心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 京の嵯峨野で弥次喜多道中

<<   作成日時 : 2009/10/24 01:44   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 20

ブログ仲間のやまちゃんから、何処かに連れって〜ぇなあと言われまして、何で男二人とデートせなアカンねん!何て事は申しませんで。
気持ちよく引き受けましたでぇ
最初は奈良とのリクエストでしたが、奈良の町は移動が大変なので京都の嵯峨野にしました。

大阪駅で待ち合わせして、阪急に乗って嵐山駅へ。
ここから嵯峨野巡りの起点になります。


画像



桂川のせせらぎの音を聞きながら、渡月橋を渡っていきます。
保津川下りの舟がやってきました。
やまちゃんと同じ構図でブログ用の写真を撮りながら、どっちが写真がいいか腕比べ何て事はしません。


画像



自分の好きなように撮るのが一番
まずはデジカメだけにバンバン撮るしかない。
今日はなんと言っても写真の撮り方から講習もせんならん
風景を撮るコツ、人物を撮るコツなど、状況に合わせて写真を撮ることから説明しながら実践へ。

しかし綺麗な人がいれば、やっぱりそっちに目がいっちゃう。
そんなことの繰り返しで、京都はホンマに絵になりまんなあ


まずはブラッとおきまりコースの嵯峨野散策へ
修学旅行生が一杯、観光客も平日なのに一杯。
ホンマに嵯峨野はいつ来ても人で一杯。
これで紅葉シーズンになったら、こんなもんじゃにで。


画像



大好きな野宮の竹林に入る手前に山陰線の踏切があります。

撮影ポイント1

電車待ちをしていると人力車もここで待つわけですが、人力車は人より早く飛び出します
ので、これを待ち受けます。
竹林と人力車。
結構絵になりますので狙い所です。


画像



丁度都合良く山陰線の上りと下り、そしてこれまた運がよくてトロッコ電車まで通過してくれました。


画像



画像



人力車の前後に人が邪魔になっていないこと、これがまず条件です。
でもこれって運次第
こんなに人がぎょうさん渡りますから、ホンマに運次第です。


画像



そうしてチャンスをひたすら待つわけです。
運が良ければこんなシーンになります。
でもこれは以前撮ったもの
今日は残念ながらこのシーンはなしでした。


画像



修学旅行の生徒さん達、ホンマに何でも興味津々。
店があるとすぐに覗いてござる。


画像



本日の弥次さん
早速何かを狙っている。
写しているのは小さなお地蔵さんでした。


画像



落柿舎の前にやってきました。
綺麗な青空に映えて、柿が今年は多くなっています。
紅葉の時期にここを訪れると、柿が少なくなってくるので今がチャンスかも。


画像



撮影ポイント2

ここは遠景で見るのがいいみたい。
建物の前に建つと、全体の雰囲気が見えませんので、狙うんだったら遠景ですね。


お腹も減ってきたので何処かで食事でも。
丁度いつも入る○翁がありました。


画像



メニュー見て二人ともカレーライスにしました。
西インドカレーだって。


画像



結構美味しいカレーだったので満足。
ここで1時間ほど休憩しました。
嵯峨野巡りで楽しいのは、チョッとした小物なんかを売っている店。
何を売っているのかなと頭だけ覗くことも多いけど、女と違って男は買いませんわ

画像



化野念仏寺を過ぎるとやがて鳥居本の町並みが見えます。

画像



ここには美味しい鮎を食べさせる店があります。
でも男二人で入ったっておもろうない
見るだけ〜見るだけ〜


画像



この辺りは観光客もほとんどいなくて、ゆっくり散策できます。
嵯峨野を散策するならこの辺まで来て欲しいと思うなあ


後半に続く


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日は、ありがとさんでした
俺は、おじさん同士の二人旅結構気に入ってました
おなごはんと違ごうおうて、何にも気ぃ使わんでええ、旅の空
あっ!そうそう五木ひろしと堀内孝夫の『ヘヘイ弥次さん ホイ喜多さん 』
知ってはりまっか?
おもろい歌やねんけど・・結構難しいてよう唄いません
さて、本文!本文!と
何やて・・・
どっちが写真がいいか腕比べ何て事はしません。
何が、してまへんや!
写真が、俺の方が上手いやろうと口を揃えて言うてるやおませんか!
でも、皆さん
ブログ仲間とお会いすると、お顔をみてお話をすると気心が知れてきて
腹も立ちません!
その写真を見ながら、風の旅人はんらしいなぁ〜
なんとにやにやしながら見ています
今日のブログ楽しみにしておりま
俺は、今日の出会いにエネルギー蓄え中
早々、昨日は早よ寝て今日に備えよと思てたのに、PCがすねよりまして遅うまでかじりついていました
頭の良い風の旅人はんやったら、俺のブログ見て何が起こったかは解ってはるような気もしますが
ほんま、よう言わんわですわ!




ヘヘイ弥次さん ホイ喜多さん
やまちゃん
2009/10/24 08:49
男二人の弥次喜多コンビ。
気楽な旅でおましたなあ
すっごく気さくで明るいやまちゃん、ブログの雰囲気そのままの方でした。

ワテには久しぶり嵯峨野のですが、やまちゃんは初めてみたいだったけど、京都の風情を楽しんで貰えたと思う。
後半の部分もあるので、楽しみにしてってや。

PCがストライキ?
アップが遅かったので、酔いつぶれていると思ってましたが、何があったのでしょうか。
具体的なことが書いてないのでわかりまへんなあ。
風の旅人
2009/10/24 09:45
おじ様二人の珍道中!? いやいや二人旅楽しまれたようですね^^
京都は修学旅行で行った古都の街 あの時はもう〜時間がなくて駆け足で回った記憶があります
もう一度行きたい所ですが でも京都は坂が多くて歩くの大変だから今はむりでしょうね^^;
写真と歌で楽しませてもらいました おおきに^^
栃のミ^^
2009/10/24 09:52
栃のミ^^さんおはようさんです。

男の二人旅は味気ないようですが、気楽なところが宜しいなあ。
見栄の張らなくて良いし妙に気にする必要もないので、気楽な旅が出来ます。

昔の修学旅行は目一杯のスケジュール通りでしたが、今はグループ別で自由行動みたい。
一定の時間内でグループ事に計画して行動しているようです。

京都は坂が多い?
そうかなあ
特にきつい坂はないけど、強いて言えば清水坂くらいかな
でもそれも大したことないで。
今日の嵯峨野巡りもほぼ平坦な道なので、まず大丈夫だと思いますよ。
風の旅人
2009/10/24 10:04
おはようございます〜
京都の嵯峨野 いいですよね〜
野宮神社に行く竹林も素敵です〜〜〜。
これから 保津峡が紅葉して
トロッコに乗るには いい季節だと思いますわ〜
後半 楽しみにしてます〜〜〜。
みるきぃ
2009/10/24 10:38
みるきぃさんおはようさん
今日は上司がお休みとかで、事務所でのんびりビーズ作りに精を出している頃でしょうか。

嵯峨野巡りは何度行っても飽きないですね。
関西の紅葉は間もなく始まりますが、嵯峨野間少し色づいていました。
紅葉した頃にトロッコ電車に乗ろうとしても、すでに予約で一杯でしょう。

走っておいで
でも渋滞覚悟しておいてや
風の旅人
2009/10/24 10:54
いい歌ですね〜〜〜^^
千年の古都、検索してみましたら・・
なんと!都はるみさんですか〜〜?
ビックリしました。Σ(;´Д` )
さすがデジカメだけあって、1枚1枚が綺麗ですね〜
私なんかいつも携帯で撮ってます^^;
人力車、乗ってみたいなぁ〜
鳥居本の町並み・・ですか〜
歩いてみたいなぁ〜〜
気分だけでも味わって帰るとします(^^ゞ
ゆりこ
2009/10/24 12:01
ゆりちゃん毎度〜でおます。
この歌も歌われてから随分前になりました。
最近は余り聞かれなくなりました。

京都に関する歌は数多くありますが、倉に収録してあるものはわずかです。
他にも歌えますが、それはいつか又の機会になりますね。

デジカメは枚数を気にしないので幾らでも撮れます。
今回1日で200枚は撮ったでしょうか。
その中から選んでいますから、中にはマシなものもありますよ。

人力車の車夫が声を掛けるのは、カップルか女性だけ。
男二人には見向きもしません
まあ男二人が乗ったら気持ち悪いでしょうから(爆)

鳥居本は人もほとんど訪れないのでゆっくり出来て、まるで隠れ里みたいな雰囲気があります。
京都にお越しの折りは是非お訪ね下さい。
風の旅人
2009/10/24 16:24
はい、PCのストライキ3日間のお休みは、家の仕事とP℃の子守をしていたので機嫌が良かったのですが・・
4日目にほったらかして、京都へ行ったのでPCが焼きもちを焼いたのでしょうか?
今一番気に入っている目次が動かなくなったのです
あんだけ気に入っていたのに・・
一応、コーピーしてもう一度ドラえもんのポケットの再入力をしていました
そして、動かなくなった前の目次を消そうかなと思って消えず、トラックバックをしている所為かと全部消しに回ってもまだ旧の目次が消えなかったので(この時点で三時・・アホかいなぁ〜)取敢えず寝ることにして朝起きたら旧の目次は消えていました
消えるのに時間が掛かるのですね!
もう、こんなことが起きたら大変ともう一つ目次を作っておきました
やまちゃん
2009/10/24 21:45
やまちゃん今晩は
目次作りで深夜まで格闘していたのか。
ドラエモンのポケットの秘密がどんな内容なのかよく分からないけど、動かなくなる事ってあるかなあ
目次はトップページにリンクを貼ってあれば良いのだが、余り複雑にすると管理が大変だなあ
風の旅人
2009/10/24 22:20
ご無沙汰でーす。
風さんはやはり旅ブログが似合ってますよー
嵯峨野のいいとこ紹介してもろて、おおきに
アスモちゃん
2009/10/24 22:50
アスモちゃんお久しぶり
調子はどうですか?
少しは良くなったでしょうか。

旅ブログは最近減っているでしょう。
暇とお金がないからや(笑)
仕方がないので歌の旅でお茶を濁しています。

アスモちゃんは嵯峨野は近くなので、直ぐに行けて良いなあ
羨ましいでっせ。
風の旅人
2009/10/24 23:12
京都はどこを撮っても絵になりますね〜
嵯峨野は久し振りですが、何年経っても、同じ風情が残っていて
懐かしいです。
さすが旅慣れた風さん、スナップを撮るのも手馴れたもので・・。
でも、観光客の多い京都では、チャンスも多い代わりに
人の多さでチャンスを逃がすことも〜
これが、スナップの難しさですね。
もう少しすれば、真っ赤なもみじの紅葉に彩られる京都。
近場で行かれる風さんが、羨ましいです。
ともっぺ
2009/10/24 23:22
ともっぺさん今晩は
今回は説明調にするために、それに合うような写真を使っています。
じゃあ他に良いのがあるのかと言われればNoですけどね(笑)

人が多ければ多いなりに撮ればいいし、少ない時を狙って撮ることもあります。
嵯峨野は通い慣れた場所だけに、いつもよく似たポイントになってしまいます。
そろそろ新たなスポットを開拓しないと行けなくなってきています。

こちらは京都や奈良は近いけど、その代わり信州や南関東が遠いので、ともっぺさんが羨ましく思っていますよ。
風の旅人
2009/10/24 23:32
見たこともないお二人ですけど
行く先々でのお二人の姿が目に浮かんできます^^
嵯峨野は結婚前に一度行ったきりです。
旅人さんとやまちゃんのブログ見てて
京都へ行きたい!という衝動と共に
あ!こんな曲歌ってみようかなと思う曲が浮かんできました^^;
なんでしょ? ふっふっふ。


音流
2009/10/25 10:10
音流さんコンチャ〜
まだ見ぬ人というのはイメージ膨らむでしょう。
やまちゃんの後ろ姿を見て、オッチャン二人のイメージはどんなもんでしょうか。
もしかしてがた落ちしたのかも(笑)

音流さんが考える京都のイメージ曲って何だろう。
「なのにあなたは京都に行くの」「京都慕情」「京都の恋」「女一人」などチェリッシュや渚ゆう子、デューク・エイセスが歌っているけど、こんなイメージじゃないかなあ

なんでしょう?って言われると、京都には彼との想い出があるのでしょう。
チャイまっか\^o^/
風の旅人
2009/10/25 11:24
この間も、コメント入れたのに乗ってない事がありました、昨日も入れたつもりなのに載っていませんでしたね、私の操作ミスかもしれませんが。
お二人とも行動的で良いコンビと思いました、私はなかなか腰が重くてダメですが。

相変わらず写真素敵ですね、特に鮎茶屋はピッタリの構図で素晴らしいです、私はいちど鮎茶屋には行きましたが、静かな所にあってとても落ち着きますね、紅葉のシーズンなら最高でしたね、歌も写真も素晴らしいできばえでした。
アキのいちご
2009/10/25 13:21
アキのいちごさん毎度でおます。
最近コメントが消えているのはワテも他の所で経験しています。
コメントしたあと確認しているのに、翌日見ると消えていました。
こんな症状が時々見受けられます。

最近は出かける機会も減ってきて、声がかかれば喜んで出かけます。
京都にお住まいのアキのいちごさんも、頑張って出てきて欲しいですね。
鮎茶屋には前を通るだけ〜
一度は入りたいなあと思うけど、大体途中で何かを食べており、素通りになってしまいます。
誉めてもらえると嬉しいですね。
風の旅人
2009/10/25 14:14
旅人さんの道行き風景描写・・流石です・・数年前歩いた奥嵯峨の小路の様子が蘇えりました。
やまちゃんのブログでも、やまちゃんの弾んだ嬉しそうなコメントがかいま見え、こちらまでなんか嬉しくなりました。
歌も流石でした。
あおいレイ
2009/10/25 21:36
あおいレイさん今晩は
ブログではそれなりの会話をしている二人が、嵯峨野をぶらぶらと歩いてきましたが、始めてとは思えないほど話も弾みました。
ブログを通して日頃から話している結果ですね。

またいつかこんな機会を持ちたいと思っています。
風の旅人
2009/10/25 21:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
京の嵯峨野で弥次喜多道中 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる