心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 追悼・浅川マキさんへ No5 赤い橋

<<   作成日時 : 2010/01/21 10:56   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

浅川マキさんが亡くなって今日で5日目。
せめて初七日まで追悼の歌をアップしようと思ったが、実はネタ切れ。
今回の歌が最後になりました。

画像



「赤い橋」


不思議な橋が この町にある
渡った人は帰らない
昔 昔から橋は変わらない
水は流れないいつの日も
不思議な橋が この町にある
渡った人は帰らない


いろんな人が この町を出る
渡った人は帰らない
赤く 赤く塗った橋のたもとに
赤い 赤い花が咲いている
不思議な橋が この町にある
渡った人は帰らない


不思議な橋が この町にある
渡った人は帰らない
みんなどこに行った
橋を渡ってから
いつかきっと私も 渡るのさ
いろんな人が この橋を渡る
渡った人は帰らない



歌っている彼女が誰も気がつかない時に、この橋を渡ってしまった。
それは突然であり、思いがけない出来事だけにただ驚くばかり。
とても残念でならない。
もう少し歌い続けてほしかった。


20代のはじめに彼女と出会って、一人のファンとして彼女の歌を何度も歌ってきたが、それももう聴かれなくなった。
レコードを買いCDも買ったのは彼女の歌だけ。
それだけ惚れ込んでいたのかもしれない。





赤い橋


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
浅川マキさん・・
若い頃始めて耳にした時
とてもインパクトのある歌詞や声に
惹きつけられました。
当時、反戦歌やアングラ劇や前衛的なものが
身近にたくさんあって・・
歌の歌詞も今よりもっと深く
歌手も大きなメッセージを込めて歌って
いたように思います。
忌野清志郎サンや加藤和彦サンが
若くして亡くなったり・・
寂しいニュースが続きます。
てんちゃん
2010/01/21 12:16
てんちゃんコンチャ〜

若い頃っててんちゃんはその時代史っているのでっか?
と言うことはあまり変わらないってことかなあ\^o^/

東京周辺に住んでいると、こういった芝居や劇場に見に行けるチャンスがあったんですね。
あの当時の雰囲気を今も伝えるアーチストとして、数少ない歌手の一人でした。
今回の突然の悲報に驚いています。

最近同じ時代を生きた人たちが相次いで亡くなっています。
早い死に驚くとともに、とても寂しく思っています。
風の旅人
2010/01/21 12:30
うっ・・年代がぁ〜〜
バレてしまいました

兄が思春期の頃、ちょうど反戦歌や
アングラ劇なんかがブームになって
レコードや雑誌が身近にあり
同級生達より少し早くこの手の
音楽や芝居に出逢いました。
ちょっと背伸びして・・
聴いたり観たり〜って感じでした。
それにしても・・
まだまだこれから世界を広げられたのに
ほんとに残念な方達ばかりです。
てんちゃん
2010/01/21 19:25
こんばんわです。

申し訳ありませんが存じ上げなくて
お名前はきいたことあるようなないような。。。の方でして。。

新聞の訃報欄に載っていたのは読みました。

ご冥福をお祈りいたします

それにしても気温の差が激しいこの頃
心不全でお亡くなりになる方も多くて。。。
気をつけないといけないですねっ

      はい あじ丼です。
紫陽花
2010/01/21 21:02
てんちゃんはおませな少女だったんや(笑)
ちょっと背伸びして何でも知りたがる、そのことが後の性格に反映されるんやなあ。

ワテもそう言ったところに出入りしていたら、人生変わっていただろう。
ちょっと残念やなあ
でもアングラ劇団は何となくくらいイメージなんだけど、好きになる全然気にしなくなって、どんどん深みにはまってしまったことでしょう。
風の旅人
2010/01/21 21:36
風の旅人さん
こんばんは
お名前もお顔も歌も知っています。
突然の死は辛いですね。
しみじみと聴かせていただきました。
          合掌
ももこ
2010/01/21 21:37
あじ丼〜お久しぶりやなあ
元気にがんばっているんや。

あじ丼も浅川マキさんは知らないでしょう。
隠れファンは結構いると思うけど、みんな年を取ったから今更ファンだなんていわないかも。
ワテも数少ないファンの一人として、今なお歌っているでぇ(笑)
風の旅人
2010/01/21 21:38
ももちゃん今晩は
ももちゃんは若いのに知っているんだ
へえぇ〜ちゅう感じやなあ

人間いつ死ぬかわからないけど、急はイヤでんなあ
覚悟を決めてないとなんとなく落ち着きまへんで(笑)

まだ京都にいるのかなあ
今夜から冷え込んできました。
気をつけてや。
風の旅人
2010/01/21 21:42
私は、小林旭さんが大好き!!
浅川マキさんは、知りません。。。
惚れた女が死んだ夜は・・・きっと寂しくって悔しくって啼くんでしょうね〜
きっとこの歌で、風さんの想いは伝わったでしょうね。。。
『好き』と『惚れた』って、ちょっと違うようで・・・
男の人が、惚れたって言うの、好いですね
私はカラオケでは『昔の名前で出ています』歌いますよ
ほほ笑み
2010/01/21 22:53
ほほ笑みさん今晩は
浅川マキさんを知っていたら、かなりの通でっせ(笑)
小林旭の歌が好きなんや
先日「熱き心」を録音してきましたが、音程がいまいち間違っているかも。
「昔の名前」はまだ録音していませんが、そのうちしてきます。
昔の歌も録音済みです。
そのうち折を見てボチボチですがアップしまっせ。
楽しみにしてください。
風の旅人
2010/01/21 23:04
不幸せという名の猫 って曲を聴かせてもらって
次の日だったでしょうか、彼女が亡くなった記事を新聞で知ったのは・・・
すぐ、旅人さんを思い浮かべました。
そして、コメントを書きに行ったのは、ここのメンテナンスの都合で消えてしまってました。彼女の曲は全く知らないですが、旅人さんが惚れこんだ歌手なんですね。こうやって歌われ私達に聴かせていただくのが、一番の供養になる気がします。心よりご冥福をお祈りいたします。
音流
2010/01/24 12:44
音流さんコンチャ〜
今回の出来事は本当に偶然ですね。
「不幸せ・・・」をアップした日に、彼女が亡くなっていたとは。
若い頃からの隠れファンとして、一もどこかで口ずさんでいた曲なので、こうしてブログで歌えるのも供養になります。

ブログを通して多くの方に彼女の生きた証を残せてよかったと思っています。
風の旅人
2010/01/24 15:20
この歌は覚えてました。
黄泉の世界へ続く、赤い橋。
自分の身近にいる人とのお別れはあっても、自分は死を知らない。
ちょっと覗いてみたいような気にもなる、想像の死の世界。
思うようにならない世間と自分。
素直に歌っていて、明るくはないけど、淡々とした感じがそのままでいいんだろうなあと思いながら、聞きました。
しかし朝に聞く歌ではなかったかも?!^^;
三の君
2012/09/01 05:22
三の君さんおはようさん

彼女の歌はどちらかと言うと暗い歌が多い。
時代を反映しているのか、意図してこのような歌を作っているのか、彼女の雰囲気からするとぴったりの歌。
朝に聞く歌歌じゃなかった?
そうかも知れませんが、どこか心に残る曲です。

この橋を渡って一歩前に進む。
元気に仕事しておくれやす(笑)
風の旅人
2012/09/01 08:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
追悼・浅川マキさんへ No5 赤い橋 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる