心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS お伊勢参り・式年遷宮

<<   作成日時 : 2009/10/22 23:02   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 17

先日地域の人たちとバス旅行に行ってきました。
行き先は鳥羽

ホテルで食事をしたあと温泉に入って、後はおかげ横町で買い物をするコース。
何処も見学せえへんのんか?
ホンマになんちゅう旅行じゃ。


行ったメンバーは60を越えた爺さん婆さんばっかり。
一人お母さんと一緒に30代のおネエちゃんも参加していた

バスの中ではおばちゃんは元気や。
凄く盛り上がっていて、オッチャンたちもたじたじですわ。
25名の参加の内15人が女性。
だからもう大変な騒ぎ。
ワテなんか後ろで大人しくしてましたでぇ。

鳥羽港が見えるホテルだけに、ロケーションは最高でした。
平日だというのに観光客も結構来ており、流石にお伊勢さんだけはあるなあ


画像



内宮の前でバスを停めて、おかげ横町で買い物時間をとりました。
それぞれ思い思いの店に直撃。
伊勢と言えばあの名物の○福餅
早速並んで買っていました。


画像



この通りは色々な店が軒を連ね、古い町並みも適度の保存されており、道行く人も楽しそうに買い物、あるいは冷やかしをしています。
ワテは町並みを撮っていましたが、魚屋さんを覗くとキスを焼いていました。


画像



焼き魚の匂いに誘われて入ってみると、ニイちゃんは焼けたキスやうるめ鰯を二つに切って、試食させていました。
こうなったら撮影なんか後回しや。
一切れ貰って食べてみると、これが焼きたてだけに美味しいなあ


画像



一切れが二切れ、二切れが三切れとなって大満足。
隣の地ビールの店でジョッキを煽っていた連中に、隣に行けばアテがあるぞ・・・


画像



そりゃもうすぐに行きまっせ、大阪のオッチャンは
ビールにキスのアテは最高でんなあ


画像



七五三でしょうか。
着物を着せて貰った少年が親を捜している。


画像



親はと見ると店の中でキスを調達。
一口食べて美味しかったのか、子どもにも食べさせていた。
シャッターチャンスだったけど、一部切れてしまっている。
チョッと勿体なかった。

画像



托鉢中のお坊さんを発見
時代でんなあ
何処かに携帯電話を掛けている。
ホンマに修行しているのかいな。


画像



おかげ横町に入ってみました。


画像



他にも面白いものはないかと探していると、見せ物小屋でしょうか
よく見るとお伊勢参りの記念館みたいな小屋。
中には入らなかったけど、300円払うとお伊勢参りのことを説明してくれるようです。


画像


小屋の前に猫?が寝ころんでいる。
キセルを吸いたかったら100円也を払うと、ここで吸わせてくれるらしい。


画像



ワテは煙草を吸わないので、試すことが出来なかったが、今時煙管って使わないので試したくなる人もいるのでは。
こんな時は五輪真弓の「問わず煙草」でも歌いたくなる。



画像



伊勢うどんも美味そうだったが、食後直ぐだけに食べられなかったのは残念でした。
他にも懐かしい生姜糖もあった。
確かニッキが入っているのでは。


画像



内宮には見学する時間もなくて、外から見ただけ。
現在20年に一度の式年遷宮が行われており、橋の架け替えや鳥居の新調、建物の建て替えなど、凄い大工事が始まっていました。


五十鈴川に架かる宇治橋も建設中です。

画像



伊勢神宮のHPより引用すると次の通り。
新たに造営される殿舎は、両宮正殿、宝殿外幣殿、御垣、鳥居、御饌殿、十四別宮等諸殿舎計六十五棟に及びます。
遷宮に必要なご用材(檜)の総材積は約8500立方米です。なかには直径1メートル余、樹齢400年以上の巨木も用いられます。
 
屋根に葺く萱(約2万3千束)も神宮の萱山で10年がかりで集めます。かつては神宮備林が木曽の山にありましたが、今は国有林となり、次第に檜の良材を調達することも困難になっています。そこで神宮では、大正時代の終わりから両宮の宮域林で200年後の御用材の確保を目標に檜を育成しています。


画像



とまあ大変なこっちゃ。
これ以外に神様の装束等々。
引用の続き。

式年遷宮では、約800種1600点の御装束神宝を古式により新しく作り殿内に納められます。古代のままに、その時代時代の最高の刀工、金工、漆工、織工など美術工芸家によって調製されています。
 しかし、太刀(たち)の原料の玉鋼(たまはがね)、染色料、国産絹糸等御料の入手が難しく、砂鉄をタタラで操作する和鉄精錬の技法の継承者も少なく、草木などを用いる染色家、錦織や組紐などの技術者も後継者が実に困難状況になってきています。このような中で、20年毎に繰り返す仕来りによりこれらの技術も受け継がれて来ました。また、わたしたち日本人の生活や社会を支える文化も同時に育くまれて来ました。ここにも遷宮祭の意義があると思います。


画像



そしてその費用たるや全て寄付だとか。
これも引用させて貰うと、

平成5年の第61回式年遷宮の経費は327億円でした。
 第62回式年遷宮の経費については、経済動向が不透明な今日、長期に亘る見通しを立てることは困難ですが、前回の実績を踏まえて伝統技術の継承に掛かる経費増などを考え、一応現時点で約550億円が試算されています。しかし、正式な総経費については今後の検討を待たなければなりません。

20年ごとにこの行事を行うわけで、昔から続いた伝統行事。
神様を維持するのも大変でっせ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
小学校の修学旅行がお伊勢さんでした。
お土産は定番の○福餅と生姜糖でした。
神宮式年遷宮大変な事業ですね。
莫大な費用も寄付との事。
びっくりです。
歌は初めて聴きました。
煙草の臭いは苦手ですが、煙草を吸う男性の横顔は好きです。
何か絵になります。
ももこ
2009/10/23 07:27
おはようございます
あっ!行きました!
ご神木を曳きに・・2007年と2008年に
お祭りに参加させて頂きました
俺の曳いたご神木は何処に使われているのかな?

煙草? 止められました!
歌のために・・・
NHKのど自慢予選はがき当選の願掛けのお陰で
そのままずっと続いています
やっぱり、喉のためにも違いが解りますから・・
来年のNHKのど自慢予選はがき当選も願掛けしなくっちゃ〜
なんで、もうテンション高いねん!
やまちゃん
2009/10/23 07:41
そうや!
風の旅人はん
来年一緒にNHKのど自慢予選行こ!
やまちゃん
2009/10/23 07:44
ももちゃんおはようさん
関西の小学校の大多数は伊勢に修学旅行でした。
ワテなんか米一合持参でした(笑)
あれから50年、今は何処に行くのかなあ

タバコを吸う男の横顔に魅力を感じるのですか、だったらワテはアキマヘンなあ(笑)
風の旅人
2009/10/23 09:40
やまちゃん毎度〜
二回もご神木を引いたの
そんな祭があったんや
貴重な体験してるやんか

のど自慢のために願掛けでっか。それでタバコを止められたら良かったじゃないか

ワテはのど自慢には恥ずかしいのででまへん(笑)
風の旅人
2009/10/23 09:46
お伊勢さん いいですよね〜
毎年恒例で初詣に行きますよ〜〜〜。
駐車場から内宮に近づくにつれて
気持ちが引き締まってきます。
大好きな神社ですわ〜〜。

あれ? 風さん〜〜
赤福が届いていませんけど〜〜〜〜(笑)
みるきぃ
2009/10/23 10:24
バス旅行はどこも中高年の女性達であふれていますね。
でも地域のバス旅行となると顔なじみも多く、風さんもお仲間に入ればよかったのに・・・
伊勢参りは昔学生の頃、「紀伊半島一周の旅」をした時に寄ったきりです。
アノ頃は国鉄の均一周遊券が5000円
東京を夜発って、朝に伊勢神宮に着きました。
時間がなくて内宮見物は出来ませんでしたが、今回風さんも内宮は訪ねていないようですね。
托鉢中のお坊さんが携帯電話をかける時代ですから・・・
お伊勢さんもずいぶん変わったでしょうね。

五輪真弓のこの曲は知りませんでした。
タバコを吸う男の横顔は何故か憂いが感じられて私も好きですが、亭主も息子も健康のためにタバコは吸わないようにと諭しましたわ。
naoママ
2009/10/23 10:35
「問わず煙草」五輪真弓・・はじめて聴きました。
よく知っておられる・・本当にレパートリーの幅が広い・・
倉庫も大きくなければ入りきらないですね・・羨ましいことです。
私はタバコの話はしないでおきます。
いい歌を有難うございます。
あおいレイ
2009/10/23 16:39
みるきぃさん今晩は
伊勢神宮には毎年初詣に行っているのか。
随分前のことだけど、正月に伊勢に行って大渋滞にあってから、もう正月には行くものじゃないと思ったよ。

平日でも結構な人なので、これが正月だったらどないなるのか。
近所の氏神様で我慢しておくよ(笑)

なに?赤福でっか
送って上げても良いけど、時間もかかると古くなるでしょう。
問題になると困るからなあ
今度行くときは他のものでも考えまっさ。
風の旅人
2009/10/23 21:29
naoママさん今晩は
最近の女性は負けてまへんで、ワテなんかタジタジですわ
バスの中も真ん中を女性が陣取って、ワテは最後尾で震えていました(笑)
元気な女性ばっかりでバスの中は明るくて楽しいものでした。

均一周遊券がありましたね
せっかく参拝しても時間がないと勿体ないね。
簡単に行けないところだけに、一度のチャンスはものにしたいところです。

ブログの記事と歌と写真の組み合わせを考えて、普段からお蔵に入っている曲でした。
なかなか煙草の話題なんてないでしょう。
こちらにしたらいい機会でした。

煙草は家族全員が止めるのはいいですね。
誘惑も多いから止められないのだけど、みんなで決めたから出来たのかも知れませんね

風の旅人
2009/10/23 21:36
あおいレイさんコンチャ〜
この歌も好きな一曲でして、記事と合うチャンスがなかったけど、今回の伊勢旅行でたばこ屋の記事が出来ました。
それでやっと日の目が出来ました。
チョッとマイナーな曲ですが、たまにはこういった曲も歌いたくなります。

煙草はヘビーですね
しょうがないなあ(笑)
風の旅人
2009/10/23 21:39
わ〜伊勢神宮へ行けれたというか、旅人さんの文章が面白くてひきつけられました。私たちが一昨年、宇治の平等院や、伏見区の坂本竜馬が泊まっていた宿などへ行きましたが、ほとんどが旅人さんと同じような出来事でした。旅人さんはうまく文章を書かれるので、うらやましいです。
うさこちゃん
2009/10/23 22:20
うさこちゃん今晩は
寺田屋に泊まられたのですか
いい体験になったでしょう。
春先に宇治に久しぶりに行ったとき、寺田屋を始め宇治の名所を幾つか見て回りました。
1日では無理なくらいゆっくり時間をとってみないと、とても周り切れませんでした。

今回の伊勢の旅も最初は行く予定をしていませんでした。
バスの空きが出来たから是非ともと、やかましいおばちゃん連中からのたってのお願いされたので参加してきましたが、いやはやおばちゃん達は実に楽しいですね\^o^/

うさこちゃんの文章だって負けてまへんで。
いつも楽しく読ませて貰っています。
風の旅人
2009/10/23 22:45
風の旅人さん やっと追いつきました。疲れた …
歌は全くしりませんが、伊勢神宮は私も家内と犬連れて行きました。
悔しい思い出があります。鮨屋で伊勢えびの生け作りを頼みました。
一匹8000円(当初は15000と)もボラレタが、何しろ美味しい。
食べ終わった時、鮨屋が味噌汁作りますかと聴くので、結構ですと断った。
じゃ、もって帰りますかと言うので、結構ですとこれも断った。
その時なぜ殻に拘るのか意味は判りませんでした。
その後伊豆で伊勢えびをまた食べた。その後味噌汁も着いてきた。
なんと味噌汁にはまだ一杯身がある。実に美味しい。
えッ…伊勢えびは味噌汁にするのが当たり前な事を知りました。
今でも悔やんでいます(笑)伊勢えび見るたびに家内と…ぶっぶっ

2009/10/23 23:05
将さん〜まさにその通りです。
伊勢エビの刺身は確かに甘くて美味しい。
しかしその殻で作るみそ汁が絶品です。
ワテなんかそれが食べたくて、身なんかどうでもよい
殻でみそ汁食わせてくれ〜と叫びたくなりまっせ。

でも小振りの伊勢エビでは、ええ出汁は出ません。
やっぱり大きな伊勢エビになると、味は最高ですね。
最初にそれが分かって入ればと今更悔やんでも仕方がないけど、その悔しさが分かりますよ。
あぁ勿体ないことしましたね。
実に惜しいなあ\^o^/
風の旅人
2009/10/23 23:15
去年、わが町内会にも式年遷宮のための各戸に寄付をつのる回覧板が回りました。
些少ですが拠出させていただきました。
この後も継続は可能なのか疑問があります・・。
旭川3sen6gouの まりあ
2009/10/27 05:41
まりあさん〜おはようさん。
町内会から寄付を募る回覧板が回ってきたのですか。
我が町もあったんだろうか?
全然気が付かなかったなあ

20年に一度の式年遷宮は続いていくのか?
その度に550億以上のお金がいるし、伝統行事を行うには後継者問題もあるだろうし、難しくなっていくでしょうね。
風の旅人
2009/10/27 09:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
お伊勢参り・式年遷宮 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる