心の旅・遠くへ行きたい2

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌の旅・美しい昔

<<   作成日時 : 2009/08/07 01:10   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 14

今回紹介しする「美しい昔」は、ベトナムで作られた歌です。
日本語の訳詞が付けられ、後に天童よしみ等がカバーしています。

この歌はベトナムの反戦歌手、カーン・リー(Khanh Ly, 1945-)が歌っていたもの。
元歌は「雨に消えたあなた」
彼女は南ベトナム時代にこの歌を発表したが、反戦歌だったので政府に睨まれますが、それでも歌うことで人々を励ましていきました。

カーン・リーのご主人は1970年に殺され、彼女は後にユエからサイゴンに落ち延びた後、日本で開かれていた大阪万博に出演。
その時に歌った「雨に消えたあなた」の日本語版をリリースしました。
その後HHKが放映したドラマドラマの主題歌になって、広く知られるようになった。



ベトナム戦争はどうして起きたか

1964年の8月突然北ベトナムのトンキン湾で、米国と北ベトナム軍が軍事衝突したとのニュースが飛び込んできた。
それは何の前触れもなくまさに突然の出来事でした。

当時の新聞は一面トップでこのニュースを伝えています。
まだテレビはニュースの特番で報じるまでには至ってなく、新聞記事が全ての時代であった。

情報はアメリカ国防省からの一方通行。
まさに大日本帝国時代の国家統制と全く一緒。
米国側の一方通行では、アメリカは正しい北ベトナムは悪であると伝えるだけ。
当然日本の新聞各社は鵜呑みにせざるを得なかった。

しかし日本のマスコミ各社は黙っていない。
南ベトナムに記者を大量に送って取材した結果、この戦争はどうも可笑しいぞと言うことが分かってきた。
そして1965年に毎日新聞の大森実外信部長がハノイに入り、現地から特報を流したことに始まって、朝日は一週間遅れで秦正流・外報部長が現地入りしています。
その結果ベトナム戦争の実体が日本に伝わって、ベトナム戦争反対の声が高まった。



画像

この写真はお借りしました



アメリカは戦争をエスカレートして、ついに50万にもの兵士をベトナムに送り込みました。
B52戦略爆撃機は北ベトナム上空で大量の爆弾をばらまいても、北ベトナム軍の攻勢が日増しに強まった。

業を煮やしたアメリカは、ジャングルを枯れさせるために、大量の枯れ葉剤の散布をしたため、後にベトちゃんドクちゃんなどの奇形児が大量に生まれてきたのを、皆さんも記憶にあるはず。
大量破壊兵器を投入しての一掃作戦にも功を奏せず、ドンドン深みに填るしかなかった。


アメリカの攻撃は容赦なく町を襲い、一般人が殺されて病院や学校までが破壊されている。
このことを日本や世界の通信社が報道したからたまらない。
ベトナムを支援しようと日本や世界各地で、ベトナム支援の運動が起きました。

米軍と南ベトナム軍が戦場で行った残虐な行為を、何度も見せつけられたと思う。
マスコミ記者の目の前で堂々と、一般人を撃ち殺す写真が週刊誌などに掲載されました。
この写真を見て吐き気さえ催すもので、戦争は狂気そのものです。


そして歴史はついにアメリカの負けを認める日がやってきました。
1975年4月30日にアメリカは南ベトナムから撤退してようやくベトナム戦争が終わった。

最後に1971年6月ニューヨーク・タイムズの記者が、アメリカ政府の機密文書を入手して、トンキン湾事件については、アメリカが仕組んだ自作自演であったことを暴露し、マクナマラ国務長官も1995年に同様の内容を告白しています。


さて話は元に戻しますが、原曲「雨に消えたあなた」は日本では「美しい昔」と曲名を変えて売り出されました。

演歌歌手の天童よしみさんが紅白歌合戦で歌われ、この歌の素晴らしさを知ってワテも直ぐに覚えました。

天童節とは少し違いますが、ワテなりにアレンジして歌ってみました。
どうか聴いてください。

尚、歌詞の中に「雨」と表現しています。
これは爆弾と解釈して貰えると、意味が分かるかも。

歌詞




美しい昔

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
この歌が反戦の曲とは知りませんでした、良い曲とは思っていましたが、勉強になりました、有難うございました。
アキのいちご
2009/08/07 18:21
マンマも知りませんでしたが、胸を打つ歌だとは思っていました。いつかこのような歌が歌えるようになって、人の心を感動させられるようになれたら・・なんて思います。風の旅人さん、心に響きました。
マンマ
2009/08/07 18:47
アキのいちごさん今晩は
天童よしみが歌う「美しい昔」はサラッと歌っていますが、この歌の持つ意味を考えると、ワテはサラッとは歌えません。
アメリカの空爆で大勢殺された現実を考えると、怒りをぶつけて歌ってみました。
風の旅人
2009/08/07 23:08
マンマさんも素敵な声をしてはるだけに、是非この歌に挑戦してみてください。
キッと素敵な歌声になるでしょう。

この歌がベトナム戦争の戦いの中で生まれ、そして同胞を励ました歌だけに、人の心を打つのでしょう。
いい歌ですので、長く歌っていきたいと思っています。
風の旅人
2009/08/07 23:12
雨のところを爆弾に置き換えてみました。。
・・恐ろしかったです><
私達の年代でベトナム戦争を知らない人はいないでしょうね。
戦争が終わり、日本中がホッとしたのは、ついこの間だったような気がします。
迫力ある風の旅人さんの歌が心に響きました。
ゆりこ雨
2009/08/08 16:43
ゆりこさん今日は
ベトナム戦争はアメリカが仕掛けた一方的な戦争でした。

住民の上にこれでもかと襲いかかる爆弾で、多くの血が流されてしまう。
この歌を歌うカーン・リーさん自身も、愛するご主人を亡くしています。

50万の兵士と大量の殺戮兵器を使っても勝てなかったアメリカ、結局住民の心をつかめなかったからでしょう。

雨それは爆弾
その爆弾を大量に落とされても不屈に戦い続けたベトナムの人たち、この歌は大いに勇気を得たでしょうね。
風の旅人
2009/08/08 18:05
いい唄ですね。初めて聞きました。
それにしても風さんの歌のジャンルってすごい。
一体何処からこういう歌を見つけてくるのでしょう?
これは天童さんが紅白で・・・見なかったぁ・・・・(^^ゞ
何で、人って争わないでいられないんだろう????
魔女
2009/08/08 20:47
魔女さん今晩は
この歌は語りながら歌う要素もあって、時には優しく時には激しく表現するところが好きですね。

この歌を初めて聴いたのは紅白の前でした。
余りにもいい曲だったので、演歌の天童にしては珍しいものを歌ったなあと思い、作詞作曲を見たら日本の曲じゃない。
さらに調べてみるとベトナムの歌で、歌詞をよく読んでみると反戦歌だと分かった。
雨?雨って何やろ
雨ってもしかして爆弾?
爆弾に置き換えるとこの歌がよく理解できました。

You tubeにカーン・リーさんと天童よしみの歌がありますので、追加掲載しましょう。
風の旅人
2009/08/08 23:33
初めて聴きました。
詩の基本が戦争なのですね。
何時も世にも戦争は悲惨です。
情感が唄にこもっています。

2009/08/09 00:21
将さん今晩は

テーマは仰るとおり戦争ですね。
戦争で傷つくのは民衆です。
何時の世にも戦争は罪悪です。
この世から戦争をなくしたい、その為にもこの歌は自分としても歌っていきたいと思っています。
風の旅人
2009/08/09 00:39
深い意味のある曲だったんですね。
ベトナム戦争は、ベトナムの人達同様アメリカの人達の心にも深い傷を残していますよね。
国の思惑の為にむごい仕打ちを受けるのは、常に罪もない人たちです。

プラトーンという映画の最後に、ウイリアムデフォーが天に両手を差し上げて倒れていくシーンがありますが、『何故、こんな愚かな事を繰り返してるんだ、何故なんだ 何故なんだ』と言ってるように思えてなりませんでした。
この曲を聴きながら、あのシーンが蘇ってきました。
音流
2009/08/09 11:11
音流さん今晩は
この戦争ではベトナムの人たちはもちろんのこと、ベトナムに派兵された米国兵にも戦後大きな傷跡を残しています。
戦争は本当に愚かなことですよ。
この映画の素晴らしいところはそこなんですね。

風の旅人
2009/08/09 22:35
カズさんの所で聴かせていただいて、はじめての曲だと思ってましたが
そう、確か旅人さんのところでも聴いたような気がして
もう一度ここへ来て見たら、やっぱり聴いてましたわ^^
歌われる方が違うと感じが違いますね。
音流
2010/04/02 14:05
音流さん再登場に感謝。

カズさんが歌っている「美しい昔」は悲しみを表現されています。
ワテの歌い方は「怒り」として表現しています。

それぞれの歌い方があるのはいいことです。
この作品をこれからも大事に歌っていきたいものです。
風の旅人
2010/04/02 17:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
歌の旅・美しい昔 心の旅・遠くへ行きたい2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる