嶽山あたりの濁河(にごりご)温泉へいったことがあるのですが、そのときの説明では、日本一高所の温泉と聞いたのですが、これ本当でしょうか?
あおいレイ
2010/01/28 20:17
俺も、若い頃は北アルプスの虜に・・
新田次郎の『氷壁』等を読んで山男を決め込んでいました
押入れの中に、ピッケルやらアイゼンが爆睡してますよ
やまちゃん
2010/01/28 20:28
あおいレイさんは洞察力がありまんなあ\^o^/
確かに歌によってはウッとくるものがあります。
あまりひどいときは歌い直しますが、これくらいは大したことないかと思うものはそのままアップしています。

少し感情を込めて歌うことで、表現力が増すとすれば、やはりそうならざるを得ないですね。

濁河温泉にはワテも泊まっています。
前ブログのNo123のところに、少しだけ触れています。
よかったら見てやってください。

なお、ご指摘の通り濁河温泉は日本一高い位置にある温泉です。
確か標高1700mの位置に温泉がありますね。
それにしてもアチコチ行ってますね\^o^/
風の旅人
2010/01/28 21:14
やまちゃんは元アルピニストでっか。
それは失礼しました\^o^/

押し入れにピッケルやアイゼンがあるとは、もう本格的やおまへんか。
ワテなんかその日だけの登山家ですから、道具も何もおまへんなあ
ようそんな装備で剣岳縦走したなあと、今ならとんでもない行動でした。
若さ故に出来た登山でした。
反省(゚_゚i)タラー
風の旅人
2010/01/28 21:17
山男・・ 好きです^^
 でも でも 心配で 心配で・・・
 いつのまにか 可愛い恋に卒業しました。。
ちろ 
2010/01/28 21:19
いえいえ、とんでもない
夏山登山ですよ
でも北アルプスは雪がありますからね
隙間の無いくらいの星に手を差しの出ると届きそうな気がして・・
男のロマンでした
やまちゃん
2010/01/28 21:22
折角、恰好良く行こうと思ったのに・・
手を差し伸べると届きそうな気がして・・って言いたかったのに
噛むなよだよね
やまちゃん
2010/01/28 21:26
ちろちゃん今晩は
山男が好きだったんだ。
女性は山男には憧れるもんなあ\^o^/

山から帰ってきたと思ったら、また山に登りに行ってしまう。
帰りを待つものは心配でしょうがないわなあ
それではと一緒に登に行った方が気も使わなくてすむ。
それで一緒に行った?わけじゃなかったの?

可愛い恋を成就したのか、それともこんな心配させる男とは縁切りじゃ〜の方でしょうか、どっちでしょうか\^o^/
風の旅人
2010/01/28 21:34
やまちゃん
テントの中から見る星空は、もう両手一杯広げても入りきらないね。

そんなもん見るから填ってしまうんやでぇ。
でもそれが楽しみだけに、また山に登っていくのかもしれないなあ。
やまちゃんは思い出いっぱいあるのやろう。
語れば長くなりそうやなあ(笑)
風の旅人
2010/01/28 21:37
風の旅人さん、今晩は^^
今年の5月に信州へ夫と旅する予定です。ニコッ!
勿論山に登るのではなくって、山を眺めに・・・ですよ。
そこがnaoママと違うところ・・・
そういえば、naoママ、エジプトでどうしているでしょうね。

ところで、下のページをよんでいたら、コメントに私のことが
話題に出てましたね。昔、ピンキーに似ていたって・・・
昨年の暮、例のジャガーのXマスパーティに行ったとき、
踊ってくれた殿方から、同じこと言われました。
まるい顔や髪の形が似てるのかも・・・・
♪恋の季節、ふりを入れて練習してみようかな(笑

今回の歌、なかなか素敵でした〜〜〜。
tae
2010/01/28 22:15
taeさん今晩は
5月にお二人で信州ですか。
楽しみですね。

眺めるだけでもいいやんか。
そうそう大王わさび園の水車の写真、あれが撮りたくってワテも行きたいなあと思っています。
暖かくなってその気になったら、もしかして行くかも。

naoママさんは今頃ピラミッドに登っているでしょう。
なんせ登りたがりやから(笑)
今頃彼の地でくしゃみしているはず(爆)

ピンキーはyunさんのコメントでしたね。
まあ今でも想像できまっせ
振り付けて歌ってみて。
楽しみにしておりまっせ。
風の旅人
2010/01/28 22:40
そうですかぁ そのような歌でしたのね。。。。。。
わからなかったです。

いつも耳にしていた歌でしたが。。。。。
とてもかなしくさみしくなってしまいますねぇ

     はい あじ丼
紫陽花
2010/01/29 00:39
あじ丼毎度〜
この歌は昔はやりましたが、あまりご存じなかったのかなあ
古い歌なのに、あじ丼にしては珍しいね。

この歌のモデルもあるようです。
恋人が山で遭難したら、いつまでも引きずってしまうなあ
風の旅人
2010/01/29 00:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
歌の旅・信州・小さな日記 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる